Cisco UCS Baremetal Director Agent インストールおよびコンフィギュレーション ガイド、リリース 5.2
Windows オペレーティング システム イメージの追加
Windows オペレーティング システム イメージの追加

目次

Windows オペレーティング システム イメージの追加

Cisco UCS Director Baremetal Agent 用の Windows オペレーティング システム イメージ

Cisco UCS Director Baremetal AgentBaremetal Agent)は、次の Windows オペレーティング システム(OS)イメージとそれらに必要な応答ファイルの自動作成をサポートしています。

  • Windows Server 2008 R2 x64

  • Windows Server 2012 x64

  • Windows Server 2012 R2 x64

3 つすべての OS イメージを Baremetal Agent でセットアップできますが、/opt/cnsa/Boot ディレクトリには 1 つの基礎となる WinPE.wim しか含めることができません。 そのため、Baremetal Agent は OS インストールに対する PXE 要求を一度に 1 つしかサポートしません。

ローカル ブートと SAN ブートに対して同じ応答ファイルを使用できます。 ただし、Windows インストールがマルチパス SAN ブートをサポートしていないため、SAN ブートを実現するには単一パスのワークフローを使用する必要があります。

Windows OS イメージのセットアップ手順は、オペレーティング システムによって異なります。 必ず、セットアップする OS イメージに適した手順を使用してください。

Windows オペレーティング システム イメージに関するガイドラインおよび制約事項

Windows Server OS イメージをセットアップするときに、次のガイドラインと制約事項を考慮してください。

厳密な命名規則に従うこと

Windows OS イメージ用のファイルを設定する場合は、厳密な命名規則に従う必要があります。 パスとファイル名は大文字と小文字が区別されます。

命名を誤ると、Baremetal Agent データ インフラストラクチャ全体で名前を変更する必要があります。

ファイル名、ドライブ文字、およびその他の情報はすべてのファイルで一致する必要がある

自動生成された応答ファイルを使用する場合は、Baremetal Agent がファイル名、ドライブ文字、およびその他の情報が一致することを保証します。

ただし、応答ファイルを手動で編集した場合は、WinPE.wim 内のドライブ文字と応答ファイル内のドライブ文字が一致することを保証する必要があります。 この設定により、応答ファイル設定オプションを使用して、特定の場所から Windows をインストールするように WinPE.wim が定義されます。 静的な名前、パス、IP アドレス、ドライブ文字、応答ファイル名、およびユーザ名資格情報が正しい必要があります。

ファイル名とフォルダ名は大文字と小文字が区別されます。WinPE.wim の名前はブート構成データ(BCD)ストア内のエントリと正確に一致する必要があります。

Windows Server 2008 R2 x64 オペレーティング システム イメージ

Windows Server 2008 R2 x64 OS(Windows 2008 OS)は、PXE ブートおよびインストール操作をサポートしています。 ベアメタル プロビジョニング ワークフローでこの OS イメージを使用できます。

Windows Server 2008 R2 x64 オペレーティング システム イメージのセットアップに関する前提条件

Windows Server 2008 R2 x64 OS イメージのセットアップに必要な環境とファイルをインストールしてセットアップするには、最初に、以下をダウンロードする必要があります。

  • Windows 自動インストール キット(AIK、WAIK とも呼ばれる)。 http:/​/​www.microsoft.com/​en-us/​download/​details.aspx?id=5188を参照してください。 この Web サイトでは、カスタマイズされた WinPE を生成することができます。 また、最も基本的な形式の応答ファイル テンプレートも提供されます。

  • Windows Server 2008 R2 x64 ISO バージョン。


(注)  


Windows OS イメージをセットアップするときに Windows 応答ファイルを手動で作成する必要はありません。 Baremetal Agent は、PXE ブート要求の作成時に指定された情報に基づいて、PXE ブート要求をサポートするために必要な Windows 応答ファイルを作成します。


Baremetal Agent VM の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリに Windows 2008 オペレーティング システム イメージをインストールする前に、次の前提条件をインストールしてセットアップする必要があります。

  • カスタマイズされた Windows プレインストール環境(WinPE)

  • ブート構成データ(BCD)ファイル

  • Windows インストール ビット(ISO 展開ファイル)


