Cisco UCS Director NetApp 管理ガイド リリース 5.2
クラスタ モード アカウントのモニタリングとレポート作成
クラスタ モード アカウントのモニタリングとレポート作成

目次

クラスタ モード アカウントのモニタリングとレポート作成

この章は、次の内容で構成されています。

クラスタ モード アカウントのモニタリングとレポート作成について

Cisco UCS Director に、各 NetApp クラスタ モード(C モード)アカウント内のすべてのマネージド コンポーネントが表示されます。 これらのコンポーネントはハードウェアまたはソフトウェアです。

モニタリングできるコンポーネント

各コンポーネントをモニタして、それらの作成、削除、変更などのタスクを実行できます。 次のコンポーネントが C モード アカウントでモニタされます。

  • ノード

  • Vservers

  • 集約

  • Vserver ピア

  • クラスタ ピア

  • SnapMirror

  • SnapMirror ポリシー

  • ジョブ

  • フェールオーバー グループ

  • ディスク

  • FC アダプタ

  • スナップショット ポリシー

  • ルーティング グループ ルート

  • 論理インターフェイス(LIF)

  • ポート

  • インターフェイスグループ

  • vLAN

  • ライセンス

  • Cron ジョブ スケジュール

  • NFS サービス

  • FCP サービス

  • システムのタスク

クラスタ モード アカウントとノードについて

Clustered Data ONTAP は、NetApp スケールアウト ストレージ構成のイネーブラです。 クラスタの基本構成要素は、2 つのストレージ コントローラが同じディスク セットに相互接続された既知の NetApp HA ペアです。 1 つのコントローラで障害が発生すると、別のコントローラがそのストレージを引き継ぎ、データ供給を継続します。

Data ONTAP クラスタでは、それぞれのストレージ コントローラがクラスタ ノードと呼ばれており、ノードはさまざまなモデルやサイズのものを使用できます。 クラスタでは、ノードがクラスタ ネットワークを介して他のノードに接続されます。

ノードは、Data ONTAP クラスタ モード システムに物理ストレージを提供するディスク シェルフまたは Data ONTAP ユースにアレイ LUN を提供するサードパーティ ストレージ アレイにも接続されます。

ディスクについて

ディスクは集約内にまとめてグループ分けされます。 集約はそれに関連付けられたボリュームにストレージを提供します。

[ディスク] タブをクリックすると、そのアカウントで使用可能なすべてのディスクが表示されます。 ディスクを選択して [詳細の表示] をクリックすると、ディスクの要約の詳細が表示されます。

ライセンスの追加

手順
    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
    ステップ 3   [ライセンス] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なライセンスが表示されます。
    ステップ 4   [追加] をクリックします。
    ステップ 5   [クラスタへのライセンスの追加] ダイアログ ボックスの [ライセンスコード] フィールドにライセンス コードを入力します。
    ステップ 6   [送信] をクリックします。

    論理インターフェイスの管理

    論理インターフェイス(LIF)は、物理ネットワーク ポート、つまり、イーサネット ポートに関連付けられた IP アドレスです。 コンポーネントに障害が発生した場合は、LIF マネージャによって解釈されたポリシーに基づいて、論理インターフェイスがフェールオーバーまたは別の物理ポート(場合によっては別のノード上)に移行します。 LIF は、コンポーネントの障害に関係なく、ネットワーク アクセスを提供し続けます。 1 つの Vserver に対して複数の LIF を作成できます。

    手順
      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
      ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
      ステップ 3   [論理インターフェイス] タブをクリックします。 アカウントで作成された LIF が表示されます。 [論理インターフェイス] タブでは、次のアクションを実行できます。
      アクション 説明

      [更新]

      現在のページを更新します。

      [お気に入り]

      最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

      [LIFの作成]

      Vserver 上で論理インターフェイスを作成します。

      LIF を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
      アクション 説明

      [削除]

      選択された LIF を削除します。

      [FCPポート名の設定]

      LIF の FCP アダプタ ポート名を設定します。

      [LIFの変更]

      LIF の次の値を更新します。ホーム ノード、ホーム ポート、IP アドレス、サブネットマスク、およびフェールオーバー ポリシー。

      [LIFの移行]

      指定したノード上のポートまたはインターフェイス グループに論理インターフェイスを移行します。 それぞれのドロップダウン リストからノード名とポート名を選択します。


      論理インターフェイスの作成

      手順
        ステップ 1   [論理インターフェイス] タブに移動します。 [論理インターフェイス] タブに移動する方法については、インターフェイス グループの管理を参照してください。
        ステップ 2   [作成] をクリックします。
        ステップ 3   [LIFの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
        名前 説明

        [ロール] ドロップダウン リスト

        LIF のロールとして次のいずれかを選択します。
        • データ
        • クラスタ間
        • クラスタの管理

        [Vserver名] フィールド

        [選択] をクリックし、Vserver を選択します。

        [ホストノード] ドロップダウン リスト

        ドロップダウン リストからノードを選択します。

        [許可されているプロトコル] フィールド

        [選択] をクリックし、次のリストから許可されているプロトコルを選択します。

        • NFS
        • CIFS
        • Flexcache
        • iSCSI
        • FCP

        [論理インターフェイス名] フィールド

        論理インターフェイスの名前。

        [IPアドレス] フィールド

        ネットワークの IP アドレス。

        [サブネットマスク] フィールド

        ネットワークのサブネット マスク。

        [フェイルオーバーポリシー] ドロップダウン リスト

        LIF のフェールオーバー ポリシーとして次のいずれかを選択します。
        • Nextavail
        • 無効
        • Priority
        (注)      FCP と iSCSI LIF の場合は、フェールオーバー ポリシーが [無効] です。 CIFS と fcache LIF の場合は、デフォルト ポリシーが [Nextavail] です。

        [フェイルオーバーグループの使用] ドロップダウン リスト

        フェールオーバー グループ タイプとして次のいずれかを選択して、フェールオーバー ルールがシステム定義か、管理者による手動作成か、無効かを指定します。
        • システム定義
        • 無効
        • 有効

        [フェイルオーバーグループ] ドロップダウン リスト

        このフィールドは、[フェイルオーバーグループの使用] として [有効] が選択された場合にのみ適用されます。 フェールオーバー グループを選択して、管理者によって作成されたフェールオーバー グループを指定します。

