Cisco Unity Express 3.1 コマンドリファレンス
S
S
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

S

script(ccn application)

security password

security password history depth

security password lockout enable

security password lockout policy

security password perm-lock max-attempts

security password temp-lock duration

security password temp-lock init-attempts

security password temp-lock max-attempts

security pin

security pin history depth

security pin lockout enable

security pin lockout policy

security pin perm-lock max-attempts

security pin temp-lock duration

security pin temp-lock init-attempts

security pin temp-lock max-attempts

security ssh

security ssh knownhost

service imap

service phone-authentication

service voiceview

service voiceview session terminate

session idletimeout(IMAP)

session idletimeout(VoiceView Express)

session security

show backup

show backup history

show backup server

show calendar biz-schedule

show calendar holiday

show ccn application

show ccn call application

show ccn call fax incoming

show ccn call route

show ccn document:IVR のみ

show ccn engine

show ccn prompts

show ccn reporting historical

show ccn scripts

show ccn sip subscription mwi

show ccn status ccm-manager

show ccn subsystem edbs dbprofile:IVR のみ

show ccn subsystem email:IVR のみ

show ccn subsystem fax:IVR のみ

show ccn subsystem jtapi

show ccn subsystem sip

show ccn trigger all

show ccn trigger http:IVR のみ

show ccn trigger jtapi

show ccn trigger sip

show clock detail

show crypto key

show fax configuration

show group detail groupname

show group profiles

show groups

show groups privileges

show hosts

show imap configuration

show imap sessions

show interface ide

show ip route

show lists detail private

show lists detail public

show lists owner

show lists public

show log

show logging

show logs

show memory

show messaging-gateway

show network detail local

show network detail location id

show network locations

show network locations cached

show network locations configured

show network queues

show ntp associations

show ntp servers

show ntp source

show ntp status

show phone-authentication configuration

show privileges

show processes

show remote cache

show remote user detail

show remote users

show restriction-table

show running-config

show security detail

show security ssh

show smtp server

show software

show software directory

show startup-config

show system language

show trace buffer

show trace store

show trace store-prev

show user detail username

show user profiles

show users

show version

show voicemail

show voicemail broadcast messages

show voicemail configuration

show voicemail conversation

show voicemail fax restriction-table

show voicemail live-record

show voicemail live-reply

show voicemail live-reply restriction-table

show voicemail messages future

show voicemail msg-notification restriction-table

show voicemail non-subscriber restriction-table

show voicemail notification

show voicemail notification owner

show voicemail notification owner cascade

show voicemail notification queue

show voicemail notification restriction-table

show voiceview configuration

show voiceview sessions

show webapp:IVR のみ

shutdown

smtp server address

software download abort

software download clean

software download server

software download status

software download upgrade

software install clean

software install downgrade

software install upgrade

software remove

system language preferred

S

Last Updated: June 30, 2007

script(ccn application)

security password

security password history depth

security password lockout enable

security password lockout policy

security password perm-lock max-attempts

security password temp-lock duration

security password temp-lock init-attempts

security password temp-lock max-attempts

security pin

security pin history depth

security pin lockout enable

security pin lockout policy

security pin perm-lock max-attempts

security pin temp-lock duration

security pin temp-lock init-attempts

security pin temp-lock max-attempts

security ssh

security ssh knownhost

service imap

service phone-authentication

service voiceview

service voiceview session terminate

session idletimeout(IMAP)

session idletimeout(VoiceView Express)