ヒント


Standard、Enterprise、Datacenter、および Web のすべてのエディションを含む ISO ダウンロード ファイルを使用することをお勧めします。 多くの場合、Standard と Datacenter 以外のエディションは削除してかまいません。


システム イメージの準備ができたら、以下の手順を実行する必要があります。

  • WinPE をセットアップして、PXE ブート用の Network Service Agent サーバにサポート ファイルをコピーします。

  • サーバ パスに Windows インストール ビットをコピーします。

カスタマイズされた WinPE の作成

Windows 2008 R2 x64 用の Windows プレインストール環境(WinPE)を作成して、カスタマイズする必要があります。 初期 WinPE には、Windows OS でサポートされるカーネルと既定のデバイス ドライバをロードするために必要な最小ブート イメージが含まれています。 ほとんどのサーバに、インストール中に Windows でディスクが検出できるようにするストレージ コントローラ ドライバなどの追加のドライバが必要です。 これらのドライバを WinPE.wim に追加する必要があります。

WAIK ツールと一緒にインストールされる展開イメージのサービスと管理(DISM.exe)を使用して、ドライバを WinPE に追加します。 関連する DISM コマンドを実行する前に、必要なドライバをダウンロードしてください。

重要:

次の手順には、参考としてのサンプル データが含まれています。 このサンプル データはご使用のアプリケーションで機能しない場合があります。 DISM.exe 経由で WinPE にドライバを追加する方法については、Microsoft から提供されているマニュアルを参照してください。

はじめる前に

以下をダウンロードします。

  • Windows 2008 R2 x64 専用の Windows 自動インストール キット(WAIK)。

  • WinPE.wim に追加するために必要なドライバ。


    ステップ 1   ドライバをフォルダの場所から WinPE イメージに追加します。

    追加するドライバへのパスがわかっている場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

     
    DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k8r2x64\WinPE.wim /index:1/mountdir:c:\win2k8r2x64\mount
    DISM.exe /image:c:\win2k8r2x64\mount /Add-Driver /driver:C:\test\drivers\1.inf
    /driver:C:\test\drivers\2.inf /driver:C:\test\drivers\3.inf
     

    追加するドライバへのパスが不明で、すべてのサブフォルダを照会する必要がある場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

     
    DISM.exe /image:c:\win2k8r2x64\mount /Add-Driver /driver:C:\test\drivers
    /Recurse 
     
    ステップ 2   イメージをアンマウントして、変更をコミットします。
     
    DISM.exe /unmount-wim /mountdir:c:\win2k8r2x64\mount /commit
     

    すべてのドライバの追加が完了すると、イメージの準備完了です。


    次の作業

    ブート構成パラメータを保持するブート構成データ(BCD)ストアを作成します。

    ブート構成データ ファイルの作成

    ブート構成データ(BCD)ファイルには、ブート構成パラメータが含まれています。 このファイルは、Windows でのオペレーティング システムの起動方法を制御し、PXE サーバから基本カーネル(WinPE.wim)をロードするために使用されます。 BCD ファイルを作成する必要はありません。 Baremetal Agent が BCD ファイルに使用可能な既定のパスを付与します。

    既定で、BCD ファイルは /Boot/WinPE.wim ファイルと boot.sdi ファイルを指します。 これらのファイル名は大文字と小文字が区別されます。


    (注)  


    Baremetal Agent 設定では標準名のセットを使用することをお勧めします。 フォルダ名は Boot にする必要があります。 winpe ファイル名は WinPE.wim にする必要があります。 boot.sdi などの対応するファイル名を使用します。 作成される BCD ファイルは大文字のはずで、ファイル拡張子は付きません。 Baremetal Agent は、/opt/cnsaroot/Boot に BCD ファイルを配置します。このファイルに /opt/cnsaroot/Boot/WinPE.wim を指す既定のパスが含まれています。 パス名を変更しなければ、このファイルを任意のバージョンの Windows OS で使用できます。



      ステップ 1   bcdedit.exe コマンドを含むディレクトリに移動して、次のコマンド シーケンスを実行し、BCD ファイルを作成します。

      bcdedit.exe コマンドは、通常、Windows オペレーティング システムのルート ディレクトリ(c:\windows\system32)で見つけることができます。

