Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5 ユーザ ガイド
はじめに
はじめに

はじめに

Cisco Jabber

製品の概要

Cisco Jabber for iPhone and iPad を使用すると、あらゆる場所から仕事用の連絡先に連絡することができます。 Cisco Jabber を使用して、チャット、ビデオ通話や音声通話の発信、連絡先が応答可能かどうかの確認、自分が応答可能かどうかの表示、ディレクトリの検索、仕事用のボイス メッセージの再生を行います。 このアプリケーションは、iPhone および iPad で使用できます。 Cisco Jabber は App Store から入手できます。

サポートされているデバイスとオペレーティング システムのリストについては、『Cisco Jabber for iPhone and iPad リリース ノート』を参照してください。

機能


(注)  


本書で説明されている機能の一部が社内でサポートされていない場合もあります。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。


Cisco Jabber では、次のことができます。

  • 仕事用の電話番号を使用して、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークでビデオ通話と音声通話を発信および受信します。


    (注)  


    通話の音声品質は、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク接続によって異なります。 Cisco Technical Assistance Center(TAC)は、モバイル データ ネットワークまたは社外の Wi-Fi ネットワークを使用している場合の音声品質の問題はトラブルシューティングできません。


  • 仕事用の番号を使用して、モバイル ボイス ネットワークでビデオ通話と音声通話を発信します。

  • Voice over Internet Protocol(VoIP)通話用の高度な通話機能を使用して、次の操作を実行できます。

    • 通話の保留と再開

    • アクティブな通話間の切り替え

    • アクティブな通話 2 件のマージ

    • 電話会議の開始

    • セキュアな音声通話の開始

    • セキュアなビデオ通話の開始

    • URI ダイヤルによる通話の発信

    • 別の電話番号への通話の転送

    • iPhone 使用時に Wi-Fi カバレッジ領域から出てセルラー カバレッジ領域に入った場合のモバイル ボイス ネットワークへの通話ハンド オフ(iPad または iPod Touch ではサポートされません)

  • 仕事用のボイスメール システムにアクセスします。 ボイス メッセージ機能を有効にすると、メッセージのリストを表示してリストからメッセージを再生できます。

  • 社内ディレクトリを検索します。

  • 連絡先を連絡先リストとお気に入りリストに追加します。

  • 連絡先とチャットします。

  • 連絡先の応答可能ステータスを表示して、個人のステータスを設定します。

  • Cisco Jabberを使用して管理している通話の通話履歴を表示します。

  • モバイル デバイスからデスクの電話に通話を転送します。

  • インスタント Cisco WebEx ミーティングに参加するか、このミーティングを開始します。 これらの操作のどれかを実行すると、Cisco Jabber によって Cisco WebEx 会議 アプリケーションが開きます。

初めての設定

システム管理者は、簡易サインインまたは手動によるサインインのアカウントを設定できます。 サインインの手順はアカウント設定によって異なります。

はじめる前に
  • システム管理者から設定情報を入手してください。

  • (推奨)予期しない動作の原因となる競合を防止するため、その他の VoIP 通話アプリケーションを終了してください。

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence を使用する電話サービス アカウントまたはインスタント メッセージ アカウントを設定している場合は、Cisco Jabber を使用する前に社内ネットワークに接続する必要があります。

    • 社内ネットワーク内部:社内 Wi-Fi ネットワークに直接接続するようにデバイスを設定します。

    • 社内ネットワーク外部:システム管理者の指示に従い VPN 接続を設定するか、Expressway for Mobile and Remote Access 経由で接続します。

サポートが必要な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

手順
    ステップ 1   Cisco Jabber を開きます。
    ステップ 2   ライセンス契約および利用規約を読み、[許可] をタップします。
    ステップ 3   [Cisco Jabber] 画面を確認し、[今すぐ開始] をタップします。
    ステップ 4   指示されたら、サーバ証明書を確認します。

    証明書を承認してよいかどうか確信がない場合は、管理者に問い合わせてください。

    ステップ 5   username@example.com の形式でユーザ名とドメインを入力します(例:example.com)。
    ステップ 6   [続行] をタップします。
    ステップ 7   シングル サインオン アカウントを使用している場合は、OpenAM のサインイン ページが開きます。 ユーザ名とパスワードを入力してログインします。
    ステップ 8   ユーザ名とドメインが認識されると、[サインイン] 画面が表示されます。 メールのページに戻るには、[戻る] を使用します。そうでない場合は、次の手順を実行します。
    1. 指示されたら、パスワードを入力します。
    2. [サインイン] をタップします。
    3. サインインすると、Cisco Jabber が開きます。
    ステップ 9   ユーザ名とドメインが認識されない場合、[詳細設定] リンクが表示されます。 リンクをクリックし、[詳細設定] 画面を開きます。 [自動(Automatically)] をオフにし、手動でアカウントにログインします。

