Cisco UCS Director アドミニストレーション ガイド、リリース 5.2
付録
付録

付録

この章の内容は、次のとおりです。

ESX サーバでの VNC コンソールの設定

はじめる前に

VM の VNC コンソールにアクセスするには、ハイパーバイザで ESX/ESXi サーバの VNC ポート(5900 ~ 5964)を開きます。 Cisco UCS Director では、VM の VNC コンソールを自動的に設定できます。


(注)  


現在、VNC コンソールのアクセス設定では、ESX 4.X および ESXi 5.0 バージョンを搭載したハイパーバイザがサポートされています。


手順
    ステップ 1   ESXi5.x ホストにログインします。
    ステップ 2   シェルを使用して次のコマンドを実行し、ファイアウォールの設定を無効化します。 # cat /etc/vmware/firewall/vnc.xml
    ステップ 3   XML 設定をコピーして vnc.xml ファイルに貼り付けます。
      <!-- Firewall configuration information for VNC -->
    <ConfigRoot>
      <service>
       <id>VNC</id>
        <rule id='0000'>
        <direction>inbound</direction>
         <protocol>tcp</protocol>
         <porttype>dst</porttype>
         <port>
         <begin>5901</begin>
         <end>6000</end>
         </port>
        </rule>
        <rule id='0001'>
         <direction>outbound</direction>
         <protocol>tcp</protocol>
         <porttype>dst</porttype>
         <port>
          <begin>0</begin>
          <end>65535</end>
         </port>
        </rule>
        <enabled>true</enabled>
        <required>false</required>
      </service>
    </ConfigRoot>
    
    ステップ 4   ファイアウォール ルールを更新し、新しい設定が正確にロードされたことを確認します。
    ~ # esxcli network firewall refresh
    ~ # esxcli network firewall ruleset list | grep VNC
    VNC   true #****************************************