      ステップ 2   bcdedit.exe /createstore BCD
      ステップ 3   bcdedit.exe /store BCD /create {ramdiskoptions} /d "Ramdisk options"
      ステップ 4   bcdedit.exe /store BCD /set {ramdiskoptions} ramdisksdidevice boot
      ステップ 5   bcdedit.exe /store BCD /set {ramdiskoptions} ramdisksdipath \Boot\boot.sdi
      ステップ 6   bcdedit.exe /store BCD /create /d "My WinPE Boot Image" /application osloader

      この時点で、GUID が表示されます。 次のステップの {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} をシステムの GUID に置き換えてください。

      ステップ 7   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} systemroot \Windows
      ステップ 8   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} detecthal Yes
      ステップ 9   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} winpe Yes
      ステップ 10   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} osdevice ramdisk=[boot]\Boot\WinPE.wim,{ramdiskoptions}
      ステップ 11   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} device ramdisk=[boot]\Boot\WinPE.wim,{ramdiskoptions}
      ステップ 12   bcdedit.exe /store BCD /create {bootmgr} /d "Windows 2008r2 BootManager"
      ステップ 13   bcdedit.exe /store BCD /set {bootmgr} timeout 30
      ステップ 14   bcdedit.exe /store BCD /displayorder {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7}
      ステップ 15   設定名が正しいことを確認するには、bcdedit.exe /store BCD /enum all コマンドを使用します。

      次の作業

      ISO バージョンから展開された Windows インストール ビットの正しいダウンロード バージョンが使用されていることを確認します。

      Windows インストール ビットのバージョンの確認

      Windows ビットの Windows 2008 ISO バージョンを使用して、応答ファイル テンプレートをセットアップします。 このバージョンの Windows インストール ビットは、Windows 2008 OS のすべてのエディションに対応しています。 これを使用しない場合、Windows AIK ツールを使用して応答ファイル全体を作成する必要があります。これは、複雑で労力のかかる作業です。

      はじめる前に

      Windows 2008 R2 OS の ISO バージョンをインストールします。

      ISO バージョンの展開後に次の .CLG ファイルが SOURCE フォルダに存在することを確認することによって、正しい(ISO)バージョンの Windows インストール ビットが使用されていることを確認します。
      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERDATACENTER.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERDATACENTERCORE.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERENTERPRISE.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERENTERPRISECORE.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARD.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERSTANDARDCORE.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERDATAWEB.clg

      • install_Windows Server 2008 R2 SERVERDATAWEBCORE.clg


      次の作業

      winPE.wim ファイルが startnet.cmd ファイル内の Baremetal Agent IP アドレスを指していない場合は、カスタマイズされた WinPE.wim および PXE ブート ファイルの準備とコピーの説明に従って winPE.wim ファイルを編集する必要があります。

      カスタマイズされた WinPE.wim および PXE ブート ファイルの準備とコピー

      startnet.cmd ファイル内に IP アドレスに基づいて、次のいずれかに進みます。

      はじめる前に

      winPE.wim 内の startnet.cmd ファイルに Baremetal Agent IP アドレスが含まれているかどうかを確認します。


        ステップ 1   winPE.wim をフォルダにマウントします。
        ステップ 2   正しい Baremetal Agent IP アドレスが含まれるように winPE.wim を編集します。

        次の例を参照してください。 ファイル名は異なる可能性があります。

         
        DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k8r2x64\WinPE.wim /index:1
        /mountdir:c:\win2k8r2x64\mount
         
        ステップ 3   マウント フォルダ(上のコード例では c:\win2k8r2x64\mount)に移動して、マウント フォルダ内のデータが表示できることを確認します。
        ステップ 4   マウント フォルダ内の \windows\system32 に移動して、次の手順を実行します。
        1. startnet.cmd を編集します。
        2. 次のエントリをここに示す順にファイルに貼り付け、使用している環境に合わせて IP アドレスとその他の詳細を更新します。
        • wpeinit

        • wpeutil.exe InitializeNetwork wpeutil.exe disablefirewall

        • net use R: <path> /user:smbuser cisco123(ここで、<path> は Windows OS 用のパス) 次の例を参照してください。

          • \\192.168.99.201\bits\Win2k8R2x64

          • \\192.168.99.201\bits\Win2k12x64

          • \\192.168.99.201\bits\Win2k12R2x64

        • R:

