Cisco UCS Director VMware vSphere 管理ガイド、リリース 5.2
VMware vCenter Site Recovery Manager の管理
VMware vCenter Site Recovery Manager の管理

VMware vCenter Site Recovery Manager の管理

この章は、次の内容で構成されています。

VMware vCenter Site Recovery Manager について

VMware vCenter Site Recovery Manager(SRM)はビジネス継続および災害復旧のためのソリューションで、保護されている vCenter Server サイトとリカバリ vCenter Server サイト間で仮想マシンのリカバリを計画、テスト、および実行するうえで有用です。 SRM のテクノロジーを十分に理解するには、次の用語は重要です。

アレイベースのレプリケーション(ABR)

仮想マシンのレプリケーションで、仮想マシンの内部、vmkernel、またはサービス コンソールからではなく、ストレージ サブシステム自身で管理および実行されます。

フェールバック

災害の宣言後、保護サイトの代わりにリカバリ サイトが処理を引き継ぐときに発生するイベント。

フェールオーバー

レプリケーションの逆向きの処理、および保護グループの自動的な再保護。

保護グループ

テストまたはリカバリ中に、リカバリ サイトへまとめてフェールオーバーされる VM のグループ。

保護サイト

仮想マシンがフェールオーバーするサイト。

SRM 設定の概要

保護サイトおよびリカバリ サイトでのインストール後の SRM の設定には、次の手順が含まれます。

  1. SRM でアレイ マネージャを設定する:アレイ マネージャは、保護サイトおよびリカバリ サイトの両方における、ストレージのアイデンティティです。 SRM がインストールされると、SRM はアレイ マネージャに問い合わせ、レプリケーションに対してどのデータストアがマークされているかを検出します。

  2. インベントリ マッピングを定義する:インベントリ マッピングは、保護サイトとリカバリ サイトの間で、フォルダ、リソース プール、およびネットワークにおける関係を設定します。 これらのマッピングにより、VM が vCenter 環境の正しいロケーションにリカバリされることが保証されます。

  3. 保護グループを作成する:保護グループは、複製された vSphere データストアへのポインタです。この vSphere データストアには、保護サイトからリカバリ サイトへフェールオーバーされる仮想マシンのコレクションが含まれています。

  4. リカバリ プランを作成する:リカバリ プランは自動化ランブックに類似しています。 リカバリ プランは、リカバリ プロセスのすべての手順(仮想マシンの電源をオン/オフにする順序、リカバリされた仮想マシンが使用するネットワーク アドレスなど)を制御します。 1 つのリカバリ プランは 1 つ以上の保護グループに適用されます。 保護グループは、プレースホルダー VM のロケーションを決定するために、インベントリ マッピングを使用します。 これらのプレースホルダー VM は、リカバリ プランにおいて VM をリカバリする必要がある場合や場所で使用されます。プレースホルダー VM により、VM の依存関係やスクリプティングのコールアウトなどの高度な機能が使用できます。

SRM と UCS Director の統合

SRM と UCS Director の統合では、UCS Director で既存の SRM 環境を検出し、有効にする必要があります。 SRM 環境で連結されたさまざまなコンポーネント(インベントリ マッピング、保護グループ、リカバリ プランなど)は、災害発生時にプライマリ サイトとリカバリ サイト間でシームレスに通信するために、UCS Director 内で特定し、有効にする必要があります。

SRM を統合するための前提条件

SRM と UCS Director を統合する前に、次の前提条件が満たされていることを確認します。

  • 保護されているサイトとリカバリ サイト間のインベントリ マッピング(具体的にはリソース プール、フォルダ、ネットワーク)が設定されていること。

  • 保護されているサイトに対して保護グループが作成されていること。

    (注)  


    これで、アレイベースのレプリケーションを構成して UCS Director と連携して機能するよう、SRM を設定することができます。 アレイベースのレプリケーションは、複製されたデータストアをサーフェスして仮想マシンのワークロードを正常な状態に戻します。


  • リカバリ サイト上でリカバリ プランが作成されていること。

UCS Director での SRM の有効化

次の表では、UCS Director で SRM を有効にするプロセスについて説明します。 以下のタスクを完了する前に、SRM を統合するための前提条件の項に記載されている前提条件が満たされていることを確認します。

