Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5 クイック スタート ガイド
トラブルシューティング
トラブルシューティング

トラブルシューティング

問題レポートの送信

はじめる前に

  • お使いのデバイスのメール アプリケーションを設定します。

  • システム管理者からエラー報告用のメール アドレスを取得します。

手順
    ステップ 1   [設定] 画面の [ヘルプ] の下で、[問題レポートツール] をタップします。
    ステップ 2   [詳細ログ] スイッチをタップしてオンにします。
    ステップ 3   問題を再現します。
    ステップ 4   [エラー報告を送信] をタップします。

    Cisco Jabber によってメール アプリケーションが起動し、件名が自動入力された新しいメッセージが作成されて、ログ ファイルが添付されます。

    ステップ 5   問題の概要を E メール本文に入力して、システム管理者に送信します。
    ヒント   

    問題が発生した時刻も含めます。 通話に関する問題の場合は、[履歴] リストを確認して該当する時刻を見つけてください。


    次の作業

    重要:

    バッテリ電力と記憶域の消費を抑えるために、不要になった場合は [詳細ログ] スイッチをオフにします。

    [詳細ログ] がオンになっていると、通話のビデオと音声の品質に影響します。

    サインインの問題

    サインインできない場合は、次のトラブルシューティングのヒントを試してみてください。

    手順
      ステップ 1   サポートされているデバイスとオペレーティング システムを使用しているか確認します。

      サポートされているデバイスとオペレーティング システムの詳細については、ご使用のリリースのCisco Jabber for iPhone and iPadリリース ノートを参照してください。

      ステップ 2   Cisco Jabber for iPhone and iPad の正しいリリースを使用していることを確認します。

      Cisco Jabber for iPhone and iPad の最新リリースは、App Store からダウンロードできます。

      ステップ 3   社外の Wi-Fi ネットワークから社内ネットワークへのアクセス権があるかどうかを確認します。
      ステップ 4   社外の Wi-Fi ネットワークから社内ネットワークへのアクセス権がある場合、システム管理者に問い合わせて、コラボレーション エッジ環境が正しくセットアップされているかどうか確認します。
      ステップ 5   社外の Wi-Fi ネットワークから社内ネットワークへのアクセス権がある場合、VPN が接続されているかどうか確認します(VPN が必要な場合)。 VPN が接続されていない場合は、システム管理者にお問い合わせください。
      ステップ 6   [電話サービス] を使用している場合は、次の手順に従ってデバイスと社内ネットワークの間のネットワーク接続を確認します。
      1. インターネット ブラウザを開きます。
      2. インターネット ブラウザに http://<社内の Cisco Unified Communications Manager サーバ アドレス> の形式で URL を入力して、社内通話システムの管理ページにアクセスします。

        例:http://209.165.200.224

        社内の Cisco Unified Communications Manager サーバのアドレスがわからない場合は、システム管理者にお問い合わせください。

      3. 社内通話システムの管理ページにアクセスできない場合は、別のネットワーク アクセス ポイントからアクセスしてみてください。 それでも社内通話システムの管理ページにアクセスできない場合は、ネットワークの問題がないかシステム管理者にお問い合わせください。
      ステップ 7   社外の電話サービスおよび Cisco Unified Communications Manager 9.0 以降を使用している場合は、次の手順に従ってデバイスとサーバの間のネットワーク接続を確認します。
      1. VPN 経由で会社のネットワークからインターネット ブラウザを開きます。
      2. インターネット ブラウザに https://cucm server:8443/cucm-uds/user/<ユーザID> の形式で URL を入力して、社内通話システムの管理ページにアクセスします。

        社内の Cisco Unified Communications Manager サーバのアドレスがわからない場合は、システム管理者にお問い合わせください。

        サーバにアクセスできない場合は、ネットワークの問題がないかシステム管理者にお問い合わせください。

      3. 自分のユーザ名とパスワードを使用してサインインします。

        サインインが失敗する場合、システム管理者にユーザ名とパスワードを確認してください。

      ステップ 8   Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service Service リリース 9.1 以前を使用している場合は、次の手順に従って自分のユーザ アカウントでサインインできるか確認します。
      1. http://<プレゼンス サーバ名>/<CCM ユーザ名> の形式で URL を入力します。

        サーバにアクセスできない場合は、ネットワークの問題がないかシステム管理者にお問い合わせください。

      2. 自分のユーザ名とパスワードを使用してサインインします。

        サインインが失敗する場合、システム管理者にユーザ名とパスワードを確認してください。

      ステップ 9   Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service Service リリース 10.0 を使用している場合は、次の手順に従って自分のユーザ アカウントでサインインできるか確認します。
      1. http://<CCM サーバ名>/<CCM ユーザ名> の形式で URL を入力します。

        それでもサーバにアクセスできない場合は、ネットワークの問題がないかシステム管理者にお問い合わせください。

      2. 自分のユーザ名とパスワードを使用してサインインします。

        サインインが失敗する場合、システム管理者にユーザ名とパスワードを確認してください。

      ステップ 10   それでも Cisco Jabber for iPhone and iPad を設定できない場合は、システム管理者に問題レポートを送信します。