Cisco Unified Communications System の解説 Release 7.0(1)
Cisco Unified Communications の コンポーネントの概要
Cisco Unified Communications のコンポーネントの概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 891KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications のコンポーネントの概要

Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ

Cisco Emergency Responder

Cisco FAX Server

Cisco Multiservice

Cisco RSVP Agent

Cisco IP Communicator

Cisco Unified Application Environment

Cisco Unified Communications Manager

Cisco Attendant Console

Cisco Unified Communications Manager Express

Cisco Unified Communications のコンポーネントの概要

この章では、Cisco Unified Communications Systemの次のコンポーネントの概要について説明します。

「Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ」

「Cisco Emergency Responder」

「Cisco FAX Server」

「Cisco Multiservice Cisco Unified Border Element」

「Cisco RSVP Agent」

「Cisco IP Communicator」

「Cisco Unified Application Environment」

「Cisco Unified Communications Manager」

「Cisco Attendant Console」

「Cisco Unified Communications Manager Express」

「Cisco Unified Communications Manager Business Edition」

「Cisco Unified Contact Center Enterprise」

「Cisco Unified Contact Center Express」

「Cisco Unified Expert Advisor」

「Cisco Unified Customer Voice Portal」

「Cisco Unified IP Phone」

「Cisco Unified MeetingPlace」

「Cisco Unified MeetingPlace Express」

「Cisco Unified Mobility」

「Cisco Unified Mobility」

「Cisco Unified Mobile Communicator」

「Cisco Unified Messaging Gateway」

「Cisco Unified Personal Communicator」

「Cisco Unified PhoneProxy」

「Cisco Unified Presence」

「Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony」

「Cisco Unified Video Advantage」

「Cisco Unified Videoconferencing」

「Cisco Unity」

「Cisco Unity Connection」

「Cisco Unity Express」

「Cisco VG224」

「セキュリティ コンポーネント」

「管理およびサービサビリティ コンポーネント」

Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ

Cisco ISR 1800、2800、および 3800 シリーズは、シスコの IP コミュニケーション ソリューションの一環となる音声ゲートウェイとして配置できます。この環境では、Cisco Unified Communications Manager のコール コンポーネント プロセスを利用して、これらのルータを音声ゲートウェイとして使用します。

Cisco ISR 2800 および 3800 シリーズと Cisco Unified Communications Manager を直接通信させることにより、大企業とマネージド ネットワーク サービスを提供するサービス プロバイダーに IP テレフォニー ソリューションを実装できます。 これらのルータは、中小規模のブランチや地方オフィスに、柔軟性に優れたスケーラブルなソリューションを提供します。

Cisco ISR 2800 および 3800 シリーズの音声ゲートウェイ ルータは、広範囲のパケット テレフォニーベースの音声インターフェイスとシグナリング プロトコルをサポートしているので、PBX および PSTN 接続ポイントの 90 % 以上で接続をサポートできます。シグナリング サポートには、T1/E1 Primary Rate Interface(PRI; 1次群速度インターフェイス)、T1 Channel Associated Signaling(CAS; 個別線信号方式)、E1-R2、T1/E1 QSIG プロトコル、T1 Feature Group D(FGD; 機能グループD)、Basic Rate Interface(BRI; 基本速度インターフェイス)、Foreign Exchange Office(FXO)、Ear and Mouth(E&M)、および Foreign Exchange Station(FXS)が含まれます。これらの音声ゲートウェイ ルータを設定することにより、2 ~ 540 の音声チャネルをサポートできます。

Cisco ISR 1800 シリーズは、中小企業および小規模なブランチ オフィスでの配置に最適です。ISR 1800 シリーズ ルータを利用すると、耐障害性の高い単一システムにより、複数のミッションクリティカルな事業サービスを高速かつ安全に提供できるので、企業はコストを削減できます。Cisco ISR 1861 は、音声、データ、ボイスメール、自動応答機能、ビデオ、およびセキュリティ機能を提供するとともに、カレンダー、E メール、Customer Relationship Management(CRM)プログラムなどの既存のデスクトップ アプリケーションおよび組み込みセキュリティを統合するモジュラ型プラットフォームです。次の機能が含まれています。

Cisco Unified Communications Manager Express または Survivable Remote Site Telephony による最大 8 ユーザの呼処理

オプションの Cisco Unity Express によるボイス メッセージングおよび自動応答機能

Cisco Catalyst スイッチを使用した、Power over Ethernet(PoE)による LAN スイッチング

PSTN、PBX、および主要システム接続用のオンボード音声ポート

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/index.html

Cisco Emergency Responder

Cisco Emergency Responder は、Cisco Unified Communications Manager からの緊急コールに拡張機能を提供します。Cisco Unified Communications Manager が発信者の場所に応じた適切な Public Safety Answering Point(PSAP; 緊急応答機関)に緊急コールを送信し、PSAP が発信者の場所を特定し、必要に応じてコールを戻すことができるように支援します。また、Cisco Emergency Responder により、顧客のセキュリティ担当者に対して、緊急コールが発信されたこと、および発信者の場所を通知できます。

Cisco Emergency Responder を利用すると、Cisco Unified Communications Manager のユーザは法律上または規制上の義務を効率的に遵守し、緊急コールに関する法的責任のリスクを削減できます。主要機能は、次のとおりです。

IP フォンの場所を自動的にトラッキング

Cisco Unified Communications Manager に緊急コールの転送指示を提供

ローカルの通信事業者および PSAP に発信者の場所を通知

顧客のセキュリティ担当者に緊急コールが発信されたことを警告

緊急コールバックをサポート

緊急コールおよびロケーション レコードの変更をログに記録

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps842/index.html

Cisco FAX Server

Cisco Fax Server は、エンタープライズ IP コミュニケーション アーキテクチャの一環として、企業の音声、ファックス、データ、およびデスクトップ アプリケーションの統合を支援する、使いやすく、管理しやすいファックスおよび電子文書配信ソリューションです。デスクトップ、E メール、および他のビジネス アプリケーションから、ドキュメントを直接送受信して、管理できます。Captaris RightFax 9.0 Enterprise Suite に基づいて、Cisco Fax Server と Cisco Unity ソフトウェアなどのエンタープライズ メッセージング アプリケーションを併用すれば、強力なユニファイド メッセージング ソリューションを構築できます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6178/index.html

Cisco Multiservice Cisco Unified Border Element

Cisco Multiservice Cisco Unified Border Element は、音声、ビデオ、およびデータ サービスを統合する Cisco ISR 2800 および 3800 シリーズ上、およびルーティング/ゲートウェイ プラットフォームとなる Cisco 7200 VXR および Cisco 7301 シリーズ上で実行される Cisco IOS ソフトウェア ロード内の統合アプリケーションです。

企業およびサービス プロバイダーの Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)の要件を満たすように設計された Cisco Multiservice Cisco Unified Border Element は、独立した Voice over IP(VoIP)ネットワークとビデオ ネットワークとの間に費用対効果に優れたシンプルな接続を提供します。次の用途のためのネットワーク相互間のインターフェイス ポイントが提供されます。

シグナリング インターワーキング(H.323、SIP)

メディア インターワーキング(DTMF、ファックス、モデム、コーデック変換)

アドレス変換とポート変換(プライバシーおよびトポロジの保護)

課金および CDR の正規化

QoS(Quality of Service)および帯域幅の管理(TOS を使用した QoS マーキング、DSCP、および RSVP とコーデック フィルタリングを使用した帯域幅の強制)