タスク 説明

SRM アカウントの追加

SRM アカウントの追加 の参照

リソース プール マッピングの有効化

UCS Director 内の保護サイトとリカバリ サイト間で、リソース プール マッピングを有効にします。

リソース プール マッピングの有効化 の参照

フォルダ マッピングの有効化

UCS Director 内の保護サイトとリカバリ サイト間で、フォルダ マッピングを有効にします。

フォルダ マッピングの有効化 の参照

ネットワーク マッピングの有効化

UCS Director 内の保護サイトで作成された保護グループを有効にします。

ネットワーク マッピングの有効化 の参照

保護グループの有効化

UCS Director 内の保護サイトとリカバリ サイト間で、ネットワーク マッピングを有効にします。

保護グループの有効化 の参照

仮想データセンター(VDC)でのポリシーの有効化

VDC でポリシー(コンピューティング、ネットワーク、ストレージ)を有効にします。

VDC のポリシーの有効化 の参照

SRM アカウントの追加

はじめる前に 保護サイトとリカバリ サイトが正しく設定されていることを確認します。

    ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [仮想アカウント] の順に選択します。
    ステップ 2   [仮想アカウント] タブを選択します。
    ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
    ステップ 4   [クラウドの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    名前 説明

    [クラウドタイプ] ドロップダウン リスト

    [VMware] を選択します。

    (注)      次のフィールドは、[VMware] を選択した場合に表示されます。 他のクラウド タイプでは、そのクラウド タイプに固有のフィールドが表示されます。

    [クラウド名] フィールド

    クラウドの名前。 この名前に一重引用符を含めることはできません。

    (注)     

    Cisco UCS Director 内では各クラウドに固有の名前を付ける必要があります。 クラウドの追加後は、すべてのレポートでこのクラウド名によって表されます。

    [サーバのアドレス] フィールド

    vCenter サーバのアドレス。

    [サーバのユーザID] フィールド

    vCenter サーバのユーザ名。

    [サーバのパスワード] フィールド

    vCenter サーバのパスワード。

    [サーバアクセスポート] フィールド

    サーバ ポート番号。

    [VMwareデータセンター] フィールド

    vCenter アカウントのデータセンター名。

    この名前を使用して、指定されているポッドのリソースを検出、監視、管理できます。 vCenter アカウント全体がCisco UCS Director によって管理される場合は、このフィールドを空白にします。

    [SRMの有効化] チェックボックス

    SRM を有効にするには、[SRM の有効化] チェックボックスをオンにします。

    プライマリ SRM サーバ アドレス

    プライマリ SRM サーバの IP アドレス。

    プライマリ SRM サーバ ユーザ ID

    プライマリ サーバ ユーザ ID のユーザ ID。

    プライマリ SRM サーバ パスワード

    プライマリ SRM サーバのパスワード

    プライマリ SRM サーバ アクセス ポート

    プライマリ SRM サーバのアクセス ポート

    リモート SRM サーバ ユーザ ID

    リモート SRM サーバのユーザ ID。

    リモート SRM サーバ パスワード

    リモート SRM サーバのパスワード。

    [サーバアクセスURL] フィールド

    サーバ アクセス用の URL。

    [説明] フィールド

    クラウドの説明。

    [連絡先の電子メール] フィールド

    クラウドの連絡先の電子メール アドレス。

    [ロケーション] フィールド

    ロケーション。

    [POD] ドロップダウン リスト

    コンバージド インフラストラクチャ ポッドを選択します。

    ポッドの名前を選択すると、VMware クラウドのアカウントが、コンバージド インフラストラクチャ スタックに表示されます。

    [サービスプロバイダー] フィールド

    サービス プロバイダーの名前。

    ステップ 5   [追加] をクリックします。

    リソース プール マッピングの有効化


      ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザポリシー] > [コンピューティング] を選択します。
      ステップ 2   [VMwareコンピューティングポリシー] タブを選択します。
      ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
      ステップ 4   [コンピューティングポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

