Cisco UCS Director VMware vSphere 管理ガイド、リリース 5.2
VMware 向け Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダの管理
VMware 向け Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダの管理

VMware 向け Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダの管理

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダについて

仮想サーバの実装は、1 つの物理サーバのゲストとして実行される 1 つまたは複数の VM で構成されます。 ゲスト VM は、ハイパーバイザまたは仮想コンピュータ マネージャ(VMM)と呼ばれるソフトウェア レイヤによってホストおよび管理されます。 通常、ハイパーバイザは各 VM で仮想ネットワーク インターフェイスを示し、VM から他のローカル VM または別のインターフェイスから外部ネットワークへのトラフィックのレイヤ 2 スイッチングを実行します。

Cisco 仮想インターフェイス カード(VIC)アダプタとともに使用すると、Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダ(VM-FEX)は、ファブリック インターコネクト内の外部ハードウェア ベースのスイッチングに対するハイパーバイザによって、VM トラフィックのソフトウェア ベースのスイッチングをバイパスします。 この方法により、サーバの CPU 負荷を軽減し、高速スイッチングを行い、ローカルおよびリモート トラフィックに豊富なネットワーク管理機能セットを適用することができます。

UCS Director での Cisco VM-FEX の統合

UCS Director で Cisco VM-FEX を完全に統合するには、以下の表で説明しているタスクを実行します。

タスク 説明 参考資料

コンピューティング ポリシーの編集

DirectPath I/O を有効にするには、VM 上ですべてのゲスト メモリを予約する必要があります。 これは、VM のコンピューティング ポリシーを編集して実現できます。

Cisco VM-FEX サポートのコンピューティング ポリシーの編集

ネットワーク ポリシーの編集

アダプタ タイプは VMXNET3 にする必要があります。また、VM の DirectPath 対応のポート グループに関連付ける必要があります。

VM-FEX サポートのネットワーク ポリシーの編集

Cisco VM-FEX サポートのコンピューティング ポリシーの編集


    ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザポリシー] > [コンピューティング] を選択します。
    ステップ 2   [VMwareコンピューティングポリシー] タブをクリックします。
    ステップ 3   編集するポリシーを選択します。
    ステップ 4   [編集] をクリックします。
    ステップ 5   [コンピューティング ポリシーの編集] 画面で、次のフィールドに入力します。
    名前 説明

    [テンプレートのオーバーライド] チェックボックス

    テンプレートをオーバーライドする場合はチェックボックスをオンにします。

    [ゲストのメモリをすべて予約] チェックボックス

    ゲストのメモリを完全に予約するには、チェックボックスをオンにします。
    (注)      予約されたゲスト メモリは、常に 4096MB よりも多くしておく必要があります。
    ステップ 6   [保存] をクリックします。

    VM-FEX サポートのネットワーク ポリシーの編集


      ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [ネットワーク] の順に選択します。
      ステップ 2   [VMware ネットワーク ポリシー] タブをクリックします。
      ステップ 3   編集するポリシーを選択します。
      ステップ 4   [編集] をクリックします。
      ステップ 5   [ネットワーク ポリシーの情報] 画面で、[VM ネットワーク] の隣の + アイコンをクリックします。
      ステップ 6   [VM ネットワークへエントリを追加] 画面の [アダプタ タイプ] ドロップダウン リストから [VMXNET3] を選択します。
      ステップ 7   [ポート グループ] ペインで、追加するポートグループを選択します。
      ステップ 8   [編集] アイコンをクリックします。
      ステップ 9   [ポート グループへエントリを追加] 画面で、[VM DirectPath 対応のポートグループ]を選択します。
      ステップ 10   [送信] をクリックします。
      ステップ 11   [VM ネットワーク エントリの追加] 画面で [送信] をクリックします。
      ステップ 12   [ネットワーク ポリシーの情報] 画面で [送信] をクリックします。