        ステップ 4   [送信] をクリックします。

        ポートの設定

        ポートは、物理ポート(NIC)と、インターフェイス グループや VLAN などの仮想ポートのどちらかです。 LIF は現在バインドされているポートを介してネットワーク上で通信します。

        手順
          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
          ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
          ステップ 3   [ポート] タブをクリックします。
          ステップ 4   設定するポートの行を選択を選択し、[ポートの設定] をクリックします。
          ステップ 5   [ポートの設定] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [管理スピード] ドロップダウン リスト

          ドロップダウン リストから管理スピードを選択します。

          [ロール] ドロップダウン リスト

          ロールを選択します。

          [管理ステータス有効] チェック ボックス

          管理ステータスを有効にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。

          [MTU] フィールド

          ポートの Maximum Transfer Unit(MTU)。

          ステップ 6   [送信] をクリックします。

          インターフェイス グループの管理

          インターフェイス グループは、単一のトランク ポートとして機能する複数の物理ポートを含むポートの集合です。 拡張機能には、向上した復元力、向上した可用性、およびロード シェアリングが含まれます。

          手順
            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
            ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
            ステップ 3   [インターフェイスグループ] タブをクリックします。 アカウントで作成されたインターフェイス グループが表示されます。 [インターフェイスグループ] タブでは、次のアクションを実行できます。
            アクション 説明

            [更新]

            現在のページを更新します。

            [お気に入り]

            最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

            [作成]

            新しいインターフェイス グループを作成します。

            インターフェイス グループを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
            アクション 説明

            [削除]

            インターフェイス グループを削除します。

            [ポートの追加]

            インターフェイス グループにポートを追加します。

            [ポートの削除]

            インターフェイス グループからポートを削除します。


            インターフェイス グループの作成

            手順
              ステップ 1   [インターフェイスグループ] タブに移動します。 [インターフェイスグループ] タブに移動する方法については、インターフェイス グループの管理を参照してください。
              ステップ 2   [作成] をクリックします。
              ステップ 3   [IfGroupの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
              名前 説明

              [ノード名] ドロップダウン リスト

              インターフェイス グループを作成する必要のあるノード名を選択します。

              [インターフェイスグループ名] フィールド

              インターフェイス グループの名前。

              (注)      インターフェイス グループ名の許容可能な形式は <letter><number><letter> です。 名前の先頭は文字の「a」にする必要があります。

              [分散型機能] ドロップダウン リスト

              ポート インターフェイス グループの配信機能として次のオプションのいずれかを選択します。

              • Mac

              • IP

              • 逐次

              • ポート

              [ポリシーの作成] ドロップダウン リスト

              インターフェイス グループの作成ポリシーとして次のオプションのいずれかを選択します。

              • マルチモード

              • マルチモード LCAP

              • シングルモード

              ステップ 4   [送信] をクリックします。

              VLAN の管理

              VLAN は、複数のブロードキャスト ドメインを作成することによって、ネットワークの論理セグメンテーションを可能にします。 また、VLAN は、複数の物理ネットワーク セグメントにまたがることができます。

              手順
                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                ステップ 3   [VLAN] タブをクリックします。 アカウントで作成された VLAN が表示されます。 [VLAN] タブでは、次のアクションを実行できます。
                アクション 説明

                [更新]

                現在のページを更新します。

                [お気に入り]

                最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                [作成]

                クラスタ アカウント内のノードの 1 つで VLAN を作成します。

                VLAN を選択すると、[削除] アクションが表示されます。

                vLAN の作成

                手順
                  ステップ 1   [vLAN] タブに移動します。 [vLAN] タブに移動する方法については、VLAN の管理を参照してください。
                  ステップ 2   [作成] をクリックします。
                  ステップ 3   [vLANの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                  名前 説明

                  [ノード名] ドロップダウン リスト

                  VLAN を作成する必要のあるノードを選択します。

                  [ポート名] ドロップダウン リスト

                  ポートまたはインターフェイス グループの名前を選択します。

                  [vLAN ID] フィールド

                  VLAN ID。 VLAN ID の有効範囲は 1 ~ 4094 です。

                  ステップ 4   [送信] をクリックします。

                  集約の管理

                  集約は、ディスクの 1 つ以上の RAID グループで構成されます。 また、集約はプレックスと RAID グループを管理するために使用されます。これは、これらのエンティティが集約の一部として存在するためです。 既存の RAID グループにディスクを追加することによって、または、新しい RAID グループを追加することによって、集約内の使用可能なスペースを増やすことができます。 集約にディスクを追加したら、ディスクを取り外して記憶域を削減するには、集約を削除する必要があります。

                  手順
                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                    ステップ 3   [集約] タブをクリックします。 アカウントで使用可能な集約が表示されます。 [集約] タブでは、次のアクションを実行できます。
                    アクション 説明

                    [更新]

                    現在のページを更新します。

                    [お気に入り]

                    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                    [作成]

                    選択されたノード上で集約を作成します。

                    集約を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                    アクション 説明

                    [削除]

                    選択された集約を削除します。

                    [オンライン]

                    集約をオンライン状態に移行します。

                    [オフライン]

                    集約をオフライン状態に移行します。

                    [ディスクの追加]

                    集約にディスクを追加します。

                    [タグの管理]

                    集約にタグを追加したり、割り当てられたタグを編集したり、集約グループからタグを削除したりします。

                    (注)      タグ付け可能なエンティティが物理ストレージおよび NetApp 集約として割り当てられたタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

                    [タグの追加]

                    集約にタグを追加します。

                    (注)      タグ付け可能なエンティティが物理ストレージおよび NetApp 集約として割り当てられたタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

                    [タグの削除]

                    集約からタグを削除します。

                    (注)      タグ付け可能なエンティティが物理ストレージおよび NetApp 集約として割り当てられたタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

                    集約の作成

                    手順
                      ステップ 1   [集約] タブに移動します。 [集約] タブに移動する方法については、集約の管理を参照してください。
                      ステップ 2   [作成] をクリックします。
                      ステップ 3   [集約の作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                      名前 説明

