Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 5.2
Microsoft Hyper-V 用 Cisco Nexus 1000V の設定
Microsoft Hyper-V 用 Cisco Nexus 1000V の設定

Microsoft Hyper-V 用 Cisco Nexus 1000V の設定

この章は、次の内容で構成されています。

Microsoft System Center Virtual Machine Manager について

Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012 SP1 は、包括的な IT インフラストラクチャ、仮想化、およびクラウド管理のためのプラットフォームです。 このプラットフォームでは、複数のハイパーバイザ、およびパブリック、ホステッド、プライベートのクラウド インフラストラクチャにわたるアプリケーションおよびサービスを管理し、柔軟でコスト効率の高い IT サービスを実現できます。 Microsoft SCVMM を使用して、管理者は、サーバ、ネットワーク、ストレージ リソースを設定および管理できます。

Microsoft SCVMM 2012 SP1 では、Hyper-V サーバのネットワークをモデル化および設定するために、次の要素が導入されています。

  • 論理ネットワーク

  • ネットワーク サイト

  • VM ネットワーク

  • VM サブネット

  • IP プール

  • アップリンク プロファイル

  • ポートの分類

  • 論理スイッチ

Cisco Nexus 1000V Switch for the Microsoft Hyper-V の設定について

Microsoft SCVMM SP1 はファブリックとして物理ネットワークをモデル化しています。 Cisco Nexus 1000V には、Microsoft SCVMM SP1 のネットワーク オブジェクト モデルに基づいて、次の新しいオブジェクトを設定および編集する機能が追加されました。
  • 論理ネットワーク

  • ネットワーク セグメント プール(Virtual Machine Manager(VMM)のネットワーク サイトが作成されます)

  • ネットワーク セグメント(仮想マシン(VM)ネットワークや VM サブネットが作成されます)

  • IP プール

  • ネットワーク アップリンク

論理ネットワークとネットワーク セグメント プール

論理ネットワーク(たとえば、インターネットまたはイントラネット)は、エンタープライズによって管理される個別のネットワークをシミュレートする接続の抽象化です。 論理ネットワークは、1 つ以上のネットワーク セグメント プールで構成され、各ネットワーク セグメントのプールは、VLAN、IP サブネット、または VLAN/IP サブネット ペアのグループです。 論理ネットワークは、物理ファブリックを管理するファブリック管理者を除くすべてのユーザ(VM ネットワーク管理者、テナント管理者、およびサーバ管理者)からのネットワークを作成する VLAN および IP サブネットを非表示にします。

ネットワーク セグメント

ネットワーク セグメントは一意のブロードキャスト ドメインに関連付けられます。 ネットワーク セグメントは、仮想マシンに対するネットワーク リソースの可用性を簡素化します。 Microsoft SCVMM は VM ネットワークおよび VM サブネットを使用して、分離された仮想マシン ネットワークを提供します。 仮想ネットワークの管理に Cisco Nexus 1000V が使用される場合、VMM 管理者は外部分離を使用する VM ネットワークを作成します。

ネットワーク管理者として、外部分離を提供するために Cisco Nexus 1000V スイッチのネットワーク セグメントを作成できます。 VLAN およびプライベート VLAN を使用して分離ネットワークを提供できます。

(注)  


Cisco Nexus 1000V for Microsoft Hyper-V では、ブリッジ ドメインの定義に VLAN は作成されません。 代わりに、ネットワーク セグメントが Virtual Supervisor Module(VSM)で作成されます。 VSM は、Cisco Nexus 1000V スイッチに対してスイッチ制御および管理プレーンを提供します。 ネットワーク セグメントを作成すると、自動的に作成する VLAN がトリガーされます。


IP プール

IP プール テンプレートを使用して、Microsoft SCVMM 管理環境内で実行されるホストおよび仮想マシンに一連の IP アドレスを割り当てることができます。 IP プール テンプレートは、ネットワーク セグメントに適用されるアドレス テンプレートです。 VM ネットワークに対して IP プール テンプレートを作成する場合、Microsoft SCVMM で管理される VM で使用する IP アドレスの範囲を定義できます。

ネットワーク アップリンク

アップリンク ネットワークは、イーサネット ポート プロファイルと 1 つ以上のネットワーク セグメントのプールの組み合わせです。 サーバ上の物理アダプタに適用した場合、アップリンク ネットワークは物理アダプタで許可されるポリシーおよび VLAN を定義します。 VSM に設定されている各アップリンク ネットワークは Microsoft SCVMM の管理者がアップリンク ポート プロファイルとして使用できます。

