Cisco UCS Baremetal Director Agent インストールおよびコンフィギュレーション ガイド、リリース 5.2
PXE ブート要求の追加および設定
PXE ブート要求の追加および設定

PXE ブート要求の追加および設定

この章は、次の内容で構成されています。

PXE ブート要求のセットアップと設定

Cisco UCS Director Baremetal AgentBaremetal Agent)を使用して、DHCP サーバ経由で、指定されたオペレーティング システム(OS)の PXE ブート用の要求を作成して送信することができます。

特定の PXE ブート要求で使用する OS イメージは、Baremetal Agent で正しく設定して、使用可能にする必要があります。 PXE ブート要求の作成時に、PXE ブートが必要な OS イメージが入手可能な OS タイプとして一覧表示されない場合は、PXE ブート要求を作成して送信する前に、OS イメージをプロビジョニングする必要があります。


(注)  


すべての OS イメージ セットアップ手順は手動で実行できますが、Baremetal Agent を使用して OS イメージをセットアップすることをお勧めします。


また、Cisco UCS Director Workflow Designer のワークフロー タスクを使用して 1 つ以上の PXE ブート要求を自動化することもできます。 詳細については、「PXE ブート用のオーケストレーション ワークフロー タスク」を参照してください。

非 Windows オペレーティング システム イメージのプロビジョニング

この手順では Baremetal Agent によってインストールされる OS イメージをプロビジョニングします。 OS イメージの PXE ブートを要求する前に、OS イメージをプロビジョニングする必要があります。


(注)  


この手順を使用して、サポートされている Windows オペレーティング システムをプロビジョニングすることはできません。 Windows OS イメージのセットアップ方法については、Windows オペレーティング システム イメージの追加を参照してください。


はじめる前に

Baremetal Agent PXE ブート要求を通してインストールするオペレーティング システム イメージごとにすべてのリソースと要件を準備する必要があります。


    ステップ 1   次の場所のいずれかに OS イメージをコピーします。
    • Baremetal Agent ディレクトリ構造内の適当な場所
    • Baremetal Agent に追加した NFS マウント ポイント
    ステップ 2   /opt/infra に移動して、isoExtractor.sh を実行します。

    例:

    次のサンプル isoExtractor.sh ファイルは、Baremetal Agent ディレクトリ構造内の OS イメージのプロビジョニング シナリオを示しています。 イメージ パス フィールドに、/opt/image/ フォルダ内の VMware イメージの場所が入力されています。

    NFS マウント ポイントを追加した場合は、イメージ パス フィールドに /mnt/external フォルダ内のイメージの場所が入力されます。 たとえば、NFS マウント ポイント内の CentOS フォルダに配置された CentOS イメージをプロビジョニングする場合は、イメージ パス フィールドに /mnt/external/CentOS/image.iso が入力されます。

    root@localhost infra]# pwd
    /opt/infra
    root@localhost infra]# ./isoExtractor.sh
         Please select the OS Type
    
            1)  ESXi 4.1
            2)  ESXi 5.0
            3)  ESXi 5.1
            4)  ESXi 5.5
            5)  CentOS
            6)  SUSE Linux
            7)  Other
    
           SELECT> 4
         Image path : /opt/image/VMWare-VMvisor-Installer-5.5.0-1111111.x86_64.iso
         
         OS catalog name : BMA-184-ESXi5.5
    Input file being used: /opt/images/VMware-VMvisor-Installer-5.5.0-1111111.x86_64.iso
    OS catalog name being used: BMA-184-ESXi5.5
    Mountingthe image....
    Preparing the image....
    Creating catalog directory /opt/cnsaroot/templates/BMA-184-ESXi5.5
    Creating configuration files for ESXi 5.5 ...
    Copied the image and created the configuration files...
    [root@localhost infra]# is /opt/cnsaroot/images/
    BMA-184-ESXi5.5 centos60-small
    [root@localhost infra]# is /opt/cnsaroot/templates/
    BMA-184-ESXi5.5 CentOS60 Win2k12R2x64 Win2k12x64 Win2k8R2x64 
    [root@localhost infra]# is /opt/cnsaroot/templates/BMA-184-ESXi5.5
    boot.cfg ks.cfg pxe.cfg
    [root@localhost infra]#
    
