Microsoft System Center Virtual Machine Manager 用 Cisco UCS Director 統合ガイド、リリース 5.2
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Microsoft System Center Virtual Machine Manager について

Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012 SP1 は、包括的な IT インフラストラクチャ、仮想化、およびクラウド管理のためのプラットフォームです。 このプラットフォームでは、複数のハイパーバイザ、およびパブリック、ホステッド、プライベートのクラウド インフラストラクチャにわたるアプリケーションおよびサービスを管理し、柔軟でコスト効率の高い IT サービスを実現できます。 Microsoft SCVMM を使用して、管理者は、サーバ、ネットワーク、ストレージ リソースを設定および管理できます。

Microsoft SCVMM 2012 SP1 では、Hyper-V サーバのネットワークをモデル化および設定するために、次の要素が導入されています。

  • 論理ネットワーク:論理ネットワークは、ホスト、仮想マシン、およびサービスのネットワーク割り当ての整理と合理化に使用されます。 論理ネットワークは、基盤となる物理ネットワーク インフラストラクチャを抽象化したもので、ビジネス ニーズと接続プロパティに基づいたネットワークのモデル化を可能にします。

  • ネットワーク サイト:ネットワーク サイト(論理ネットワークの定義とも呼ばれます)は、各物理ロケーションで論理ネットワークに関連付けられる VLAN と IP サブネットを定義し、サポート用に設定する(そのロケーションの)ホストを制御するために使用されます。

  • VM ネットワーク:VM ネットワークは、特定の論理ネットワークへの仮想マシン(VM)の接続に使用される(ネットワーク)インターフェイスを提供します。

  • IP プール:IP プール テンプレートは、IP アドレスの範囲をホストと仮想マシン(Microsoft SCVMM で管理されている環境で稼働している)に割り当てるために使用されます。

  • ポート プロファイル:アップリンクのポート プロファイル(アップリンク ポート プロファイルとも呼ばれます)によって、特定の物理ネットワーク アダプタを介して接続できる論理ネットワークを指定します。 仮想ネットワーク アダプタのポート プロファイルでは、それらのアダプタの機能を指定して、アダプタで使用される帯域幅を制御できるようにします。 機能にはオフロード設定およびセキュリティ設定が含まれます。

  • ポート分類:ポート分類によって、仮想ネットワーク アダプタのポート プロファイルのさまざまなタイプを特定するグローバル ネームが提供されます。 そのため、分類の設定が各論理スイッチに固有であれば、複数の論理スイッチにわたってその分類を使用できます。 たとえば、より広い帯域幅が設定されたポートを識別する FAST というポート分類と、より狭い帯域幅が設定されたポートを識別する SLOW というポート分類を作成することができます。 VMM で提供されるポート分類を使用するか、独自のポート分類を作成することができます。

  • 論理スイッチ:論理スイッチとは、パラメータのセット(スイッチ拡張機能、アップリンク ポート プロファイル、ポート分類など)を含むスイッチ テンプレートで、Windows Server 2012 のホスト コンピュータで Hyper-V 仮想スイッチを作成するために使用できます。 論理スイッチにより、多くの Hyper-V ホストにわたって一貫したネットワーク ポリシーを設定できます。

Cisco UCS Director for SCVMM について

Cisco UCS Director は次の Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)環境をサポートしています。
  • SCVMM 2008R2 SP1 と Windows 2008R2 を組み合わせたホスト(Hyper-V 2.0)
  • SCVMM 2012 と Windows 2008R2 を組み合わせたホスト(Hyper-V 2.0)
  • SCVMM 2012SP1 と Windows 2012 を組み合わせたホスト(Hyper-V 3.0)
  • SCVMM 2012 R2 と Windows 2012 R2 を組み合わせたホスト

Cisco UCS Director は Windows PowerShell によって SCVMM と統合されます。 PowerShell エージェントは、Cisco UCS Director と SCVMM 間でインターフェイス階層として機能します。 PowerShell エージェントのインストールおよび起動後は、Cisco UCS Director から SCVMM を管理できます。

Cisco UCS Director によって、仮想マシン(VM)で SCVMM の基本アクション(電源のオン/オフ、ディスクの追加および削除、VM プロビジョニングなど)を実行できます。 また、サーバ メッセージ ブロック(SMB)3.0 のファイル共有、Hyper-V ホストのクラスタ化ストレージ、および論理ユニット番号(LUN)を管理できます。

Cisco UCS Director は SCVMM の論理ネットワーク タイプに基づいて定義された次のネットワーク モデルをサポートしています。

  1. VLAN ベースのネットワーク モデル:ネットワークの分離に仮想ローカル エリア ネットワーク(VLAN)の一般的なテクノロジーを使用するネットワークは、構成内の各ネットワーク サイト(および VLAN)に対して 1 つの VM ネットワークとして管理できます。

  2. プライベート VLAN ベースのネットワーク モデル:プライベート VLAN (PVLAN)は、サービス プロバイダー(ホスト)が VLAN のスケール制限に対処するためによく使用します。 基本的にこれらを使用すると、ネットワーク管理者は別々に分離された多数のサブネットワークに VLAN を分割することができます。その後は個々の顧客(テナント)に割り当てられます。 ご存じのように、PVLAN は親 VLAN に割り当てられた IP サブネットを共有します。別々の PVLAN に接続しているホストも同じ IP サブネットに属しますが、セキュリティの観点から、相互通信および他のネットワークのリソースとの通信にはルータが必要です。 この論理ネットワーク内のネットワーク サイトには、隔離されたモードのプライマリとセカンダリの VLAN ペアで構成される自立型ネットワークがあります。

  3. ネットワーク仮想化ベースのモデル:このネットワーク モデルを使用して、他のテナント ネットワークから分離された独自のネットワークを使用している複数のテナント(クライアントまたは顧客とも呼ばれます)をサポートできます。 この分離により、テナントは他の VM ネットワークで使用される IP アドレスに関係なく、希望する IP アドレスを仮想マシンに使用できます。 また、指定した制限に基づいてテナントが自身のネットワークの機能を設定できるようにすることができます。 ネットワーク仮想化によって、物理アドレス空間を抽象化し、テナントに仮想アドレス空間を提供します。

Cisco UCS Director に用意されているオーケストレーション機能を使用すると、Hyper-V の設定と管理を 1 つまたは複数のワークフローで自動化することができます。 Hyper-V のオーケストレーション タスクの完全なリストは、ワークフロー デザイナーとタスク ライブラリで入手できます。 Cisco UCS Director の Orchestrator に関する詳細は、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。