Cisco UCS Manager アカウントの設定
Cisco UCS Manager アカウントの設定

目次

Cisco UCS Manager アカウントの設定

この章は、次の内容で構成されています。

ポッド

Pod は、物理コンポーネントおよび仮想コンポーネントの論理的なグループです。これには、コンピューティング用の Cisco UCS Manager アカウント、ネットワーク アカウント、またはクラウド アカウントなどの 1 つ以上の物理アカウントまたは仮想アカウントが含まれます。 Pod は、FlexPod、Vblock、VSPEX など、単一の統合インフラストラクチャ スタックを表すことができます。

Cisco UCS Central が含まれるシステムの場合、各 Cisco UCS ドメイン またはドメイングループに対応するポッドを作成することをお勧めします。

必要な場合は、ポッドをサイトにグループ化することができます。 サイトは、[統合基盤] タブに表示されます。 詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

Pod の追加


    ステップ 1   メニューバーで [管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
    ステップ 2   [POD] タブをクリックします。
    ステップ 3   [追加] をクリックします。
    ステップ 4   [PODの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [名前] フィールド

    Pod の記述名です。

    [サイト] ドロップダウン リスト

    Pod を追加するサイトを選択します。 環境にサイトがない場合は、このステップを省略できます。

    [タイプ] ドロップダウン リスト

    追加する Pod のタイプを選択します。 次のサポートされたタイプのいずれかを指定できます。
    • [FlexPod]
    • [汎用]
    • [ExpressPodミディアム]
    • [VSPEX]
    • [ExpressPodスモール]
    • [Vblock]

    また、汎用以外のポッド タイプは、特定の物理コンポーネントと仮想コンポーネントにのみ対応しています。 汎用ポッドには特定のポッド ライセンスは必要ありません。 また、汎用ポッドには、任意のタイプの物理コンポーネントまたは仮想コンポーネントを追加できます。 Pod の実行に必要な個々のデバイス ライセンスを含む、バンドルされた Pod ライセンス(FlexPod、Vblock、VSPEX)の詳細については、『Cisco UCS Director Installation and Upgrade Guides』を参照してください。

    [説明] フィールド

    (任意)Pod の説明です。

    [住所] フィールド

    Pod の物理ロケーションです。 たとえば、このフィールドには Pod の市区町村、またはその他の内部的な識別子を入力します。

    [PODを非表示] チェックボックス

    統合チェック ビューにポッドを表示したくない場合に、このチェックボックスをオンにして、ポッドを非表示にします。 Pod からアカウントの追加または削除は引き続き実行できます。

    たとえば、このチェックボックスを使用して、物理要素や仮想要素の存在しないポッドが統合ビューに表示されないようにすることができます。

    ステップ 5   [追加] をクリックします。

    次の作業

    Pod にアカウントを 1 つ以上追加します。

    Cisco UCS Manager のアカウント

    Cisco UCS Manager アカウントは、Cisco UCS Director で管理する単一の Cisco UCS ドメインを表します。

    Cisco UCS Central が含まれない環境では、Cisco UCS Manager アカウントをポッド内に作成します。

    Cisco UCS Central が含まれる環境では、Cisco UCS Central アカウントをマルチドメイン マネージャの下に作成する必要があります。 その Cisco UCS Central に登録されたすべての Cisco UCS ドメイン と、それに関連する Cisco UCS Manager アカウントが、アカウントの作成時に Cisco UCS Director に取り込まれます。 必要な場合は、これらの 1 つ以上の Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントからポッドに割り当てることができます。 Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントに登録することもできます。

    Cisco UCS Manager アカウントの追加

    はじめる前に

    Cisco UCS Manager アカウントが属する Pod を追加します。


      ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] を選択します。
      ステップ 2   [物理アカウント] タブをクリックします。
      ステップ 3   [追加] をクリックします。
      ステップ 4   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次を手順を実行します。
      1. [ポッド] ドロップダウン リストから、このアカウントが属しているポッドを選択します。
      2. [カテゴリタイプ] ドロップダウン リストから、[コンピューティング] を選択します。
      3. [アカウントタイプ] ドロップダウン リストから、[UCSM] を選択します。
      4. [送信] をクリックします。
      ステップ 5   [アカウントの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
      名前 説明

