TimeCardView 7.0 GUI ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

概要

目的

従業員の役割

上司の役割

給与管理者の役割

タスクの要約

概要

この章は、TimeCardView の機能を説明しており、次の項で構成されています。

「目的」

「従業員の役割」

「上司の役割」

「給与管理者の役割」

「タスクの要約」

目的

TimeCardView は、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)または Cisco Unified Communications Manager に接続された Cisco Unified IP Phone の Cisco Unity Express ユーザのための時間および勤怠管理システムです。TimeCardView は、自動的に従業員の就業時間を追跡し、上司が従業員の就業状態をリアルタイムに見ることができるようになります。これにより、タイムシートの確認と承認がオンラインで可能になり、また、Historical Reporting Client を使用することで上司や給与管理者が必要とするレポートを生成し、それらを .csv や .xls ファイル形式にエクスポートすることもできるようになります。

TimeCardViewはIntuit QuickBooks など、バックエンドの会計ソフトウェアと連携し、タイムシートの会計システムへのシームレスな転送を可能にすることで人為的ミスをなくします。QuickBooks との統合はオプションです。

TimeCardView と QuickBooks を一緒に使用することで、Cisco Unity Express 管理者が従業員の名前を 1 人ずつシステムに入力する必要もなくなります。従業員データは QuickBooks から Cisco Unity Express システムにインポートしたり、Cisco Unity Express から TimeCardView を経由して QuickBooks にエクスポートしたりできます。

TimeCardView には次のユーザ インターフェイスがあります。

従業員および上司用の IP 電話インターフェイス

電話ユーザ インターフェイス(TUI)(音声プロンプト)

上司、給与管理者、および Cisco Unity Express 管理者向け Web ベースのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)

Cisco Unity Express 管理者用のコマンドライン インターフェイス(CLI)

従業員の役割

従業員は就業した時間を記録するために、Cisco IP Phone の Services ボタンを使用して TimeCardView にアクセスします。ログインすると、シフト、休憩、および昼食の開始と終了を登録するためのオプションのメニューが、TimeCardView によって IP 電話インターフェイスに表示されます。従業員も自分の就業時間を確認できます。システムでメールボックスが従業員に設定されている場合は、TimeCardView 電話ユーザ インターフェイスから、従業員のボイスメールボックスに直接アクセスできます。

従業員がアクティビティ(シフト、休憩、昼食など)の終了時刻を登録し忘れた場合、または給与管理者(給与管理者の役割を参照してください)により設定されている最長就業時間を超えた場合、上司によりアクセスが再び有効にされるまで、従業員は TimeCardView によってロックアウトされます

上司の役割

上司は、TimeCardView GUI または電話インターフェイスを使用して、部下のステータス監視( 従業員ステータスのリアルタイムなチェックおよび E ページの送信を参照してください)、ボイスメッセージ(部下にボイスメールボックスが設定されている場合)または E ページ メッセージ(Cisco Unity Express 管理者により E ページ アドレスが部下に設定されている場合)の送信を行うことができます。また、GUI を使用して直属の部下のタイムシートを変更したり( タイムシートの確認、編集、および承認を参照してください)、IP 電話インターフェイスを使用して直属の部下のステータスを変更したりできます。従業員がアクティビティ(シフト、休憩、昼食など)の終了時刻を登録し忘れたためにシステムによってロックアウトされた場合、従業員の上司は TimeCardView 電話インターフェイスを使用して従業員のアカウントのロックアウトを解除します。

給与管理者の役割

上司と同様に、給与管理者は TimeCardView Web GUI を使用して、従業員のタイムシートを確認、変更、および承認を行います( タイムシートの確認、編集、および承認を参照してください)。

給与管理者は TimeCardView Web GUI を使用して、タイムシート データを QuickBooks サーバに転送できます。また、QuickBooks との間で TimeCardView ユーザの名前をエクスポートまたはインポートできます( ユーザのインポートとエクスポートを参照してください)。給与管理者と上司は、TimeCardView ユーザを追加および削除できます( ユーザ アカウントを参照してください)。また、1 日あたりの最大就業時間および最大時間外就業時間、シフト、休憩、昼食の継続時間の設定などを行えます( 規則を参照してください)。

タスクの要約

TimeCardView 7.0 GUI ガイドには、上司および給与管理者向けの説明が記載されています。TimeCardView を運用するには、次に一覧されているタスクを行う必要があります。


Cisco Unity Express には、TimeCardView のためのバックアップと復元の機能が用意されています。


Intuit QuickBooks を使用していない場合、オプション タスクを実行する必要はありません。

「TimeCardViewの設定」

(オプション)「Intuit QuickBooks との統合」

(オプション)「QuickBooksで TimeCardView の自動ログイン設定」

(オプション)「QuickBooks サーバへの TCVQBConnector のインストール」

(オプション)「QuickBooks の TimeCardView に対するアクセス許可の設定」

(オプション)「QuickBooks Payroll Items の設定」

(オプション)「Payroll サーバ設定」

(オプション)「同期」

(オプション)「Import Users」

(オプション)「Export Users」

「パージ設定」

「ユーザの追加」

「ユーザの削除」

「ユーザの有効化および無効化」

「タイムシートの確認、編集、および承認」

「従業員ステータスのリアルタイムなチェックおよび E ページの送信」

「TimeCardView と Cisco Unified Communications Express Historical Reporting Client」 Historical Reporting Client の使用は必須のタスクではありません。