Cisco Multiservice Cisco Unified Border Element は、ネットワーク レイヤに SBC を統合することで、企業内、企業間、企業とサービス プロバイダー間、およびサービス プロバイダー間のアーキテクチャで、VoIPネットワークとビデオ ネットワークを相互接続します。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5640/index.html

Cisco RSVP Agent

Cisco RSVP Agent は、ネットワークを使用して、Cisco Unified Communications Manager 環境にコール アドミッション制御および QoS を提供する Cisco IOS ソフトウェア機能です。Cisco RSVP Agent は、IP ネットワークで帯域幅を予約するための IETF 標準ベース シグナリング プロトコルである Resource Reservation Protocol(RSVP)を採用しています。RSVP プロトコルでは、ネットワーク内の変更に対する動的な調整が可能で、複雑なネットワーク トポロジをサポートし、コール アドミッションによる決定を実行できます。

Cisco RSVP Agent には、次のような利点があります。

Cisco Unified Communications Manager の呼に保証された WAN 帯域幅を提供できる。

メッシュ設計、冗長リンク、動的に変化するトポロジなどの複雑なネットワーク トポロジをサポートできる。

音声コール、ビデオ コール、コール許可の品質および可用性を制御できる。

SIP、H.323、Media Gateway Control Protocol(MGCP; メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル)、Skinny Client Control Protocol(SCCP)など、Cisco Unified Communications Manager がサポートしている任意の呼制御シグナリングのシームレスなインターワーキングを提供できる。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6832/index.html

Cisco IP Communicator

Cisco IP Communicator は、パーソナル コンピュータに IP フォン機能を提供します。Microsoft Windows ベースのアプリケーションにより、企業ネットワークにアクセスできる場所なら、どこからへも高品質の音声コールを提供できます。予備の電話、在宅勤務用デバイス、または主要な卓上電話として使用できます。

Cisco Unified Communications Manager に登録すると、Cisco IP Communicator で、自動転送、呼の転送、電話会議への参加者の追加など、Cisco Unified IP Phone のすべての機能を利用できます。また、Cisco Unified Communications Manager に登録された Cisco IP Communicator は、他の Cisco Unified IP Phone と同様にプロビジョニングできるので、電話の管理がきわめて簡素化されます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5475/index.html

Cisco Unified Application Environment

Cisco Unified Application Environment では、企業のアプリケーションおよびデータに音声とビデオを統合するアプリケーションを迅速に開発し、信頼性の高い方法で実行し、管理を自動化できます。この製品スイートには、以下が含まれています。

Cisco Unified Application Designer ― 開発者は、グラフィカルな通信ビジネス ロジック キャンバス上に、あらかじめ組み込まれている機能をドラッグ アンド ドロップするだけでアプリケーションを視覚的に構築し、グラフィカル機能により関連パラメータを視覚的にアップデートできます。

Cisco Unified Application Server ― テレフォニー プロトコルの煩雑さを除去し、Cisco Unified Communications Manager を保護するためにコア コール ルーティングからアプリケーション ロジックを分離し、企業のすべてのユニファイド コミュニケーション アプリケーションの標準管理方法を提供します。

Cisco Unified Media Engine ― Cisco Unified Application Designer の機能を使用して構築したすべてのアプリケーションに対して、Interactive Voice Response(IVR; 自動音声応答)、電話会議、トランスコーディング、Text-To-Speech(TTS)、音声認識、スピーカー確認など、すぐに使用できる高度なメディア処理機能を提供します。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6789/Products_Sub_Category_Home.html

Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified Communications Manager ソフトウェアは、Cisco Unified Communications Systemの呼処理コンポーネントです。Cisco Unified Communications Manager は、企業のテレフォニー特性および機能を、IP フォン、メディア処理デバイス、VoIP ゲートウェイ、およびマルチメディア アプリケーションなどのパケット テレフォニー ネットワーク デバイスにまで拡張します。また、Cisco Unified Communications Manager のオープン テレフォニー API を使用して、ユニファイド メッセージング、マルチメディア会議、コラボレーティブ コンタクト センター、およびインタラクティブ マルチメディア応答システムなどの追加サービスも実装できます。Cisco Unified Communications Manager が提供する統合音声アプリケーションおよびユーティリティ スイートには、Cisco Unified Communications Manager Attendant Console、アドホック会議アプリケーション、Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Tool、Cisco Unified Communications Manager CDR Analysis and Reporting Tool、Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool、および Cisco Unified Communications Manager Assistant アプリケーションが含まれています。

Cisco Unified Communications Manager のダイヤル プランでは、次の機能を実行できます。

発信者の物理的な位置情報に基づいて呼を転送する。

発信側番号および着信側番号を、International Telecommunications Union(ITU; 国際電気通信連合)E.164 勧告に記述されているグローバル形式で表示する。

ユーザへの呼を、ローカルのダイヤリング方式に基づいて提示する。

外部ネットワーク(PSTN など)への呼を、発信側番号、着信側番号、およびそれぞれの番号タイプのローカル要件に適合した方式で定義する。

発信側番号のディジットと番号タイプに基づいて、ゲートウェイからの着信呼の発信側番号をグローバル形式に変換する。

Cisco Attendant Console

Cisco Unified Communications Manager は、3 種類の Cisco Attendant Console をサポートしています。

Cisco Unified Communications Manager Attendant Console(AC) ― Cisco Unified Communications Manager のネイティブ AC

Cisco Unified Business Attendant Console ― ARC Console の OEM バージョン

Cisco Unified Department Attendant Console ― ARC Console の OEM バージョン

Cisco Attendant Console は、従来の Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)テレフォニー機能に、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)ディレクトリなどの高度な IP テレフォニー アプリケーションとサービスを統合します。Cisco Unified Communications Manager Attendant Console により、ユーザはシステム上のすべての回線の状態を監視して、呼を効率的に処理できます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps555/index.html

Cisco Unified Communications Manager Express

Cisco Unified Communications Manager Express は、電話数が 240 までの中小企業および自立した小規模なブランチ オフィス向けに幅広いの IP テレフォニー機能を提供する、エントリレベルの呼処理システムです。

IP 電話のファイルと設定はすべて、単一のシスコ サービス統合型ルータまたは新しい Unified Communications 500 シリーズ ルータによって社内で保管され、費用対効果と信頼性に優れた方法で IP コミュニケーション ソリューションを実装できます。Cisco Unified Communications Manager Express のハードウェアおよびソフトウェアはすべて、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony と完全に互換性があるので、投資を有効活用でき、スケーラビリティを確保できます。

Cisco Unified Communications Manager Express は、単一ネットワーク上にキー システムおよび PBX 操作モードを提供するとともに、次のような業界固有の機能を備えています。

シスコ ルータに接続したローカル IP フォンおよびアナログ電話機の呼処理

アナログ電話機の SCCP モード、サポート対象の Cisco Unified IP Phone による Session Initiation Protocol(SIP)回線側サポート、信頼性の高い PSTN インターフェイスのセット

発信側の名前および番号情報による WAN 上での通話の転送、および音声圧縮による WAN 使用帯域幅の削減

ボイスメール、自動応答機能、IP ベース XML、および Telephony Application Programming Interface(TAPI)アプリケーションなど、周辺サービスのサポート

Cisco Unified CallManager および Cisco Unity Express との相互運用性

シスコ ルータ上のソフトウェアの簡単な設定変更により、システムを可用性および耐障害性の高いゲートウェイに変換し、Cisco Unified Communications Manager の集中型配置によってリモート サイトで SRST 以上の機能をサポート