      [認証タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントに使用する認証タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • [ローカルで認証済み]:ローカルで認証されたユーザ アカウントとは、ファブリック インターコネクトを介して直接認証されたユーザ アカウントのことであり、管理者権限または AAA(認証、認可、アカウンティング)権限を持っていれば誰でも有効/無効にすることができます。

      • [リモートで認証済み]:リモートで認証されたユーザ アカウントとは、LDAP、RADIUS、TACACS+ のいずれかを介して認証されたユーザ アカウントのことです。

      [サーバ管理] ドロップダウン リスト

      アカウントのサーバをどのように管理するか選択します。 次のいずれかになります。

      • [すべてのサーバを管理]:すべてのサーバが によって管理されます。 このオプションがデフォルトです。 このオプションを選択すると、管理の状態ですべてのサーバが追加されます。

      • [選択したサーバのみ管理]:選択したサーバのみが によって管理されます。 必要に応じて管理サーバ リストからサーバの追加および削除ができます。 このオプションを選択すると、未管理の状態ですべてのサーバが追加されます。

      [アカウント名] フィールド

      アカウントに割り当てる一意の名前です。

      [サーバのアドレス] フィールド

      Cisco UCS Manager の IP アドレスです。 クラスタ設定では仮想 IP アドレスになります。

      [クレデンシャルポリシーの使用] チェックボックス

      情報を手動で入力するのではなく、このアカウントのクレデンシャル ポリシーを使用する場合に、このチェックボックスをオンにします。

      [クレデンシャル ポリシー] ドロップダウン リスト

      [クレデンシャルポリシーの使用] チェックボックスをオンにした場合は、このドロップダウン リストから、使用するクレデンシャル ポリシーを選択します。

      このフィールドは、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合にだけ表示されます。

      [ユーザ ID] フィールド

      アカウントが Cisco UCS Manager のアクセスに使用するユーザ名です。 このユーザ名は Cisco UCS Manager の有効なアカウントである必要があります。

      このフィールドは、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合は表示されません。

      [パスワード] フィールド

      ユーザ名に関連付けられたパスワードです。

      このフィールドは、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合は表示されません。

      [UCS認証ドメイン] フィールド

      リモートで認証するアカウントの認証ドメインです。

      このフィールドは、認証されたアカウントをローカルで使用している場合、または、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合は表示されません。

      [通信タイプ] ドロップダウン リスト

      アカウントで使用する通信タイプを選択します。 次のいずれかになります。

      • http

      • https

      このフィールドは、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合は表示されません。

      [ポート] フィールド

      Cisco UCS Manager のアクセスに使用するポートです。

      このフィールドは、クレデンシャル ポリシーの使用を選択した場合は表示されません。

      [説明] フィールド

      (オプション)アカウントの説明です。

      [連絡先の電子メール] フィールド

      管理者またはアカウント責任者の連絡先に使用できる電子メール アドレスです。

      [ロケーション] フィールド

      アカウントのロケーションです。

      [サービスプロバイダー] フィールド

      (オプション)該当する場合は、アカウントに関連付けられるサービス プロバイダー名です。

      ステップ 6   [追加] をクリックします。

      Cisco UCS Director によって、Cisco UCS Manager への接続がテストされます。 テストが成功する場合は Cisco UCS Manager アカウントを追加して、Cisco UCS Manager にあるアカウントに関連するすべてのインフラストラクチャ要素(シャーシ、サーバ、ファブリック インターコネクト、サービス プロファイル、プールなど)を検出します。 この検出処理およびインベントリ収集サイクルの完了には、およそ 5 分かかります。

      [管理] > [システム] > [システム タスク] タブで設定されるポーリング間隔は、インベントリ収集の頻度を指定します。

      物理アカウントへの接続のテスト

      ポッドをアカウントに追加した後は、いつでも接続をテストできます。


        ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [物理アカウント] の順に選択します。
        ステップ 2   テストするアカウントタイプに対応するタブをクリックします。