      名前

      説明

      [ポリシー名] フィールド

      ポリシーの名前。

      (注)      この名前は、カタログの定義で使用されます

      [ポリシーの説明] フィールド

      ポリシーの説明。

      [クラウド名] ドロップダウン リスト

      リソース割り当てを行うクラウドを選択します。

      [保護の有効化] チェックボックス

      保護を有効にするには、[保護の有効化] チェックボックスをオンにします。

      [ホストノードまたはクラスタスコープ] ドロップダウン リスト

      導入のスコープを選択します。

      (注)      すべてのオプションを使用するか、選択したオプションを含めるか、または選択したオプションを除外するかを指定して、導入のスコープを絞り込むことができます。 選択した内容に基づいて、必要なホストまたはクラスタを選択できる新しいフィールドが表示されます。

      [リソースプール] ドロップダウン リスト

      リカバリ サイトのリソース プールに対するマッピングを保持しているリソース プール。 [保護の有効化] チェックボックスをオンにしている場合は、このオプションは必須です。

      [ESXタイプ] ドロップダウン リスト

      ESX のインストール タイプ(ESXESXi、または両方)を選択します。

      [ESXバージョン] ドロップダウン リスト

      ESX のバージョンを選択します。

      [最小条件] チェックボックス

      満たしている必要がある 1 つ以上の条件のチェックボックスをオンにします。 これらの条件を満たしていないホストは検討から除外されます。 複数の条件を選択した場合は、選択した条件すべてを満たしている必要があります。

      導入オプション

      [テンプレートのオーバーライド] チェックボックス

      テンプレートのプロパティをオーバーライドするには、このチェックボックスをオンにします。 CPU とメモリのカスタム設定を入力できるオプションも用意されています。

      [vCPU数] フィールド

      vCPU のカスタム数。 VM に対して指定する vCPU の数は、選択されているホスト ノードまたはクラスタのスコープの総コア数を超えてはいけません。

      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [CPU予約(MHz)] フィールド

      VM の CPU 予約。 予約は、指定した vCPU の数によって異なります。

      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [CPUの制限(MHz)] フィールド

      VM に対する CPU の制限。 CPU の制限は、選択されたホスト ノードまたはクラスタのスコープに基づいています。

      [CPU共有] ドロップダウン リスト

      CPU 共有([低]、[ノーマル]、または [高])を選択します。 CPU 共有により、VM 間で競合が発生した場合に、どの VM が CPU リソースを取得するかが決定します。

      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [メモリ] フィールド

      VM のカスタム メモリ。

      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [メモリ予約(MB)] フィールド

      VM のメモリ予約。 予約は、指定したメモリによって異なります。
      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [メモリ制限(MB)] フィールド

      VM に対するメモリの制限。 メモリの制限は、選択されたホスト ノードまたはクラスタのスコープに基づいています。
      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。

      [メモリ共有] ドロップダウン リスト

      メモリ共有([低]、[ノーマル]、または [高])を選択します。メモリ共有により、VM 間で競合が発生した場合に、どの VM がメモリ リソースを取得するかが決定します。
      (注)      このオプションは、[テンプレートのオーバーライド] を選択した場合に表示されます。
      サイズ変更オプション

      [VMのサイズ変更を許可] チェックボックス

      プロビジョニング前の VM サイズの変更や、既存の VM のサイズの変更を許可するには、このチェックボックスをオンにします。

      [vCPUの許容値] フィールド

      VM のプロビジョニング中、または既存の VM のサイズの変更中に使用する vCPU の範囲。 8 よりも大きい範囲は、VM のプロビジョニングまたはサイズ変更中に表示されます。 選択したクラウド(vCenter)が 5 以上であり、かつ VM バージョン 8 を使用している場合のみ。 このボックスで指定された値だけが表示されます。

      (注)      このオプションは、[VMのサイズ変更を許可] を選択した場合に表示されます。

      [メモリの許容値(MB単位)] フィールド

      VM のプロビジョニング中、または既存の VM のサイズの変更中に使用するメモリの範囲。 例:512、768、1024、1536、2048、3072、4096 など。 このボックスで指定された値だけが表示されます。