    Cisco IM and Presence アカウントを使用している場合、次の手順に従ってください。

    • [Cisco IM and Presence] をタップします。

    • [サーバ情報] 領域にサーバ アドレスを入力します。

    • [保存] をタップします。 [Cisco Jabber] 画面が開きます。

    • username@example.com の形式でユーザ名とドメインを入力します。

    • [サインイン] をタップします。

      サインインすると、Cisco Jabber が開きます。

    Cisco WebEx Instant Messaging アカウントを使用している場合、次の手順に従ってください。

    • [WebEx Instant Messaging] をタップします。

    • [保存] をタップします。 [Cisco Jabber] 画面が開きます。

    • username@example.com の形式でユーザ名とドメインを入力します。

    • [続行] をタップします。

    • パスワードを入力します。

    • [サインイン] をタップします。

      サインインすると、Cisco Jabber が開きます。

    電話サービスのみのアカウントを使用している場合、次の手順に従ってください。

    • [電話サービスのみ(Phone Services Only)] をタップします。

    • [サーバ情報] 領域に TFTP サーバ アドレスおよび CCMIP サーバ アドレスを入力します。

    • [保存] をタップします。 [Cisco Jabber] 画面が開きます。

    • username@example.com の形式でユーザ名とドメインを入力します。

    • [続行] をタップします。

    • パスワードを入力します。

    • [サインイン] をタップします。

      サインインすると、Cisco Jabber が開きます。

    (注)     

    指示されたら、サーバ証明書を確認します。 証明書を承認してよいかどうか確信がない場合は、管理者に問い合わせてください。

    [アカウント タイプの変更] リンクから手動でアカウントを変更できます。


    アップグレード

    Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5 は、広い範囲の機能セットを提供します。 以前のバージョンの Cisco Jabber( Cisco Jabber Voice for iPhoneCisco Jabber Video for iPad など)を使用していて、Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5 に切り替える場合は、2 つのアプリの競合を避けるために以前のバージョンをアンインストールする必要があります。 以前にサポートされていた機能が利用できなくなることを防ぐために、古いバージョンの Cisco Jabber をアンインストールする前に管理者に確認してください。

    手順
      ステップ 1   以前のバージョンの Cisco Jabber Voice for iPhone および Cisco Jabber Video for iPad をデバイスからアンインストールします。
      ステップ 2   Cisco Jabber for iPhone and iPad をダウンロードしてインストールします。

      サインイン

      アプリの初期設定後、次の手順に従ってサインインします。

      手順
        ステップ 1   Cisco Jabber を開きます。
        ステップ 2   アカウントにシングル サインオンが設定されていない場合は、以前の資格情報を使用して自動的にサインインされます。
        ステップ 3   シングル サインオンが設定されている場合は、資格情報を入力して [サインイン] をタップします。

        サインインすると、Cisco Jabber[連絡先] 画面が開きます。

        ナビゲーション機能 

        iPhone の場合

        操作するには、次のいずれかの手順を実行します。

        • ほとんどの画面では右にスワイプします。

        • をタップします(利用可能な場合)。

        ナビゲーション ドロワーから、次の操作を実行できます。

        1. 連絡先を検索し、通話を発信します。

        2. 応答可能ステータスを表示および編集します。

        3. 機能にアクセスします。

        4. 設定を編集します。

        5. アカウント情報を表示したり、アカウントからサインアウトしたりします。

        iPad の場合

        メイン ウィンドウでは、次の操作を実行できます。

        1. 連絡先を検索し、通話を発信します。

          • 応答可能ステータスを表示および編集します。
          • アカウント情報を表示したり、アカウントからサインアウトしたりします。
        2. 機能にアクセスします。

        3. 設定を編集します。

        サインアウト

        iPhone の場合

        手順
          ステップ 1   ナビゲーション ドロワーを開きます。 次のいずれかの手順を実行します。
          • ほとんどの画面では右にスワイプします。

          • をタップします(利用可能な場合)。

          ステップ 2   [サインアウト] をタップします。

          iPad の場合

          手順
            ステップ 1   ナビゲーション ページでステータス領域をタップします。
            ステップ 2   [サインアウト] をタップします。

            サインアウトした後は、[Jabber のリセット] リンクをクリックして現在のアカウント情報を消去し、別のアカウントでサインインできます。

            終了

            手順
              ステップ 1   ホーム ボタンを 2 回押して、マルチタスク トレイを表示します。
              ステップ 2   左にスワイプし(必要に応じて)、マルチタスク トレイの [Cisco Jabber] アプリケーションを見つけます。
              ステップ 3   [Cisco Jabber] アプリケーションをタップし、上にスワイプしてアプリケーションを終了します。
              ステップ 4   ホーム ボタンをもう一度押してデバイスの使用に戻ります。