TimeCardView 7.0 CLI アドミニストレータ ガイド
Intuit QuickBooks との統合
Intuit QuickBooks との統合
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Intuit QuickBooks との統合

この章の構成

と QuickBooks 間の通信設定

QuickBooks との手動同期

QuickBooks との同期のスケジュール

Intuit QuickBooks との統合

QuickBooks との統合はオプションです。

TimeCardView と QuickBooks 間の通信設定

タイムシート データを QuickBooks にエクスポートするには、システムで QuickBooks サーバの特定のファイルにアクセスできる必要があります。TimeCardView 側では、QuickBooks サーバの DNS 名または IP アドレスを指定する必要があります。デフォルトでは、TCVQBConnector はポート番号 57343 を使用して Cisco Unity Express からの要求を処理します。TCVQB-Connector でデフォルト以外のポート番号を使用する場合だけ、ポート番号を設定する必要があります。

「Intuit QuickBooks における TimeCardView 用の自動ログインの設定」 で参照した QuickBooks の TimeCardView アクセス権の設定を行い、次の手順をすべて行った後、2 つのアプリケーションが正しく通信しているかどうかを確認してください。これを行うには、ログを参照します。通知領域の TCVQB-Connector アイコンを右クリックして、View Log オプションを選択します。

概略手順

EXEC モード:

1. config t

2. service timecardview

3. payroll server quickbooks address address port number

4. end

5. end

6. show timecardview configuration

7. copy running-config startup-config

詳細手順

 

コマンドまたは操作
目的

ステップ 1

config t

 

se-10-0-0-0# config t

設定モードを開始します。

ステップ 2

service timecardview

 

se-10-0-0-0(config)# service timecardview

TimeCardView 設定モードを開始します

ステップ 3

payroll server quickbooks address address port number

 

se-10-0-0-0(timecardview-config)# payroll server quickbooks address 192.0.2.3 port 7

TimeCardView に対して QuickBooks の給与管理サーバを指定します。address 変数は、DNS 名または IP アドレスです。ポート番号は、TCVQUB-Connector でデフォルトの 57343 以外のポート番号を使用する場合に必要です。

ステップ 4

end

 

se-10-0-0-0(config-timecardview)# end

TimeCardView 設定モードを終了します。

ステップ 5

end

 

se-10-0-0-0(config)# end

設定モードを終了します。

ステップ 6

show timecardview configuration

 

se-10-0-0-0# show timecardview configuration

給与管理サーバの設定および関連情報を表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

se-10-0-0-0# copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更部分をスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次の例は、QuickBooks の給与管理サーバのパラメータの設定を示しています。

se-10-0-0-0# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
se-10-0-0-0(config)# service timecardview
se-10-0-0-0(config-timecardview)# payroll server quickbooks address 192.0.2.3 port 7
se-10-0-0-0(config-timecardview)# end
se-10-0-0-0(config)# end
se-10-0-0-0# show timecardview configuration
Service: Enabled
Phone-call User Interface: Enabled
 
Maximum Sessions: 2
Supervisor Session logout time (secs): 60
Employee Session logout time (secs): 60
Week Start Day: Monday
 
Maximum Daily Working Duration (mins): 480
Maximum Daily Overtime Duration (mins): 90
 
Maximum In-Shift Break Time (mins): 1440
Maximum In-Shift Work Time (mins): 1440
Maximum In-Shift Lunch Time (mins): 1440
 
 
Purge Cycle (days): 90
Purge Days-to-Keep (days): 30
Purge Time: 00:30
 
Notification Email(s):
se-10-0-0-0#

QuickBooks との手動同期

TimeCardView と QuickBooks の同期には、承認済みのタイムシートだけを転送する方法と、すべてのタイムシートを転送する方法があります。デフォルトの動作はすべてのタイムシートの転送です。

TimeCardView で転送が行えないと、「Timesheets in an invalid URL.Please try again.」というエラー メッセージが表示されます。このメッセージは、QuickBooks サーバに指定した IP アドレスまたは DNS 名が間違っているか、または QuickBooks の管理者が TimeCardView を TimeCardView と QuickBooks 間の通信設定 で説明している正しいアクセス特権でセットアップしていないことを示しています。