      (注)      このオプションは、[VMのサイズ変更を許可] を選択した場合に表示されます。

      [フォルダに展開] フィールド

      このポリシーを使用して作成され、カスタム フォルダに展開できる VM。 Cisco UCS Director では、Cisco UCS Director に付属のマクロまたはグループ名に基づいてフォルダ名を自動的に作成できます。 詳細については、『Cisco UCS Director Orchestration Guide』を参照してください。

      ${GROUP_NAME} を指定すると、このポリシーを使用するグループ名に基づいてフォルダが作成されます。 新規または既存のフォルダの名前を指定できます。

      ステップ 5   [追加] をクリックします。

      フォルダ マッピングの有効化

      はじめる前に

      ネットワーク マッピングの有効化


        ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザポリシー] > [ネットワーク] の順に選択します。
        ステップ 2   [VMwareネットワークポリシー] タブを選択します。
        ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
        ステップ 4   [ネットワークポリシーの情報] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [ポリシー名] フィールド

        ネットワーク ポリシーの名前。

        [ポリシーの説明] フィールド

        ネットワーク ポリシーの説明。

        [クラウド名] ドロップダウン リスト

        ポリシーが適用されるクラウド アカウントを選択します。

        [保護の有効化] チェックボックス

        保護を有効にするには、[保護の有効化] チェックボックスをオンにします。

        [エンドユーザにオプションのNICの選択を許可] チェックボックス

        サービス リクエストの導入設定の作成中に vNIC を選択できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

        ステップ 5   複数の vNIC を追加して設定するには、[VMネットワーク] セクションで [追加](+)をクリックします。 これらの vNIC は、このポリシーを使用してプロビジョニングされる VM に適用できます。
        (注)     

        VM アクションを使用してプロビジョニングまたは検出された VM の vNIC を追加または交換するには、vNIC を設定する必要があります。

        ステップ 6   [VMネットワークへのエントリの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [NICエイリアス] フィールド

        新しい NIC の名前。

        [必須] チェックボックス

        [ネットワークポリシー] ダイアログボックスの [エンドユーザにオプションのNICの選択を許可] チェックボックスがオンの場合、このチェックボックスはあらかじめ選択されています。 [ネットワークポリシー] ダイアログボックスが選択されておらず、かつこのチェックボックスがオンでない場合は、[NICエイリアス] フィールドはオプションです。

        (注)      少なくとも 1 つの NIC で [必須] オプションが選択されている必要があります。 [必須] フィールドが選択されている NIC は VM のプロビジョニングで使用されます。VM サービス リクエストの作成中にはユーザのオプションはありません。

        [エンドユーザによるポートグループ選択を許可] チェックボックス

        プロビジョニング中にエンド ユーザがポート グループを選択できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

        [テンプレートからアダプタをコピーする] チェックボックス

        カスタム設定が不要な場合は、このチェックボックスをオンにします。 カスタム設定の場合はオフにします。

        [アダプタのタイプ] ドロップダウン リスト

        アダプタ タイプを選択します。 テンプレートで使用可能なアダプタ タイプと同じタイプがユーザに必要な場合は、このオプションをオンにします。

        (注)     

        [テンプレートからアダプタをコピーする] オプションが選択されている場合は、このオプションは表示されません。

        ステップ 7   [ポートグループ] セクションで、[追加](+)をクリックします。 [ポートグループへのエントリの追加] ダイアログボックスが表示されます。
        ステップ 8   [選択] をクリックして、ポート グループ名を選択します。
        (注)     

        保護サイトで、対応するリカバリ サイトへマップされたすべてのポート グループが、ここに表示されます。

        ステップ 9   [IPアドレスのタイプの選択] ドロップダウン フィールドで、[DHCP](デフォルト)または [固定] を選択します。
        1. [固定] を選択すると、[エントリの追加] ダイアログボックスが表示されます。 [IP プール ポリシー](デフォルト)または [インライン IP プール] を選択します。

          [IP プール ポリシー] を選択した場合は、[スタティック IP プールを選択する] をクリックします。 [選択] ダイアログボックスで、事前設定されたスタティック IP プールのリストから選択します。 事前設定されたスタティック IP プールが存在しない場合、詳細については「スタティック IP ポリシーの追加」を参照してください。