                      [集約名] フィールド

                      集約の名前。

                      [ディスク数] フィールド

                      集約内のディスクの数。

                      [ノード名] フィールド

                      [選択] をクリックし、集約を作成するノードを選択します。

                      [ディスクリスト] フィールド

                      [選択] をクリックし、集約するディスクを選択します。

                      [RAIDタイプ] ドロップダウン リスト

                      リストから RAID タイプを選択します。

                      ステップ 4   [送信] をクリックします。

                      Vserver の管理

                      Vserver は、複数のプロトコルとユニファイド ストレージをサポートするセキュアな仮想ストレージ サーバです。 Vserver には、データ ボリュームとクライアントにデータを供給する 1 つ以上の論理インターフェイス(LIF)が実装されています。 Vserver は、共有されている仮想データ ストレージとネットワークを安全に分離し、クライアントからは単一の専用サーバとして認識されます。 Vserver ごとに固有の管理者認証ドメインが付与され、Vserver 管理者によって個別に管理されます。

                      手順
                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                        ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                        ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。 アカウントで使用可能な Vserver が表示されます。 [Vサーバ] タブでは、次のアクションを実行できます。
                        アクション 説明

                        [更新]

                        現在のページを更新します。

                        [お気に入り]

                        最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                        [作成]

                        クラスタ アカウント内のノードの 1 つで Vserver を作成します。

                        Vserver を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                        アクション 説明

                        [変更]

                        既存の Vserver を更新します。

                        [削除]

                        Vserver を削除します。

                        [開始]

                        Vserver を開始します。

                        [停止]

                        Vserver を停止します。

                        [ルーティンググループの作成]

                        ルーティング グループを作成します。

                        ルーティング グループを作成するには、次のフィールドに値を入力します。

                        • [ルーティンググループ] フィールド:ルーティング グループの名前。

                        • [宛先アドレス] フィールド:宛先の IP アドレスおよびサブネット マスク。 たとえば、「192.168.1.0/24」と入力します。

                        • [ゲートウェイアドレス] フィールド:ゲートウェイの IP アドレス。 たとえば、「192.168.0.0」と入力します。

                        • [メトリック] フィールド:LIF のメトリック(ホップ カウント)。

                        [NFSサービスの開始]

                        NFS サービスを開始します。

                        [NFSサービスの停止]

                        NFS サービスを停止します。

                        次の追加のオプションがドロップダウン アイコンに表示されます。

                        [FCPサービスの開始]

                        FCP サービスを開始します。

                        [FCPサービスの停止]

                        FCP サービスを停止します。

                        [ISCSIサービスの開始]

                        iSCSI サービスを開始します。

                        [ISCSIサービスの停止]

                        iSCSI サービスを停止します。

                        [CIFSの設定]

                        Vserver 用の CIFS をセットアップします。

                        [CIFSの変更]

                        Vserver 用の CIFS セットを更新します。

                        [CIFSの削除]

                        Vserver 用の CIFS セットを削除します。

                        [グループ割り当て]

                        ユーザまたはユーザ グループに Vserver を割り当てます。

                        [タグの管理]

                        Vserver にタグを追加したり、割り当てられたタグを編集したり、Vserver グループからタグを削除したりします。

                        (注)      作成中にタグ付け可能なエンティティが割り当てられたタグが表示されます。

                        [タグの追加]

                        集約にタグを追加します。

                        (注)      作成中にタグ付け可能なエンティティが割り当てられたタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

                        [タグの削除]

                        集約からタグを削除します。

                        (注)      作成中にタグ付け可能なエンティティが割り当てられたタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

                        Vserver の作成

                        手順
                          ステップ 1   [Vサーバ] タブに移動します。 [Vサーバ] タブに移動する方法については、Vserver の管理を参照してください。
                          ステップ 2   [作成] をクリックします。
                          ステップ 3   [vserverの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                          名前 説明

                          [Vserver名] フィールド

                          Vserver の名前。

                          [サービススイッチ名] ドロップダウン リスト

                          リストからネーム サービス スイッチを選択します。

                          [ボリューム名] フィールド

                          Vserver メタデータを保存する必要のあるルート ボリュームの名前。

                          [集約名] ドロップダウン リスト

                          ボリュームを作成する必要のある集約名を選択します。

                          [セキュリティスタイル] ドロップダウン リスト

                          リストからセキュリティ スタイルを選択します。

                          [プロトコル] フィールド

                          [選択] をクリックし、Vserver でサポートされるプロトコルのいずれかまたはすべてを選択します。

                          • NFS

                          • CIFS

                          • iSCSI

                          • FCP

                          [スナップショットポリシー] フィールド

                          [選択] をクリックし、Vserver のスナップショット ポリシーの 1 つまたは複数を選択します。

                          ステップ 4   [送信] をクリックします。

                          次の作業

                          Vserver を作成したら、右ペインの紫色のドロップダウン リスト アイコンを展開して、[詳細の表示] を選択し、Vserver の詳細を表示します。 その Vserver の CIFS をセットアップ、変更、または削除することもできます。

                          ボリュームの管理

                          ボリュームは、NFS マウントを介して UNIX ホストにまたは CIFS 共有を介して Windows ホストにエクスポートするときに構造がユーザに認識される論理ファイル システムです。 また、ボリュームは最も包括的な論理コンテナであり、 ファイルとディレクトリ、Qtree、および LUN を保存できます。

                          手順
                            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                            ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、そのアカウントを選択します。
                            ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                            ステップ 4   詳細を確認する Vserver をクリックし、右側のペインの紫色のドロップダウン リストから [詳細の表示] を選択します。
                            ステップ 5   [ボリューム] タブをクリックします。 Vserver で使用可能なボリュームが表示されます。 [ボリューム] タブでは、次のアクションを実行できます。
                            アクション 説明

                            [更新]

                            現在のページを更新します。

                            [お気に入り]

                            最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                            [作成]

                            NetApp C モード アカウントでボリュームを作成します。

                            [マルチスナップショットの作成]

                            ボリュームのマルチスナップショットを作成します。

                            マルチスナップショットを作成するには、[マルチボリュームスナップショットの作成] ダイアログ ボックスで以下の手順を実行します。

                            1. [選択] をクリックし、選択するボリュームのチェック ボックスをオンにします。

                            2. [スナップショット名] フィールドに、スナップショットの名前を入力します。

                            3. [送信] をクリックします。

                            ボリュームを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                            アクション 説明

                            [変更]

                            既存のボリュームを更新します。

                            [削除]

                            ボリュームを削除します。

                            [オンライン]

