音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Cisco Unity Express ボイスメール システム ユーザガイド - Release 2.1

Cisco Unity Express ボイスメール システム ユーザガイド - Release 2.1
発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Unity Express ボイスメール システム ユーザガイド - Release 2.1

目次

電話での Cisco Unity Express へのアクセス

グリーティングの管理

現在のグリーティングの再録音

オプション グリーティングのオン/オフの切り替え

標準グリーティングの再録音

オプション グリーティングの再録音

すべてのグリーティングの確認

パスワードの変更

名前の録音の変更

同報リストの使用方法

同報リスト メニューへのアクセス

プライベート同報リストの設定

プライベート同報リストの確認

プライベート同報リストの追加

プライベート同報リストの修正

プライベート同報リストの削除

パブリック同報リストの設定

パブリック同報リストの確認

パブリック同報リストの追加

パブリック同報リストの修正

パブリック同報リストの削除

Cisco Unity Express ボイスメール システム ユーザガイド - Release 2.1

リリース 2.1

このマニュアルでは、Cisco Unity Express ボイスメール システムが備えるいくつかの高度なボイスメール機能について説明します。このボイスメール システムの基本的な機能について説明した『 Cisco Unity Express Voice-Mail System Quick Start Guide 』とともに利用してください。

電話での Cisco Unity Express へのアクセス

内線番号または外線番号をダイヤルして、Cisco Unity Express にコールします。

ユーザ自身の電話からコールする場合は、PIN を要求されたら入力し、 # を押します。

外線電話番号またはほかのユーザの内線電話番号からコールする場合は、次の手順を実行します。

ID(通常はユーザの電話内線番号)を要求されたら入力し、 # を押します。次に PIN を入力し、もう一度 # を押します。

PIN を要求されたら、 * を押します。指示に従って ID(通常はユーザの内線番号)を入力し、 # を押します。次に PIN を入力し、もう一度 # を押します。

グリーティングの管理

グリーティングは、ユーザのボイスメールに到達した発信者が聞くメッセージです。次のグリーティングを利用できます。

標準グリーティング:ユーザのボイスメールに到達した発信者に再生される、通常のグリーティング。このグリーティングは、デフォルトのシステム グリーティング(Sorry, <extension xxxx>/<user name> is not available)か、ユーザが録音して、標準グリーティングとして選択したグリーティングのいずれかです。

オプション グリーティング:ユーザが録音し、ボイスメール メニューを使用してオンまたはオフにするオプション グリーティング。このグリーティングは、標準グリーティングを置き換えて使用します。たとえば、休暇を取る場合は、不在中に発信者に再生される特別なグリーティングを録音します。

グリーティングを管理するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「電話での Cisco Unity Express へのアクセス」の手順を実行して、メインのボイスメール メニューに進みます。

ステップ 2 4 を押して、セットアップ オプション メニューにアクセスします。

ステップ 3 1 を押して、グリーティング メニューにアクセスします。アクティブなグリーティングが再生されます。

現在のグリーティングを再録音するには、1 を押します。「現在のグリーティングの再録音」を参照してください。

オプション グリーティングのオン/オフを切り替えるには、 2 を押します。「オプション グリーティングのオン/オフの切り替え」を参照してください。

標準グリーティングとオプション グリーティングを再録音するには、 3 を押します。「標準グリーティングの再録音」および「オプション グリーティングの再録音」を参照してください。

すべてのグリーティングを聞くには、 4 を押します。「すべてのグリーティングの確認」を参照してください。


 

現在のグリーティングの再録音


ステップ 1 現在のグリーティングを再録音するには、現在のグリーティングが再生された後に 1 を押します。

ステップ 2 トーンが聞こえたら、グリーティングの内容を読み上げます。終了したら # を押します。

ステップ 3 新しく録音したグリーティングが再生されます。このグリーティングを受け入れて操作を続行するには、 # を押します。再録音するには、1 を押します。


 

オプション グリーティングのオン/オフの切り替え


ステップ 1 オプション グリーティングのオン/オフを切り替えるには、グリーティング メニューで 2 を押します。

ステップ 2 オプション グリーティングがオンになっている場合は、オプション グリーティングが再生されます。オプション グリーティングをオフにするには、 2 を押します。

