TimeCardView 7.0 GUI ガイド
ユーザ アカウント
ユーザ アカウント
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ユーザ アカウント

ユーザの追加

ユーザ ID が判明しているユーザの追加

ユーザ ID が判明していないユーザの追加

ユーザの削除

ユーザの有効化および無効化

ユーザ アカウント

TimeCardView GUI の [Accounts] ページには、TimeCardView ユーザのリストが示されています。ユーザごとに、[User ID]、[Display Name]、および TimeCardView サービスがそのユーザに対して有効になっているかどうかを示す [Enabled] チェックボックスが表示されます。[User ID] または [Display Name] のいずれかのカラム ヘッダーをクリックして、ユーザを並び替えることができます。

Cisco Unity Express から追加した新しいユーザのためにタイムシートを作成する場合、タイムシート データを同期する前に、ユーザを QuickBooks にエクスポートする必要があります。QuickBooks では、登録されていないユーザのタイムシート データは受け付けられせん。

この章は、次の項で構成されています。

「ユーザの追加」

「Cisco Unity Express ユーザ ID が判明しているユーザの追加」

「Cisco Unity Express ユーザ ID が判明していないユーザの追加」

「ユーザの削除」

「ユーザの有効化および無効化」

ユーザの追加

TimeCardView ユーザを追加するには、2 つの方法を使用できます。

Cisco Unity Express ユーザの場合、TimeCardView の [Accounts] ページで [Add] 機能を使用できます。

QuickBooks の従業員の場合、QuickBooks からインポートできます( Import Usersを参照してください)。

QuickBooks および Cisco Unity Express のいずれにも登録されていない従業員は、TimeCardView GUI では追加できません。

この項の構成は、次のとおりです。

「Cisco Unity Express ユーザ ID が判明しているユーザの追加」

「Cisco Unity Express ユーザ ID が判明していないユーザの追加」

Cisco Unity Express ユーザ ID が判明しているユーザの追加


ステップ 1 [Cisco Unity Express - Administration] >[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] ウィンドウで、[Add] アイコンをクリックします。[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] > [Add] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [User ID] フィールドに、新しい TimeCardView ユーザの Cisco Unity Express ユーザ ID を入力します。ユーザ ID では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 3 TimeCardView サービスをただちに有効にするには、[Enabled] チェックボックスを選択します。

ステップ 4 [Add] アイコンをクリックします。[Accounts] ウィンドウが再表示され、TimeCardView ユーザのリストに新しいユーザが示されます。
追加したユーザがすでに TimeCardView に登録されている場合は、そのことが通知されます。
Cisco Unity Express ユーザ ID が存在しない場合は、そのことが通知されます。


 

Cisco Unity Express ユーザ ID が判明していないユーザの追加


ステップ 1 [Cisco Unity Express - Administration] >[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] ウィンドウで、[Add] アイコンをクリックします。[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] > [Add] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Cisco Unity Express ユーザの既存のユーザ ID を見つけるには、[User ID] フィールドの右側にある虫眼鏡アイコンをクリックします。[Find] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 [User ID]、[Name]、または [Extension] の 3 つのフィールドのいずれか、またはすべてを入力し、ウィンドウの上部にある [Find] アイコンをクリックします。[Find] ウィンドウに検索結果が表示されます。

ステップ 4 次のいずれかを行います。

該当するユーザ ID をクリックして、正しいユーザを選択します。

該当する名前が検索結果に表示されない場合は、[Back To Find] をクリックして上記のステップ 3を繰り返します。

ユーザ ID を選択すると、[Add] ウィンドウに戻ります。User ID フィールドには、選択したユーザのユーザ ID が自動的に挿入されます。

ステップ 5 [Add] アイコンをクリックします。[Accounts] ウィンドウが再表示され、TimeCardView ユーザのリストに新しいユーザが示されます。


画面の表示内容を更新するには、F5 キーを押すか、ブラウザの [最新の情報に更新] ボタンをクリックします。



 

ユーザの削除

TimeCardView ユーザを削除しても、Cisco Unity Express ユーザは削除されません。このため、ユーザを再び TimeCardView システムに戻すことができます。


ステップ 1 ユーザのリストを表示している [Cisco Unity Express - Administration] >[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] 画面で、該当するユーザ ID の横にあるチェックボックスをクリックして削除するユーザを選択します。複数のユーザを選択するには、列見出し行でチェックボックスをクリックします。

ステップ 2 [Delete] アイコンをクリックします。警告が表示されます。

ステップ 3 TimeCardView ユーザとメールボックスの両方を削除する場合は [OK] をクリックします。


メールボックスを削除しない場合、ユーザの TimeCardView サービスを無効にできます(ユーザの有効化および無効化を参照してください)。


[Accounts] ページに TimeCardView ユーザの更新されたリストが表示されます。


 

ユーザの有効化および無効化

ユーザに対して TimeCardView サービスを有効にしたり、無効にしたりできます。


ステップ 1 ユーザのリストを表示している [Cisco Unity Express - Administration] >[TimeCardView] > [Users] > [Accounts] 画面で、ユーザ名の横の [Enabled] チェックボックスを選択または選択解除します。複数のユーザを選択するには、列見出し行で [Enabled] チェックボックスをクリックします。

ステップ 2 設定を保存するには、[Apply] アイコンをクリックします。