Cisco Unified Communications Manager Express 環境のシステム管理機能には、次の利点があります。

関連質問への応答プロンプトが表示される Quick Configuration Tool(QTC)により、Cisco Communications Manager Express の初期インストレーションを簡単に実行できる。

Cisco IOS ソフトウェアの CLI(コマンドライン インターフェイス)を使用して、日常の管理業務およびリモートのトラブルシューティングを実行できる。

技術者でなくても使用できるように設計された単一の Web ベース GUI を使用して、システムと統合ボイスメールにユーザ、電話機、内線番号を追加したり、設定を変更したりできる。

Cisco Monitor Manager および Cisco Monitor Director を使用して監視できる。

Cisco Configuration Agent(CCA)を使用して、設定作業ができる。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps4625/index.html

Cisco Unified Communications Manager Business Edition

Cisco Unified Communications Manager Business Editionは、中規模企業を対象とした Cisco Unified Communications Systemの呼処理、モビリティ、およびメッセージング コンポーネントです。低コストの単一の Media Convergence Server 上に、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Mobility、および Cisco Unity Connection の機能が統合されています。

Cisco Unified Communications Manager Business Editionは、1 つの主要サイトと 5 つまでのリモート サイトで 150 ~ 500 ユーザをサポートすることを前提に設計されています。また、Cisco Unified Communications Manager Business Editionの自律システム単位で、最大 575 の SCCP または SIP IP フォン、またはビデオ エンドポイントをサポートします。アプリケーションはサーバ上にあらかじめロードされているので、インストレーションは簡単です。アプリケーションの管理はすべて、統合インターフェイスで実行できます。

Cisco Unified Communications Manager Business Editionは、企業ディレクトリの同期をサポートしています。この機能により、LDAP 統合を使用して、Cisco Unified Communications Manager Business Editionを既存の企業ディレクトリと同期できます。これにより、企業ディレクトリのユーザをCisco Unified Communications Manager Business Editionのデータベースに自動的にプロビジョニングできるので、管理者が保守するのは単一のディレクトリだけです。したがって、企業ディレクトリに変更が生じるごとに、Cisco Unified Communications Manager Business Editionの重要なユーザ情報を手動で追加、削除、変更する必要はありません。また、単一のサインオン機能を使用してエンドユーザを認証できるので、ネットワーク上のパスワード数が削減されます。

Cisco Unified Contact Center Enterprise

Cisco Unified Contact Center Enterprise は、フル機能の分散型コンタクト センター インフラストラクチャを提供し、顧客をセグメント化し、リソースの利用状況を監視して、問い合わせを最適なリソースに配信します。また、着信/発信の音声アプリケーションに、リアルタイム チャット、Web コラボレーション、E メールなどのインターネット アプリケーションを統合する VoIP コンタクト センター ソリューションが提供されます。Cisco Unified Contact Center Enterprise は、プレルーティングおよびポストルーティング機能を提供する Unified Intelligent Contact Management Enterprise、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified IP IVR、および Cisco Unified Customer Voice Portal で構成されています。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/custcosw/ps1844/index.html

Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Unified Contact Center Express は、企業の各部門、支店、または中小企業を対象に、簡単に配置して使用できる最大 300 エージェントまでの洗練されたカスタマー コミュニケーション管理を提供します。また、着信/発信の音声アプリケーションに、リアルタイム チャット、Web コラボレーション、E メールなどのインターネット アプリケーションを統合する VoIP コンタクト センター ソリューションが提供されます。プレゼンス情報を提供する場合は、Cisco Agent Desktop(CAD)に Cisco Unified Presence を統合できます。これらのアプリケーションは、統合セルフサービス アプリケーションにより、多数のサイトでバーチャル コンタクト センターを安全にサポートします。さらに、強力なエージェント ベースのアシスト サービスと完全統合セルフサービス アプリケーションのサポート、分散型 Automatic Call Distributor(ACD; 自動着信呼分配装置)、IVR、Computer Telephony Integration(CTI; コンピュータ/テレフォニー インテグレーション)、およびエージェントとデスクトップのサービスが提供されます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/custcosw/ps1846/index.html

Cisco Unified Expert Advisor

Cisco Unified Expert Advisor は、Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise を配置する場合のオプションのコンポーネントです。呼を、旧来のコンタクト センター エージェントに加え、エキスパート アドバイザーに転送できます。エキスパート アドバイザーと旧来のエージェントとの相違は、エキスパート アドバイザーの主要な職務が電話への応答ではないことです。またアドバイザーは席を離れていることも多く、異なる時間に異なる番号で到達できます。エキスパート アドバイザーは企業の一部ですが、通常はコール センターの一部ではありません。アドバイザーは、呼を受信した旧来のエージェントがアドバイザーに相談したい場合にのみ関与します。エージェントは、企業のビジネス方針によって許可されていれば、アドバイザーに連絡して、呼を転送できます。ただし、エキスパート アドバイザーは、旧来のエージェントが指名したり、問い合わせてきた顧客が直接指名したりできるので、旧来のコンタクトセンターが不要になり、外部発信者が企業メンバーに直接到達できることになります。したがって企業は、コール センターから企業内の特別に指定されたエキスパート アドバイザーへの到達を許可するビジネスモデルを構築できます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/custcosw/ps1844/index.html

Cisco Unified Customer Voice Portal

Cisco Unified Customer Voice Portal は、セルフサービス IVR 機能を備えたコール管理/コール トリートメント ソリューションです。発信者は、複雑な問題に対して最適な回答を得ることができるので、ライブ エージェントと通信せずに業務を処理できます。

Cisco Unified Customer Voice Portal には、エージェント キューイングおよびマルチサイト コール スイッチング機能のサポートが含まれています。標準的なインターネット テクノロジーにより、複数のロケーション間で呼を転送する場合でも、スムーズに対応できます。Cisco Unified Intelligent Contact Management および Cisco Unified Contact Center 製品のサポートにより、Cisco Unified Customer Voice Portal で、独自のパーソナライズされた対応が可能な包括的なカスタマー コンタクト戦略の一環として、セルフサービスを提供できます。

Cisco Unified Customer Voice Portal は、バックエンド データおよびビジネス ルールと簡単に統合できる、Web 上で使用可能なスピーチ対応アプリケーションおよびタッチトーン アプリケーションをサポートしています。標準の Java 2 Platform Enterprise Edition(J2EE)とVoice Extensible Markup Language(VoiceXML)、および(Web アプリケーション構築用 Exlipse 標準に準拠した)ポータルのグラフィカル開発ツールを使用することで、複雑な音声アプリケーションを費用対効果に優れた方法で迅速に開発できます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/custcosw/ps1006/index.html

Cisco Unified IP Phone

Cisco Unified IP Phone は、IP ネットワーク上で音声通信を提供するフル機能搭載の電話機です。デジタル ビジネス電話機と同様に機能し、電話の発信と受信に加え、ミュート、保留、転送、短縮ダイヤル、自動転送などの機能を使用できます。また、Cisco IP Phone はデータ ネットワークに接続するので、ネットワーク情報やサービスへのアクセス、カスタマイズ可能な機能やサービスなど、拡張 IP テレフォニー機能が提供されます。また、ほとんどの IP Phone モデルで、ファイル認証、デバイス認証、シグナリング暗号化、メディア暗号化などのセキュリティ機能がサポートされます。