オプション グリーティングがオフになっている場合は、 2 を押すとオンになります。

オプション グリーティングをまだ録音していない場合や再録音する場合は、「オプション グリーティングの再録音」の手順を実行します。


 

標準グリーティングの再録音

標準グリーティングを再録音するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 グリーティング メニューで、3 を押します。

ステップ 2 グリーティングを再録音するには、 1 を押します。

ステップ 3 トーンが聞こえたら、グリーティングの内容を読み上げます。終了したら # を押します。

ステップ 4 新しく録音したグリーティングが再生されます。このグリーティングを受け入れて操作を続行するには、 # を押します。再録音するには、1 を押します。


 

オプション グリーティングの再録音

オプション グリーティングを再録音するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 グリーティング メニューで、3 を押します。

ステップ 2 3 を押して、グリーティングを再録音します。

ステップ 3 トーンが聞こえたら、グリーティングの内容を読み上げます。終了したら # を押します。

ステップ 4 新しく録音したグリーティングが再生されます。このグリーティングを受け入れて操作を続行するには、 # を押します。再録音するには、1 を押します。


 

すべてのグリーティングの確認


ステップ 1 すべてのグリーティングを聞くには、グリーティング メニューで 4 を押します。標準グリーティング、オプション グリーティング、および現在のグリーティングが再生されます。

ステップ 2 次の操作を実行できます。

現在のグリーティングを再録音するには、 1 を押します。

オプション グリーティングのオン/オフを切り替えるには、 2 を押します。

ほかのグリーティングを再録音するには、 3 を押します。

すべてのグリーティングをもう一度確認するには、 4 を押します。


 

パスワードの変更

ボイスメール パスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「電話での Cisco Unity Express へのアクセス」の手順を実行して、メインのボイスメール メニューに進みます。

ステップ 2 4 を押して、セットアップ オプション メニューにアクセスします。

ステップ 3 3 を押して、個人用設定にアクセスします。

ステップ 4 パスワードを変更するには、 1 を押します。

ステップ 5 新しいパスワードを入力します。終了したら # を押します。

ステップ 6 確認のためにもう一度パスワードを入力し、 # を押します。


 


) パスワードは、Cisco Unity Express のグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用して変更することもできます。GUI にアクセスするには、Microsoft Internet Explorer を使用して Cisco Unity Express サーバに接続し、英数字ユーザ ID とパスワードを使用してログインします。サーバのアドレス、ユーザ ID、またはパスワードが不明な場合は、システム管理者に問い合せてください。


名前の録音の変更

名前の録音(発信者がユーザを識別するための名前)を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「電話での Cisco Unity Express へのアクセス」の手順を実行して、メインのボイスメール メニューに進みます。

ステップ 2 4 を押して、セットアップ オプション メニューにアクセスします。

ステップ 3 3 を押して、個人用設定にアクセスします。

ステップ 4 名前の録音を変更するには、 2 を押します。

ステップ 5 新しい名前を録音するには、トーンが聞こえるのを待ってから、姓名を発音します。終了したら # を押します。

ステップ 6 新しく録音した名前が再生されます。そのまま使用する場合は # を押し、再録音する場合は 1 を押します。


 

同報リストの使用方法

同報リストを使用すると、複数のシステム ユーザに宛ててボイスメール メッセージを同時に送信できます。リストのメンバーには、次の任意のエンティティを使用できます。

ユーザ

グループ

汎用の配信メールボックス

ほかのパブリック同報リスト

ほかのプライベート同報リスト


) プライベート同報リストは、Cisco Unity Express の GUI を使用してアクセスし、修正することもできます。GUI にアクセスするには、Microsoft Internet Explorer を使用して Cisco Unity Express サーバに接続し、英数字ユーザ ID とパスワードを使用してログインします。サーバのアドレス、ユーザ ID、またはパスワードが不明な場合は、システム管理者に問い合せてください。


同報リスト メニューへのアクセス

同報リスト メニューにアクセスするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「電話での Cisco Unity Express へのアクセス」の手順を実行して、メインのボイスメール メニューに進みます。