    
    ステップ 3   画面の指示に従って、イメージ カテゴリを選択し、イメージの場所とカタログ名を指定します。
    ステップ 4   スクリプトの実行が完了したら、/opt/cnsaroot/images/catalogname に移動して、イメージがその場所に存在することを確認します。
    ステップ 5   /opt/cnsaroot/templates/catalogname に移動して、PXE 設定テンプレートがその場所に存在することを確認します。
    ステップ 6   OS イメージがプロビジョニングされたことを確認するには、以下の手順を実行します。
    1. Cisco UCS Director で、[物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
    2. 左側のペインで、Baremetal Agent を含むポッドに移動します。
    3. 右側のペインで、[PXE ブート要求] タブをクリックします。
    4. [PXE ブート要求の追加] をクリックして、OS イメージが [OS タイプ] ドロップダウン リストに含まれていることを確認します。

    Cisco UCS Director での PXE ブート要求の作成

    はじめる前に

    PXE ブートに使用する OS イメージをプロビジョニングします。


      ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
      ステップ 2   左側のペインで、PXE ブート要求をセットアップするポッドに移動します。
      ステップ 3   右側のペインで、[PXE ブート要求] タブをクリックします。
      ステップ 4   [PXE 要求の追加] をクリックします。
      ステップ 5   [PXEブート要求の追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [サーバのMACアドレス] フィールド

      PXE インストールが必要なサーバの MAC アドレス。

      [ホスト名] フィールド

      PXE インストール プロセスの完了後に、サーバに割り当てられるホスト名。

      [ルートパスワード] フィールド

      サーバ上の root ユーザに割り当てられるパスワード。 確認のために、このパスワードを次のフィールドに再入力する必要があります。

      (注)     

      このパスワードのセキュリティ維持については、組織のガイドラインに従ってください。

      [Windows 用の PXE 要求] チェックボックス

      PXE ブート要求が Windows OS 用の場合に、このチェックボックスをオンにします。

      このチェックボックスをオンにすると、Windows 固有のフィールドがこのダイアログボックスに表示されます。

      [OSタイプ] ドロップダウン リスト

      この PXE ブート要求を使用してサーバにインストールする OS イメージを選択します。 このドロップダウン リストには、プロビジョニングされ、PXE インストールに使用可能なすべての OS イメージが含まれています。

      このドロップダウン リストは、[Windows 用の PXE 要求] チェックボックスがオンになっているかどうかによって、ダイアログボックス内の表示位置が異なります。

      [管理VLAN] フィールド

      (オプション)PXE インストール プロセスの完了後にサーバ上の管理インターフェイスに割り当てられる VLAN ID。

      この設定は、VLAN タギングが仮想スイッチに実装されている ESX/ESXi 展開で使用されます。 この設定では、管理 vmkernel ポートにタギング用の VLAN ID が設定されます。

      [OS フレーバ名] フィールド

      (Windows OS の場合にだけ必須)フレーバ名は Windows Server イメージの PXE ブートが正常に動作するために必要です。 Windows PE(WinPE)で使用される文字列を正確に入力する必要があります。 この文字列は大文字と小文字が区別されます。 たとえば、SERVERSTANDARD または SERVERENTERPRISE などと入力します。 詳細については、「Windows OS フレーバ名の特定」を参照してください。

      この値は Windows 応答ファイルで使用されます。イメージ インストール プロセスでエディションの正確な名前が必要になります。 OS フレーバ名は Windows OS イメージのタイプごとに異なります。