        • setup.exe /unattend:autounattend.xml

        すべてのドライブ文字参照(R: ドライブへの参照など)が startnet.cmd ファイルと Windows 応答ファイルの両方で一致する必要があります。 デフォルトでは、Baremetal Agent のドライブ文字割り当ては R: に設定されています。

        (注)     

        Baremetal Agent IP アドレスを指すようにすべてのエントリ内の IP アドレスを変更してください。

        ステップ 5   startnet.cmd ファイルを保存します。
        ステップ 6   次のように、マウント フォルダから Baremetal Agent VM に、PXE ブートをサポートするすべてのファイルをコピーします。
        1. Windows\Boot\PXE から Baremetal Agent VM の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリにすべてのファイルをコピーして、pxeboot.n12startrom.0 に名前変更します。
        2. 前に作成した BCD ファイルを Baremetal Agent VM の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリにコピーします。
        3. Windows\Boot\EFI から Baremetal Agent VM の opt/cnsaroot/Boot ディレクトリにフォルダのみをコピーします。
        4. Windows\Boot\Fonts から Baremetal Agent VM の /Boot/Fonts/ ディレクトリに wgl4_boot.ttf をコピーします。
        5. Baremetal Agent VM の /Boot ディレクトリに boot.sdi をコピーします。
        6. Baremetal Agent VM の opt/cnsaroot ディレクトリに名前を変更した startrom.0bootmgr.exe をコピーします。
        ステップ 7   startnet.cmd が正しく更新されていることを確認したら、DISM Unmount コマンドを使用して winPE.wim をアンマウントし、/commit オプションを使用して、変更した startnet.cmd ファイルを保存します。
         
        DISM.exe /Unmount-Wim /Mountdir:c:\win2k8r2x64\mount /commit
         
        注意       

        winPE.wim をアンマウントするときに、マウント済みのディレクトリに配置されたファイルを開いたままにしないでください。 ファイルが開いていると、アンマウント プロセスが失敗する場合があります。

        ステップ 8   Baremetal Agent VM の opt/cnsaroot/Boot ディレクトリに winPE.wim をコピーします。

        次の作業

        Windows インストール ビットをサーバのフォルダ パスにコピーします。

        Windows インストール ビットのサーバ フォルダ パスへのコピー

        はじめる前に

        以下を準備する必要があります。

        • カスタマイズされた winPE.wim および PXE ブート ファイル

        • 構成済みの BCD ファイル

        • Windows インストール ビット(ISO バージョン)

        • /samba/Win2k8R2x64 フォルダに展開した ISO からの setup.exe ファイル

        • Baremetal Agent ディレクトリ、完成した .cfg ファイルと .remap ファイル


          ステップ 1   ダウンロードして検証済みの ISO を展開します。
          ステップ 2   ダウンロードした ISO から Baremetal Agent VM の /samba/Win2k8R2x64 ディレクトリにフォルダとファイルをコピーします。
          (注)     

          フォルダ パス、ファイル名、またはフォルダ名を変更しないでください。

          ステップ 3   /samba/notifications/notify.ps1 ファイルを開き、そのファイル内の IP アドレスが Baremetal Agent の PXE IP アドレスと一致することを確認します。

          Windows Server 2012 x64 および 2012 R2 x64 オペレーティング システム イメージ

          Cisco UCS Director Baremetal AgentBaremetal Agent)は、Windows 2012 x64 OS または 2012 R2 x64 OS イメージの PXE ブートおよびインストール操作とベアメタル プロビジョニング ワークフローで使用される PXE ブート タスクをサポートしています。

          (注)  


          Windows 2012 および 2012 R2 の両方をサポートする必要がある場合は、イメージ セットアップ プロセスを OS ごとに 1 回ずつの計 2 回実行する必要があります。 複数の Windows OS バージョンをサポートする単一の WinPE ファイルをセットアップすることもできますが、OS ごとに別々の WinPE ファイルをセットアップすることをお勧めします。


          Windows Server 2012 x64 および 2012 R2 x64 オペレーティング システム イメージのセットアップに関する前提条件

          Baremetal Agent VM の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリに Windows 2012 または 2012 R2 OS イメージをインストールするには、次の前提条件をインストールしてセットアップする必要があります。