                            ボリュームをオンライン状態に移行します。

                            [オフライン]

                            ボリュームをオフライン状態に移行します。

                            [サイズ変更]

                            ボリュームのサイズを変更します。

                            ボリュームのサイズを変更するには、次のフィールドに値を入力します。

                            1. [ボリューム名] フィールド:表示専用。 ボリュームの名前。
                            2. [現在のボリュームサイズ(GB)]:表示専用。 GB 単位の現在のボリュームのサイズ。
                            3. [ 新しいサイズ] フィールド:ボリュームの必要なサイズ。
                            4. [サイズの単位] ドロップダウン リスト:MBGB、または TB からボリュームのサイズを選択します。

                            [ボリュームの複製]

                            ボリュームを複製します。

                            [クラスタボリュームの複製] ダイアログ ボックスで、ボリューム名を入力し、親スナップショットを選択します。

                            [マウント]

                            指定されたジャンクション パスにボリュームをマウントします。 ジャンクション パスは / で始める必要があり、/ で終わることができません。

                            [マウント解除]

                            ボリュームをマウント解除します。

                            [移動]

                            選択された集約にボリュームを移動します。

                            [重複排除有効]

                            ボリューム上のデータ重複除去を有効にして、重複したエントリを削除します。


                            Vserver 内のボリュームの作成

                            手順
                              ステップ 1   [ボリューム] タブに移動します。

                              [ボリューム] タブに移動する方法については、ボリュームの管理を参照してください。

                              ステップ 2   [作成] をクリックします。
                              ステップ 3   [ボリュームの作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                              名前 説明

                              [ボリュームタイプ] ドロップダウン リスト

                              ボリュームのタイプを選択します。

                              [ボリューム名] フィールド

                              ボリュームの名前。

                              [ボリュームサイズ] フィールド

                              作成するボリュームのサイズ。

                              [集約名] ドロップダウン リスト

                              リストから集約を選択します。

                              [ボリュームの状態] ドロップダウン リスト

                              ボリュームの状態を選択します。

                              [ボリュームサイズの単位] ドロップダウン リスト

                              [MB]、[GB]、または [TB] としてボリューム サイズを選択します。

                              [容量保証] ドロップダウン リスト

                              リストから保証された容量を選択します。

                              [セキュリティスタイル] ドロップダウン リスト

                              セキュリティ スタイルを選択します。

                              [スナップショットのサイズ] フィールド

                              ボリュームによって使用されるパーセンテージとしてのスナップショット サイズ。

                              [エクスポートポリシー] ドロップダウン リスト

                              エクスポート ポリシーを選択します。

                              [スナップショットポリシー] フィールド

                              [選択] をクリックし、ボリュームのスナップショット ポリシーを選択します。

                              ステップ 4   [送信] をクリックします。

                              LUN の管理

                              論理ユニット番号(LUN)は、ファイバ チャネルや iSCSI などの SCSI プロトコルまたは同様のプロトコルによってアドレス指定されるデバイスである論理ユニットを識別するために使用されます。 LUN は、ストレージ エリア ネットワーク(SAN)経由で共有されたブロック ストレージ アレイの管理で中心的役割を果たします。

                              手順
                                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                                ステップ 4   詳細を確認する Vserver をクリックし、右側のペインのドロップダウン リストから [詳細の表示] をクリックします。
                                ステップ 5   [LUN] タブをクリックします。 Vserver で使用可能な LUN が表示されます。 [LUN] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                アクション 説明

                                [更新]

                                現在のページを更新します。

                                [お気に入り]

                                最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                [作成]

                                NetApp C モード アカウントで LUN を作成します。

                                LUN を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                アクション 説明

                                [削除]

                                LUN を削除します。 LUN の強制削除を許可する場合は、[LUNの破棄] ダイアログ ボックスで [強制] チェック ボックスをオンにします。

                                [サイズ変更]

                                ボリューム内の LUN のサイズを変更します。

                                LUN のサイズを変更するには、次のフィールドに値を入力します。

                                1. [LUNサイズ] フィールド:LUN の必要なサイズ。
                                2. [サイズの単位] ドロップダウン リスト:[MB]、[GB]、または [TB] から LUN のサイズを選択します。

                                [複製]

                                同じボリューム内のターゲット LUN にソース LUN を複製します。 LUN の複製処理を非同期的に開始します。

                                LUN を複製するには、次のフィールドに値を入力します。

                                1. [LUN名] フィールド:表示専用。 LUN の名前
                                2. [スナップショット複製] チェック ボックス:スナップショットから LUN を複製する場合に、このチェック ボックスをオンにします。
                                3. [新しいLUN名] フィールド:新しい LUN の名前。

                                [オフライン/オンライン]

                                LUN をオンラインまたはオフライン状態に移行します。

                                [iGroupのマッピング]

                                LUN を既存のイニシエータ グループの 1 つにマップします。 [イニシエータグループ] ドロップダウン リストから iGroup を選択します。 LUN ID を指定する場合は、[LUN IDの指定] チェック ボックスをオンにします。そうしなかった場合は、LUN ID が自動的に生成されます。

                                [iGroupのマップ解除]

                                確認後に、選択された LUN から iGroup をマップ解除します。

                                [スペース予約の切り替え]

                                選択された LUN のスペース予約設定を有効または無効にします。

                                [詳細を表示]

                                LUN の要約を表示します。


                                LUN の作成

                                手順
                                  ステップ 1   [LUN] タブに移動します。 [LUN] タブに移動する方法については、LUN の管理を参照してください。
                                  ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                  ステップ 3   [LUN の作成] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                  名前 説明

                                  [ボリュームの選択] ドロップダウン リスト

                                  LUN が属しているボリュームを選択します。

                                  [LUN名] フィールド

                                  LUN の名前

                                  [サイズ] フィールド

                                  作成する LUN に必要なサイズ。

                                  [サイズの単位] ドロップダウン リスト

                                  [MB]、[GB]、または [TB] としてボリューム サイズを選択します。

                                  [OSタイプ] ドロップダウン リスト

                                  リストからオペレーティング システムのタイプを選択します。

                                  ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                  FCP サービスの管理

                                  ファイバ チャネル(FC)は、ファイバ チャネル ファブリック経由で Small Computer System Interface(SCSI)プロトコルを使用して、ホストに論理ユニット(LUN)をエクスポートしたり、ブロック データを転送したりするためのストレージ システム上でライセンスされたサービスです。