        たとえば、[物理アカウント] タブまたは [マルチドメイン マネージャ] タブをクリックします。

        ステップ 3   テーブルで、接続のテスト対象となるアカウントの行をクリックします。
        ステップ 4   [テスト接続] をクリックします。
        ステップ 5   接続テストが完了したら、[閉じる] をクリックします。

        次の作業

        接続が失敗した場合は、ユーザ名やパスワードを含め、アカウントの構成を検証します。 ユーザ名とパスワードが正しい場合は、ネットワーク接続に問題があるかどうかを確認します。

        Cisco UCS Manager アカウントの検出を確認


          ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
          ステップ 2   確認対象となる Cisco UCS Manager アカウントを含む Pod を左側の列で選択します。
          (注)      左列のツリー構造はサイト未割り当てのポッドマルチドメインマネージャのノードを一覧表示します。 [サイト] ノードを展開すると、サイト ノードのすべての Pod が表示されます。 [未割り当てのポッド] ノードを展開すると、どのサイトにも割り当てられていないすべてのポッドが表示されます。 [マルチドメインマネージャ] リストを展開すると、Cisco UCS Director に追加したすべてのマルチドメイン マネージャ アカウント タイプが表示されます。
          ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
          ステップ 4   確認するアカウントの行をテーブルでクリックします。
          ステップ 5   [詳細の表示] をクリックします。

          Cisco UCS Director が検出されたアカウントのコンポーネントに関する情報を表示するタブ セットを表示します。

          ステップ 6   [戻る] をクリックして [コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

          Cisco UCS ドメイン内のデバイスのトポロジと接続の表示


            ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
            ステップ 2   左の列で、トポロジを表示する Cisco UCS Manager アカウントが含まれるポッドを選択します。
            ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
            ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
            ステップ 5   [接続の表示] をクリックします。

            [トポロジビュー - UCS デバイス接続] ダイアログボックスが表示され、Cisco UCS ドメイン 内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

            ステップ 6   必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
            • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。

              • [階層]

              • [同心]

              • [円形]

              • [強制の実行]

            • [リンクラベルの表示] チェックボックス:デバイス間のリンクのラベルの表示/非表示を切り替えます。 一部の表示モードでは、これらのラベルは表示されません。

            • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。

            • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

            • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。

            • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。

            • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

            ステップ 7   [閉じる] をクリックして、[コンピューティングアカウント] タブに戻ります。

            Cisco UCS Manager アカウントの設定のエクスポート

            Cisco UCS Director では、Ucs-Timestamp-configuration.zip という名前のファイルは、ダウンロード先としてブラウザで設定されている場所にエクスポートされます。


              ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
              ステップ 2   左ペインで、設定をエクスポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
              ステップ 3   右側のペインで [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
              ステップ 4   テーブルで、アカウントの行をクリックします。
              ステップ 5   [設定のエクスポート] をクリックします。
              ステップ 6   [UCS設定のエクスポート] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。
              ステップ 7   設定のエクスポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

              Cisco UCS Manager アカウントの設定のインポート

              Cisco UCS DirectorCisco UCS Manager アカウントから、または Cisco UCS Manager からエクスポートされた設定をインポートすることができます。


              (注)  


              Cisco UCS Manager アカウントに設定をインポートすると、そのアカウント内の既存の設定が上書きされます。



                ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                ステップ 2   左の列で、設定をインポートする Cisco UCS Manager アカウントが含まれているポッドを選択します。
                ステップ 3   [コンピューティングアカウント] タブをクリックします。
                ステップ 4   テーブルで、設定をインポートするアカウントの行をクリックします。
                ステップ 5   [設定のインポート] をクリックします。
                ステップ 6   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定のアップロード] 画面で、次の手順を実行します。
                1. [参照] をクリックし、インストールする設定ファイルに移動します。
                2. [アップロード] をクリックします。
                3. ファイルのアップロードが完了したら、[OK] をクリックします。
                4. [次へ] をクリックします。
                ステップ 7   [UCS設定のインポート] ウィザードの [設定の選択] 画面で、次のいずれかのチェックボックスをオンにします。
                オプション 説明

                [すべての設定のインポート]

                ファイル内のすべての設定をインポートします。

                [インポートのカスタマイズ]