Microsoft Hyper-V 用 Cisco Nexus 1000V の設定


    ステップ 1   論理ネットワークを作成します。 論理ネットワークの作成方法の詳細については、論理ネットワークの作成 を参照してください。
    ステップ 2   ネットワーク セグメント プールを作成し、ネットワーク セグメント プールを論理ネットワークに関連付けます。 ネットワーク セグメント プールの作成方法の詳細については、ネットワーク セグメント プールの作成 を参照してください。
    ステップ 3   IP プール テンプレートを作成します。 IP プール テンプレートの作成方法の詳細については、IP プール テンプレートの作成 を参照してください。
    ステップ 4   ネットワーク セグメントを作成します。 ネットワーク セグメントの作成方法の詳細については、ネットワーク セグメントの作成 を参照してください。
    ステップ 5   ポート プロファイルを作成します。 ポート プロファイルの作成方法の詳細については、ポート プロファイルの作成 を参照してください。
    ステップ 6   アップリンク ネットワークを作成します。 アップリンク ネットワークの作成方法の詳細については、アップリンク ネットワークの作成 を参照してください。

    論理ネットワークの管理


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
      ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブで、設定する必要のある Cisco Nexus 1000V スイッチを選択します。
      ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
      ステップ 5   [論理ネットワーク] タブをクリックします。 Cisco Nexus 1000V スイッチ上に作成された論理ネットワークが表示されます。 [論理ネットワーク] タブでは、次のアクションを実行できます。
      アクション 説明

      [更新]

      現在のページを更新します。

      [お気に入り]

      最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

      [論理ネットワークの作成]

      Cisco Nexus 1000V スイッチに論理ネットワークを作成します。

      論理ネットワークを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

      アクション 説明

      [論理ネットワークの削除]

      論理ネットワークを削除します。


      論理ネットワークの作成


        ステップ 1   [論理ネットワーク] タブに移動します。

        [論理ネットワーク] タブに移動する方法については、論理ネットワークの管理 を参照してください。

        ステップ 2   [論理ネットワークの作成] をクリックします。
        ステップ 3   [論理ネットワークの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [論理ネットワーク名] フィールド

        論理ネットワークの名前。

        [論理ネットワーク説明] フィールド

        論理ネットワークの説明。

        [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

        実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

        ステップ 4   [送信] をクリックします。

        ネットワーク セグメント プールの管理


          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
          ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
          ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブで、設定する必要のある Cisco Nexus 1000V スイッチを選択します。
          ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
          ステップ 5   [ネットワークセグメントプール] タブをクリックします。 Cisco Nexus 1000V スイッチで使用できるネットワーク セグメント プールが表示されます。 ネットワーク セグメントのグローバル一意識別子(GUID)が表示されます。 [ネットワークセグメントプール] タブでは、次のアクションを実行できます。
          アクション 説明

          [更新]

          現在のページを更新します。

          [お気に入り]

          最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

          [ネットワーク セグメント プールの作成]

          Cisco Nexus 1000V スイッチにネットワーク セグメント プールを作成します。

          ネットワーク セグメント プールを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

          アクション 説明

          [ネットワーク セグメント プールの削除]

          ネットワーク セグメント プールを削除します。

          [ネットワークセグメント プールの更新]

          ネットワーク セグメント プールを更新します。


          ネットワーク セグメント プールの作成


            ステップ 1   [ネットワークセグメントプール] タブに移動します。

            [ネットワークセグメントプール] タブに移動する方法については、ネットワーク セグメント プールの管理 を参照してください。

            ステップ 2   [ネットワークセグメントプールの作成] をクリックします。
            ステップ 3   [ネットワークセグメントプールの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [ネットワークセグメントプール] フィールド

            ネットワーク セグメント プールの名前。

            [論理ネットワーク名] フィールド

            [選択] をクリックし、ネットワーク セグメント プールを関連付ける論理ネットワークを選択します。

            [ポート内通信] チェック ボックス

            ポート内通信を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

            [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

            実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

            ステップ 4   [送信] をクリックします。

            管理 IP プール テンプレート


              ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
              ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
              ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブで、設定する必要のある Cisco Nexus 1000V スイッチを選択します。
              ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
              ステップ 5   [IPプールテンプレート] タブをクリックします。 Cisco Nexus 1000V スイッチで使用できる IP プール テンプレートが表示されます。 [IPプールテンプレート] タブは次のアクションを提供します。
              アクション 説明