      [組織名] フィールド

      (Windows OS の場合にだけ必須)OS プロダクト キーに関連付けられた組織の名前。

      この値は Windows 応答ファイルで使用されます。 社内の部署名または会社名にすることができます。

      [プロダクト キー] フィールド

      (Windows OS の場合にだけ必須)OS のプロダクト キー(ライセンス キーまたはソフトウェア キーと呼ばれることもあります)。

      [タイムゾーン] ドロップダウン リスト

      サーバに設定するタイムゾーンを選択します。

      [ディスク パーティション サイズ(GB)] フィールド

      (Windows OS の場合にだけ必須)OS 用に指定されたパーティションのサイズ(GB)。

      [追加のパラメータ] フィールド

      (Windows OS の場合にだけ必須)PXE ブート要求のカンマで区切られたパラメータと値のペア。 $PARAM1=value1,$PARAM2=value2 という形式を使用します。

      これらのパラメータが Windows 応答ファイルの最小要件です。 環境の要件を満たすように応答ファイルを強化するパラメータとその値を定義できます。 これらのパラメータは、応答ファイル テンプレート内の該当する値で更新されます。

      Baremetal Agent で使用される応答ファイル テンプレートは、次の場所から入手できます。

      • Windows 2012 R2 x64:/opt/cnsaroot/templates/Win2k12R2x64/autounattend.xml

      • Windows 2012 x64:/opt/cnsaroot/templates/Win2k12x64/autounattend.xml

      • Windows 2008 R2 x64:/opt/cnsaroot/templates/Win2k8R2x64/autounattend.xml

      [サーバのIPアドレス] フィールド

      サーバに割り当てられるスタティック IP アドレス。 この IP アドレスは、PXE インストール プロセスの完了後にサーバに付与される、サーバの最終 IP アドレスです。

      この IP アドレスは、Baremetal Agent 用に設定された PXE ネットワークまたは管理ネットワーク以外のネットワークまたはサブネット上に設定できます。

      [ネットワークマスク] フィールド

      PXE インストール プロセスの完了後にサーバに割り当てられるサブネット マスク。

      [ゲートウェイ] フィールド

      PXE インストール プロセスの完了後にサーバに割り当てられる既定のゲートウェイ IP アドレス。

      [サーバ名サーバ] フィールド

      サーバで使用される DNS サーバ。

      DNS サーバが必要ない場合は、このフィールドを空白のままにします。

      [ターゲット BMA] ドロップダウン リスト

      この PXE ブート要求に使用する Baremetal Agent を選択します。 Baremetal Agent によって、PXE ブート要求に使用可能な OS イメージが決定されます。

      ステップ 6   [送信] をクリックします。

      新しい PXE ブート要求に関する情報が、この要求に割り当てられた ID を表示する [PXE ブート要求] タブに新しい行として表示されます。 情報には、この要求の現在のステータス が含まれています。

      次の作業

      PXE ブート要求が [利用可能] 状態になったら、Cisco UCS Director コンフィギュレーション ファイルを作成するように PXE 環境をセットアップする必要があります。 ステータスが [利用可能] の PXE ブート要求は、選択して [PXE 環境のセットアップ] をクリックすることにより、アクティブにすることができます。

      また、ステータスが [利用可能] の PXE ブート要求はワークフローで使用できます。

      NFS マウント ポイントの追加


        ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
        ステップ 2   [Bare Metal Agent] タブをクリックします。
        ステップ 3   PXE サービス要求を表示する Baremetal Agent アカウントの行をクリックします。
        ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
        ステップ 5   [NFSマウントポイント] タブをクリックします。
        ステップ 6   [追加] をクリックします。
        ステップ 7   [NFSマウントポイントの追加] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
        1. [NFSサーバIPアドレス] フィールドに、使用する Baremetal Agent の OS イメージを保存する NFS サーバの IP アドレスを入力します。
        2. [NFSサーバパス] フィールドに、OS イメージを保存する NFS サーバ上の場所を入力します。
        3. [送信] をクリックします。

        NFS マウント ポイントを追加すると、NFS サーバの imageRepository フォルダ内のすべてのコンテンツが /mnt/external フォルダで使用できるようになります。 非 Windows イメージをプロビジョニングするときに、このパスを isoExtractor.sh ファイルに追加します。


