Cisco UCS Director VMware vSphere 管理ガイド、リリース 5.2
VMware テンプレートの管理
VMware テンプレートの管理

VMware テンプレートの管理

この章は、次の内容で構成されています。

VMware テンプレートについて

VMware テンプレートは、仮想マシンを作成およびプロビジョニングするために使用できる仮想マシンのマスター イメージです。 テンプレートには通常、指定されたオペレーティング システムと設定が含まれており、ハードウェア コンポーネントに対する仮想的なカウンターパートを提供します。 電源をオンにすることや、編集することはできません。また、通常の仮想マシンよりも変更することは困難です。 テンプレートでは、繰り返して展開する仮想マシンの設定を保持するうえで、より安全な方法を提供します。

VM をイメージへ変換する


    ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
    ステップ 2   [VM] タブをクリックします。
    ステップ 3   イメージへ変換する VM を選択します。
    ステップ 4   [VM] ペインで、右上隅の紫色の下向き矢印をクリックします。
    ステップ 5   [VM をイメージとして変換] を選択します。
    ステップ 6   [VM をイメージとして変換] 画面で、次のように設定します。
    名前 説明

    [イメージをグループに割り当て] チェックボックス

    イメージをグループに割り当てるには、チェックボックスをオンにします。

    [グループID] ドロップダウン リスト

    イメージのグループ ID を選択します。

    ステップ 7   [送信] をクリックします。

    VM をイメージとして複製する


      ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
      ステップ 2   [VM] タブをクリックします。
      ステップ 3   イメージとして複製する VM を選択します。
      ステップ 4   [VM] ペインの右上隅で、下向き矢印のアイコンをクリックします。
      ステップ 5   [VM をイメージとして複製する] を選択します。
      ステップ 6   [VM をイメージとして複製する] 画面で、次のように入力します。
      名前 説明

      [テンプレート名] フィールド

      テンプレートの名前。

      [イメージをグループに割り当て] チェックボックス

      イメージをグループに割り当てるには、チェックボックスをオンにします。

      [グループID] ドロップダウン リスト

      イメージのグループ ID を選択します。

      ステップ 7   [送信] をクリックします。

      イメージ レポートの表示

      UCS Director にログインした後、自身のグループに属しているすべてのイメージを表示するには次の手順を実行します。


        ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
        ステップ 2   [イメージ] タブをクリックします。
        イメージ レポートには、次のタイプの情報が提供されます。
        • クラウド

        • イメージ ID

        • 親ノード

        • データセンター

        • ゲストOS

        • インストールされている VMware ツール

        • VMware ツールのバージョン

        • VM のバージョン

        • プラットフォーム

        • アーキテクチャ

        • CPU の数

        • プロビジョニングされたディスク

        • CPU 予約(MHz)


        イメージを VM に変換する


          ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
          ステップ 2   [すべてのクラウドに対するコンピュート] ペインでクラウドを選択します。
          ステップ 3   [イメージ] タブを選択します。
          ステップ 4   VM に変換するイメージを選択します。
          ステップ 5   [VM として変換] をクリックします。
          ステップ 6   [イメージを VM として変換] 画面で、[送信] をクリックします。

          イメージをグループに割り当てる


            ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
            ステップ 2   [すべてのクラウドに対するコンピュート] ペインでクラウドを選択します。
            ステップ 3   [イメージ] タブをクリックします。
            ステップ 4   グループに割り当てるイメージを選択します。
            ステップ 5   [イメージをグループに割り当て] をクリックします。
            ステップ 6   [イメージをグループに割り当て] 画面で、次のように入力します。
            名前 説明

            [ユーザへの割り当て] チェックボックス

            ユーザにリソースを割り当てるには、チェックボックスをオンにします。

            [ユーザ] ドロップダウン リスト

            イメージに関連付けるユーザを選択します。

            [グループID] ドロップダウン リスト

            イメージに関連付けるグループを選択します。

            ステップ 7   [送信] をクリックします。