Cisco Unified Communications Systemは、次の Cisco Unified IP Phone モデルをサポートします。

Cisco Unified SIP Phone 3911 ― 電話の使用者が限定されない公共スペース、ロビー、作業場、倉庫などに適しています。単一回線(DN)用で、固定機能ボタン、2×24 文字ディスプレイと 2 つのメニュー選択ボタン、2 方向のスクロール ボタンが付いています。Cisco Unified SIP Phone 3911 には、IEEE 802.3af Power over Ethernet(PoE)、またはオプションの電源アダプタを使用したローカル電源から電力を供給できます。

Cisco Unified IP Phone 7902G ― 電話の使用者が限定されない公共スペース、ロビー、作業場、倉庫などに適しています。単一回線(DN)用で 4 つの固定機能ボタンがありますが、ディスプレイは付いていません。基本的なセキュリティ機能、および複数の電源オプションが提供されています。

Cisco Unified IP Phone 7905G/7906G ― 電話の使用頻度が低~中程度で、電話機に接続する PC を所有していないユーザに適しています。単一回線(DN)用で、4 つのダイナミック ソフトキーとピクセルベースのディスプレイがあり、XML サービスをサポートしています。セキュリティ機能、および 7906G上の IEEE 802.3af 電源を含む複数の電源オプションを備えています。

Cisco Unified IP Phone 7910G および 7910G+SW ― Cisco Unified IP Phone 7910G は、単一回線用で、スピーカーは一方向の受信モードだけで動作します。また、Cisco Unified IP Phone 7910G には、エンドユーザに各種のコール機能を提供できるように、管理者がカスタム電話ボタン用テンプレートで設定できる 6 つの機能アクセス キーがあります。この電話モデルには 6 つの機能アクセス キーしかないので、1つの電話ボタン用テンプレートでエンドユーザにすべてのコール機能を提供することはできません。Cisco Unified IP Phone 7910G および 7910G+SW は両方とも SCCP をサポートしていますが、SIP はサポートしていません。Cisco Unified IP Phone 7910G と 7910G+SW の唯一の違いは、7910G には 1 つの 10 Base-T イーサネット ポートがあるのに対して、7910G+SW には 2 つの 10/100 Base-T イーサネット ポートがあることです。

Cisco Unified IP Phone 7911G/7912G ― 電話の使用頻度が低~中程度で、電話機に接続する PC を所有しているユーザに適しています。単一回線(DN)用で、イーサネット スイッチと PC ポート、4 つのダイナミック ソフトキー、ピクセルベースのディスプレイがあり、XML サービスをサポートしています。セキュリティ機能、および 7911G上の IEEE 802.3af 電源を含む複数の電源オプションを備えています。

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920G(IEEE 802.11b ワイヤレス IP フォン) ― 最大 6 回線をサポートし、セキュリティ機能、XML サービス、および多数のテレフォニー機能をサポートしています。

Cisco Unified Wireless IP Phone 7921G(IEEE 802.11a/b/g ワイヤレス IP フォン) ― 最大 6 回線をサポートし、拡張セキュリティ機能、XMLサービス、多数のテレフォニー機能に加え、フルカラー ディスプレイと組み込みスピーカーフォンを備えています。セキュリティ、QoS 機能、および IEEE 802.11a、b、g 標準を含む複数の出力オプションが提供されているので、2.4 ~ 5 GHz 帯域で 7921G を使用できます。

Cisco Unified IP Phone 7931G ― 使用頻度が中程度の小売業、商業、または製造業のユーザに適しています。24の通話ボタンにそれぞれ異なる回線を割り当てられるほか、専用の保留ボタン、リダイヤル ボタン、転送ボタンと 4 つのソフトキーを備えています。また、高品質スピーカーフォン、組み込みヘッドセット ポート、統合イーサネット スイッチ、および全二重スピーカーフォン、ハンドセット、およびヘッドセットのオーディオ制御をサポートしています。XML サービス、セキュリティ機能、複数の電源オプションもサポートされます。

Cisco Unified IP Conference Station 7936G ― 360 度に対応し、6 m × 9 m 程度の広さの部屋に適しています。単一回線(DN)をサポートし、バックライト付き LCD ディスプレイ、オプションの 2 つの拡張マイクロフォン用ポートを備えています。

Cisco Unified IP Conference Station 7937G ― 7936G の機能を拡張したモデルで、ネットワーク データ、XML アプリケーションおよび Web ベース サービスにアクセスできます。12 m x 12 m 程度の広さの会議室に適しています。IEEE 802.3af インライン パワー、ワイドバンド コーデック、国際化とローカリゼーション、IP Phone XML サービス、およびワイヤレス ラペル マイクロフォンが追加されています。

Cisco Unified IP Phone 7940G/7960G ― 取引関係の作業者の要件に適しています。7940G は、2 回線(DN)または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせをサポートします。7960G は、6 回線または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせをサポートします。また、大型 LCD ディスプレイ、プログラム可能な通話ボタンと機能ボタン、ダイナミック ソフトキー、高品質スピーカーフォン、組み込みヘッドセット ポート、統合イーサネット スイッチ、および全二重スピーカーフォン、ハンドセット、およびヘッドセットのオーディオ制御をサポートしています。XML サービス、セキュリティ機能、複数の電源オプションもサポートされます。

Cisco Unified IP Phone 7941G/7941G-GE/7961G/7961G-GE ― Cisco Unified IP Phone 7940G/7960G と同様の機能を備えているほか、高解像度グレースケールのピクセルベース LCD および IEEE 802.3af 電源が追加されています。7941G/7941G-GE は、2 回線(DN)または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせをサポートします。7961G/7961G-GE は、6 回線または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせをサポートします。GE モデルは、PC またはデスクトップ サーバを統合できるギガビット イーサネット ポートを備えています。

Cisco Unified IP Phone 7942G/7962G ― 高度な業務用として管理者および役員が使用する場合に適しています。高品質なワイドバンド オーディオ(G.722/TIA920 準拠)をサポートし、高解像度 4 ビット グレースケール ディスプレイを備えています。

Cisco Unified IP Phone 7945G/7965G/7975G ― 高機能の業務用として管理者および役員が使用する場合に適しています。高品質のワイドバンド オーディオ(G.722/TIA920 準拠)をサポートし、バックライト付き TFT カラー ディスプレイ、統合ギガビット イーサネット スイッチ、および 4 方向ナビゲーション パッドと選択ボタンを備えています。

Cisco Unified IP Phone 7970G/7971G-GE ― 管理者および役員が使用する場合に適しています。バックライト付き高解像度カラー タッチスクリーン ディスプレイを備えています。最大 8 つの電話回線または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせ、ハンズフリー スピーカーフォン、組み込みヘッドセット接続、および多数のテレフォニー機能をサポートしています。セキュリティ機能、および IEEE 802.3af 電源を含む複数の電源オプションを備えています。GE モデルには、ギガビット イーサネット ポートが含まれています。

Cisco Unified IP Phone 7975G ― Cisco Unified IP Phone 7975G は、7971G-GE と同様に、最大 8 つの電話番号および 2 つの 10/100/1000 Base-T イーサネット接続をサポートしています。ただし、7971G-GE と異なり、7975G は G.722 ワイドバンド コーデックおよび高性能スピーカー、マイクロフォン、およびハンドセットを備えています。また、7975G にはタッチスクリーン カラー ディスプレイが付いています。