session security

show backup

show backup history

show backup server

show calendar biz-schedule

show calendar holiday

show ccn application

show ccn call application

show ccn call fax incoming

show ccn call route

show ccn document:IVR のみ

show ccn engine

show ccn prompts

show ccn reporting historical

show ccn scripts

show ccn sip subscription mwi

show ccn status ccm-manager

show ccn subsystem edbs dbprofile:IVR のみ

show ccn subsystem email:IVR のみ

show ccn subsystem fax:IVR のみ

show ccn subsystem jtapi

show ccn subsystem sip

show ccn trigger all

show ccn trigger http:IVR のみ

show ccn trigger jtapi

show ccn trigger sip

show clock detail

show crypto key

show fax configuration

show group detail groupname

show group profiles

show groups

show groups privileges

show hosts

show imap configuration

show imap sessions

show interface ide

show ip route

show lists detail private

show lists detail public

show lists owner

show lists public

show log

show logging

show logs

show memory

show messaging-gateway

show network detail local

show network detail location id

show network locations

show network locations cached

show network locations configured

show network queues

show ntp associations

show ntp servers

show ntp source

show ntp status

show phone-authentication configuration

show privileges

show processes

show remote cache

show remote user detail

show remote users

show restriction-table

show running-config

show security detail

show security ssh

show smtp server

show software

show software directory

show startup-config

show system language

show trace buffer

show trace store

show trace store-prev

show user detail username

show user profiles

show users

show version

show voicemail

show voicemail broadcast messages

show voicemail configuration

show voicemail conversation

show voicemail fax restriction-table

show voicemail live-record

show voicemail live-reply

show voicemail live-reply restriction-table

show voicemail messages future

show voicemail msg-notification restriction-table

show voicemail non-subscriber restriction-table

show voicemail notification

show voicemail notification owner

show voicemail notification owner cascade

show voicemail notification queue

show voicemail notification restriction-table

show voiceview configuration

show voiceview sessions

show webapp:IVR のみ

shutdown

smtp server address

software download abort

software download clean

software download server

software download status

software download upgrade

software install clean

software install downgrade

software install upgrade

software remove

system language preferred

script(ccn application)

アプリケーションで使用されるスクリプトを指定するには、Cisco Unity Express アプリケーション設定モードで script コマンドを使用します。スクリプトを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

script script-name [description "description"]

no script script-name

 
シンタックスの説明

script-name

アプリケーションで使用されるスクリプトを指定します。

description “description”

(オプション)スクリプトのオプションの説明を指定します。説明は二重引用符で囲む必要があります。説明のデフォルト値は、スクリプトの名前です。

 
デフォルト

デフォルトの説明は、スクリプトの名前です。

 
コマンド モード

アプリケーション設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例では、aa.aef ファイルが自動受付アプリケーションのスクリプトとして割り当てられます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# ccn application autoattendant

se-10-0-0-0(config-application)# script aa.aef description “AutoAttendant Script”

se-10-0-0-0(config-application)# end

se-10-0-0-0(config)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn application

ボイスメールや自動受付などの CCN アプリケーションを設定します。

show ccn application

CCN アプリケーションの詳細を表示します。

security password

パスワードの長さおよび有効期間をシステム全体にわたって設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password コマンドを使用します。パスワードの長さおよび有効期間をシステムのデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

security password { length min password-length | expiry days password-days }

no security password { length min | expiry }

default security password length min

 
シンタックスの説明

length min password-length

すべてのユーザのパスワードの最小長。有効な値の範囲は 3 ~ 32 です。

expiry days password-days

ユーザのパスワードの最大有効日数。有効な値の範囲は 3 ~ 365 です。この値が設定されていない場合、パスワードは無期限に有効となります。

 
デフォルト

パスワードの長さ = 3
パスワードは無期限に有効です。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システムのセキュリティを制御するには、パスワードの長さおよび有効期間をシステム全体ベースで設定します。

管理者は、この値の長さを 3 文字以上の英数字として設定できます。すべてのユーザがそれ以上の文字数のパスワードを持つように、この値がシステム全体に適用されます。

パスワードの長さは、PIN の長さと同じにする必要はありません。

有効期限は、パスワードが有効な時間(日数)です。この時間に達したら、ユーザは新しいパスワードを入力する必要があります。

有効期間が設定されていない場合、パスワードは無期限に有効です。

パスワードの有効期限は、PIN の有効期限と同じにする必要はありません。

この設定値は、GUI の Defaults > User メニュー オプションを使用して設定することもできます。

次の例では、パスワードの長さが 6 文字に、パスワードの有効期間が 60 日に設定されます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# security password length min 6
se-10-0-0-0(config)# security password expiry days 60
se-10-0-0-0(config)# end
 

次の例では、パスワードの長さがシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# default security password length min
se-10-0-0-0(config)# end
 