概略手順

EXEC モード:

1. service timecardview synchronize now timesheets approved

2. show timecardview status

詳細手順

 

コマンドまたは操作
目的

ステップ 1

service timecardview synchronize now timesheets approved

 

se-10-0-0-0# service timecardview synchronize now timesheets approved

TimeCardView データを QuickBooks に転送します。オプションとして、承認済みのタイムシートだけを転送するように指定できます。

ステップ 2

show timecardview status

 

se-10-0-0-0# show timecardview status

最後に同期が実行された時刻と日付を表示します

se-10-0-0-0# service timecardview synchronize now timesheets approved
se-10-0-0-0# show timecardview status
Service: Enabled
Active Sessions: 0
 
DB Status: IDLE
DB Usage: 0
Last Purge (dd/MM/yyyy HH:mm:ss):
Payroll Sync Status (04/12/2008 18:06:43):
se-10-0-0-0#

QuickBooks との同期のスケジュール

毎日または毎週、特定の曜日、および時刻を指定して、TimeCardView と QuickBooks との同期のスケジュールを設定できます。また、すべてのタイムシートを転送するか、または承認済みのものだけを転送するかを指定することもできます。

概略手順

EXEC モード:

1. config t

2. service timecardview

3. payroll server synchronization schedule weekly day 7 time 22:00 timesheets all

4. end

5. end

6. show timecardview configuration

7. copy running-config startup-config

詳細手順

 

コマンドまたは操作
目的

ステップ 1

config t

 

se-10-0-0-0# config t

設定モードを開始します。

ステップ 2

service timecardview

 

se-10-0-0-0(config)# service timecardview

TimeCardView 設定モードを開始します

ステップ 3

payroll server synchronization schedule weekly day 1-7 time hh:mm timesheets all

 

 

 

 

 

 

 

se-10-0-0-0(timecardview-config)# payroll server synchronization schedule weekly day 7 time 22:00 timesheets all

日単位または週単位での同期スケジュールを設定します。日単位のスケジュールを設定する場合は、24 時間制で指定する必要があります。また、週単位のスケジュールを設定する場合は、曜日を指定する必要があります。

1 = 月曜日
2 = 火曜日
3 = 水曜日
4 = 木曜日
5 = 金曜日
6 = 土曜日
7 = 日曜日

timesheets には all または approved を指定する必要があります。

ステップ 4

end

 

se-10-0-0-0(config-timecardview)# end

TimeCardView 設定モードを終了します。

ステップ 5

end

 

se-10-0-0-0(config)# end

設定モードを終了します。

ステップ 6

show timecardview configuration

 

se-10-0-0-0# show timecardview configuration

同期スケジュールを表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

se-10-0-0-0# copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更部分をスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次の出力は、QuickBooks の給与管理サーバの同期スケジュールの設定を示しています。

se-10-0-0-0# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
se-10-0-0-0(config)# service timecardview
se-10-0-0-0(config-timecardview)# payroll server synchronization schedule weekly day 7 time 22:00 timesheets all
se-10-0-0-0(config-timecardview)# end
se-10-0-0-0(config)# end
se-10-0-0-0# show timecardview configuration
Service: Enabled
Phone-call User Interface: Disabled
 
Maximum Sessions: 0
Supervisor Session logout time (secs): 60
Employee Session logout time (secs): 60
Week Start Day: Monday
 
Maximum Daily Working Duration (mins): 1440
Maximum Daily Overtime Duration (mins): 0
 
Maximum In-Shift Break Time (mins): 1440
Maximum In-Shift Work Time (mins): 1440
Maximum In-Shift Lunch Time (mins): 1300
 
Payroll Server Type: QuickBooks
Quickbooks Server Address: qbserver
Quickbooks Server Port: 57343
Synchronization Schedule: Weekly
Sync Transfer Mode: All Timesheets
Sync Day: Saturday
Sync Time (HH:MM 24 hour): 22:00
 
Purge Cycle (days): 90
Purge Days-to-Keep (days): 30
Purge Time (HH:MM 24 hour): 00:30
 
Notification Email(s): name@company.com
se-10-0-0-0