Cisco Unified IP Phone 7985G ― Cisco Unified IP Communications ソリューションに対応したパーソナル デスクトップ ビデオフォンです。カメラ、LCD スクリーン、スピーカー、キーパッド、ハンドセットなど、ビデオ コールに必要なすべてのコンポーネントが提供されています。単一回線(DN)用で、バックライト付き高解像度カラー ビデオ ディスプレイを備えています。ハンズフリー スピーカーフォン、高品質音声コーデック、組み込みヘッドセット接続、および多数のテレフォニー機能がサポートされます。セキュリティ機能、および IEEE 802.3af 電源を含む複数の電源オプションを備えています。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/phones/ps379/index.html

Cisco Unified MeetingPlace

Cisco Unified MeetingPlace は、音声、ビデオ、および Web コラボレーション機能を統合する完全なリッチメディア会議ソリューションです。あらゆる場所から、いつでも参加できるので、日常のコミュニケーションに Web、音声、およびビデオによる会議を簡単に統合できます。

Cisco Unified MeetingPlace では、直感的なインターフェイスを使用して、会議のセットアップ、参加、および管理を行うことができます。Cisco Unified IP Phone、インスタント メッセージング クライアント、Web ブラウザ、および Microsoft Outlook と Lotus Notes のカレンダーを使用して、1 回の手順で、すぐにまたはそれ以降に開始する音声、ビデオ、および Web 会議をセットアップし、参加できます。会議の参加者は、単一のブラウザ インターフェイスから、音声、ビデオ、および Web 会議を完全に制御できます。

Cisco Unified MeetingPlace は、ファイアウォールで保護された「ネットワーク上」に配置し、企業のプライベートな音声/データ ネットワークおよびコラボレーティブ アプリケーションに直接統合できます。この配置では、企業の IP ネットワーク インフラストラクチャを使用するので、サービス プロバイダーに支払う通信料が削減され、コストを削減できます。また、ネットワーク上に配置することにより、外部の関係者と柔軟に通信しながら、企業内の会議機密をファイアウォールで保護することによって隔離できるので、安全な会議環境を構築できます。不正アクセスおよび通信料詐欺を防ぐには、Cisco Unified MeetingPlace に企業ディレクトリを統合して、社員のステータス変更を同期アップデートします。

Cisco MeetingPlace は社内に配置することも、オフサイトでホスティングすることもできます。また、社内で管理するほか、管理のアウトソーシングも可能です。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/index.html

Cisco Unified MeetingPlace Express

Cisco Unified MeetingPlace Express は、中規模企業を対象にした音声、ビデオ(最大 150 の同時ビデオ ユーザ)、および Web 統合型の会議ソリューションです。電話またはビデオと Web ブラウザを使用して、任意の場所から、いつでも通信でき、会議に参加できます。Cisco MeetingPlace Express は、Web および Cisco Unified IP Phone インターフェイスに、会議用の管理機能と制御機能を直接統合します。ユーザは、Micorosoft Outlook、Web ブラウザ、電話機、内蔵 IP フォン アプリケーションなど、さまざまなインターフェイスを使用して会議を簡単にセットアップできます。

Cisco Unified MeetingPlace Express は、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manage Express を含む広範囲のテレフォニー システムとの接続を確保するために、業界標準プロトコルをサポートしています。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6533/index.html

Cisco Unified Mobility

Cisco Unified Mobility は、Cisco Unified Communications Manager のユーザに対して、すべてのビジネス コールを単一の企業 IP フォン番号に統合するための機能を提供します。Cisco Mobile Connect サービスを使用すると、モバイル社員は、着信ビジネス コールを卓上の IP フォンと携帯電話の両方、または他のリモートの電話番号に転送できます。一方、Cisco Mobile Voice Access および Cisco Enterprise Feature Access 2-Stage Dialing では、携帯電話または他のリモートの宛先電話から、卓上の IP フォンからかけているかのようにビジネス コールを発信できます。Cisco Mobile Connect、Cisco Mobile Voice Access、および Enterprise Feature Access 2-Stage Dialing をサポートするために、Cisco Unified Mobility は、Cisco Unified Communications Manager に組み込まれている Web ベースのシステム管理とユーザ設定機能を使用します。これにより、企業のモバイル社員は以下の機能を利用できるようになります。

Cisco Unified Mobility には、次の機能が含まれています。

同時デスクトップ呼び出し

卓上電話のピックアップ

携帯電話またはリモート宛先でのピックアップ

Cisco Mobile Connect コールのセキュリティおよびプライバシー

Mobile Connect コールを許可または拒否するアクセス リスト

IVR ベースでシステムにリモート アクセスし、発呼時にユーザ ID および Personal Identification Number(PIN)を隠蔽する Cisco Mobile Voice Access

単一の企業ボイス メールボックス

発信者 ID

システム管理者が制御できるユーザ プロファイル アクセス

リモート オン/オフ制御

呼の追跡

Cisco Enterprise Feature Access 2-Stage Dialing

通話中の機能(保留、再開、転送、会議、ダイレクト コール パーク)

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6567/index.html

Cisco Unified Mobile Communicator

Cisco Unified Mobile Communicator は、Cisco Unified Mobility Advantage ソフトウェアを実行しているサーバと併用するグラフィカル クライアントで、携帯電話の機能にアクセスして制御するための豊富なユーザ インターフェイスを提供します。システムを既存の企業 LDAP ディレクトリに統合することにより、ユーザは 1 つのクレデンシャル セットをすべてのデバイスに対して使用できます。さらに、Unified Mobile Communicator と Unified Mobility Advantage 間のトラフィックはすべて、Secure Socket Layer(SSL)プロトコルによって保護されます。Cisco Unified Mobile Communicator を使用すると、企業外を移動している社員が、各自のモバイル機器を利用して、企業内の各種ユニファイド コミュニケーション アプリケーションにアクセスできるようになります。具体的には、次の機能を利用できます。

企業および個人のディレクトリへのアクセス

社内とのプレゼンス情報および連絡先情報の同期

企業ボイスメールへのビジュアル アクセス

卓上電話の通話履歴の確認(応答できなかった呼、発信/着信呼)

安全なテキストメッセージングのストアアンドフォワード

会議通知の受信

Cisco Unified CM によるオフィス経由での発信

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7271/index.html

Cisco Unified Messaging Gateway

Cisco Unified Messaging Gateway は、ユニファイド メッセージング ネットワーク内でインテリジェントにメッセージをルーティングし、登録者情報やディレクトリ情報を交換するためのオープンで安全な方法を提供します。シスコ ユニファイド メッセージング ソリューションのネットワークの中央ハブとして、さらに従来のボイスメール システムと通信するサードパーティ ゲートウェイとして機能します。

Cisco Unified Messaging Gatewayは、次の機能を提供します。

必要に応じて、支店の顧客や大企業の支社にまで、ユニファイド メッセージング ネットワークを拡張

ボイスメール システムの集中管理

既存のボイスメール システムへの Cisco Unified Communications ソリューションの透過的な統合

5 つ以上の Cisco Unity Express システム、および最大 10,000 の Cisco Unity Express、Cisco Unity、および Cisco Unity Connection が混在するシステムでの、さまざまな規模のユニファイド メッセージング環境の統合

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps8605/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Unified Personal Communicator