次の例では、パスワードの有効期間がシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# no security password expiry
se-10-0-0-0(config)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

security pin

ローカル システムの PIN の長さと有効期間を設定します。

show security detail

パスワードおよび PIN の設定を表示します。

security password history depth

すべてのユーザに対して、各自のパスワード履歴リストに含まれていないパスワードを選択するように強制するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password history depth コマンドを使用します。ユーザが任意のパスワードを選択できるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password history depth depth

no security password history depth depth

 
シンタックスの説明

depth

新しいパスワードと比較される、ユーザの過去のパスワードの数を指定します。範囲は 1 ~ 10 です。

 
コマンド デフォルト

ユーザのパスワード履歴は追跡されません。履歴項目数のデフォルト値は 1 です。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security password history depth コマンドは、すべてのユーザに対して、各自のパスワード履歴リストに含まれていないパスワードを選択するように強制する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。新しいパスワードと比較される、ユーザの過去のパスワードの数も指定する必要があります。この値が「depth」で、1 ~ 10 の整数です。

次の例では、パスワード履歴の項目数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password history depth 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password lockout enable

パスワード ロックアウト機能を有効にするには、Cisco Unity Express 設定モードで security password lockout enable コマンドを使用します。パスワード ロックアウト機能を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password lockout enable

no security password lockout enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

パスワード ロックアウト機能は無効になっています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security password lockout enable コマンドは、パスワード ロックアウト機能を有効にする場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。パスワードのロックアウトを無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。ロックアウトが無効になっている場合は、 show security details コマンドを実行したときに、パスワード ロックアウト機能に関する情報が表示されません。

次の例では、パスワード ロックアウト機能を有効にしています。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password lockout enable

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password lockout policy

ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合に、ユーザを無期限または一時的にロックアウトするかどうかを指定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password lockout policy コマンドを使用します。設定をデフォルトに戻し、ロックアウト ポリシーを「temporary」に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password lockout policy { perm-lock | temp-lock }

no security password lockout policy { perm-lock | temp-lock }

 
シンタックスの説明

perm-lock

ユーザは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合、無期限でロックアウトされます。

temp-lock

ユーザは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合、一時的にロックアウトされます。

 
コマンド デフォルト

ロックアウト ポリシーは temp-lock に設定されています。

ロックアウト期間は 5 分に設定されています。

初期ログイン試行回数は 3 に設定されています。

最大ログイン試行回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security password lockout policy コマンドは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合に、ユーザを無期限または一時的にロックアウトするかどうかを指定する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、パスワードをリセットできるのは管理者のみです。

ポリシーを一時的ロックから無期限ロックに変更する場合、一時的ロックの設定値はすべてリセットされます。このコマンドの no 形式を使用すると、無期限ロックの最大試行回数がリセットされ、ポリシーが temp-lock に設定されます。

次の例では、ロックアウト ポリシーが perm-lock に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password lockout policy perm-lock

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password perm-lock max-attempts

無期限ロックアウト実行のトリガーとなる最大ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password perm-lock max-attempts コマンドを使用します。最大ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password perm-lock max-attempts no_of_max_attempts

no security password perm-lock max-attempts no_of_max_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_max_attempts

ログイン試行の最大失敗回数。この回数に達すると無期限ロックアウトが実行されます。範囲は 1 ~ 200 です。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の最大失敗回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが perm-lock に設定されている必要があります。

security password perm-lock max-attempts コマンドは、アカウントを無期限でロックアウトするまでの最大ログイン試行失敗回数を設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、パスワードをリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は 1 ~ 200 です。

次の例では、ログイン試行の最大失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password perm-lock max-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password temp-lock duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password temp-lock duration コマンドを使用します。初期ロックアウト期間を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password temp-lock duration duration

no security password temp-lock duration duration

 
シンタックスの説明

duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間(分単位)。有効な範囲は 1 ~無限大です。

 
コマンド デフォルト

初期ロックアウト期間は 5 分に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security password temp-lock duration コマンドは、一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、パスワードをリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は未定です。

次の例では、初期ロックアウト期間が 10 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password temp-lock duration 10

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password temp-lock init-attempts

一時的ロックアウト実行のトリガーとなる初期ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password temp-lock init-attempts コマンドを使用します。初期ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password temp-lock init-attempts no_of_init_attempts

no security password temp-lock init-attempts no_of_init_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_init_attempts

