Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 5.2
アクセス ポートの設定
アクセス ポートの設定

アクセス ポートの設定

この章は、次の内容で構成されています。

アクセス ポートについて

スイッチのアクセス ポートは、ワークステーションやプリンタなどのエンド デバイスを接続するために使用されます。 アクセス ポートを設定する場合、ポートが属する VLAN を定義する必要があります。

Cisco UCS Director では、次のシスコのネットワーク デバイス上でアクセス ポートを設定できます。

  • Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 6000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 9300 および 9500 シリーズ スイッチ

アクセス ポートの設定


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
    ステップ 3   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
    ステップ 4   [インターフェイス] タブをクリックします。
    ステップ 5   アクセス ポートとして設定するインターフェイスをクリックします。
    ステップ 6   [アクセスの設定] をクリックします。
    ステップ 7   [アクセス設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [ポートの選択] フィールド

    アクセス ポートとして設定するポート。

    [VLANへのアクセス] フィールド

    [選択] をクリックして、ポートを関連付ける VLAN を選択します。

    [STPポートタイプ] ドロップダウン リスト

    スパニング ツリー プロトコル(STP)が使用するポート タイプとして次のいずれかを選択してください。

    • エッジ

    • ネットワーク

    • ノーマル

    [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

    実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

    ステップ 8   [送信] をクリックします。