Microsoft System Center Virtual Machine Manager 用 Cisco UCS Director 統合ガイド、リリース 5.2
仮想データセンターの管理
仮想データセンターの管理

仮想データセンターの管理

この章は、次の内容で構成されています。

仮想データセンターについて

仮想データセンター(vDC)は、仮想リソース、動作の詳細、ルール、およびポリシーを組み合わせて特定のグループの要件を管理する環境です。

Cisco UCS Director では、1 つのグループで複数の仮想データセンターを所有および管理できます。 システム管理者は個々のグループに vDC レベルでクォータおよびリソース制限を割り当てることができます。

また vDC の承認者を定義できます。 このユーザが、vDC の VM プロビジョニングに対するユーザ要求を承認します。


(注)  


検出されたすべての VM が自動的に追加されるデフォルト vDC があります。 Cisco UCS Director の外部で作成された VM と、Cisco UCS Director に追加される前に SCVMM アカウントにすでに存在していた VM が検出されます。


仮想データセンターの管理


    ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
    ステップ 2   [vDC] タブをクリックします。
    Cisco UCS Director の vDC が表示されます。 [vDC] タブでは、次のアクションを実行できます。
    アクション 説明

    [更新]

    現在のページを更新します。

    [お気に入り]

    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

    [追加]

    Cisco UCS Director に vDC を作成します。

    vDC作成ウィザード

    プライベート クラウドの VM のプロビジョニングに必要なポリシーを設定するウィザードを表示します。

    vDC を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

    アクション 説明

    [表示]

    vDC の詳細を表示します。

    [編集]

    vDC を編集します。

    [削除]

    確認後に vDC を削除します。

    [複製]

    vDC を複製します。

    [カテゴリの管理]

    vDC に定義されているカテゴリを表示します。

    [検証]

    vDC を検証します。


    仮想データセンターの追加

    VM プロビジョニングのサービス リクエストを完了すると、ユーザは特定のグループに利用可能な vDC のリストを表示し、適切な vDC を選択できます。

    サービス リクエストを使用してプロビジョニングされた VM は vDC に関連付けられます。


      ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
      ステップ 2   [vDC] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [vDCの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [アカウントタイプ] ドロップダウン リスト

      [HyperV] を選択して [送信] をクリックします。

      一般情報

      [vDC名] フィールド

      vDC 名。

      [ロック済みのvDC] チェックボックス

      この vDC をロックする場合は、このチェックボックスをオンにします。

      オンにすると、今後の導入にはこの vDC を使用できません。 vDC の既存の VM でのアクションは無効になります。

      [vDCの説明] フィールド

      vDC の説明。

      [グループ] ドロップダウン リスト

      この vDC の作成先のグループを選択するか、[+] アイコンをクリックして、新しいグループを選択リストに追加します。

      [クラウド名] ドロップダウン リスト

      vDC を作成する必要があるクラウド(SCVMM アカウント)を選択します。

      承認者と連絡先

      [第1承認者のユーザ名] フィールド

      (オプション)この vDC を使用して作成されるサービス リクエストの第 1 承認者。

      [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

      (オプション)この vDC を使用して作成されるサービス リクエストの第 2 承認者。

      [すべてのユーザからの承認が必要] チェックボックス

      vDC のすべてのユーザからの承認を必須にする場合は、このチェックボックスをオンにします。

      [承認依頼通知の数] フィールド

      承認者に送信する通知電子メールの数。

      (注)     

      0 を入力すると、リクエストが承認または拒否されるまで通知電子メールが定期的に送信されます。

      [通知間隔(時間)] フィールド

      承認者に送信する通知電子メールの数。

      [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

      連絡先ユーザの電子メール アドレス。 このユーザはこの vDC の VM プロビジョニングについて通知されます。

      [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

      (オプション)第 2 連絡先ユーザの電子メール アドレス。 このユーザはこの vDC の VM プロビジョニングについて通知されます。

      ポリシー

      [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

      vDC の Hyper-V コンピューティング ポリシーを選択します。

      [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

      vDC の Hyper-V ネットワーク ポリシーを選択します。

      [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

      vDC の Hyper-V ストレージ ポリシーを選択します。

      [導入ポリシー] ドロップダウン リスト

      vDC の Hyper-V 導入ポリシーを選択します。

      [コストモデル] ドロップダウン リスト

      vDC のコスト モデルを選択します。

      [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

      サービス リクエスト サマリーと電子メール ページにコスト モデルが表示されないようにする場合は、このチェックボックスをオンにします。

      [ユーザアクション] ドロップダウン リスト

      vDC のユーザ アクション ポリシーを選択します。

      [エンドユーザセルフサービスポリシー] ドロップダウン リスト

      vDC のエンド ユーザ セルフサービス ポリシーを選択します。

      ステップ 5   [追加] をクリックします。