Cisco UCS Director APIC 管理ガイド、リリース 5.2
概要
概要

概要

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco UCS Director およびシスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ

Cisco UCS Director は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、仮想化の各階層を単一のペインで管理できる、統合インフラストラクチャ管理ソリューションです。 Cisco UCS Director では、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、および仮想化の各階層をサポートするワークフロー タスクで、ワークフロー オーケストレーション エンジンを使用します。 Cisco UCS Director はマルチテナント機能をサポートするため、インフラストラクチャをポリシー ベースで共有することができます。

シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)では、アプリケーションの要件によってネットワークを定義できます。 このアーキテクチャは、アプリケーションの導入サイクル全体を簡素化、最適化、加速化します。

Cisco UCS Director と Cisco ACI を組み合わせることにより、アプリケーション セントリック インフラストラクチャのプロビジョニングおよび提供を自動化できます。

Cisco Application Policy Infrastructure Controller

Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)は、Cisco ACI の自動化、管理、モニタリング、およびプログラムを行うための統合ポイントです。 APIC は、インフラストラクチャの物理コンポーネントと仮想コンポーネントに対して統一された運用モデルを提供し、あらゆるアプリケーションをどこからでも展開、管理、モニタリングできるようにします。 また、さらに大規模なクラウド ネットワークの中央制御エンジンとなります。 APIC は、アプリケーションの要件とポリシーに基づき、ネットワークのプロビジョニングと制御をプログラムによって自動化します。

オーケストレーション機能を使用すると、1 つもしくは複数のワークフローで APIC タスクの設定と管理を自動化することができます。 APIC のオーケストレーション タスクの完全なリストは、ワークフロー デザイナとタスク ライブラリで入手できます。 Cisco UCS Director の Orchestrator に関する詳細は、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。