Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 5.2
仮想デバイス コンテキストの管理
仮想デバイス コンテキストの管理

仮想デバイス コンテキストの管理

この章は、次の内容で構成されています。

VDC について

仮想デバイス コンテキスト(VDC)を使用すると、デバイス レベルでスイッチを仮想化できます。 設定された各 VDC は、その物理スイッチのフレームワーク内で、接続されたユーザに対する個別のデバイスとして表されます。 VDC は、スイッチ内の個別の論理エンティティとして実行されます。 VDC は、独自の実行ソフトウェア プロセス セットを維持し、独自の設定で、個別の管理者によって管理されます。

Cisco UCS Director では、次のシスコのネットワーク デバイス上の VDC を管理できます。

  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

(注)  


VDC および VDC の設定ガイドラインの詳細については、Cisco NX-OS ソフトウェアのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。


VDC の作成

Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで、VDC を作成できます。


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開し、[Cisco Nexus 7000シリーズ] スイッチを選択します。
    ステップ 3   [VDC] タブをクリックします。
    ステップ 4   [VDCの作成] をクリックします。
    ステップ 5   [VDCの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [vDC名] フィールド

    VDC の名前。

    [モジュールタイプ] フィールド

    モジュール タイプの名前。 たとえば、F2e シリーズです。

    [HAポリシー] チェックボックス

    回復不能な VDC 障害が発生したときにスイッチの高可用性(HA)ポリシーを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

    [VDC番号] フィールド

    VDC 番号。 VDC 番号 1 は、デフォルト VDC 用に予約されています。 デフォルト以外の VDC 番号は、2 ~ 9 です。

    [VDCパスワード] フィールド

    VDC admin ユーザ アカウントのパスワードです。

    [VDCテンプレート名] ドロップダウン リスト

    VDC テンプレート名を選択します。 VDC リソース テンプレートは、VDC の作成時に、共有される物理デバイス リソースの上限および下限を設定します。

    [VDCタイプの選択] ドロップダウン リスト

    VDC タイプを選択します。

    [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

    実行中の VDC 設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

    ステップ 6   [送信] をクリックします。

    ポートの VDC への配置

    Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチに属している VDC にポートを割り当てることができます。

    はじめる前に

    Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで、仮想デバイス コンテキスト(VDC)を作成する必要があります。


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開し、[Cisco Nexus 7000シリーズ] スイッチを選択します。
      ステップ 3   [VDC] タブをクリックします。
      ステップ 4   ポートを割り当てる VDC ゾーンセットを選択します。
      ステップ 5   [VDCへのポートの割り当て] をクリックします。
      ステップ 6   [VDCへのポートの配置] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [vDC名] フィールド

      VDC の名前。

      [ポート選択] ボタン

      [選択] をクリックします。 [項目の選択] ダイアログ ボックスで、VDC を割り当てるポートを選択し、[選択] をクリックします。

      [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

      実行中の VDC 設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

      ステップ 7   [送信] をクリックします。

      VDC からのポートの削除

      Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ上の仮想デバイス コンテキスト(VDC)に属しているポートを削除できます。


        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
        ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開し、[Cisco Nexus 7000シリーズ] スイッチを選択します。
        ステップ 3   [VDC] タブをクリックします。
        ステップ 4   VDC を選択し、[VDCからポートを削除] をクリックします。
        ステップ 5   [VDCの削除] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [vDC名] フィールド

        VDC の名前。

        [ポート選択] ボタン

        VDC から削除するポートを選択します。

        [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

        実行中の VDC 設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

        ステップ 6   [送信] をクリックします。

        VDC の削除


          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
          ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開し、[Cisco Nexus 7000シリーズ] スイッチを選択します。
          ステップ 3   [VDC] タブをクリックします。
          ステップ 4   削除する VDC を選択します。
          ステップ 5   [VDCの削除] をクリックします。

          または、下矢印アイコンをクリックしてコマンドを選択することができます。

          ステップ 6   [VDCの削除] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

          実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

          ステップ 7   [送信] をクリックします。