              [更新]

              現在のページを更新します。

              [お気に入り]

              最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

              [IP プール テンプレートの作成]

              IP プール テンプレートを作成し、仮想マシンが VLAN ベースの仮想マシン ネットワークで導入された場合に使用される IP プール範囲を定義します。

              IP プール テンプレートを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

              アクション 説明

              [IP プール テンプレートの削除]

              IP プール テンプレートを削除します。

              [IP プール テンプレートの更新]

              IP プール テンプレートを更新します。


              IP プール テンプレートの作成


                ステップ 1   [IPプールテンプレート] タブに移動します。

                [IPプールテンプレート] タブに移動する方法については、管理 IP プール テンプレート を参照してください。

                ステップ 2   [IPプールテンプレートの作成] をクリックします。
                ステップ 3   [IPプールテンプレートの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。
                名前 説明

                [IPプールテンプレート名] フィールド

                IP プール テンプレートの名前。

                [説明] フィールド

                IP プール テンプレートの説明。

                [範囲からのIPアドレス] フィールド

                IP プールの最初の IP アドレス。

                [範囲へのIPアドレス] フィールド

                IP プールの最後の IP アドレス。

                [ネットワークアドレス] フィールド

                IP プール テンプレートのネットワーク アドレスの範囲。

                [ネットワークサブネットマスク] フィールド

                IP プール テンプレートのサブネット マスク アドレス。

                [デフォルトルータ] フィールド

                IP プール テンプレートのゲートウェイ IP アドレス。

                [DNSサーバ] フィールド

                IP プール テンプレートの DNS サーバ IP アドレス。

                [DNSサフィックス] フィールド

                IP プール テンプレートの DNS サフィックス。

                [NetBIOSネームサーバ] フィールド

                IP プール テンプレートの NetBIOS ネーム サーバの IP アドレス。

                [NetBIOS] ドロップダウン リスト

                [無効] または [有効] を選択します。

                [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

                実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

                ステップ 4   [送信] をクリックします。

                管理ネットワーク セグメント


                  ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
                  ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
                  ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブで、設定する必要のある Cisco Nexus 1000V スイッチを選択します。
                  ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
                  ステップ 5   [ネットワークセグメント] タブをクリックします。 Cisco Nexus 1000V スイッチで使用できるネットワーク セグメントが表示されます。 [ネットワークセグメント] タブでは、次のアクションを実行できます。
                  アクション 説明

                  [更新]

                  現在のページを更新します。

                  [お気に入り]

                  最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                  [ネットワーク セグメントの作成]

                  Cisco Nexus 1000V スイッチにネットワーク セグメントを作成します。

                  ネットワーク セグメントを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

                  アクション 説明

                  [ネットワークセグメントの削除]

                  ネットワーク セグメントを削除します。

                  [ネットワークセグメントの更新]

                  ネットワーク セグメントを更新します。

                  [ネットワークセグメントの公開]

                  SCVMM にネットワーク セグメントを公開します。


                  ネットワーク セグメントの作成


                    ステップ 1   [ネットワークセグメント] タブに移動します。

                    [ネットワークセグメント] タブに移動する方法については、管理ネットワーク セグメント を参照してください。

                    ステップ 2   [ネットワークセグメントの作成] をクリックします。
                    ステップ 3   [ネットワークセグメントの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

                    名前

                    説明

                    [ネットワークセグメント] フィールド

                    ネットワーク セグメントの名前。

                    [ネットワークセグメントの説明] フィールド

                    ネットワーク セグメントの説明。

                    [IPプールテンプレート名] フィールド

                    [選択] をクリックし、IP プール テンプレートを選択します。

                    [ネットワークセグメントプール] フィールド

                    [選択] をクリックし、ネットワーク セグメント プールを選択します。

                    [システムネットワークセグメント] チェック ボックス

                    システム セグメントとしてセグメントを設定するには、このチェックボックスをオンにします。

                    [タイプ] ドロップダウン リスト

                    VLAN のタイプとして、[VLAN] または [PVLAN] を選択します。

                    [VLAN] フィールド

                    このフィールドは、[VLAN] フィールドでタイプを [VLAN] と選択すると表示されます。 ネットワーク セグメントの有効な VLAN ID。

                    [ネットワークセグメントの公開] チェック ボックス

                    ネットワーク セグメントを SCVMM に発行するにはこのチェックボックスをオンにします。

                    [ネットワークセグメント名の公開] フィールド

                    このフィールドは、[ネットワークセグメントの公開] チェック ボックスを選択すると表示されます。 デフォルトの公開名は、セグメント名と同じ名前です。 セグメントを異なる名前で公開したい場合は名前を入力します。