ログイン試行の初期失敗回数。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。範囲は 1 ~ max_attempts の値です。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の初期失敗回数は 3 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security password temp-lock init-attempts コマンドは、アカウントを一時的にロックアウトするまでの初期ログイン試行失敗回数を設定する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。一時的ロックアウトの適用期間は、 security password temp-lock duration コマンドで指定します。

初期ログイン試行回数は、 コマンドで指定する最大試行回数以下にする必要があります。有効な範囲は 1 ~ max_attempts の値です。

次の例では、ログイン試行の初期失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password temp-lock init-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

security password temp-lock duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定します。

 

ログイン試行失敗の最大回数を設定します。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security password temp-lock max-attempts

一時的ロックアウト実行のトリガーとなる最大ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security password temp-lock max-attempts コマンドを使用します。最大ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security password temp-lock max-attempts no_of_max_attempts

no security password temp-lock max-attempts no_of_max_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_max_attempts

ログイン試行の最大失敗回数。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。範囲は、設定されている初期試行回数から 200 までです。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の最大失敗回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security password temp-lock max-attempts コマンドは、アカウントを一時的にロックアウトするまでの最大ログイン試行失敗回数を設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、パスワードをリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は、設定されている初期試行回数から 200 までです。

次の例では、ログイン試行の最大失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security password temp-lock max-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin

Personal Identification Number(PIN; 個人識別番号)の長さおよび有効期間をシステム全体にわたって設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin コマンドを使用します。PIN の長さおよび有効期間をシステムのデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

security pin { length min pin-length | expiry days pin-days }

no security pin { length min | expiry }

default security pin length min

 
シンタックスの説明

length min pin-length

すべてのユーザの PIN の最小長。有効な値の範囲は 3 ~ 16 です。

expiry days pin-days

ユーザの PIN の最大有効日数。有効な値の範囲は 3 ~ 365 です。この値が設定されていない場合、PIN は無期限に有効となります。

 
デフォルト

PIN の長さ = 3
PIN は無期限に有効です。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システムのセキュリティを制御するには、PIN の長さおよび有効期間をシステム全体ベースで設定します。

管理者は、この値の長さを 3 文字以上の英数字として設定できます。すべてのユーザがそれ以上の文字数の PIN を持つように、この値がシステム全体に適用されます。

PIN の長さは、パスワードの長さと同じにする必要はありません。

有効期限は、PIN が有効な時間(日数)です。この時間に達したら、ユーザは新しい PIN を入力する必要があります。

有効期限が設定されていない場合、PIN は無期限に有効です。

PIN の有効期限は、パスワードの有効期限と同じにする必要はありません。

この設定値は、GUI の Defaults > User メニュー オプションを使用して設定することもできます。

次の例では、PIN の長さが 5 文字に、PIN の有効期間が 45 日に設定されます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# security pin length min 5
se-10-0-0-0(config)# security pin expiry days 45
se-10-0-0-0(config)# end

次の例では、PIN の長さがシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# default security pin length min
se-10-0-0-0(config)# end
 

次の例では、PIN の有効期間がシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# no security pin expiry days
se-10-0-0-0(config)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

security password

ローカル システムのパスワードの長さと有効期間を設定します。

show security detail

パスワードおよび PIN の設定を表示します。

security pin history depth

すべてのユーザに対して、各自の PIN 履歴リストに含まれていない PIN を選択するように強制するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin history depth コマンドを使用します。ユーザが任意の PIN を選択できるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin history depth depth

no security pin history depth depth

 
シンタックスの説明

depth

新しい PIN と比較される、ユーザの過去の PIN の数を指定します。範囲は 1 ~ 10 です。

 
コマンド デフォルト

ユーザの PIN 履歴は追跡されません。履歴項目数のデフォルト値は 1 です。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security pin history depth コマンドは、すべてのユーザに対して、各自の PIN 履歴リストに含まれていない PIN を選択するように強制する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。新しい PIN と比較される、ユーザの過去の PIN の数も指定する必要があります。この値が「depth」で、1 ~ 10 の整数です。

次の例では、PIN 履歴の項目数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin history depth 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin lockout enable