Cisco Unified Personal Communicator は、多様なコミュニケーション アプリケーションとサービスを単一のデスクトップ コンピュータ アプリケーションとして統合します。音声(Cisco Unity または Unity Connection)、ビデオ(Cisco Unified Videoconferencing)、Web 会議(Cisco Unified MeetingPlace または MeetingPlace Express)、コール管理(Unified CM)、ディレクトリ(LDAP)、プレゼンス(Unified Presence)情報など、各種のコミュニケーション ツールにアクセスできます。Cisco Unified Personal Communicator には、コミュニケーションを円滑化し、コラボレーションを容易にする、使いやすいインターフェイスが提供されています。Cisco Unified Personal Communicator により、ユーザは実質的にいつでも、どこからでも通信でき、必要に応じて通信方法を簡単に拡張できます。

Cisco Unified Personal Communicator は、Desk Phone モード(ユーザの卓上電話の CTI 制御によるクリック to コール)または Soft Phone モード(ソフトウェア クライアント操作)で使用でき、Apple Macintosh および Microsoft Windows プラットフォーム上でサポートされます。

詳細については、次の URL を参照してください。

www.cisco.com/go/unifiedpersonalcomm

Cisco Unified PhoneProxy

Cisco Unified PhoneProxy は、Cisco IP Phone または Cisco IP Communicator と Cisco Unified Communications Manager 間のすべての SCCP、RTP、HTTP、および TFTP 通信を透過的に代行するアプリケーション レイヤ ゲートウェイとして動作すると同時に、これらのエンドポイントからの Cisco Unified Communications Manager 情報を不明瞭化します。セキュア SCCP およびセキュア RTP の両方をサポートし、IP フォンを使用するユーザを認証する Web アプリケーションが組み込まれているため安全性が確保されます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7057/index.html

Cisco Unified Presence

Cisco Unified Presence は、SIP テクノロジーを実装することにより、企業環境で新しい音声サービスをサポートします。SIP は、セッション確立のための主要な一連の処理を提供し、各種の機能とサービスを制御することによって、音声ネットワークを拡張します。また、Cisco Unified Presence は、主要な SIP サポートに加え、SIMPLE(SIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions)テクノロジーを使用して、Instant Messaging(IM; インスタント メッセージング)およびプレゼンスをサポートします。

Cisco Unified Presence は、SIP プレゼンス エンジンと SIP プロキシ機能で構成されます。プレゼンス エンジンは、ユーザのプレゼンス情報(通話中、アイドル、外出、または対応可能)およびユーザの対応機能情報(音声、ビデオ、インスタント メッセージング、Web コラボレーションのサポートの有無)を収集し、各ユーザのデータをレポジトリに蓄積します。このレポジトリは、各ユーザが使用しているアプリケーションおよび機能によってアクセスできます。ユーザは、固有のユーザ ルールおよびプライバシーを設定して、特定のアプリケーションおよびユーザだけにプレゼンス情報へのアクセスを許可できます。SIP プロキシ機能は、企業内のプレゼンス情報および一般的な SIP メッセージングを効率的かつ正確にルーティングします。

Cisco Unified Presence は、各種のデスクトップ クライアントおよびアプリケーションと統合できます。Cisco Unified Personal Communicator と統合すると、クリック to ダイヤルと電話管理、および音声/ビデオ/Web コラボレーションなどの機能を実行できます。また、Cisco Unified Presence は、Cisco Unified Communications Manager に接続された Cisco Unified IP Phone に対して、主要な IM サービスを提供します。さらに、Cisco Unified Presence は、Microsoft Live Communications Server(LCS) 2005、Microsoft Office Communications Server(OCS) 2007、Microsoft Office Communicator クライアントとの相互運用をサポートしているので、Cisco Unified Communications Manager 上でサポートされる Cisco Unified IP Phone で特定の Office Communicator 機能を使用できます。Cisco Unified Presence の SIP および SIMPLE インターフェイスにより、任意の SIP/SIMPLE 標準ベースのアプリケーションまたはサービスに、プレゼンスおよび呼制御の付加価値機能を提供することもできます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6837/index.html

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony

Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)を併用すると、簡単に配置、管理、保守が可能な費用対効果に優れたソリューションによって可用性の高い IP テレフォニーをリモート ブランチ オフィスに拡張できます。SRST 機能は、Cisco ISR 1800、2800、および 3800 で実行する Cisco IOS ソフトウェアに組み込まれています。

SRST ソフトウェアは、ブランチ オフィスにおける Cisco Unified Communications Manager と IP フォン間の接続障害を自動的に検出します。障害が検出されると、影響のあるオフィスの IP フォンと PSTN アクセスに対して呼処理のバックアップ冗長性を提供するために、SRST は Cisco ISR 2800/3800 シリーズの自動設定を開始します。障害中は重要な電話機能を正常に保持するために、ルータが基本的な呼処理サービスを提供します。Cisco Unified Communications Manager との接続が復旧すると、呼処理機能は Cisco Unified Communications Manager のプライマリ クラスタに自動的に戻ります。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2169/index.html

Cisco Unified Video Advantage

Cisco Unified Video Advantage は、Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズおよび Cisco IP Communicator に、ビデオ テレフォニー機能を実装します。Cisco Unified Video Advantage ソフトウェアとビデオ テレフォニー用 USB カメラの Cisco VT Camera II で構成されます。システム管理者は、電話機の音声コールのプロビジョニングと同様に、Cisco Unified IP Phone に Cisco Unified Video Advantage をプロビジョニングします。ユーザは、特別な操作をしなくても、通常の電話インターフェイスにより Cisco Unified IP Phone 上で呼を発信および受信するだけで、ユーザの PC にビデオ ディスプレイを表示できます。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5662/index.html

Cisco Unified Videoconferencing

Cisco Unified Videoconferencing は、企業のテレビ会議アプリケーション向けに、信頼性が高く、管理が簡単で、柔軟性と費用対効果に優れたネットワーク インフラストラクチャを提供します。単一インフラストラクチャに従来型と IP ベースの会議室システムを統合できるほか、Cisco Unified Videoconferencing ソリューションによりビデオ対応テレフォニー エンドポイントおよびリッチ メディア アプリケーションが提供されるので、参加者はリアルタイムでコラボレーションと、情報の共有ができます。Cisco Unified Videoconferencing は、簡単なダイヤリング オプション、一連のダイナミック レイアウト、および多数の会議中制御機能を備えています。また、Cisco Unified Videoconferencing は、各種の形式、速度、機能を備えた H.323、H.320、SIP、および SCCP ビデオ エンドポイントをサポートします。

Cisco Unified Videoconferencing 製品ファミリには、Cisco Unified Videoconferencing MCU 3515、3522、3527、および 3545 があります。これらの製品は、Cisco IOS ゲートキーパーおよびゲートウェイと併用します。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/video/ps1870/index.html

Cisco Unity

Cisco Unity は、あらゆる規模の企業に対応するように設計されたメッセージング プラットフォームです。ユニファイド メッセージング(E メール、音声、ファックスのメッセージを 1 つのメールボックスで受信)、およびフル機能のボイスメールが提供されます。Cisco Unity を従来型 TDM PBX および Cisco Unified Communications Manager と相互運用することにより、既存のインフラストラクチャを有効利用しながら IP テレフォニーに移行できます。

Cisco Unity の主要機能は、次のとおりです。

Outlook または Lotus Notes デスクトップ クライアントを統合できる。

電話インターフェイス(TUI)による DTMF ベースのメッセージ管理。直感的なインターフェイスにより、従来の電話機を使用してメッセージのアクセス、作成、応答、転送ができ、メールボックス機能を管理して、カスタマイズできる。