                    [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

                    実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

                    次のフィールドは、[タイプ] フィールドでタイプに [PVLAN] を選択すると表示されます。

                    [プライベートVLANタイプ] フィールド

                    デフォルトで、[プライマリ] が表示されます。 プライベート VLAN のタイプとして [プライマリ] または [セカンダリ] を選択します。

                    [プライマリVLAN] フィールド

                    ネットワーク セグメントの有効なプライマリ VLAN ID。

                    次のフィールドは、[プライベートVLANタイプ] フィールドでプライベート VLAN タイプに [セカンダリ] を選択すると表示されます。

                    [セカンダリVLANタイプ] フィールド

                    セカンダリ VLAN モードとして [ホスト] または [プロミスキャス] を選択します。

                    [ホストタイプ] ドロップダウン リスト

                    このフィールドは、セカンダリ VLAN のタイプとして [ホスト] を選択すると表示されます。 ホストのタイプとして [コミュニティ] または [個別] を選択します。

                    [プライマリVLAN] フィールド

                    ネットワーク セグメントの有効なプライマリ VLAN ID。

                    [セカンダリVLAN] フィールド

                    ネットワーク セグメントの有効なセカンダリ VLAN ID。

                    ステップ 4   [送信] をクリックします。

                    ネットワーク アップリンクの管理


                      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
                      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
                      ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブで、設定する必要のある Cisco Nexus 1000V スイッチを選択します。
                      ステップ 4   [詳細の表示] をクリックします。
                      ステップ 5   [ネットワークアップリンク] タブをクリックします。 Cisco Nexus 1000V スイッチで使用できるアップリンク ネットワークが表示されます。 [ネットワークアップリンク] タブでは、次のアクションを実行できます。
                      アクション 説明

                      [更新]

                      現在のページを更新します。

                      [お気に入り]

                      最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                      [アップリンク ネットワークの作成]

                      アップリンク ネットワークを作成します。

                      アップリンク ネットワークを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。

                      アクション 説明

                      [継承ポート プロファイル]

                      アップリンク用のポリシーを提供するイーサネット ポート プロファイルをインポートします。

                      [ポートプロファイル設定の継承] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                      • [ネットワークアップリンク]:ネットワーク アップリンクを表示します。

                      • [ポートプロファイル]:[選択] をクリックして、設定を継承したいポート プロファイルを選択します。

                      [継承ポートプロファイルの削除]

                      ポート プロファイルから継承されるポリシーを削除します。

                      [ネットワークアップリンクの公開]

                      Microsoft SCVMM にネットワーク アップリンクを公開します。

                      [アップリンク ネットワークの削除]

                      アップリンク ネットワークを削除します。

                      [アップリンク ネットワークの更新]

                      アップリンク ネットワークを更新します。


                      アップリンク ネットワークの作成


                        ステップ 1   [ネットワークアップリンク] タブに移動します。

                        [ネットワークアップリンク] タブに移動する方法については、ネットワーク アップリンクの管理を参照してください。

                        ステップ 2   [アップリンクネットワークの作成] をクリックします。
                        ステップ 3   [アップリンクネットワークの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                        名前 説明

                        [ネットワークアップリンク] フィールド

                        ネットワーク セグメントの名前。

                        [ネットワークセグメントプール] フィールド

                        [選択] をクリックし、ネットワーク セグメント プールを選択します。

                        [ポートプロファイル] フィールド

                        [選択] をクリックし、ポート プロファイルを選択します。

                        [ネットワークセグメント] フィールド

                        [選択] をクリックし、ネットワーク セグメントを選択します。

                        [システムネットワークアップリンク] チェック ボックス

                        システム ネットワーク アップリンクとしてアップリンクを設定するには、このチェックボックスをオンにします。

                        [ネットワークアップリンクの公開] チェック ボックス

                        ネットワーク アップリンクを SCVMM に発行するにはこのチェックボックスをオンにします。

                        [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

                        実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

                        ステップ 4   [送信] をクリックします。