                                  手順
                                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                    ステップ 3   [FCPサービス] タブをクリックします。 アカウントで作成された FCP サービスが表示されます。 [FCPサービス] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                    アクション 説明

                                    [更新]

                                    現在のページを更新します。

                                    [お気に入り]

                                    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                    [作成]

                                    Vserver 上で FCP サービスを作成します。

                                    FCP サービスを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                    アクション 説明

                                    [破棄]

                                    確認後に、FCP サービスを削除します。

                                    [FCPサービスの開始]

                                    Vserver 上で FCP サービスを開始します。

                                    [FCPサービスの停止]

                                    Vserver 上で実行中の FCP サービスを停止します。


                                    FCP サービスの作成

                                    手順
                                      ステップ 1   [FCPサービス] タブに移動します。 [FCPサービス] タブに移動する方法については、FCP サービスの管理を参照してください。
                                      ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                      ステップ 3   [FCPサービスの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                      名前 説明

                                      [Vserver名] フィールド

                                      [選択] をクリックし、FCP サービスを作成する Vserver を選択します。

                                      [FCPターゲットノード名] フィールド

                                      FC ノードを識別するために使用されるワールドワイド ノード名(WWNN)。

                                      [開始] チェック ボックス

                                      Vserver 上で FCP サービスを開始する場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                      ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                      QTree の管理とクォータの作成

                                      QTree はパーティションの概念に似ています。 また、サイズを制限するためにクォータを適用可能なボリュームのサブセットを作成します。 特殊なケースとして、QTree をボリューム全体にすることができます。 いつでも QTree のサイズを変更できることから、QTree はパーティションよりも柔軟です。

                                      手順
                                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                        ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                        ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                                        ステップ 4   詳細を確認する Vserver をクリックし、右側のペインの紫色のドロップダウン リストから [詳細の表示] をクリックします。
                                        ステップ 5   [QTree] タブをクリックします。 アカウントで使用可能な Qtree が表示されます。 [QTree] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                        アクション 説明

                                        [更新]

                                        現在のページを更新します。

                                        [お気に入り]

                                        最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                        [QTreeの作成]

                                        QTree を作成します。

                                        QTree を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                        アクション 説明

                                        [名前の変更]

                                        QTree の名前を変更します。

                                        [変更]

                                        QTree の oplock とセキュリティ スタイルを更新します。

                                        [削除]

                                        確認後に QTree を削除します。

                                        [クォータの追加]

                                        QTree にクォータを追加します。

                                        クォータを追加するには、次のフィールドに値を入力します。
                                        • [クォータタイプ] ドロップダウン リスト:ドロップダウン リストから [ツリー] を選択します。
                                        • [ディスク容量のハード制限(GB)]:GB 単位の最大ディスク容量値。
                                        • [ファイルのハード制限]:クォータ内の最大ファイル数。
                                        • [しきい値(GB)]:GB 単位のディスク容量値のしきい値制限。
                                        • [ディスク容量のソフト制限(GB)]:GB 単位の最大ファイル数のソフト クォータ。
                                        • [ファイルのソフト制限]:クォータ内のファイル数のソフト制限。

                                        [クォータの削除]

                                        確認後に、Qtree に追加されたクォータを削除します。

                                        [クォータの変更]

                                        Qtree に追加されたクォータを更新します。


                                        QTree の作成

                                        手順
                                          ステップ 1   [ボリューム] タブに移動します。 [ボリューム] タブに移動する方法については、ボリュームの管理を参照してください。
                                          ステップ 2   QTree を作成するボリュームを選択します。
                                          ステップ 3   右側のペインの紫色のドロップダウン リストから、[QTreeの作成] を選択します。
                                          ステップ 4   [QTreeの作成] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
                                          1. [Qtree名] フィールドに、QTree の名前を入力します。
                                          2. [送信] をクリックします。

                                          イニシエータ グループの管理

                                          イニシエータ グループ(igroup)は、どのホストがストレージ システム上の指定された LUN にアクセスできるかを指定します。 イニシエータ グループはプロトコル固有です。

                                          手順
                                            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                            ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                            ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                                            ステップ 4   詳細を確認する Vserver をクリックし、右側のペインのドロップダウン リストから [詳細の表示] をクリックします。
                                            ステップ 5   [イニシエータグループ] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なイニシエータ グループが表示されます。 [イニシエータグループ] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                            アクション 説明

                                            [更新]

                                            現在のページを更新します。

                                            [お気に入り]

                                            最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                            [作成]

                                            イニシエータ グループを作成します。

                                            イニシエータ グループを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                            アクション 説明

                                            [削除]

                                            イニシエータ グループを削除します。

                                            [名前の変更]

                                            イニシエータ グループの名前を変更します。

                                            [ポートセットのバインド]

                                            iGroup にバインドするポートセットを選択します。

                                            [ポートセットのアンバインド]

                                            iGroup からアンバインドするポートセットを選択します。


                                            イニシエータ グループの作成

                                            手順
                                              ステップ 1   [イニシエータグループ] タブに移動します。 [イニシエータグループ] タブに移動する方法については、イニシエータ グループの管理を参照してください。
                                              ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                              ステップ 3   [イニシエータグループの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                              名前 説明

                                              [イニシエータグループ名] フィールド

                                              イニシエータ グループの名前。

                                              [グループタイプ] ドロップダウン リスト

                                              イニシエータ グループ タイプとして ISCSI または FCP を選択します。

                                              [OSタイプ] ドロップダウン リスト

                                              リストからオペレーティング システムのタイプを選択します。

                                              [ポートセット名] フィールド

                                              [選択] をクリックし、テーブルからポート セットを選択します。

                                              ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                              イニシエータの管理

                                              手順
                                                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                                                ステップ 4   詳細を確認する Vserver を選択し、右側のペインの紫色のドロップダウン リストから [詳細の表示] をクリックします。
                                                ステップ 5   [イニシエータ] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なイニシエータが表示されます。 [イニシエータ] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                アクション 説明

                                                [更新]

                                                現在のページを更新します。

                                                [お気に入り]

                                                最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                [作成]

                                                イニシエータ グループにイニシエータを追加します。

                                                イニシエータを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                アクション 説明

                                                [削除]