Web ベースのデスクトップ インターフェイスにより、メールボックス機能の管理およびカスタマイズができ、PC から直接音声メッセージにアクセスできる。

Text-to-speech(TTS)により、電話で E メール メッセージを確認できる。

Exchange または Lotus Domino を統合し、1 つの場所にすべてのメッセージを保管して、管理できる。

共通の Active Directory または Lotus Domino Directory に Unity Digital Networking を統合することにより、異なるサイトの異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間でメッセージをシームレスに交換できる。

Blackberry または Treo デバイスを使用し、ユニファイド メッセージング登録者にモバイル メッセージ アクセスを提供できる。

Cisco FAX Server のサポートまたはサードパーティ ファックス ベンダーとの統合により、1つのユニファイド メールボックスにファックス メッセージを送信できる。

アナログ DTMF、シリアル SMDI、またはデジタル設定エミュレーションを使用して、広範囲の従来型 TDM PBX システムを相互運用できる。

AMIS、VPIM、または Cisco Unity Bridge(Octel ノード エミュレーション対応)を使用して、広範囲の従来型音声メッセージング システムを相互運用できる。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/index.html

Cisco Unity Connection

Cisco Unity Connection は、中小規模の企業や支社にメッセージング機能を提供します。直感的な電話インターフェイス、音声対応のメッセージ ナビゲーション、デスクトップ PC からのメッセージへの直接アクセスが提供されます。Cisco Unity Connection は、Cisco Unified CallManager、Cisco Unified CallManager Express、および各種の従来型 PBX モデル(PIMG を使用)と統合することにより、各種の配置モデルおよび構成で使用できます。

Cisco Unity Connection の主要機能は、次のとおりです。

音声対応のメッセージ ナビゲーション(再生、削除、応答、転送など)

他のシステム ユーザへの音声対応ダイヤリング

Unity Inbox Web クライアントによるデスクトップ メッセージング

IMAP ベース E メール クライアントによるデスクトップ メッセージング

発信者、日時、Outlook カレンダーのステータス、その他のパラメータに基づいて呼を転送できるパーソナル呼転送ルール

電話で Exchange の E メールを確認できる Text-to-speech(TTS)

ポケットベル、SMS 電話、その他の機器へのメッセージ通知

自動応答機能

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/index.html

Cisco Unity Express

Cisco Unity Express は、Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express 環境の中小規模のブランチ オフィスに、エントリレベルの統合ボイスメール/自動応答サービスを提供します。Cisco Unified Communications Manager 環境では、Cisco Unity Express によりボイスメールのローカル ストレージと処理、および自動応答サービスが提供されるので、ブランチ オフィスの WAN 帯域幅および QoS の問題が緩和されます。Cisco Unified Communications Manager Express と併用した場合には、Cisco Unity Express により、最大 10 の Cisco Unified Communications Manager Express サイトに対応した集中型ボイスメール ソリューション、および日常の業務に対応した主要な電話機能が提供されるほか、従来のキー システムおよびハイブリッド PBX により提供されていた各種の電話機能がサポートされます。

Cisco Unity Express の音声メッセージングおよび自動応答サービスは、次の主要機能を備えています。

複数サイト間のネットワーキング ― Voice Profile for Internet Mail version 2(VPIMv2)により、ネットワーク化メッセージと用の Non-Delivery Record(NDR)ブラインド アドレスを使用した、Cisco Unity Express サイト間および Cisco Unity Express と Cisco Unity 間のボイスメール メッセージングの相互運用性がサポートされます。

配信リスト ― 複数の登録者にメッセージを送信する場合、ローカルおよびリモート ユーザのパブリック/プライベート配信リストを作成できます。

ブロードキャスト メッセージ ― 特権のある登録者は、ネットワーク上の全ユーザに対してメッセージを送信できます。

パスワードおよび PIN 長の柔軟性 ― ネットワーク管理者は、ネットワーク セキュリティを強化するために、パスワードおよび Personal Identification Number(PIN)の最小限の長さおよび最大使用回数を設定できます。

SNMP MIB サポート ― ネットワーク管理者は、Cisco Unity Express システムの状態およびパフォーマンスをリモートで監視できます。

着信メッセージの発信者 ID 情報のサポート ― 新規の着信ボイスメール メッセージのメッセージ エンベロープにある発信者 ID 情報を再生できます。

ローカル ディレクトリへのリモート ユーザの追加 ― ボイスメール管理者は、頻繁に発信されるリモート ユーザをローカル ディレクトリに追加できます。これにより、ローカル ユーザは、名前によるダイヤル(dial-by-name)機能を使用してリモート ユーザにボイスメール メッセージを発信し、リモート ユーザのアドレスを音声名で確認できます。

音声メッセージの削除保留 ― ボイスメールのユーザは、現在の音声メッセージ検索セッション中に削除したボイスメール メッセージを復元できます。

各種言語での音声プロンプト

Cisco Fax Server のサポート

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5520/index.html

Cisco VG224

Cisco VG224 アナログ電話ゲートウェイは、高密度 RJ21 アナログ インターフェイスに Cisco IOS ソフトウェアの管理機能を統合することにより、既存のアナログ電話機の機能を最大限に活用できる費用対効果に優れたプラットフォームを提供します。主要な利点は、次のとおりです。

アナログの電話、ファックス、モデム、およびスピーカーフォン用の高密度 24 ポート ゲートウェイ

DSP テクノロジーによるファックスおよびモデムのサポート

Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express に基づく企業の音声システム アーキテクチャの拡張

コンパクトな 19 インチ ラックマウント シャーシ

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/gatecont/ps2250/ps5627/index.html

セキュリティ コンポーネント

音声セキュリティを提供するために、Cisco Unified Communications Systemには次のコンポーネントが含まれています。

Cisco FWSM(ファイアウォール サービス モジュール)― すべてのネットワーク通信のステートを追跡し、不正なネットワーク アクセスを防止する、Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータ用の統合サービス モジュールです。レイヤ 4 ~ 7 のネットワーク フローを検証するインテリジェントなアプリケーション対応インスペクション エンジンにより、音声、マルチメディア、インスタント メッセージング、およびピアツーピア アプリケーションの保護を含む、強力なアプリケーション レイヤ セキュリティが提供されます。

Cisco ASA(適応型セキュリティ アプライアンス)― Cisco PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス、Cisco IPS 4200 シリーズ センサ、および Cisco VPN 3000 シリーズ コンセントレータの機能を統合することにより、予防的な脅威防御、ネットワーク アクティビティとアプリケーション トラフィックの管理、および VPN 接続が提供されます。

Cisco IPS(侵入防御システム) ― ワーム、スパイウェア/アドウェア、ネットワーク ウイルス、およびアプリケーション悪用などの脅威を検出し、分類し、停止する Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ用の独立型デバイス(IPS 4200)および統合サービス モジュール(IDSM)です。

Cisco NAC アプライアンス(旧 Cisco Clean Access) ― ネットワークへのアクセスを試みている感染デバイスまたは脆弱なデバイスを自動的に検出し、隔離し、修復します。ネットワークへのアクセスを許可する前に、マシンがセキュリティ ポリシーに準拠しているかどうかを判別し、検出された脆弱性を修復します。

CiscoWorks Management Center for Cisco Security Agents ― セキュリティ イベント ログを一元的に収集し、Cisco Security Agent に集中管理ポリシーまたはバージョン アップグレードを適用します。

これらのコンポーネントの詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/vpndevc/index.html#products

管理およびサービサビリティ コンポーネント

Cisco Unified Communications ソリューションには、システム全体の集中管理を支援するために、次の補完的な製品、ソリューション、およびサービスが含まれています。

