Cisco Unity Express 8.5 インストレーション/ アップグレード ガイド
Cisco Unity Express 8.5 ソフトウェアの インストール
Cisco Unity Express 8.5 ソフトウェアのインストール
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 743KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Express 8.5 ソフトウェアのインストール

タスク リスト

Cisco Unity Express ソフトウェアへの IP 接続のアクティブ化

前提条件

言語の追加または削除

追加言語のインストール

前提条件

制約事項

言語の削除

次の作業

Cisco Unity Express 8.5 ソフトウェアのインストール

で説明した前提条件が整ったら、Cisco Unity Express ソフトウェアをインストールできます。この章では、Cisco Unity Express ソフトウェアをインストールする方法を説明します。また、以下の情報と手順を説明します。

「タスク リスト」

「Cisco Unity Express ソフトウェアへの IP 接続のアクティブ化」

「言語の追加または削除」

タスク リスト


) Cisco Unity Express を注文すると、工場で Cisco Unity Express ソフトウェアと購入したライセンスがモジュールにインストールされます。予備モジュールも、ソフトウェアおよびライセンスがインストールされた状態で出荷されます。


Cisco Unity Express を新規インストールするには、次の手順を実行する必要があります。

 

表 1 Cisco Unity Express の新規インストール手順

チェックリスト
チェック

1. Cisco Unity Express 管理者のユーザ名とパスワードを作成し、DNS サーバと NTP サーバの IP アドレスを指定します。このユーザ名とパスワードは、初期化ウィザードにログインするときに必要です。『 Cisco Unity Express Voice-Mail and Auto-Attendant CLI Administrator Guide for 3.0 and Later Versions 』および GUI オンライン ヘルプを参照してください。

 

2. モジュールとルータ間の IP アドレスを設定します。「Cisco Unity Express ソフトウェアへの IP 接続のアクティブ化」を参照してください。

 

3. 言語を追加または削除します。「言語の追加または削除」を参照してください。

 

4. Cisco Unity Express ソフトウェアの設定を開始します。『 Cisco Unity Express Voice-Mail and Auto-Attendant CLI Administrator Guide for 3.0 and Later Versions 』および設定タスクの GUI オンライン ヘルプを参照してください。

コマンドを使用して、初期化ウィザードを省略できます。このコマンドにより、初期化ウィザードはオフになります。Cisco Unity Express モジュールを再イメージ化する場合を除いて、ウィザードをオンにしたり再起動したりすることはできません。

 

Cisco Unity Express ソフトウェアへの IP 接続のアクティブ化

Cisco Unity Express ソフトウェアをインストールする前に、Cisco Unified Communications Manager システムと Cisco Unity Express モジュールの間の IP 通信リンクをアクティブ化します。

前提条件

ソフトウェアをアクティブにするには、次の情報が必要です。

Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータ上の Cisco Unity Express モジュールのスロット番号とユニット番号

Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータの IP アドレスとサブネット マスク、またはアンナンバード インターフェイス タイプと番号

Cisco Unity Express モジュールの IP アドレス。この IP アドレスは、Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータと同じサブネット上にある必要があります。

Cisco Unity Express ルータのデフォルト ゲートウェイの IP アドレス。この IP アドレスは、Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータと同じ IP アドレスである必要があります。

手順の概要

1. 次のいずれかを選択します。

ISM-SRE-300-K9 の場合、次を入力します。
interface
ism slot / unit

SM-SRE-700-K9 および SM-SRE-900-K9 の場合、次を入力します。
interface
sm slot / 0

NME-CUE の場合、次を入力します。
interface
integrated-service-engine slot / unit
AIM2-CUE の場合、次を入力します。
interface
internal-service-module slot / unit

2. ip address router-ip-addr subnet-mask
または
ip unnumbered interface-type number
ip route prefix-mask interface-type interface-number

3. service-module ip address cue-side-ip-addr subnet-mask

4. service-module ip default-gateway gw-ip-addr

5. exit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

次のいずれかを選択します。

interface ism slot / unit
 
Router(config)# interface ism 0/1

ISM-SRE-300-K9 でインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

interface sm slot / 0
 
Router(config)# interface sm 1/0

SM-SRE-700-K9 および SM-SRE-900-K9 で、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

interface integrated- service-engine slot / unit
 
Router(config)# interface integrated-service-engine 2/0

NME-CUE でインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

interface internal-service-module slot / unit
 
Router(config)# interface internal-service-module 0/1

AIM2-CUE でインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

次のいずれかを選択します。

ip address router-ipaddr subnet-mask
 
Router(config-if)# ip address 172.16.231.195 255.255.0.0
 

または

Router(config-if)# ip unnumbered interface-type number
Router(config-if)# ip route prefix-mask interface-type interface-number
 
Router(config-if)# ip unnumbered Service-Engine 1/0
Router(config-if)#_ip route 1.100.50.44 255.255.255.255 ServiceEngine 1/0

