Cisco UCS Director カスタム ワークフロー タスク管理ガイド、リリース 5.2
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director について

Cisco UCS Director(旧称 Cisco Cloupia Unified Infrastructure Controller)は、次の標準的なテンプレートを使用する 64 ビットのアプライアンスです。

  • Open Virtualization Format(OVF)for VMware vSphere

  • Virtual Hard Disk(VHD)for Microsoft Hyper-V

Cisco UCS Director は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームに基づく業界をリードする統合インフラストラクチャ ソリューションに、セキュリティで高度に保護された統合管理機能を提供します。

Cisco UCS Director は、Cisco UCS を通じて、コンピューティング階層とネットワーク階層の統合を拡張し、データセンターの管理者に包括的な可視性と管理機能を提供します。 この製品は、Cisco UCS および Cisco Nexus プラットフォームをベースにした、NetApp FlexPod および ExpressPod、EMC Isilon、EMC VSPEX、EMC VPLEX、および VCE Vblock システムをサポートします。

Cisco UCS Director は物理的、仮想的、ベアメタル型の環境にわたって、リソース プールのプロビジョニングを自動化します。 この製品は、正常性、ステータス、リソース使用率に関して、ネイティブな自動化されたモニタリング機能を提供します。 Cisco UCS Director を使用して次を実行できます。

  • すべてのサーバおよびアプリケーションを対象に、サービス プロファイルとテンプレートを作成、複製、および導入すること

  • 全データセンターを対象として、仮想マシン(VM)の使用率を示すヒート マップを表示するなど、統合インフラストラクチャで組織の使用率、傾向、容量を継続的にモニタすること

  • 作業者ごとにばらつきのない方法で ExpressPod および FlexPod インフラストラクチャの導入や容量の増設を行うこと

  • Cisco UCS ドメインとそのコンポーネントを対象として、管理、モニタリング、報告を行うこと

  • 物理的なインフラストラクチャ サービスを含むように、仮想サービス カタログを拡張すること

  • 仮想化された作業負荷と仮想化されていない作業負荷の両方に対応するために、セキュリティで保護されたマルチテナント環境を管理すること

カスタム タスクについて

Cisco UCS Director によって、IT 管理者はクラウドの自動化を有効にし、IT サービスを標準化できます。 管理者はオーケストレータを使用して、VM の作成や VM 電源アクションなどの一連のタスクをワークフローの形式で実行できます。 ワークフローにタスクを追加または移動した後、最終的なワークフローを実行できます。 すべてのタスクは 1 つずつ順番に実行されます。

Cisco UCS Director を使用して、入力と出力が明確に定義された新しいワークフロー タスクをカスタマイズできます。 カスタム タスクのハンドラの定義には Cloupia スクリプトが使用されます。 カスタム タスクは組み込みタスクや他のカスタム タスクを内部的に呼び出すことができます。 組み込みタスクとカスタム タスクの動作に本質的な違いはありません。 また、カスタム タスクは他のタスクのラッパーとして機能します。


(注)  


ctxt.setOutputValue() または ctxt.updateInput() メソッドは、カスタム ワークフロー タスクで使用しないでください。