Resource Management Essentials(RME) ― ネットワーク管理者が、標準 Web クライアントを使用して、ネットワーク上の任意の場所から、スイッチ、アクセス サーバ、およびルータを含むすべてのシスコ装置のステータスと設定を表示し、アップデートできるようにします。

RME では、迅速かつ信頼性の高い方法でシスコ ソフトウェア イメージを導入し、シスコ ルータおよびスイッチの設定を確認できます。

Cisco Unified Campus Manager ― ネットワーク トポロジをグラフィカルに表示し、VLAN を管理できます。

Cisco Unified Operations Manager ― Cisco Unified Communications Systemの予防的および対応的な診断機能により、包括的な監視ができます。次の機能が提供されます。

コンテキストに基づく診断を提供し、サービスに影響する障害のトラブルシューティングを実行できる組み込みルール

各要素の現在の動作状態を含め、Cisco Unified Communications Systemのリアルタイム サービスレベルの表示

ダイヤルプラン検証およびビデオ対応エンドポイントの監視のために、予防的または対応的に使用して問題を特定し、アプリケーションが正常に動作していることを確認できる、テレフォニー機能のアプリケーション レベル テスト

Cisco netManager Unified Communications ― 中規模市場の環境でデータ システムを監視できます。データ ネットワークの視覚化、監視、しきい値設定、アラート通知がサポートされます。

Cisco netManager は、Cisco Unified Communications の製品、アプリケーション、および基盤となる IP トランスポート インフラストラクチャを含め、Cisco Unified Communications System全体の管理、監視、および診断機能を提供することにより、Cisco Unified Operations Manager と同様の役割を果たします。

Cisco netManager と Cisco Unified Operations Manager の主要な違いは、Cisco netManager のネットワーク管理サービスが、中小規模のデータ/音声ネットワークを対象としていることです。Cisco netManager では、2 つの Unified Communications Manager クラスタおよび 10 の Cisco Unified Communications Manager Express サイトについて、最大 100 の Cisco Unified Communications デバイスおよび最大 1000 の Cisco Unified IP Phone を管理できます。

Cisco Unified Service Monitor ― Cisco Unified Communications ソリューションの音声品質を監視し、評価できます。次の機能が提供されます。

Cisco Unified Communications Systemでサポートされるアクティブな呼の継続的な監視。呼の音質がユーザ定義の Mean Opinion Score(MOS; 平均オピニオン評点)に満たない場合、ほぼリアルタイムで通知されます。

システムにより測定されたユーザ エクスペリエンスを示すレポート、および音質アラートに最も頻繁に関係しているエンドポイントの詳細

Cisco Unified Network Manager ― 中小規模の企業に配置されたユニファイド コミュニケーション システムの予防的監視、運用の監視、およびパフォーマンスの監視ができます。次の機能が提供されます。

ネットワーク トポロジの視覚的表示、ユニファイド コミュニケーション アプリケーションの依存関係の強調表示、およびトポロジ内での運用停止の検査および対応

配置されているすべてのデバイスおよび電話機のコンポーネントおよびステータス情報

Cisco Unified Provisioning Manager ― Cisco Unified Communications 製品のプロビジョニングおよび起動に使用します。管理者は、初回の配置および実装作業を管理し、個々の登録者用にサービス変更が必要な場合、継続的な運用のプロビジョニングおよび起動の作業を委任できます。次の機能が提供されます。

企業全体の登録者を示す単一の統合表示

Cisco Unified Communications インフラストラクチャにおける登録者サービスを管理するための、ポリシーに基づくビジネスレベルの管理

Cisco Unified Service Statistics Manager ― ユニファイド コミュニケーション システムにおける統計の管理、分析、およびレポート機能を提供します。Unified Operations Manager および Service Monitor のデータ収集機能を利用して、各種のシスコ装置およびシステム(Unified
Communications Manager、Unity、Unity Connection、Unified Communications Manager Express、Unity Express、Unified Contact Center、および Unified Contact Center Express を含む)から Cisco Unified Communications の統計情報を収集します。統計情報はデータベースに保管され、統計が分析され、レポートされます。

CiscoWorks LAN Management Solution(LMS) ― シスコ ネットワークの設定、管理、監視、およびトラブルシューティングを簡素化する管理ツール スイートです。これらのツールは、アプリケーション間でデバイス情報を共有できる統合システムを提供します。次の機能がサポートされます。

ネットワーク ディスカバリ、トポロジ表示、エンドステーション トラッキング、および VLAN 管理

ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント管理、集中型設定ツール、および syslog 監視

ネットワークの応答時間および可用性の監視とトラッキング

リアルタイムでのデバイス、リンク、およびポート トラフィックの管理、分析、レポート

IP コミュニケーション システムの現在の運用ステータス、およびネットワークのサービスレベルの表示

トラブルシューティングを支援するコンテキストに基づく診断ツール

Cisco Unified Service Monitor(配置されている場合)の収集情報に基づくサービス品質アラートの表示

ネットワーク上の IP フォンに影響する接続関連および登録関連の停止に関する最新情報、および IP フォンの識別情報の表示

IP コミュニケーションの装置および IP フォンのコンポーネントのトラッキング、IP フォンのステータス変更のトラッキング(ネットワーク上の IP フォンの移動、追加、変更を示すレポートの提供)

SNMP トラップ、syslog 通知、および E メールを使用したリアルタイム通知

リアルタイム音質監視およびリアルタイム音質アラート

ネットワーク ディスカバリ、トポロジ表示、エンドステーション トラッキング、および VLAN 管理

Cisco Unified Communication Essential Operate Service ― シスコ音声アプリケーションのハードウェアおよびソフトウェアのメンテナンスとサポートを提供します。サポートには、次の作業が含まれます。

インシデントのトラブルシューティング

インシデントの復旧

ネットワーク インフラストラクチャ装置の交換

アプリケーション ソフトウェア アップデートへのアクセス

先端手段による支援

Cisco Unified Communications Select Operate Service ― シスコ テクニカル サポートと音声アプリケーションの監視およびレポートにより、シスコの音声テクノロジーを予防的にサポートします。サポートには、次の作業が含まれます。

インシデントのトラブルシューティング

インシデントの復旧

プロビジョニング監視ソリューション

監視および通知

ネットワーク インフラストラクチャ装置の交換

アプリケーション ソフトウェア アップデートへのアクセス

先端手段による支援

Cisco Unified Communications Remote Management Service ― 音声アプリケーションおよび統合ネットワークの包括的な監視、問題の解消、日常管理などのリモート管理サービスを提供します。サポートおよび管理には、次の作業が含まれます。

IPC システムの監視

インシデントの診断

インシデントの解決に必要な復旧作業の定義

解決/修復サービス要求の管理、ソフトウェア アップデートおよびパッチの適用、またはハードウェア交換の管理を含むインシデントの解決

論理的な移動、追加、変更、および削除を含む、ネットワークの日常の運用変更

Cisco OS、Cisco Catalyst OS、およびサーバの毎日のバックアップ設定

レポート

サードパーティ機器のメンテナンス管理

Cisco Monitor Manager および Cisco Monitor Director

Cisco Monitor Manager および Cisco Monitor Director は、最大 250 ユーザの SMB 環境の Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および IP フォンを監視することにより、ネットワーク インフラストラクチャおよび Cisco ISR ベース IP テレフォニーについて、完全なネットワーク監視およびレポート ソリューションを提供します。

これらのコンポーネントの詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/netmgtsw/index.html