          • Windows アセスメント & デプロイメント キット(Windows ADK バージョン 8.1 以降を推奨)

          • カスタマイズされた Windows プレインストール環境(WinPE.wim)と PXE サポート ファイル

          • ブート構成データ(BCD)ファイル

          • Windows インストール ビット(ISO 展開ファイル)


          (注)  


          Windows OS イメージをセットアップするときに Windows 応答ファイルを手動で作成する必要はありません。 Baremetal Agent は、PXE ブート要求の作成時に指定された情報に基づいて、PXE ブート要求をサポートするために必要な Windows 応答ファイルを作成します。


          イメージをインストールしてセットアップするには、最初に、以下をダウンロードする必要があります。

          • Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 をサポートする Windows アセスメント & デプロイメント キット。 詳細については、「http:/​/​technet.microsoft.com/​en-us/​library/​dn613859.aspx」を参照してください。

          • Windows Server 2012 x64 または 2012 R2 x64(Standard Edition と Datacenter Edition が必要)。


          ヒント


          Standard、Enterprise、Datacenter、および Web のすべてのエディションを含む ISO ダウンロード ファイルを使用することをお勧めします。 多くの場合、Standard と Datacenter 以外のエディションは削除してかまいません。


          システム イメージの準備ができたら、追加の手順を実行する必要があります。

          • WinPE をセットアップして、PXE ブート用の Network Service Agent サーバにサポート ファイルをコピーします。

          • サーバ パスに Windows インストール ビットをコピーします。

          Windows 2012 用のカスタム WinPE ファイルの作成と PXE サポート ファイルのコピー


          (注)  


          /opt/cnsaroot/Boot フォルダは固定で、Baremetal Agent ごとに 1 つずつのブート フォルダを割り当てることができます。



            ステップ 1   Windows 2012 をサポートしているバージョンの ADK をダウンロードして、Windows Server 2012 マシンにインストールします。
            (注)     

            ダウンロードに含める機能を指定するときに、Windows PE と展開ツールを含める必要があります。

            ステップ 2   ADK ツールで Windows のプレインストール環境フォルダに移動して、copype.cmd を実行し、WinPE に必要なファイルを作成します。
             
            Copype.cmd amd64 C:\WinPE_amd64
             

            ターゲット ディレクトリに WinPE.wim ファイルが含まれています。

            ステップ 3   /opt/cnsaroot/Boot から ADK ツールがインストールされた Windows マシンに WinPE.wim ファイルをコピーします。
            ステップ 4   コマンド ラインで、ADK のインストール フォルダに移動します。
            ステップ 5   ドライバをフォルダの場所から WinPE イメージに追加します。

            追加するドライバへのパスがわかっている場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

            // This mounts the WinPE to a folder. 
            DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k12x64\WinPE.wim /index:1/mountdir:
            c:\win2k12x64\mount
            // Adding individual driver files to WinPE image –
            DISM.exe /image:c:\win2k12x64\mount /Add-Driver /driver:C:\test\drivers\
            1.inf/driver:C:\test\drivers\2.inf /driver:C:\test\drivers\3.inf
            

            追加するドライバへのパスが不明で、すべてのサブフォルダを照会する必要がある場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

             // This mounts the WinPE to a folder. 
            DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k12x64\WinPE.wim /index:
            1/mountdir:c:\win2k12x64\mount
            // Adding individual driver files to WinPE image
            DISM.exe /image:c:\win2k12x64\mount /Add-Driver /driver:c:
            \test\drivers /Recurse
            
            ステップ 6   WinPE で、フォルダをマウントして、\windows\system32 に移動し、startnet.cmd を編集して、IP アドレスを Baremetal Agent PXE IP アドレスに変更します。
            (注)     

            Baremetal Agent の IP アドレス以外、startnet.cmd ファイル内の情報は変更しないでください。 参照用にサンプル コードが付属しており、ご使用のマシン上のものとは異なる Windows バージョンのフォルダ名(Win2k12x64)などの情報が含まれている場合があります。

             
            wpeinit
            wpeutil.exe InitializeNetwork
            wpeutil.exe disablefirewall
            net use R: \\172.29.108.215\bits\Win2k12x64 /user:smbuser cisco123
            R:
            setup.exe /unattend:autounattend.xml
             
