Cisco UCS Director ネットワーク デバイス管理ガイド、リリース 5.2
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director で実行できるネットワーク デバイス管理タスク

Cisco UCS Director を使用して、ドメイン内のネットワーク デバイスの管理、モニタリング、およびレポート タスクを実行できます。

設定と管理

Cisco UCS Director では、次のネットワーク デバイス プロトコルおよびコンポーネントを設定できます。

  • ポートおよびトランク

  • マルチ スパニングツリー(MST)、Per VLAN Spanning Tree(PVST)、および VLAN トランキング プロトコル(VTP)

  • ストレージ エリア ネットワーク(SAN)ゾーンおよびゾーンセット

  • 仮想デバイス コンテキスト(VDC)、仮想ファイバ チャネル(VFC)、および仮想ポート チャネル(vPC)ドメイン

  • VLAN およびプライベート VLAN

  • 仮想ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)

  • 仮想拡張ローカル エリア ネットワーク(VXLAN)

モニタリングとレポート

Cisco UCS Director を使用して、ネットワーク デバイスについてモニタリングおよびレポートすることもできます。

  • サービス詳細リクエスト

  • 構成

  • モジュール

  • インターフェイス

  • ポートの機能およびプロファイル

  • プール ポリシーおよび使用状況

  • MAC アドレス テーブルの設定

  • Quality of Service(QoS)ポリシーおよびクラス マップ

  • サービス詳細リクエスト

  • SAN ゾーンおよびゾーンセット

  • vPC 情報

  • VSAN、VLAN、およびプライベート VLAN 情報

Cisco UCS Director では実行できないネットワーク デバイス管理タスク

Cisco UCS ドメイン内の特定のネットワーク デバイス管理タスクには、以下のように Cisco UCS Director を使用した実行ができないものがあります。

  • ファームウェア アップグレード

  • ユーザ管理

ネットワーク デバイス管理の Orchestrator タスク

Cisco UCS Director には Orchestrator 機能があり、1 つ以上のワークフローでネットワーク ドメイン タスクの自動設定および管理が行えます。

ネットワーク デバイスの Orchestrator タスクの完全なリストは、ワークフロー デザイナとタスク ライブラリで入手できます。

Cisco UCS Director の Orchestrator に関する詳細は、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

ネットワーク デバイスのインベントリの収集


    ステップ 1   メニュー タブで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
    ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
    ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
    ステップ 4   インベントリを収集するネットワーク デバイスを選択します。
    ステップ 5   [インベントリ収集] をクリックします。

    ポーリング間隔の設定

    ポーリング間隔は、インベントリ収集の頻度を指定します。


      ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [システム] の順に選択します。
      ステップ 2   [システム タスク] タブをクリックします。
      ステップ 3   アカウントのインベントリ タスクを選択し、[タスクの管理] をクリックします。
      ステップ 4   [分] ドロップダウン リストから、ポーリング間隔を選択します。
      ステップ 5   [送信] をクリックします。

      ネットワーク デバイスの接続とトポロジの表示

      任意のネットワーク デバイスの接続やトポロジの図を表示できます。 階層、同心、ラウンドロビン、または強制の実行モードでの表示を選択できます。


        ステップ 1   メニュー タブで、[物理] > [ネットワーク] の順に選択します。
        ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドを選択します。
        ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
        ステップ 4   表示するネットワーク デバイスを選択します。
        ステップ 5   [接続の表示] をクリックします。
        ステップ 6   [トポロジビュー - ネットワーク デバイスの接続] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [表示モード] ドロップダウン リスト

        次のいずれかを選択します。

        • 階層

        • 同心

        • ラウンドロビン

        • 強制の実行

        [リンクラベルの表示] チェックボックス

        トポロジにリンク ラベルを表示するには、このチェックボックスをオンにします。

        [項目のスペース設定を許可] チェックボックス

        ビューで行間隔を許可するには、このチェックボックスをオンにします。

        ステップ 7   ネットワーク デバイスの接続の確認とそれらのトポロジの判別が終了したら、[閉じる] をクリックします。

        ポッド環境のネットワーク デバイスの詳細の確認

        ネットワーク デバイスがポッドに追加された後、ポッド環境の検出されたすべてのコンポーネントがアカウント レベルで表示されます。


          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ネットワーク] を選択します。
          ステップ 2   [ネットワーク] ペインで、ポッドをクリックします。
          ステップ 3   [管理するネットワーク機器] タブをクリックします。
          ステップ 4   ネットワーク デバイスをクリックし、[詳細の表示] をクリックします。 デバイスに関するすべての情報が [サマリー] タブに表示されます。 ネットワーク デバイスに応じて、その他のタブを選択して、インターフェイス、モジュール、VLAN、ポート プロファイルなどの具体的な詳細を表示できます。