ステップ 2 4 を押して、セットアップ オプション メニューにアクセスします。

ステップ 3 セットアップ オプション メニューで、2 を押します。

ステップ 4 4 を押して、ボイスメール同報リストにアクセスします。


) Cisco Unity Express Release 2.1 では、このメニューのオプションは 4 のみです。


同報リスト メニューでは、次の操作を番号で選択できます。

 

1

プライベート同報リストを確認します。後述の「プライベート同報リストの確認」を参照してください。

2

プライベート同報リストのメンバーと名前の録音を追加または修正します。後述の「プライベート同報リストの追加」または「プライベート同報リストの修正」を参照してください。

3

プライベート同報リストを削除します。後述の「プライベート同報リストの削除」を参照してください。

4

パブリック同報リストを確認します。後述の「パブリック同報リストの確認」を参照してください。

5

パブリック同報リストのメンバーと名前の録音を追加または修正します。後述の「パブリック同報リストの追加」または「パブリック同報リストの修正」を参照してください。

6

パブリック同報リストを削除します。後述の「パブリック同報リストの削除」を参照してください。


 

プライベート同報リストの設定

プライベート同報リストの確認


ステップ 1 プライベート同報リストの一覧を聞くには、同報リスト メニューで 1 を押します。

ステップ 2 リストのメンバーを聞くには、リスト番号(1 ~ 5)を入力します。

リストの確認中は、次の操作を番号で選択できます。

 

3

メンバーを削除します。メンバー名の再生中に押します。削除を確定するには、1 を押します。

7

前のメンバーの再生を繰り返します。

77

リストの先頭に巻き戻します。

8

再生を一時停止します。

9

次のメンバーにスキップします。

99

リストの最後のメンバーにスキップします。


 

プライベート同報リストの追加


ステップ 1 同報リスト メニューで、2 を押します。

ステップ 2 未設定の空リストの番号(1 ~ 5)を入力します。

ステップ 3 次の「プライベート同報リストの修正」の説明に従って、1 名またはそれ以上のメンバーをリストに追加し、リスト名を録音します。リストを保存すると、新しい同報リストの作成が完了します。


 

プライベート同報リストの修正


ステップ 1 同報リスト メニューで、2 を押します。

ステップ 2 リスト番号(1 ~ 5)を入力します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を番号で選択します。

 

1

リストにメンバーを追加します。後述の 「プライベート同報リストへのメンバーの追加」 を参照してください。

2

現在のリストのメンバーの名前を再生します。 「プライベート同報リストの確認」 のオプションを参照してください。終了するには、 # を押します。

3

メンバーを削除します。後述の「プライベート同報リストからのメンバーの削除」を参照してください。

4

リストの名前を録音します。後述の「プライベート同報リストの名前の録音」を参照してください。


 

プライベート同報リストへのメンバーの追加


ステップ 1 同報リスト メニューで、2 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 メンバーを追加するには、1 を押します。

ステップ 3 メンバー名を入力します(デフォルト)。または、 ## を押して、名前で指定するか、番号で指定するかを切り替えます。

ステップ 4 1 つのエントリの操作を終了したら、そのたびに # を押します。

ステップ 5 メンバー名が複数存在する場合は、メンバーを番号で選択します。

ステップ 6 # を押して、メンバーの追加を停止します。


 

プライベート同報リストからのメンバーの削除


ステップ 1 同報リスト メニューで、2 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 メンバーを削除するには、3 を押します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を番号で選択します。

 

1

現在のリストのメンバーの名前を再生し、再生中に削除します。 「プライベート同報リストの確認」 のオプションを参照してください。終了するには、 # を押します。

2

リストのメンバーを名前または内線番号で指定して削除します。

1. メンバー名を入力します(デフォルト)。または、 ## を押して、名前で指定するか、番号で指定するかを切り替えます。

2. 1 つのエントリの操作を終了したら、そのたびに # を押します。

3. メンバー名が複数存在する場合は、メンバーを番号で選択します。


 

プライベート同報リストの名前の録音


ステップ 1 同報リスト メニューで、2 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 4 を押して、リスト名を録音します。

ステップ 3 トーンが聞こえたら、リスト名を録音します。


ヒント 名前とともに、リストの番号も録音してください。


ステップ 4 録音中は、次のいずれかの操作を番号で選択できます。

 