ステップ 3

service-module ip address cue-side-ipaddr subnet-mask
 
Router(config)# service-module ip address 172.16.231.190 255.255.0.0

Cisco Unity Express モジュール インターフェイスの IP アドレスを指定します。この IP アドレスは、Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータと同じサブネット上にある必要があります。

ステップ 4

service-module ip default-gateway gw-ipadd r
 
Router(config)# service-module ip default-gateway 172.16.231.195

Cisco Unity Express のホストとなる Cisco IOS ルータの IP アドレスを指定します。

ステップ 5

exit
 

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

次の例は、IP 接続をアクティブにする手順を示しています。

Router(config)# interface Integrated-Service-Engine 1/0
Router(config-if)# ip address 10.0.0.9 255.0.0.0
Router(config-if)# service-module ip address 10.0.0.10 255.0.0.0
Router(config-if)# service-module ip default-gateway 10.0.100.10
Router(config-if)# exit

言語の追加または削除

追加言語のインストールと言語の削除は、オンライン モードだけで実行する必要があります。Cisco Unity Express ソフトウェアのフル インストールを実行する場合を除いて、ブートヘルパーを使用した言語の追加や削除はできません。その手順については、Cisco Unity Express 8.5 ソフトウェアのインストールを参照してください。

追加言語のインストール

前提条件

言語をインストールするには、次の情報が必要です。

FTP サーバの URL

制約事項

AIM2-CUE モジュール ライセンスでは、同時にインストールできる言語は 2 つに制限されています。

NME-CUE、ISM-SRE-300-K9、SM-SRE-700-K9、または SM-SRE-900-K9 モジュール ライセンスでは、同時にインストールできる言語は 5 つに制限されています。


「同じバージョンでの Cisco Unity Express ライセンスのアップグレードまたはダウングレード」を参照してください。


手順の概要

1. config t

2. software download server url ftp:// server-ip-address [/dir] [username username password password ]

3. exit

4. software install add cue-vm-langpack. plat.ver. pkg (言語パッケージ ファイル)

5. 上記コマンドで表示されるリストから言語を選択します。

上述のファイル名のプレースホルダのキーは、 表 2 にあります。

 

表 2 ダウンロード ファイル可変キー

プレースホルダ
説明

plat

イメージを作成するプラットフォーム。オプションは次のとおりです。

nmx:AIM2-CUE および NME-CUE モジュールの場合

sme:ISM-SRE および SM-SRE モジュールの場合

ise:Integrated Services Engine(ISE)モジュールの場合

ver

Cisco Unity Express リリース パッケージのバージョン。8.5.1、8.5.2 などです。

lang

言語コード。en_US、fr_FR、it_IT などです。

手順の詳細


ステップ 1 config t を使用して、コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2 software download server url ftp:// server-ip-address [/dir][ username username password password ] と入力します。

server-ip-address は、FTP サーバの URL です。

username は、FTP サーバ上の有効なユーザの名前です。

password は、FTP サーバにアクセスできるユーザ名とパスワードです。

ステップ 3 exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4 software install add cue-vm-langpack. plat.ver. pkg と入力します。

ステップ 5 上記コマンドで表示されるリストから言語を選択します。


 