            ステップ 7   WinPE をアンマウントして、変更をコミットし、ファイルを Baremetal Agent VM 内の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリにコピーします。
            DISM.exe /Unmount-Wim /Mountdir:c:\win2k12x64\mount /commit
            

            次の作業

            (必要に応じて)ブート構成データ(BCD)ファイルをインストールしてセットアップします。

            Windows 2012 R2 用のカスタム WinPE ファイルの作成と PXE サポート ファイルのコピー

            Windows Server 2012 R2 x64 の場合は、Baremetal Agent が WinPE ファイルと PXE サポート ファイルを提供します。 行う必要があるのは、必要なすべてのドライバを WinPE.wim ファイルに追加してから、WinPE.wim ファイルを編集して、startnet.cmd ファイル内の IP アドレスを Baremetal Agent の PXE IP アドレスに変更することだけです。


            (注)  


            /opt/cnsaroot/Boot フォルダは固定で、Baremetal Agent ごとに 1 つずつのブート フォルダを割り当てることができます。



              ステップ 1   Windows 2012 R2 をサポートしているバージョンの ADK をダウンロードして、Windows 2012 R2 マシンにインストールします。
              (注)     

              ダウンロードに含める機能を指定するときに、Windows PE と展開ツールを含める必要があります。

              ステップ 2   /opt/cnsaroot/Boot から ADK ツールがインストールされた Windows マシンに WinPE.wim ファイルをコピーします。
              ステップ 3   コマンド ラインで、ADK のインストール フォルダに移動します。
              ステップ 4   ドライバをフォルダの場所から WinPE イメージに追加します。

              追加するドライバへのパスがわかっている場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

              // This mounts the WinPE to a folder. 
              DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k12r2x64\WinPE.wim /index:1/mountdir:
              c:\win2k12r2x64\mount
              // Adding individual driver files to WinPE image –
              DISM.exe /image:c:\win2k12r2x64\mount /Add-Driver /driver:C:\test\drivers\
              1.inf/driver:C:\test\drivers\2.inf /driver:C:\test\drivers\3.inf
              

              追加するドライバへのパスが不明で、すべてのサブフォルダを照会する必要がある場合は、次の DISM.exe コマンドを使用します。

               // This mounts the WinPE to a folder. 
              DISM.exe /mount-wim /wimfile:c:\win2k12r2x64\WinPE.wim /index:
              1/mountdir:c:\win2k12r2x64\mount
              // Adding individual driver files to WinPE image
              DISM.exe /image:c:\win2k12r2x64\mount /Add-Driver /driver:c:
              \test\drivers /Recurse
              
              ステップ 5   WinPE で、フォルダをマウントして、\windows\system32 に移動し、startnet.cmd を編集して、IP アドレスを Baremetal Agent PXE IP アドレスに変更します。
              (注)     

              Baremetal Agent の IP アドレス以外、startnet.cmd ファイル内の情報は変更しないでください。 参照用にサンプル コードが付属しており、ご使用のマシン上のものとは異なる Windows バージョンのフォルダ名(Win2k12R2x64)などの情報が含まれている場合があります。

               
              wpeinit
              wpeutil.exe InitializeNetwork
              wpeutil.exe disablefirewall
              net use R: \\172.29.108.215\bits\Win2k12R2x64 /user:smbuser cisco123
              R:
              setup.exe /unattend:autounattend.xml
               
              ステップ 6   WinPE をアンマウントして、変更をコミットし、ファイルを Baremetal Agent VM 内の /opt/cnsaroot/Boot ディレクトリにコピーします。
              DISM.exe /Unmount-Wim /Mountdir:c:\win2k12r2x64\mount /commit
              

              次の作業

              (必要に応じて)ブート構成データ(BCD)ファイルをインストールしてセットアップします。

              ブート構成データ ファイルのインストールとセットアップ

              ブート構成データ(BCD)ファイルには、ブート構成パラメータが含まれています。 このファイルは、Windows でのオペレーティング システムの起動方法を制御し、PXE サーバから基本カーネル(WinPE.wim)をロードするために使用されます。 BCD ファイルを作成する必要はありません。 Baremetal Agent が BCD ファイルに使用可能な既定のパスを付与します。