1 または #

録音を停止します。録音した内容が再生されます。再録音する場合は 1 を押し、名前の録音をそのまま使用する場合は # を押します。

2

録音を保存します。録音した内容が再生されます。再録音する場合は 1 を押し、名前の録音をそのまま使用する場合は # を押します。

3

録音を削除して、最初からやり直します。


 

プライベート同報リストの削除


ステップ 1 同報リスト メニューで、3 を押します。

ステップ 2 リスト番号を入力します(1 ~5)。または、 ## を押して、番号入力から名前入力に切り替えます。同報リストの名前を入力します。

ステップ 3 リストが複数見つかった場合は、リスト番号を選択します。

リストが 1 つだけ見つかった場合は、 # を押してリストを削除します。


 

パブリック同報リストの設定

パブリック同報リストの確認


ステップ 1 同報リスト メニューで、4 を押します。

ステップ 2 確認するリストのリスト番号を入力します。

リストの確認中は、次の操作を番号で選択できます。

 

3

メンバーを削除します。メンバー名の再生中に押します。削除を確定するには、1 を押します。


) ユーザがメンバーを削除できるのは、ユーザが所有するパブリック同報リストのみです。


7

前のメンバーの再生を繰り返します。

77

リストの先頭に巻き戻します。

8

再生を一時停止します。

9

次のメンバーにスキップします。

99

リストの最後のメンバーにスキップします。


 

パブリック同報リストの追加


ステップ 1 同報リスト メニューで、5 を押します。

ステップ 2 未設定の空リストの番号(1 ~ 5)を入力します。

ステップ 3 次の「パブリック同報リストの修正」の説明に従って、1 名またはそれ以上のメンバーをリストに追加し、リスト名を録音します。リストを保存すると、新しい同報リストの作成が完了します。


 

パブリック同報リストの修正


) ユーザが修正できるのは、ユーザが所有するパブリック同報リストのみです。


パブリック同報リストへのメンバーの追加


ステップ 1 同報リスト メニューで、5 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 メンバーを追加するには、1 を押します。

ステップ 3 メンバー名を入力します(デフォルト)。または、 ## を押して、名前で指定するか、番号で指定するかを切り替えます。

ステップ 4 1 つのエントリの操作を終了したら、そのたびに # を押します。

ステップ 5 メンバー名が複数存在する場合は、メンバーを番号で選択します。

ステップ 6 # を押して、メンバーの追加を停止します。


 

パブリック同報リストからのメンバーの削除


ステップ 1 同報リスト メニューで、5 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 メンバーを削除するには、3 を押します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を番号で選択します。

 

1

現在のリストのメンバーの名前を再生し、再生中に削除します。 「パブリック同報リストの確認」 のオプションを参照してください。終了するには、 # を押します。

2

リストのメンバーを名前または内線番号で指定して削除します。

1. メンバー名を入力します(デフォルト)。または、 ## を押して、名前で指定するか、番号で指定するかを切り替えます。

2. 1 つのエントリの操作を終了したら、そのたびに # を押します。

3. メンバー名が複数存在する場合は、メンバーを番号で選択します。


 

パブリック同報リストの名前の録音


ステップ 1 同報リスト メニューで、5 を押し、リスト番号を選択します。

ステップ 2 4 を押して、リスト名を録音します。

ステップ 3 トーンが聞こえたら、リスト名を録音します。


ヒント 名前とともに、リストの番号も録音してください。


ステップ 4 録音中は、次のいずれかの操作を番号で選択できます。

 

1 または #

録音を停止します。録音した内容が再生されます。再録音する場合は 1 を押し、名前の録音をそのまま使用する場合は # を押します。

2

録音を保存します。録音した内容が再生されます。再録音する場合は 1 を押し、名前の録音をそのまま使用する場合は # を押します。

3

録音を削除して、最初からやり直します。


 

パブリック同報リストの削除


) 削除するリストを所有している必要があります。



ステップ 1 同報リスト メニューで、6 を押します。

ステップ 2 リスト番号を入力します(1 ~5)。または、 ## を押して、番号入力から名前入力に切り替えます。同報リストの名前を入力します。

ステップ 3 リストが複数見つかった場合は、リスト番号を選択します。

リストが 1 つだけ見つかった場合は、 # を押してリストを削除します。