                                                イニシエータを削除します。 イニシエータを強制的に削除する場合は、[強制] チェック ボックスをオンにします。

                                                (注)      イニシエータ グループの LUN マップが存在する場合は、イニシエータを削除できません。

                                                イニシエータの追加

                                                手順
                                                  ステップ 1   [イニシエータ] タブに移動します。

                                                  [イニシエータ] タブに移動する方法については、イニシエータの管理を参照してください。

                                                  ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                  ステップ 3   [イニシエータの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                  名前 説明

                                                  [イニシエータグループ名] ドロップダウン リスト

                                                  イニシエータを作成するイニシエータ グループを選択します。

                                                  [イニシエータ名] フィールド

                                                  イニシエータの名前。

                                                  [WWPNエイリアス] フィールド

                                                  [選択] をクリックし、イニシエータの WWPN エイリアスのチェック ボックスをオンにします。

                                                  [強制] チェック ボックス

                                                  イニシエータを強制的に追加する場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                                  ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                  CIFS 共有の管理

                                                  CIFS プロトコルは、Microsoft オペレーティング システムのリモート ファイル操作(ネットワーク ドライブのマッピング)、閲覧(ネットワーク ネイバーフッド アイコン経由)、認証(Windows NT と Windows 2000)、およびリモート プリンタ サービスで使用されます。 ネイティブな Microsoft ネットワーキングのコアが CIFS サービスを中心に構築されます。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                    ステップ 3   [Vサーバ] タブをクリックします。
                                                    ステップ 4   詳細を確認する Vserver を選択し、右側のペインのドロップダウン リストから [詳細の表示] をクリックします。
                                                    ステップ 5   [CIFS 共有] タブをクリックします。 Vserver で使用可能な CIFS 共有が表示されます。 [CIFS共有] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                    アクション 説明

                                                    [更新]

                                                    現在のページを更新します。

                                                    [お気に入り]

                                                    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                    [作成]

                                                    NetApp C モード アカウントで CIFS 共有を作成します。

                                                    CIFS 共有を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                    アクション 説明

                                                    [削除]

                                                    CIFS 共有を削除します。

                                                    [変更]

                                                    CIFS 共有のボリューム パスとコメントを更新します。

                                                    [共有アクセスの設定]

                                                    CIFS 共有アクセスを作成します。

                                                    CIFS 共有アクセスを作成するには、次のフィールドに値を入力します。

                                                    1. [権限] ドロップダウン リスト:リストからアクセス権限のレベルを選択します。
                                                    2. [ユーザまたはグループ] フィールド:権限が列挙されたユーザまたはグループ名。
                                                    3. [コメント] フィールド:コメント(ある場合)。

                                                    [共有アクセスの削除]

                                                    CIFS 共有アクセスを削除します。

                                                    [共有アクセスの変更]

                                                    CIFS 共有にアクセスするための権限を更新します。


                                                    CIFS 共有の作成

                                                    手順
                                                      ステップ 1   [CIFS共有] タブに移動します。 [CIFS共有] タブに移動する方法については、CIFS 共有の管理を参照してください。
                                                      ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                      ステップ 3   [CIFS共有の作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                      名前 説明

                                                      [ボリューム名] ドロップダウン リスト

                                                      CIFS 共有を作成するボリュームを選択します。

                                                      [共有名] フィールド

                                                      CIFS 共有の名前。

                                                      [コメント] フィールド。

                                                      コメント(ある場合)。

                                                      [共有アクセスの設定] チェック ボックス

                                                      CIFS 共有へのアクセスを可能にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。


                                                      VServer ピアの作成と管理

                                                      手順
                                                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                        ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                        ステップ 3   [vServerピア] タブをクリックします。 アカウントで使用可能な Vserver ピアが表示されます。 [Vserverピア] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                        アクション 説明

                                                        [更新]

                                                        現在のページを更新します。

                                                        [お気に入り]

                                                        最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                        [作成]

                                                        Vserver ピア関係を作成します。

                                                        新しい Vserver ピア関係を作成するには、次のフィールドに値を入力します。
                                                        • [ローカルvServer名の選択] フィールド:ローカル Vserver として使用する Vserver。
                                                        • [ピアvServer名の選択] フィールド:ピア Vserver として使用する Vserver。
                                                        Vserver ピア関係を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                        ボタン 説明

                                                        [削除]

                                                        Vserver ピア関係を削除します。

                                                        [承認]

                                                        Vserver ピア関係を承認します。

                                                        [却下]

                                                        Vserver ピア関係を拒否します。


                                                        クラスタ ピアの作成

                                                        手順
                                                          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                          ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                          ステップ 3   [クラスタピア] タブをクリックします。
                                                          ステップ 4   [作成] をクリックします。
                                                          ステップ 5   [クラスタピア関係の作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                          名前 説明

                                                          [ピアクラスタの選択] フィールド

                                                          [選択] をクリックし、使用するクラスタ アカウントを選択します。

                                                          [タイムアウト(秒)] フィールド

                                                          秒単位のタイムアウト値。

                                                          ステップ 6   [送信] をクリックします。

                                                          SnapMirror 関係の管理

                                                          NetApp SnapMirror ソフトウェアは、エンタープライズ レベルのディザスタ リカバリおよびデータ配信ソリューションです。 SnapMirror は LAN または WAN 接続経由で 1 つ以上のネットワーク ファイラに高速でデータをミラーリングします。

                                                          手順
                                                            ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                            ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                            ステップ 3   [SnapMirror] タブをクリックします。 Cisco UCS Director にアカウントで作成されたすべての SnapMirror 関係が表示されます。 [SnapMirror] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                            名前 説明

                                                            [更新]

                                                            現在のページを更新します。

                                                            [お気に入り]

                                                            最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                            [作成]

                                                            新しい SnapMirror 関係を作成します。

                                                            [インベントリ]

                                                            SnapMirror インベントリを実行します。

                                                            SnapMirror を選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                            アクション 説明

                                                            [削除]

                                                            SnapMirror 関係を削除します。

                                                            [変更]

                                                            既存の SnapMirror 関係を更新します。

                                                            [初期化]

                                                            特定の宛先へのネットワーク経由の初期転送を開始します。 転送の優先度を低または標準に設定します。

                                                            [アップデート]

                                                            snapmirror update コマンドは増分転送を実行します。

                                                            [再同期]

                                                            解消された SnapMirror 化ペアの再同期を開始します。

                                                            [中断]