                選択した設定のみをインポートします。

                ステップ 8   [送信] をクリックします。
                ステップ 9   設定のインポートが完了したら、[閉じる] をクリックします。

                選択対象サーバの管理

                Cisco UCS Manager アカウントをポッドに追加するときに、Cisco UCS Director でそのアカウントのサーバを管理する方法を選択できます。 次のいずれかを選択できます。

                [すべてのサーバ]

                すべてのサーバが Cisco UCS Director によって管理されます。 このオプションがデフォルトです。

                [選択済みのサーバ]

                選択したサーバのみが Cisco UCS Director によって管理されます。 必要に応じて管理対象サーバのリストにサーバを追加および削除できます。


                (注)  


                サーバ ライセンス使用率には、管理状態、トランジション状態、使用禁止状態のサーバが含まれます。 アンマネージド サーバは含まれません。


                選択対象サーバの管理のガイドラインと制限

                選択対象サーバの管理を設定する場合は、次のガイドラインと制限にご注意ください。

                サーバ管理オプションの変更

                既存の Cisco UCS Manager アカウントを [すべてのサーバ] から [選択済みのサーバ] に変更する場合は、Cisco UCS Director のすべてのサーバがアンマネージド(管理対象外)状態となります。 最初に、サーバがトランジション状態となり、サーバ レポートから削除されます。 1 台以上のサーバを選択して手動でマネージド(管理対象)状態に移行しない場合は、Cisco UCS Director がアンマネージド(管理対象外)状態への移行を完了するまで、すべてのサーバが 48 時間トランジション状態となります。 サーバがトランジション状態になっている間は、ライセンス使用中としてカウントされます。

                既存の Cisco UCS Manager アカウントのサーバ管理設定を [選択済みのサーバ] から [すべてのサーバ] に変更した場合は、Cisco UCS Director のすべてのサーバがマネージド(管理対象)状態に移行されます。

                サーバ プール

                Cisco UCS Director では、サーバ プールのマネージド サーバのみが表示されますが、プールのサイズにはすべてのサーバが含まれます。 たとえば、サーバ プールに 2 台のサーバがあり、そのうち 1 台のサーバのみが Cisco UCS Director で管理されている場合、そのプールのすべてのサーバ プール レポートとアクションには、1 台の(マネージド)サーバのみが表示されます。 ただし、プール サイズは 2 台と表示されます。

                サービス プロファイル

                Cisco UCS Director では、アンマネージド サーバと関連付けられているサービス プロファイルは表示されません。 サービス プロファイルは、サーバが Cisco UCS Director で管理されている場合にのみ表示されます。

                Cisco UCS Manager を使用して Cisco UCS Director で管理されていないサーバを持つサーバ プールと、サービス プロファイルを関連付けると、そのサービス プロファイルや Cisco UCS Director のサーバでそれ以上のタスクを実行できません。 そのサーバやサービス プロファイルを管理するには、該当するオーケストレーション ワークフローにサーバ管理タスクを追加する必要があります。

                管理対象サーバの選択

                はじめる前に

                Cisco UCS Director で管理するサーバを選択できるようにするには、Cisco UCS Manager アカウントの選択的なサーバ管理の設定を [選択済みのサーバ] として設定する必要があります。


                  ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                  ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                  ステップ 3   右側のペインで [UCS検出済みサーバ] タブをクリックします。
                  ステップ 4   [UCS検出済みサーバ] タブをクリックします。

                  このタブには、Cisco UCS ドメイン内の Cisco UCS Manager によって検出されたすべてのサーバが表示されます。

                  ステップ 5   [サーバの管理] をクリックします。
                  ステップ 6   [サーバの管理] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                  1. 管理対象にするサーバのチェックボックスをオンにします。
                  2. [送信] をクリックします。

                  選択したサーバが Cisco UCS Director によって管理状態に移行されます。


                  サーバ管理の解除

                  Cisco UCS Manager アカウントでサーバ管理オプションを [選択済みサーバ] に設定した場合は、Cisco UCS Director で管理する必要がなくなったサーバをアンマネージすることができます。


                    ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                    ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                    ステップ 3   右側のペインで [UCS検出済みサーバ] タブをクリックします。
                    ステップ 4   [UCS検出済みサーバ] タブをクリックします。