              既定で、BCD ファイルは /Boot/WinPE.wim ファイルと boot.sdi ファイルを指します。 これらのファイル名は大文字と小文字が区別されます。


              (注)  


              Baremetal Agent 設定では標準名のセットを使用することをお勧めします。 フォルダ名は Boot にする必要があります。 winpe ファイル名は WinPE.wim にする必要があります。 boot.sdi などの対応するファイル名を使用します。 作成される BCD ファイルは大文字のはずで、ファイル拡張子は付きません。 Baremetal Agent は、/opt/cnsaroot/Boot に BCD ファイルを配置します。このファイルに /opt/cnsaroot/Boot/WinPE.wim を指す既定のパスが含まれています。 パス名を変更しなければ、このファイルを任意のバージョンの Windows OS で使用できます。


              BCD ファイルを作成するために使用されるコマンド bcdedit.exe は、通常、Windows オペレーティング システムのルート ディレクトリ(c:\windows\system32)で見つけることができます。

              はじめる前に

              カスタム WinPE を作成して、PXE サポート ファイルをコピーします。


                ステップ 1   bcdedit.exe コマンドを含むディレクトリに移動して、次のコマンド シーケンスを実行し、BCD ファイルを作成します。

                bcdedit.exe コマンドは、通常、Windows オペレーティング システムのルート ディレクトリ(c:\windows\system32)で見つけることができます。

                ステップ 2   bcdedit.exe /createstore BCD
                ステップ 3   bcdedit.exe /store BCD /create {ramdiskoptions} /d "Ramdisk options"
                ステップ 4   bcdedit.exe /store BCD /set {ramdiskoptions} ramdisksdidevice boot
                ステップ 5   bcdedit.exe /store BCD /set {ramdiskoptions} ramdisksdipath \Boot\boot.sdi
                ステップ 6   bcdedit.exe /store BCD /create /d "My WinPE Boot Image" /application osloader

                この時点で、GUID が表示されます。 次のステップの {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} をシステムの GUID に置き換えてください。

                ステップ 7   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} systemroot \Windows
                ステップ 8   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} detecthal Yes
                ステップ 9   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} winpe Yes
                ステップ 10   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} osdevice ramdisk=[boot]\Boot\WinPE.wim,{ramdiskoptions}
                ステップ 11   bcdedit.exe /store BCD /set {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7} device ramdisk=[boot]\Boot\WinPE.wim,{ramdiskoptions}
                ステップ 12   bcdedit.exe /store BCD /create {bootmgr} /d "Windows 2008r2 BootManager"
                ステップ 13   bcdedit.exe /store BCD /set {bootmgr} timeout 30
                ステップ 14   bcdedit.exe /store BCD /displayorder {a20f8db8-7459-11e2-8ec3-00155d37efa7}
                ステップ 15   設定名が正しいことを確認するには、bcdedit.exe /store BCD /enum all コマンドを使用します。

                次の作業

                Windows インストール ビットをサーバ フォルダにコピーします。

                Windows インストール ビットのサーバ フォルダへのコピー

                はじめる前に

                以下を準備する必要があります。

                • カスタマイズされた winPE.wim および PXE ブート ファイル

                • 構成済みの BCD ファイル

                • Windows インストール ビット(ISO バージョン)


                  ステップ 1   ダウンロードして検証済みの ISO を展開します。
                  ステップ 2   ダウンロードした ISO から Baremetal Agent VM 内の適切なディレクトリにフォルダとファイルをコピーします。
                  Windows OS バージョン サーバ パス

                  Windows 2012 R2

                  /samba/Win2k12R2x64

                  Windows 2012

                  /samba/Win2k12x64

                  (注)     

                  フォルダ パス、ファイル名、またはフォルダ名を変更しないでください。

                  Windows ビットをコピー後の Win2k12R2x64 フォルダの内容のサンプルを以下に示します。

                  boot
                  efi
                  sources
                  support
                  autorun.inf
                  AUTOUNATTEND.XML
                  bootmgr.efi
                  setup.exe
                  
                  ステップ 3   /samba/notifications/notify.ps1 ファイルを開き、IP アドレスが Baremetal Agent の PXE IP アドレスと一致することを確認します。