Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 5.2
MAC アドレスの管理
MAC アドレスの管理

MAC アドレスの管理

この章は、次の内容で構成されています。

MAC アドレスについて

メディア アクセス制御(MAC)アドレスは、ネットワーク デバイスに関連付けられた一意の値です。 MAC アドレス テーブルは、レイヤ 2 ポートで、パケット上の MAC アドレスと、そのパケットのレイヤ 2 ポート情報とを関連付ける際に使用されます。 MAC アドレス テーブルは、受信したフレームの MAC ソース アドレスを使用して構築されます。

Cisco UCS Director では、MAC 設定は次のシスコのネットワーク デバイス上でサポートされます。

  • Cisco Nexus 1000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5000、5500、および 5672 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 6000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 9300 および 9500 シリーズ スイッチ

(注)  


MAC アドレスおよび MAC アドレスの設定ガイドラインの詳細については、Cisco NX-OS ソフトウェアのコンフィギュレーション ガイドを参照してください。


スイッチへの MAC アドレスの追加


    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
    ステップ 3   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
    ステップ 4   [MACアドレステーブル] タブをクリックします。
    ステップ 5   [MACアドレスの作成] をクリックします。
    ステップ 6   [MACアドレスのパラメータ] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [MACアドレス] フィールド

    スイッチの MAC アドレス テーブルに追加される MAC アドレス。

    [VLAN ID] の [選択] ボタン

    [選択] ダイアログボックスで、この MAC アドレスに関連付けられた VLAN ID 番号を選択します。

    [ポートの選択] の [選択] ボタン

    [選択] ダイアログボックスで、この VLAN ID 番号の LAN ポート(チャネル)を選択します。

    [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

    実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

    ステップ 7   [送信] をクリックします。

    スイッチからの MAC アドレスの削除


      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
      ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
      ステップ 3   MAC アドレスを削除する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
      ステップ 4   [MACアドレステーブル] タブをクリックします。
      ステップ 5   削除する必要がある MAC アドレスを選択します。
      ステップ 6   [削除] をクリックします。
      ステップ 7   [MACアドレスのパラメータ] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [MACアドレス] ボタン

      削除を選択したスイッチ上の MAC アドレス。

      [VLAN ID] フィールド

      MAC アドレスに関連付けられた VLAN ID 番号。

      [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

      実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

      ステップ 8   [送信] をクリックします。

      ポートへの MAC アドレスの割り当て


        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
        ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
        ステップ 3   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
        ステップ 4   [MACアドレステーブル] タブをクリックします。
        ステップ 5   ポートに割り当てる必要がある MAC アドレスを選択します。
        ステップ 6   [MACアドレスポートの割り当て] をクリックします。
        ステップ 7   [MACアドレスのパラメータ] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [MACアドレス] フィールド

        ポートに割り当てる必要がある MAC アドレス。

        [ポート選択] ボタン

        [選択] をクリックします。 [選択] ダイアログボックスで、LAN ポート(チャネル)を選択します。

        [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

        実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

        ステップ 8   [送信] をクリックします。

        ポートからの MAC アドレスの割り当て解除


          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
          ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
          ステップ 3   設定する必要があるネットワーク デバイスを選択します。
          ステップ 4   [MACアドレステーブル] タブをクリックします。
          ステップ 5   [MACアドレスポートの割り当て解除] をクリックします。
          ステップ 6   [MACアドレスのパラメータ] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [ポート選択] ボタン

          [選択] をクリックします。 [選択] ダイアログボックスで、LAN ポート(チャネル)を選択します。

          [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

          実行中の設定を起動設定にコピーするには、このチェック ボックスをオンにします。

          ステップ 7   [送信] をクリックします。

          MAC アドレス テーブルのエージング タイムの設定

          エントリ(パケット送信元の MAC アドレスとそのパケットが入ってきたポート)が MAC アドレス テーブル内に留まる時間を設定できます。


            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
            ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを展開します。
            ステップ 3   設定するネットワーク デバイスを選択します。
            ステップ 4   [MACアドレステーブル設定] タブをクリックします。
            ステップ 5   [MACアドレステーブルの設定] をクリックします。
            ステップ 6   [MACアドレスのパラメータ] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [有効期限] フィールド

            エントリがエージング アウトして MAC アドレス テーブルから破棄されるまでの時間(120 ~ 918000 秒)。 0 の場合、MAC エージングは無効になります。 使用できるのは 5 の倍数です。 デフォルトは 300 秒です。 VLAN を指定しなかった場合、エージングの指定はすべての VLAN に適用されます。

            [実行中の設定を起動設定にコピー] チェックボックス

            実行中の設定を起動設定にコピーするには、チェックボックスをオンにします。

            ステップ 7   [送信] をクリックします。