                    このタブには、Cisco UCS ドメイン内の Cisco UCS Manager によって検出されたすべてのサーバが表示されます。

                    ステップ 5   [サーバのアンマネージ] をクリックします。
                    ステップ 6   [サーバのアンマネージ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                    1. 管理する必要がなくなったサーバのチェック ボックスをオフにします。
                    2. [送信] をクリックします。

                    Cisco UCS Director によって、選択したサーバがトランジション状態に移行され、サーバ レポートから削除されます。 サーバはトランジション状態を 48 時間維持した後に、Cisco UCS Director によってアンマネージド状態に完全に移行されます。 サーバがトランジション状態になっている間は、ライセンス使用中としてカウントされます。


                    Cisco UCS Manager アカウントの Cisco UCS Central への登録

                    Cisco UCS Centralアカウントを追加すると、Cisco UCS Director は、そのアカウントを使用して、すべての登録済み Cisco UCS ドメインを管理できます。 Cisco UCS Director を使用して、Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントに登録することもできます。

                    また、ポリシー、サービス プロファイル、およびサービス プロファイル テンプレートを次のいずれかとして指定することで、これらの作成と管理に Cisco UCS Central アカウントまたは Cisco UCS Manager アカウントのどちらを使用するかを選択することもできます。

                    • [ローカル]:ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートは、Cisco UCS Manager アカウントを使用して作成および管理されます。

                    • [グローバル]:ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートは、Cisco UCS Central アカウントを使用して作成および管理されます。

                    Cisco UCS Central の前提条件

                    Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントで登録する前に、次の手順を実行します。

                    • Cisco UCS DirectorCisco UCS Manager、および Cisco UCS Central で NTP サーバと正しいタイム ゾーンを設定し、それらが同期されていることを確認します。 それらの 1 つ以上の時間と日付が同期されていない場合、Cisco UCS Central での登録に失敗することがあります。

                    • Cisco UCS DirectorCisco UCS Centralアカウントのホスト名と IP アドレスを取得します。

                    • Cisco UCS Centralを展開したときに設定した共有シークレットを取得します。

                    Cisco UCS Manager アカウントの Cisco UCS Central への登録

                    はじめる前に
                    • 1 つ以上の Cisco UCS Central アカウントを追加します。

                    • 次の Cisco UCS Central の前提条件を実行します。


                      ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                      ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                      ステップ 3   [サマリー] タブをクリックします。
                      ステップ 4   [UCSセントラルに登録] タブをクリックします。
                      ステップ 5   [UCSセントラルに登録] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                      1. [UCSセントラルホスト名/IPアドレス] フィールドに、Cisco UCS Central アカウントのホスト名または IP アドレスを入力します。
                        (注)     

                        IP アドレスではなくホスト名を使用する場合は、DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていない、または DNS 管理がローカルに設定されている場合は、Cisco UCS Manager で DNS サーバを設定します。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録され、DNS 管理がグローバルに設定されている場合は、Cisco UCS Central で DNS サーバを設定します。

                      2. [共有シークレット] フィールドで、Cisco UCS Central アカウントの共有シークレット(またはパスワード)を入力します。
                      3. [送信] をクリックします。

                      Cisco UCS Manager アカウントの Cisco UCS Central からの登録解除

                      Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central から登録解除すると、その Cisco UCS Manager アカウントは、グローバル ポリシーの更新を受けとらなくなります。


                        ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                        ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                        ステップ 3   [サマリー] タブをクリックします。
                        ステップ 4   ドロップダウン メニュー ボタンをクリックし、[UCSセントラルの登録を解除] を選択します。
                        ステップ 5   [UCSセントラルの登録を解除] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。

                        ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートのグローバル設定

                        Cisco UCS Manager アカウントを使用して、ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートをグローバルとして設定する必要があります。

                        はじめる前に

                        Cisco UCS Manager アカウントを Cisco UCS Central アカウントに登録します。


                          ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                          ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                          ステップ 3   右ペインで、適切なタブをクリックし、ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートが置かれている場所に移動します。

                          たとえば、次のいずれかを実行します。

                          • サービス プロファイルの場合は、[サービスプロファイル] タブをクリックします。

                          • vHBA テンプレートなどのサービス プロファイル テンプレートまたはポリシーの場合は、[組織] タブをクリックし、[詳細の表示] をクリックして、目的のテンプレートまたはポリシーが含まれている組織をクリックします。