PIN ロックアウト機能を有効にするには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin lockout enable コマンドを使用します。PIN ロックアウト機能を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin lockout enable

no security pin lockout enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

PIN ロックアウト機能は無効になっています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security pin lockout enable コマンドは、PIN ロックアウト機能を有効にする場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。PIN のロックアウトを無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。ロックアウトが無効になっている場合は、 show security details コマンドを実行したときに、PIN ロックアウト機能に関する情報が表示されません。

次の例では、PIN ロックアウト機能を有効にしています。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin lockout enable

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin lockout policy

ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合に、ユーザを無期限または一時的にロックアウトするかどうかを指定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin lockout policy コマンドを使用します。設定をデフォルトに戻し、ロックアウト ポリシーを「temporary」に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin lockout policy { perm-lock | temp-lock }

no security pin lockout policy { perm-lock | temp-lock }

 
シンタックスの説明

perm-lock

ユーザは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合、無期限でロックアウトされます。

temp-lock

ユーザは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合、一時的にロックアウトされます。

 
コマンド デフォルト

ロックアウト ポリシーは temp-lock に設定されています。

ロックアウト期間は 5 分に設定されています。

初期ログイン試行回数は 3 に設定されています。

最大ログイン試行回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security pin lockout policy コマンドは、ログイン試行の失敗回数が最大数に達した場合に、ユーザを無期限または一時的にロックアウトするかどうかを指定するために Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、PIN をリセットできるのは管理者のみです。

ポリシーを一時的ロックから無期限ロックに変更する場合、一時的ロックの設定値はすべてリセットされます。このコマンドの no 形式を使用すると、無期限ロックの最大試行回数がリセットされ、ポリシーが temp-lock に設定されます。

次の例では、ロックアウト ポリシーが perm-lock に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin lockout policy perm-lock

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin perm-lock max-attempts

無期限ロックアウト実行のトリガーとなる最大ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin perm-lock max-attempts コマンドを使用します。最大ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin perm-lock max-attempts no_of_max_attempts

no security pin perm-lock max-attempts no_of_max_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_max_attempts

ログイン試行の最大失敗回数。この回数に達すると無期限ロックアウトが実行されます。範囲は 1 ~ 200 です。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の最大失敗回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが perm-lock に設定されている必要があります。

security pin perm-lock max-attempts コマンドは、アカウントを無期限でロックアウトするまでの最大ログイン試行失敗回数を設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、PIN をリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は 1 ~ 200 です。

次の例では、ログイン試行の最大失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin perm-lock max-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin temp-lock duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin temp-lock duration コマンドを使用します。初期ロックアウト期間を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin temp-lock duration duration

no security pin temp-lock duration duration

 
シンタックスの説明

duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間(分単位)。有効な範囲は 1 ~無限大です。

 
コマンド デフォルト

初期ロックアウト期間は 5 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security pin temp-lock duration コマンドは、一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定する場合に Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、PIN をリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は未定です。

次の例では、初期ロックアウト期間が 10 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin temp-lock duration 10

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin temp-lock init-attempts

一時的ロックアウト実行のトリガーとなる初期ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin temp-lock init-attempts コマンドを使用します。初期ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin temp-lock init-attempts no_of_init_attempts

no security pin temp-lock init-attempts no_of_init_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_init_attempts

ログイン試行の初期失敗回数。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。範囲は、1 から、設定されている最大試行回数までです。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の初期失敗回数は 3 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security pin temp-lock init-attempts コマンドは、アカウントを一時的にロックアウトするまでの初期ログイン試行失敗回数を設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。一時的ロックアウトの適用期間は、 security pin temp-lock duration コマンドで指定します。

初期ログイン試行回数は、 コマンドで設定する最大試行回数以下にする必要があります。

有効な範囲は、1 から、設定されている最大試行回数までです。

次の例では、ログイン試行の初期失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin temp-lock init-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

security pin temp-lock duration

一時的ロックアウトの初期ロックアウト期間を設定します。

security pin temp-lock max-attempts

ログイン試行失敗の最大回数を設定します。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security pin temp-lock max-attempts