                                                            SnapMirror 関係を解消します。 処理が正当かどうかまたは処理が成功したかどうかをチェックすることはできません。 結果は、インベントリがこのタスクで収集されたあとに更新されます。

                                                            [休止]

                                                            宛先への転送を一時停止します。

                                                            [昇格]

                                                            確認後に、SnapMirror を昇格させます。

                                                            [解放]

                                                            SnapMirror を解放して SnapMirror 関係を永続的に終了します。

                                                            [復帰]

                                                            このオプションは、ドロップダウン リストで使用できます。 snapmirror resume コマンドは、休止された SnapMirror 関係の今後の転送を有効にします。

                                                            [中断]

                                                            このオプションは、ドロップダウン リストで使用できます。 SnapMirror 関係を中断します。


                                                            SnapMirror 関係の作成

                                                            はじめる前に

                                                            クラスタ内 SnapMirror 関係を作成するには、Vserver ピアを作成する必要があります。 クラスタ間 SnapMirror 関係を構築する場合は、クラスタ ピアとサーバ ピアを作成する必要があります。

                                                            手順
                                                              ステップ 1   [SnapMirror] タブに移動します。 [SnapMirror] タブに移動する方法については、SnapMirror 関係の管理を参照してください。
                                                              ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                              ステップ 3   [SnapMirror関係の作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                              名前 説明

                                                              [関係のタイプ] ドロップダウン リスト

                                                              関係のタイプとして次のオプションのいずれかを選択します。

                                                              • データ保護

                                                              • ロード シェアリング

                                                              [送信先ボリューム] フィールド

                                                              [選択] をクリックし、送信先ボリュームを選択します。

                                                              [送信元ボリューム] フィールド

                                                              [選択] をクリックし、送信元ボリュームを選択します。

                                                              [ポリシー] フィールド

                                                              [選択] をクリックし、SnapMirror ポリシーを選択します。

                                                              [スケジュール] フィールド

                                                              [選択] をクリックし、SnapMirror 更新をスケジュールする cron ジョブを選択します。

                                                              [最大転送率(Kbps)] フィールド

                                                              最大転送速度。 デフォルト値は 0 で、MTR が無制限であることを意味します。

                                                              ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                              SnapMirror ポリシーの管理

                                                              手順
                                                                ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択します。
                                                                ステップ 3   [SnapMirrorポリシー] タブをクリックします。 Cisco UCS Director にアカウントで作成されたすべての SnapMirror ポリシーが表示されます。 [SnapMirrorポリシー] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                名前 説明

                                                                [更新]

                                                                現在のページを更新します。

                                                                [お気に入り]

                                                                最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                [作成]

                                                                新しい SnapMirror ポリシーを作成します。

                                                                SnapMirror ポリシーを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                                アクション 説明

                                                                [変更]

                                                                SnapMirror ポリシーの再起動タイプと転送速度を更新します。

                                                                [削除]

                                                                確認後に、SnapMirror ポリシーを削除します。

                                                                [ルールの追加]

                                                                SnapMirror ポリシーにルールを追加します。

                                                                SnapMirror ポリシーにルールを追加するには、次のフィールドに値を入力します。

                                                                • [スナップショットコピー保持カウント] フィールド:スナップショット コピー保持カウント。

                                                                • [SnapMirrorラベル] フィールド:スナップショット コピー ラベル。

                                                                • [保持] チェック ボックス:スナップショット コピー予約を有効にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                                                • [警告しきい値カウント] フィールド:警告しきい値カウント。

                                                                [ルールの削除]

                                                                SnapMirror ポリシーから選択されたルールを削除します。

                                                                [ルールの変更]

                                                                SnapMirror ポリシー内のルールを更新します。

                                                                [詳細を表示]

                                                                SnapMirror ポリシー ルールを表示します。


                                                                SnapMirror ポリシーの作成

                                                                手順
                                                                  ステップ 1   [SnapMirrorポリシー] タブに移動します。 [SnapMirrorポリシー] タブに移動する方法については、SnapMirror ポリシーの管理を参照してください。
                                                                  ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                                  ステップ 3   [SnapMirrorポリシーの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                  名前 説明

                                                                  [Vserver名] フィールド

                                                                  [選択] をクリックし、Vserver 名を選択します。

                                                                  [ポリシー名の入力] フィールド

                                                                  ポリシーの名前。

                                                                  [再起動] ドロップダウン リスト

                                                                  再起動のタイプとして次のオプションのいずれかを選択します。
                                                                  • 常に
                                                                  • なし
                                                                  • デフォルト

                                                                  [転送の優先度] ドロップダウン リスト

                                                                  転送の優先度として次のオプションのいずれかを選択します。
                                                                  • なし
                                                                  • 標準

                                                                  [コメントの入力] フィールド

                                                                  コメント(ある場合)。

                                                                  ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                                  スナップショット ポリシーの管理

                                                                  手順
                                                                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                    ステップ 3   [スナップショットポリシー] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なスナップショット ポリシーが表示されます。 [スナップショットポリシー] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                    アクション 説明

                                                                    [更新]

                                                                    現在のページを更新します。

                                                                    [お気に入り]

                                                                    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                    [作成]

                                                                    新しいスナップショット ポリシーを作成します。

                                                                    スナップショット ポリシーを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。
                                                                    アクション 説明

                                                                    [有効化/無効化]

                                                                    スナップショット ポリシーを有効または無効にします。

                                                                    [削除]

                                                                    スナップショット ポリシーを削除します。

                                                                    [詳細を表示]

                                                                    スナップショット ポリシーのスケジュールを表示します。 また、新しいスケジュールを作成する、スケジュールを更新する、またはスケジュールを削除するオプションが提供されます。


                                                                    スナップショット ポリシーの作成

                                                                    手順
                                                                      ステップ 1   [スナップショットポリシー] タブに移動します。 [スナップショットポリシー] タブに移動する方法については、スナップショット ポリシーの管理を参照してください。
                                                                      ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                                      ステップ 3   [スナップショットポリシーの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                      アクション 説明