                          ステップ 4   グローバルにするポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートのテーブル内の行をクリックします。
                          ステップ 5   [グローバルの使用] をクリックします。

                          サービス プロファイルまたはポリシーによっては、ドロップダウン メニュー ボタンをクリックし、メニューから [グローバルの使用] を選択する必要があります。

                          ステップ 6   [グローバルの使用] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。

                          ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートのローカル設定

                          Cisco UCS Manager アカウントを使用して、ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートをローカルとして設定する必要があります。


                            ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                            ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                            ステップ 3   右ペインで、適切なタブをクリックし、ポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートが置かれている場所に移動します。

                            たとえば、次のいずれかを実行します。

                            • サービス プロファイルの場合は、[サービスプロファイル] タブをクリックします。

                            • vHBA テンプレートなどのサービス プロファイル テンプレートまたはポリシーの場合は、[組織] タブをクリックし、[詳細の表示] をクリックして、目的のテンプレートまたはポリシーが含まれている組織をクリックします。

                            ステップ 4   ローカルにするポリシー、サービス プロファイル、またはサービス プロファイル テンプレートのテーブル内の行をクリックします。
                            ステップ 5   [ローカルの使用] をクリックします。

                            サービス プロファイルまたはポリシーによっては、ドロップダウン メニュー ボタンをクリックし、メニューから [ローカルの使用] を選択する必要があります。

                            ステップ 6   [ローカルの使用] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。

                            組織

                            マルチテナント環境の組織

                            マルチテナント機能を使用すると、Cisco UCS ドメインの大きな物理的インフラストラクチャを組織と呼ばれる論理的なエンティティに分割することができます。 その結果、各組織に専用の物理インフラストラクチャを設けなくても各組織を論理的に分離できます。

                            マルチテナント環境では、関連する組織を通じて、各テナントに一意のリソースを割り当てられます。 これらのリソースには、各種のポリシー、プール、および Quality of Service 定義などがあります。 また、すべてのユーザにすべての組織へのアクセス権を付与する必要がない場合は、ロケールを実装して、組織ごとにユーザ権限やロールを割り当てたり、制限したりすることもできます。

                            マルチテナント環境をセットアップすると、すべての組織が階層的になります。 最上位の組織は常にルートです。 ルートに作成したポリシーおよびプールはシステム全体にわたるもので、このシステムに含まれるすべての組織で使用できます。 しかし、他の組織で作成されたポリシーやプールが使用できるのは、同じ階層でそれより上にある組織だけです。 たとえば、あるシステムに Finance と HR という組織があり、これらは同じ階層に存在しないとします。この場合、Finance は HR 組織にあるポリシーは一切使用できず、また、HR は Finance 組織にあるポリシーには一切アクセスできません。 しかし、Finance と HR は両方とも、ルート組織にあるポリシーやプールを使用できます。

                            マルチテナント環境に組織を作成する場合、各組織、または同じ階層のサブ組織に対して、次のうちの 1 つ以上をセットアップすることもできます。

                            • リソース プール

                            • ポリシー

                            • サービス プロファイル

                            • サービス プロファイル テンプレート

                            ルート組織は常にトップ レベルの組織です。

                            組織の作成

                            ルートとなる最上位レベルの組織を作成できます。 このルートに作成したポリシーおよびプールはシステム全体にわたるもので、このシステムに含まれるすべての組織で使用できます。


                              ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                              ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                              ステップ 3   右側のペインで [組織] タブをクリックします。
                              ステップ 4   [追加] をクリックします。
                              ステップ 5   [組織の追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                              1. [名前] フィールドに、組織の名前を入力します。
                              2. [説明] フィールドに、組織の説明を入力します。
                              3. [親組織] ドロップダウン リストから、この組織を含める上位の組織を選択します。

                              ロケール

                              各ロケールには、ユーザからのアクセスを許可する 1 つ以上の組織を定義します。アクセスは、このロケールで指定された組織の範囲内に制限されます。 このルールの 1 つの例外として、組織が指定されていないロケールがあります。この場合、すべての組織内のシステム リソースに対して無制限のアクセスが可能になります。