        2. [インライン IP プール] を選択する場合は、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [静的IPプール] フィールド

          スタティック IP プール。 10.5.0.1 - 10.5.0.50、10.5.0.100、10.5.1.20-10.5.1.70 などです。

          [サブネットマスク] フィールド

          プールのサブネット マスク。 255.255.255.0 などです。

          [ゲートウェイIPアドレス] フィールド

          このネットワークのデフォルト ゲートウェイの IP アドレス。

        ステップ 10   [送信] をクリックします。
        ステップ 11   [VMネットワークへのエントリの追加] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。
        ステップ 12   [ネットワークポリシーの情報] ダイアログボックスで、[送信] をクリックします。

        保護グループの有効化


          ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザポリシー] > [ストレージ] を選択します。
          ステップ 2   [VMwareストレージポリシー] タブを選択します。
          ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
          ステップ 4   [ストレージリソース割り当てポリシーの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドを入力します。
          名前 説明

          [ポリシー名] フィールド

          ポリシーの名前。 この名前は、カタログの定義時に使用されます。

          [ポリシーの説明]

          フィールド

          ポリシーの説明。

          [クラウド名] ドロップダウン リスト

          リソース割り当てが発生するクラウドを選択します。

          [保護の有効化]

          チェックボックス

          保護を有効にするには、[保護の有効化] チェックボックスをオンにします。

          [保護グループ] ボタン

          プライマリ サイトの保護グループ。

          システム ディスク スコープ

          [データストアのスコープ] ドロップダウン リスト

          導入のスコープを限定する場合は、すべてのデータストア、選択したデータストアのみ、もしくは、選択した以外のデータストアを導入するのかを選択します。

          [共有データストアのみの使用] チェックボックス

          共有データストアのみを使用するには、このチェックボックスをオンにします。

          ストレージ オプション

          [ローカルストレージの使用] チェックボックス

          ローカル ストレージを使用するには、このチェックボックスをオンにします。 デフォルトでは、このフィールドはオンです。

          [NFSの使用] チェックボックス

          NFS ストレージを使用するには、このチェックボックスをオンにします。 デフォルトでは、このフィールドはオンです。

          [SANの使用] チェックボックス

          SAN ストレージを使用するには、このチェックボックスをオンにします。 デフォルトでは、このフィールドはオンです。

          [最小条件] チェックボックス

          一致しなければならない 1 つ以上の条件を選択します。 これらの基準に一致しないすべてのデータストアは、考慮事項から除外されます。 複数の条件を選択する場合、すべての条件が一致する必要があります。

          [テンプレートのオーバーライド] チェックボックス

          テンプレートのプロパティをオーバーライドするには、このチェックボックスをオンにします。 シン プロビジョニングの使用やカスタム ディスク サイズなど、カスタム設定を入力するオプションが提供されます。

          VM ライフサイクルのサイズ変更オプション

          [ディスクのサイズ変更を許可] チェックボックス

          プロビジョニングする前に、VM のディスク サイズを選択するオプションをエンド ユーザに表示する場合はチェックボックスをオンにします。

          [ディスクの許容値(GB単位)] フィールド

          VM のプロビジョニング中に選択したディスク サイズ値のカスタム範囲。 たとえば、1、5、10、50、100、500、1024、5120、10240 などです。
          (注)     

          このオプションは、[ディスクのサイズ変更を許可] がオンの場合に表示されます。

          [スコープからのデータストアの選択をユーザに許可する] チェックボックス

          プロビジョニングする前に、VM のディスク サイズを選択するオプションをエンド ユーザに表示する場合はチェックボックスをオンにします。

          ステップ 5   [次へ] をクリックします。
          ステップ 6   [追加のディスクポリシー] ペインで、設定するディスク タイプを選択します。
          ステップ 7   ディスク タイプを編集するには [編集] をクリックします。
          ステップ 8   ディスク ポリシーを設定するには、[エントリの編集] ダイアログボックスで、[システムディスクポリシーと同じ] チェックボックスをオフにします。
          ステップ 9   [送信] をクリックします。
          ステップ 10   [エントリの編集] ダイアログボックスで、追加のディスク ポリシーを設定します。
          ステップ 11   この手順は、ストレージ リソースの割り当てポリシーが設定される方法と似ています。