一時的ロックアウト実行のトリガーとなる最大ログイン試行失敗回数を設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security pin temp-lock max-attempts コマンドを使用します。最大ログイン試行失敗回数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security pin temp-lock max-attempts no_of_max_attempts

no security pin temp-lock max-attempts no_of_max_attempts

 
シンタックスの説明

no_of_max_attempts

ログイン試行の最大失敗回数。この回数に達すると一時的ロックアウトが実行されます。範囲は、設定されている初期試行回数から 200 までです。

 
コマンド デフォルト

ログイン試行の最大失敗回数は 24 に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、ロックアウト ポリシーが temp-lock に設定されている必要があります。

security pin temp-lock max-attempts コマンドは、アカウントを一時的にロックアウトするまでの最大ログイン試行失敗回数を設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。アカウントがロックされた場合、アカウントのロックを解除し、PIN をリセットできるのは管理者のみです。

有効な範囲は、設定されている初期試行回数から 200 までです。

次の例では、ログイン試行の最大失敗回数が 6 に設定されます。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security pin temp-lock max-attempts 6

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show security detail

パスワードおよび PIN に関するシステム全体の設定を表示します。

show user auth username

特定ユーザの PIN およびパスワード ログイン ステータスを表示します。

security ssh

SSH の長さおよび有効期間をシステム全体にわたって設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security ssh コマンドを使用します。SSH の長さおよび有効期間をシステムのデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

security ssh { length min ssh-length | expiry days ssh-days }

no security ssh { length min | expiry }

default security ssh length min

 
シンタックスの説明

length min ssh-length

すべてのユーザの SSH の最小長。有効な値の範囲は 3 ~ 16 です。

expiry days ssh-days

ユーザの SSH の最大有効日数。有効な値の範囲は 3 ~ 365 です。この値が設定されていない場合、SSH は無期限に有効となります。

 
デフォルト

SSH の長さ = 3
SSH は無期限に有効です。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

システムのセキュリティを制御するには、SSH の長さおよび有効期間をシステム全体ベースで設定します。

管理者は、この値の長さを 3 文字以上の英数字として設定できます。すべてのユーザがそれ以上の文字数の SSH を持つように、この値がシステム全体に適用されます。

SSH の長さは、パスワードの長さと同じにする必要はありません。

有効期限は、SSH が有効な時間(日数)です。この時間に達したら、ユーザは新しい SSH を入力する必要があります。

有効期限が設定されていない場合、SSH は無期限に有効です。

SSH の有効期限は、パスワードの有効期限と同じにする必要はありません。

この設定値は、GUI の Defaults > User メニュー オプションを使用して設定することもできます。

次の例では、SSH の長さが 5 文字に、SSH の有効期間が 45 日に設定されます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# security ssh length min 5
se-10-0-0-0(config)# security ssh expiry days 45
se-10-0-0-0(config)# end
 

次の例では、SSH の長さがシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# default security ssh length min
se-10-0-0-0(config)# end
 

次の例では、SSH の有効期間がシステムのデフォルトにリセットされます。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# no security ssh expiry days
se-10-0-0-0(config)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

security password

ローカル システムのパスワードの長さと有効期間を設定します。

show security detail

パスワードおよび SSH の設定を表示します。

security ssh knownhost

SSH(セキュア シェル)サーバのホスト キーの MD5(メッセージ ダイジェスト アルゴリズム 5)フィンガープリントおよびタイプを設定するには、Cisco Unity Express 設定モードで security ssh コマンドを使用します。MD5 フィンガープリントを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

security ssh knownhost host {ssh-rsa | ssh-dsa} fingerprint-string

no security ssh knownhost host {ssh-rsa | ssh-dsa} fingerprint-string

 
シンタックスの説明

host

SSH サーバのホスト名または IP アドレス。

ssh-rsa

SSH サーバのホスト キーのこのフィンガープリントの作成に、RSA 暗号化アルゴリズムが使用されたことを示します。

ssh-dsa

SSH サーバのホスト キーのこのフィンガープリントの作成に、デジタル署名アルゴリズム(DSA; Digital Signature Algorithm)が使用されたことを示します。

fingerprint-string

MD5 フィンガープリントの文字列。

 
コマンド デフォルト

指定したホストに対するサーバ認証は実行されません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

security ssh コマンドは、SSH サーバのホスト キーの MD5 フィンガープリントを設定する場合に、Cisco Unity Express 設定モードで使用します。フィンガープリントが設定されている場合、設定済みのフィンガープリントと SSH サーバから返されるフィンガープリントをローカルの SSH/SFTP クライアントが比較して、サーバ認証を実行します。

host 引数には、ホスト名と IP アドレスのいずれも使用できます。

フィンガープリントが設定されていない場合、サーバ認証は実行されません。フィンガープリントは、 write コマンドを使用してもスタートアップ コンフィギュレーションに保存されません。