        Windows OS フレーバ名の特定

        フレーバ名は Windows Server イメージの PXE ブートが正常に動作するために必要です。 Windows PE(WinPE)で使用される文字列を正確に入力する必要があります。 この文字列は大文字と小文字が区別されます。 OS フレーバ名は一貫した命名規則に従っています。 OS フレーバ名の例を以下に示します。

        Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARD
        Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARDCORE
        Windows Server 2008 R2 SERVERENTERPRISE
        Windows Server 2008 R2 SERVERENTERPRISECORE
        Windows Server 2008 R2 SERVERDATACENTER
        Windows Server 2008 R2 SERVERDATACENTERCORE
        Windows Server 2008 R2 SERVERWEB
        Windows Server 2008 R2 SERVERWEBCORE
        Windows Server 2012 SERVERSTANDARD
        Windows Server 2012 SERVERSTANDARDCORE
        Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARD
        Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARDCORE
        Windows Server 2012 R2 SERVERDATACENTER
        Windows Server 2012 R2 SERVERDATACENTERCORE
        

          ステップ 1   Windows OS イメージの展開された ISO ファイルに移動します。
          ステップ 2   Windows 2012 R2 イメージの場合は、C:\win2k12r2\sources\install.wim に移動し、PowerShell コマンドレットを使用してフレーバ名を検索します。

          このコマンドレットの使用例を以下に示します。

           
          PS C:\Windows\system32> Get-WindowsImage -ImagePath 
          C:\win2k12r2\sources\install.wim
          Index       : 1
          Name        : Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARDCORE
          Description : Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARDCORE
          Size        : 6,653,342,051 bytes
          Index       : 2
          Name        : Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARD
          Description : Windows Server 2012 R2 SERVERSTANDARD
          Size        : 11,807,528,410 bytes
          Index       : 3
          Name        : Windows Server 2012 R2 SERVERDATACENTERCORE
          Description : Windows Server 2012 R2 SERVERDATACENTERCORE
          Size        : 6,653,031,430 bytes
          <etcetera>
           
          ステップ 3   Windows 2008 イメージの場合は、WAIK ツールがインストールされたマシンから DISM.EXE 構文を使用します。

          この構文の使用例を以下に示します。

           
          C:\Program Files\Windows AIK\Tools\>dism 
          /get-wiminfo /wimfile:e:\\Win2k8r2x64\sources\install.wim
          Deployment Image Servicing and Management tool
          Version: 6.1.7600.16385
          Details for image : e:\Username_Windowsbits\Win2k8r2x64\sources\install.wim
          Index : 1
          Name : Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARD
          Description : Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARD
          Size : 10,510,503,883 bytes
          Index : 2
          Name : Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARDCORE
          Description : Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARDCORE
          Size : 3,563,695,852 bytes
          <etcetera>
           

          PXE サービス要求の表示

          サービス要求が関連付けられているワークフローを介して発行された PXE 要求に関する情報を表示できます。 ワークフローを介して発行されなかった PXE 要求はサービス要求に関連付けられないため、その詳細を表示することはできません。

          それぞれの PXE 要求に関して提供される情報には以下が含まれます。

          • サービス要求 ID

          • 要求タイプ

          • 要求を開始したユーザ

          • 要求の作成に使用されたカタログまたはワークフローの名前

          • 要求を開始したユーザによって入力されたコメント

          • 要求の時刻

          • 要求のステータス

          • ロールバック タイプ(該当する場合)


            ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
            ステップ 2   [Bare Metal Agent] タブをクリックします。
            ステップ 3   PXE サービス要求を表示する Baremetal Agent アカウントの行をクリックします。
            ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
            ステップ 5   [PXEサービスリクエスト] タブをクリックします。

            プロビジョニングされたオペレーティング システム イメージの表示

            プロビジョニングされ、Baremetal Agent アカウントに使用可能なオペレーティング システム(OS)イメージのリストを表示できます。


              ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
              ステップ 2   [Bare Metal Agent] タブをクリックします。
              ステップ 3   PXE サービス要求を表示する Baremetal Agent アカウントの行をクリックします。
              ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
              ステップ 5   [BMA OSリスト] タブをクリックします。