                                                                      [スナップショットポリシー名] フィールド

                                                                      スナップショット ポリシーの名前。

                                                                      [スケジュール] ドロップダウン リスト

                                                                      ポリシーに追加する cron ジョブまたはスケジュール間隔を選択します。

                                                                      [カウント] フィールド

                                                                      スケジュールに対して保持するスナップショットの数。

                                                                      [snapmirrorラベル] フィールド

                                                                      SnapMirror のラベル。

                                                                      [プレフィックス] フィールド

                                                                      作成したスナップショット名に含めるプレフィックス テキスト。

                                                                      [有効] チェックボックス

                                                                      ポリシーを有効にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                                                      ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                                      ジョブの管理

                                                                      手順
                                                                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                        ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                        ステップ 3   [ジョブ] タブをクリックします。 アカウントでスケジュールされたジョブが表示されます。 [ジョブ] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                        アクション 説明

                                                                        [更新]

                                                                        現在のページを更新します。

                                                                        [お気に入り]

                                                                        最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                        [インベントリ]

                                                                        確認後にジョブ インベントリを実行します。


                                                                        Cron ジョブ スケジュールの管理

                                                                        手順
                                                                          ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                          ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                          ステップ 3   [Jobスケジュール] タブをクリックします。 アカウントでスケジュールされた cron ジョブが表示されます。 [Jobスケジュール] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                          アクション 説明

                                                                          [更新]

                                                                          現在のページを更新します。

                                                                          [お気に入り]

                                                                          最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                          [作成]

                                                                          cron ジョブ スケジュールを作成します。

                                                                          cron ジョブ スケジュールを選択すると、[変更] アクションと [削除] アクションが表示されます。

                                                                          Cron ジョブ スケジュールの作成

                                                                          手順
                                                                            ステップ 1   [Jobスケジュール] タブに移動します。 [Jobスケジュール] タブに移動する方法については、Cron ジョブ スケジュールの管理を参照してください。
                                                                            ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                                            ステップ 3   [Cronジョブスケジュールの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                            名前 説明

                                                                            [ジョブスケジュール名] フィールド

                                                                            cron ジョブ スケジュールの名前。

                                                                            [日付] フィールド

                                                                            カンマで区切られた月の cron 日の値。

                                                                            [曜日] フィールド

                                                                            カンマで区切られた週の cron 日の値。

                                                                            [時間] フィールド

                                                                            カンマで区切られた cron 時間の値。

                                                                            [分] フィールド

                                                                            カンマで区切られた cron 分の値。

                                                                            [月] フィールド

                                                                            カンマで区切られた cron 月の値。

                                                                            ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                                            NFS サービスの管理

                                                                            手順
                                                                              ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                              ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                              ステップ 3   [NFSサービス] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なネットワーク ファイル システム(NFS)サービスが表示されます。 [NFSサービス] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                              アクション 説明

                                                                              [更新]

                                                                              現在のページを更新します。

                                                                              [お気に入り]

                                                                              最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                              [作成]

                                                                              NFS サービスを作成します。

                                                                              NFS サービスを選択すると、次の追加のアクションが表示されます。[変更] アクションと [破棄] アクションが表示されます。
                                                                              アクション 説明

                                                                              [変更]

                                                                              NFS サービスを更新します。

                                                                              [破棄]

                                                                              NFS サービスを削除します。

                                                                              [NFSサービスの開始]

                                                                              NFS サービスを開始します。

                                                                              [NFSサービスの停止]

                                                                              NFS サービスを停止します。


                                                                              NFS サービスの作成

                                                                              手順
                                                                                ステップ 1   [NFSサービス] タブに移動します。 [NFSサービス] タブに移動する方法については、NFS サービスの管理を参照してください。
                                                                                ステップ 2   [作成] をクリックします。
                                                                                ステップ 3   [NFSサービスの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
                                                                                名前 説明

                                                                                [Vserver名] フィールド

                                                                                [選択] をクリックし、Vserver 名を選択します。

                                                                                [NFSアクセス有効] チェック ボックス

                                                                                NFS アクセスを有効にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                                                                [NFS Vstorage有効] チェック ボックス

                                                                                NFS サービスの vStorage を有効にする場合に、このチェック ボックスをオンにします。

                                                                                ステップ 4   [送信] をクリックします。

                                                                                システム タスクの管理

                                                                                Multi-Node 設定は、インベントリ データの収集などのシステム タスクの処理を、プライマリ ノードから 1 つ以上のサービス ノードへオフロードしてスケーラビリティを向上させます。 システム タスクは 1 つ以上のサービス ノードに割り当てることができます。 システム タスクの処理のスケーリング方法は、ノードの数によって異なります。

                                                                                手順
                                                                                  ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                                  ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                                  ステップ 3   [システム タスク] タブをクリックします。

                                                                                  アカウントに対して定義されたタスクが表示されます。 システム タスクの管理方法については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。


                                                                                  ルーティング グループ ルートの管理

                                                                                  手順
                                                                                    ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                                    ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                                    ステップ 3   [ルーティンググループルート] タブをクリックします。 アカウントで設定されたルーティング グループ ルートが表示されます。 [ルーティンググループルート] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                                    アクション 説明

                                                                                    [更新]

                                                                                    現在のページを更新します。

                                                                                    [お気に入り]

                                                                                    最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                                    [削除]

                                                                                    ルーティング グループ ルートを削除します。


                                                                                    ライセンスの管理

                                                                                    手順
                                                                                      ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                                      ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                                      ステップ 3   [ライセンス] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なライセンスが表示されます。 [ライセンス] タブでは、次のアクションを実行できます。
                                                                                      アクション 説明

                                                                                      [更新]

                                                                                      現在のページを更新します。

                                                                                      [お気に入り]

                                                                                      最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

                                                                                      [追加]

                                                                                      クラスタにライセンスを追加します。

                                                                                      ライセンスを選択すると、[削除] アクションが表示されます。

                                                                                      ライセンスの追加

                                                                                      手順
                                                                                        ステップ 1   メニュー バーで、[物理] > [ストレージ] を選択します。
                                                                                        ステップ 2   左側のペインで、NetApp C モード アカウントを含むポッドを選択し、NetApp C モード アカウントを選択します。
                                                                                        ステップ 3   [ライセンス] タブをクリックします。 アカウントで使用可能なライセンスが表示されます。
                                                                                        ステップ 4   [追加] をクリックします。
                                                                                        ステップ 5   [クラスタへのライセンスの追加] ダイアログ ボックスの [ライセンスコード] フィールドにライセンス コードを入力します。
                                                                                        ステップ 6   [送信] をクリックします。