次の例では、SSH-RSA サーバのホスト キーの MD5 フィンガープリントを指定しています。

se-10-0-0-0# config t

se-10-0-0-0(config)# security ssh knownhost server.cisco.com ssh-rsa a5:3a:12:6d:e9:48:a3:34:be:8f:ee:50:30:e5:e6:c3

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup server authenticate

バックアップ サーバのホスト キーのフィンガープリントを取得します。

show security ssh

設定されている SSH(セキュア シェル)サーバ、およびそのフィンガープリントのリストを表示します。

service imap

IMAP のパラメータを設定するための IMAP 設定モードを開始するには、Cisco Unity Express 設定モードで service imap コマンドを使用します。IMAP のパラメータをすべてデフォルト値に設定し、IMAP 機能を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

service imap

no service imap

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

次の例では、IMAP 設定モードを開始しています。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# service imap
se-10-0-0-0(config-imap)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(IMAP)

IMAP 機能を有効にします。

groupname

ボイスメール グループのパラメータを設定します。

maxsessions(IMAP)

同時に使用できる IMAP セッションの最大数を設定します。

session idletimeout(IMAP)

IMAP セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

session security

IMAP クライアント接続のタイプを設定します。

show imap configuration

すべての IMAP 構成パラメータを表示します。

show imap sessions

アクティブな IMAP セッションをすべて表示します。

service phone-authentication

VoiceView Express 認証モードを開始するには、Cisco Unity Express 設定モードで service phone-
authentication
コマンドを使用します。サービス電話機認証を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

service phone-authentication

no service phone-authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト値はありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

次の例では、VoiceView Express 認証モードを開始しています。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# service phone-authentication
se-10-0-0-0(config-phone-authentication)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(VoiceView Express)

VoiceView Express 機能を有効にします。

fallback-url(Cisco Unified Communications Manager Express のみ)

フォールバック認証サーバを設定します。

service voiceview

VoiceView Express 設定モードを開始します。

service voiceview session terminate

アクティブな VoiceView Express セッションを終了します。

session idletimeout(VoiceView Express)

VoiceView Express セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

show phone-authentication configuration

VoiceView Express 電話機の認証パラメータを表示します。

show voiceview configuration

すべての VoiceView Express 構成パラメータを表示します。

show voiceview sessions

アクティブな VoiceView Express セッションをすべて表示します。

service voiceview

VoiceView Express のパラメータを設定するための VoiceView Express 設定モードを開始するには、Cisco Unity Express 設定モードで service voiceview コマンドを使用します。VoiceView Express のパラメータをすべてデフォルト値に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

service voiceview

no service voiceview

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
デフォルト

VoiceView Express のパラメータは、デフォルト値に設定されています。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

次の例では、VoiceView Express 設定モードを開始しています。

se-10-0-0-0# config t
se-10-0-0-0(config)# service voiceview
se-10-0-0-0(config-voiceview)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(VoiceView Express)

VoiceView Express 機能を有効にします。

fallback-url(Cisco Unified Communications Manager Express のみ)

フォールバック認証サーバを設定します。

service phone-authentication

VoiceView Express 電話機認証モードを開始します。

service voiceview session terminate

アクティブな VoiceView Express セッションを終了します。

session idletimeout(VoiceView Express)

VoiceView Express セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

show phone-authentication configuration

VoiceView Express 電話機の認証パラメータを表示します。

show voiceview configuration

すべての VoiceView Express 構成パラメータを表示します。

show voiceview sessions

アクティブな VoiceView Express セッションをすべて表示します。

service voiceview session terminate

アクティブな VoiceView Express セッションを終了するには、Cisco Unity Express EXEC モードで service voiceview session terminate コマンドを使用します。

service voiceview session terminate mailbox mailbox-id

 
シンタックスの説明

mailbox mailbox-id

アクティブな VoiceView Express セッションのあるメールボックスの ID。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