                              Cisco UCS ドメインには、最大 48 のロケールを含めることができます。 最初の 48 のロケールが許可された後も設定はされますが、障害が発生して、ロケールが無効になります。

                              組織は階層的に管理できます。 トップ レベルの組織に割り当てられたユーザは、自動的にその下にあるすべての組織にアクセスできます。 たとえば、エンジニアリング組織が、ソフトウェア エンジニアリング組織とハードウェア エンジニアリング組織で構成されているとします。 ソフトウェア エンジニアリング組織のみを含むロケールでは、その組織内のシステム リソースにしかアクセスできません。一方、エンジニアリング組織が含まれるロケールでは、ソフトウェア エンジニアリング組織とハードウェア エンジニアリング組織の両方のリソースにアクセスできます。

                              ロケールの作成


                                ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                                ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                ステップ 3   右ペインで、[ロケール] タブをクリックします。
                                ステップ 4   [追加] をクリックします。
                                ステップ 5   [ロケールの追加] ダイアログボックスに、ロケールの名前と説明を入力します。
                                ステップ 6   [組織] フィールドで、[選択] をクリックし、次の手順を実行します。
                                1. ロケールを追加する組織のチェックボックスをオンにします。
                                2. [選択] をクリックします。
                                ステップ 7   [送信] をクリックします。

                                タイム ゾーン

                                Cisco UCS では、Cisco UCS Manager に正しい時刻を表示するために、ドメイン固有のタイムゾーンの設定と NTP サーバが必要です。 タイムゾーンを設定しない場合は、時刻が正しく表示されないことがあります。

                                さらに、使用中の環境に Cisco UCS Central が含まれている場合は、Cisco UCS ManagerCisco UCS Central で NTP サーバと正しいタイム ゾーンを設定し、それらが同期されるようにする必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central の時刻と日付が同期されていないと、登録に失敗することがあります。

                                タイム ゾーンの追加


                                  ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                                  ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                  ステップ 3   右ペインで、[タイムゾーン] タブをクリックします。
                                  ステップ 4   [追加] をクリックします。
                                  ステップ 5   [タイムゾーンの追加] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                                  1. [NTPサーバ名] ダイアログボックスで、このタイム ゾーンの NTP サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
                                  2. [送信] をクリックします。

                                  ポリシーの複製

                                  ポリシーを複製して、元のポリシーと同じ設定のコピーを作成できます。


                                    ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                                    ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                    ステップ 3   右ペインで、該当するタブをクリックし、ポリシーがある場所に移動します。

                                    たとえば、ブート ポリシーを複製する場合は、[組織] タブをクリックし、ポリシーを複製する組織をクリックして、[詳細の表示] をクリックします

                                    ステップ 4   複製するポリシーのタイプのタブをクリックします。

                                    たとえば、ブート ポリシーを複製する場合は、[ブートポリシー] タブをクリックします。

                                    ステップ 5   複製するポリシーを選択し、[複製] をクリックします。
                                    ステップ 6   必要に応じてポリシーの名前を変更したり、他のフィールドの値を変更します。
                                    ステップ 7   [送信] をクリックします。

                                    プール、ポリシー、その他のオブジェクトの削除

                                    プール、ポリシー、または VLAN などの他のオブジェクトを削除するために使用する方法は、すべてのオブジェクトで同じです。


                                    (注)  


                                    オブジェクトを削除する前に、それらがシステム内の他のオブジェクトによって使用または参照されていないことを確認してください。 たとえば、ネットワーク ポリシーを削除する前に、サービス プロファイルがそのポリシーを参照していないことを確認します。



                                      ステップ 1   メニューバーで [物理] > [コンピューティング] の順に選択します。
                                      ステップ 2   左側のペインで Pod を展開し、Cisco UCS Manager アカウントをクリックします。
                                      ステップ 3   右側のペインで、適切なタブをクリックし、オブジェクトが置かれている場所に移動します。

                                      たとえば、VLAN を削除する場合は、[VLAN] タブをクリックします。

                                      ステップ 4   削除するオブジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
                                      ステップ 5   [削除] をクリックします。