          VDC のポリシーの有効化


            ステップ 1   メニュー バーで、[ポリシー] > [仮想/ハイパーバイザ ポリシー] > [仮想データセンター] の順に選択します。
            ステップ 2   [VDC] タブを選択します。
            ステップ 3   [追加](+)をクリックします。
            ステップ 4   [VDCの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
            名前 説明

            [VDC名] フィールド

            VDC の名前。

            名前は、入力した後では編集できません。

            [ロック済みのvDC] チェックボックス

            今後の導入で VDC を使用できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。 この VDC 内の既存の VM に対するアクションは無効になります。 今後の導入で VDC を使用できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

            [vDCの説明] フィールド

            VDC に固有の説明。

            [グループ] ドロップダウン リスト

            VDC の設定対象グループを選択します。

            [クラウド名] ドロップダウン リスト

            VDC の設定対象クラウドを選択します。

            [保護の有効化] チェックボックス

            保護を有効にするには、[保護の有効化] チェックボックスをオンにします。 オンにすると、SRM が有効になっている、このアカウントに対するすべてのポリシー(コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク)がここに表示されます。

            承認者と連絡先

            [第1承認者のユーザ名] フィールド

            サービス リクエストを承認する必要があるユーザ。

            [第2承認担当者のユーザ名] フィールド

            サービス リクエストを承認する必要がある 2 番目のユーザ。

            [プロバイダーのサポート用電子メールアドレス] フィールド

            連絡先またはユーザの電子メール アドレス。 この VDC を使用した VM のプロビジョニングに関する通知を受信するユーザ。

            [電子メールアドレスへの通知をコピー] フィールド

            この VDC に関する通知をコピーする 2 番目の連絡先の電子メール。

            ポリシー

            [システムポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるシステム ポリシーを選択します。

            [コンピューティングポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるコンピューティング ポリシーを選択します。

            [ネットワークポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるネットワーク ポリシーを選択します。

            [ストレージポリシー] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるストレージ ポリシーを選択します。

            [コストモデル] ドロップダウン リスト

            VDC に適用できるコスト モデルを選択します。

            [サービスリクエストサマリーと電子メールページへのコストの表示を無効化] チェックボックス

            この VDC の SR サマリーと電子メール ページでのコストの表示を無効にするには、このチェックボックスをオンにします。

            [ユーザアクションポリシー] ドロップダウン リスト

            VM のプロビジョニング後のオーケストレーション ワークフローを実行するために使用するポリシーを選択します。 選択されたワークフローは、VDC 内の VM に対するアクション ボタンとして表示されます。

            エンド ユーザ セルフサービス ポリシー

            [VMの電力管理] チェックボックス

            チェックボックスをオンにすると、その VDC に属している VM に対するすべての VM 電力管理アクションが有効になります。

            [VM のサイズ変更] チェックボックス

            チェックボックスをオンにすると、その VDC の VM に対する VM サイズ変更アクションが有効になります。

            [VMスナップショット管理] チェックボックス

            この VDC の VM に対してすべてのストレージ スナップショット アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            [VMの削除] チェックボックス

            この VDC の VM に対して VM 削除アクションを実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            [VMディスク管理] チェックボックス

            この VDC の VM に対して VM ディスク管理を実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            [VMネットワーク管理] チェックボックス

            この VDC に属している VM に対してネットワーク管理を実行できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            [非アクティブなVMを削除するまでの期間] ドロップダウン リスト

            非アクティブな VM を削除するまでの、非アクティブな状態の経過日数を選択します。 非アクティブ状態の VM とは、電源がオンの状態ではない VM です。

            (注)     

            この選択項目が想定どおりに機能するためには、[管理] > [システム] で [高度なコントロール] タブの下にある [VDC ポリシーに基づいて非アクティブな VM を削除する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。 詳細については、「高度なコントロールの有効化」を参照してください。

            ステップ 5   [追加] をクリックします。