次の例は、追加言語の選択方法を示しています。

Language add-ons found on the system (1):
Installed SKU Name (version)
------------------------------------------------------------------
* ENU CUE Voicemail US English (8.5.1.0)
Maximum 2 language add-ons allowed for this platform.
You may install 4 more language(s) from the following list:
Language Installation Menu:
# Selected SKU Language Name (version)
----------------------------------------------------------------------
1 ITA CUE Voicemail Italian (8.5.0.15)
2 ESP CUE Voicemail European Spanish (8.5.0.15)
3 ENU CUE Voicemail US English (8.5.0.15)
4 FRA CUE Voicemail European French (8.5.0.15)
5 ESO CUE Voicemail Latin American Spanish (8.5.0.15)
6 ESM CUE Voicemail Mexican Spanish (8.5.0.15)
7 ARA CUE Voicemail Arabic (8.5.0.15)
8 NLD CUE Voicemail Dutch (8.5.0.15)
9 SVE CUE Voicemail Swedish (8.5.0.15)
10 NOR CUE Voicemail Norwegian (8.5.0.15)
11 FRC CUE Voicemail Canadian French (8.5.0.15)
12 PTG CUE Voicemail Portuguese (8.5.0.15)
13 TUR CUE Voicemail Turkish (8.5.0.15)
14 HUN CUE Voicemail Hungarian (8.5.0.15)
15 ENG CUE Voicemail UK English (8.5.0.15)
16 DEU CUE Voicemail German (8.5.0.15)
17 DAN CUE Voicemail Danish (8.5.0.15)
18 PTB CUE Voicemail Brazilian Portuguese (8.5.0.15)
19 KOR CUE Voicemail Korean (8.5.0.15)
20 CHS CUE Voicemail Mandarin Chinese (8.5.0.15)
21 JPN CUE Voicemail Japanese (8.5.0.15)
22 RUS CUE Voicemail Russian (8.5.0.15)
----------------------------------------------------------------------
Available commands are:
# - enter the number for the language to select one
r # - remove the language for given #
i # - more information about the language for given #
x - Done with language selection
Enter Command:3
Language Installation Menu:
# Selected SKU Language Name (version)
----------------------------------------------------------------------
1 ITA CUE Voicemail Italian (8.5.0.15)
2 ESP CUE Voicemail European Spanish (8.5.0.15)
3 ENU CUE Voicemail US English (8.5.0.15)
4 FRA CUE Voicemail European French (8.5.0.15)
5 ESO CUE Voicemail Latin American Spanish (8.5.0.15)
6 ESM CUE Voicemail Mexican Spanish (8.5.0.15)
7 ARA CUE Voicemail Arabic (8.5.0.15)
8 NLD CUE Voicemail Dutch (8.5.0.15)
9 SVE CUE Voicemail Swedish (8.5.0.15)
10 NOR CUE Voicemail Norwegian (8.5.0.15)
11 FRC CUE Voicemail Canadian French (8.5.0.15)
12 PTG CUE Voicemail Portuguese (8.5.0.15)
13 TUR CUE Voicemail Turkish (8.5.0.15)
14 HUN CUE Voicemail Hungarian (8.5.0.15)
15 ENG CUE Voicemail UK English (8.5.0.15)
16 DEU CUE Voicemail German (8.5.0.15)
17 DAN CUE Voicemail Danish (8.5.0.15)
18 PTB CUE Voicemail Brazilian Portuguese (8.5.0.15)
19 KOR CUE Voicemail Korean (8.5.0.15)
20 CHS CUE Voicemail Mandarin Chinese (8.5.0.15)
21 JPN CUE Voicemail Japanese (8.5.0.15)
22 RUS CUE Voicemail Russian (8.5.0.15)
----------------------------------------------------------------------
Available commands are:
# - enter the number for the language to select one
r # - remove the language for given #
i # - more information about the language for given #
x - Done with language selection
Enter Command:X ui_install scripts executed successfully.
Starting payload download

言語の削除

言語を削除するには、次の例に示すように、EXEC モードで software uninstall コマンドを入力します。

 
se-10-50-40-125> software uninstall ?
<cr>
uid-list List of UIDs of Subsystems to be uninstalled
se-10-50-40-125> software uninstall
 
Add-On Uninstallation Menu:
# Selected Add-On SSID Add-On Name (version)
---------------------------------------------------------------------------------------
1 3f968fd0-6598-48e2-be1c-4af6c2e02e02 CUE Voicemail German (8.5.1.0)
2 27e5e2ab-1622-4c02-8a0a-cfad0d932148 CUE Voicemail US English (8.5.1.0)
---------------------------------------------------------------------------------------
Available commands are:
r # - remove Add On for given #
i # - more information about Add On for given #
c # - clear Add On selection for given #
x - Done with Add On selection
Enter Command:r 1
Add-On Uninstallation Menu:
# Selected Add-On SSID Add-On Name (version)
---------------------------------------------------------------------------------------
1 * 3f968fd0-6598-48e2-be1c-4af6c2e02e02 CUE Voicemail German (8.5.1.0)
2 27e5e2ab-1622-4c02-8a0a-cfad0d932148 CUE Voicemail US English (8.5.1.0)
---------------------------------------------------------------------------------------
Available commands are:
r # - remove Add On for given #
i # - more information about Add On for given #
c # - clear Add On selection for given #
x - Done with Add On selection
Enter Command:x
Are you sure? [y/n]: y
There are add-on subsystems on uninstall list.
Running Script Processor for ui_uninstall
ui_uninstall scripts executed successfully.
Generating the add-on-uninstall work order :
Validating installed manifests .............
.complete.
::/:sw/installed/manifest/de_DE_lang_manifest.sig:remove
::/:/usr/wfavvid/Prompts/system/de_DE:remove
::/:/usr/wfavvid/Prompts/user/de_DE:remove
::/:/usr/wfavvid/Grammars/system/de:remove
::/:/usr/wfavvid/Grammars/system/de_DE:remove
::/:/usr/wfavvid/i18n/com/cisco/prompt/impl/PromptGenerators_de_DE.properties:remove
::/:/usr/wfavvid/i18n/com/cisco/grammar/impl/DigitRecognitionStrings_de_DE.
properties:remove
::/:/usr/tomcat/webapps/voicemail/prompts/DEU:remove
Starting to uninstall:
 

次の作業

Cisco Unity Express モジュールへの接続の設定または言語の変更が終了したら、初期化ウィザードを実行して、 Cisco Unity Express データベースの設定を開始します。


) CLI コマンドを使用して、初期化ウィザードで実行される設定タスクを実行するには(設定スクリプトの使用など)、Cisco Unity Express EXEC モードで web skipinitwizard コマンドを使用して、初期化ウィザードを省略できます。このコマンドにより、初期化ウィザードはオフになります。Cisco Unity Express モジュールを再イメージ化する場合を除いて、ウィザードをオンにしたり再起動したりすることはできません。