メールボックスにアクティブな VoiceView Express セッションがない場合、またはメールボックスの ID が無効な場合は、エラー メッセージが表示されます。

このコマンドでは、セッションが終了したことを示すメッセージは表示されません。

次の例では、 service voiceview session terminate コマンドを使用しています。

se-10-0-0-0# service voiceview session terminate mailbox user1
se-10-0-0-0#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(VoiceView Express)

VoiceView Express 機能を有効にします。

fallback-url(Cisco Unified Communications Manager Express のみ)

フォールバック認証サーバを設定します。

service phone-authentication

VoiceView Express 電話機認証モードを開始します。

service voiceview

VoiceView Express 設定モードを開始します。

session idletimeout(VoiceView Express)

VoiceView Express セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

show phone-authentication configuration

VoiceView Express 電話機の認証パラメータを表示します。

show voiceview configuration

すべての VoiceView Express 構成パラメータを表示します。

show voiceview sessions

アクティブな VoiceView Express セッションをすべて表示します。

session idletimeout(IMAP)

IMAP セッションの無活動タイムアウト期間を設定するには、IMAP 設定モードで session idletimeout コマンドを使用します。アイドル タイムアウトをデフォルト値に設定するには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

session idletimeout minutes

no session idletimeout

default session idletimeout

 
シンタックスの説明

minutes

各 IMAP セッションの無活動期間(分単位)。有効な値は 30 ~ 120 分です。デフォルト値は 30 分です。

 
デフォルト

アイドル タイムアウトは 30 分です。

 
コマンド モード

IMAP 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

IMAP の構成パラメータを変更した後は、IMAP サーバを再起動して、新しいパラメータ値を有効にしてください。

次の例では、IMAP セッションのアイドル タイムアウト値が 45 分に設定されます。

se-10-0-0-0#config t
se-10-0-0-0(config)# service imap
se-10-0-0-0(config-imap)# session idletimeout 45
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(IMAP)

IMAP 機能を有効にします。

groupname

ボイスメール グループのパラメータを設定します。

maxsessions(IMAP)

同時に使用できる IMAP セッションの最大数を設定します。

service imap

IMAP 設定モードを開始します。

session security

IMAP クライアント接続のタイプを設定します。

show imap configuration

すべての IMAP 構成パラメータを表示します。

show imap sessions

アクティブな IMAP セッションをすべて表示します。

session idletimeout(VoiceView Express)

VoiceView Express セッションの無活動タイムアウト期間を設定するには、VoiceView Express 設定モードで session idletimeout コマンドを使用します。アイドル タイムアウトをデフォルトに設定するには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

session idletimeout minutes

no session idletimeout

default session idletimeout

 
シンタックスの説明

minutes

各 VoiceView Express セッションの無活動期間(分単位)。有効な値は 5 ~ 30 分です。デフォルト値は 5 分です。

 
デフォルト

アイドル タイムアウトは 5 分です。

 
コマンド モード

VoiceView Express 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

設定した期間(分単位)にわたって VoiceView Express セッションのアイドル状態が継続した場合、セッションは切断されます。

このタイムアウトはシステム全体にわたるパラメータであり、個々のユーザおよびグループについては設定できません。

次の例では、VoiceView Express セッションのアイドル タイムアウト値が 15 分に設定されます。

se-10-0-0-0#config t
se-10-0-0-0(config)# service voiceview
se-10-0-0-0(config-voiceview)# session idletimeout 15

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(VoiceView Express)

VoiceView Express 機能を有効にします。

fallback-url(Cisco Unified Communications Manager Express のみ)

フォールバック認証サーバを設定します。

service phone-authentication

VoiceView Express 電話機認証モードを開始します。

service voiceview

VoiceView Express 設定モードを開始します。

service voiceview session terminate

アクティブな VoiceView Express セッションを終了します。

show phone-authentication configuration

VoiceView Express 電話機の認証パラメータを表示します。

show voiceview configuration

すべての VoiceView Express 構成パラメータを表示します。

show voiceview sessions

アクティブな VoiceView Express セッションをすべて表示します。

session security

IMAP クライアントからの許容する接続のタイプを設定するには、IMAP 設定モードで session security コマンドを使用します。接続タイプを none に設定するには、このコマンドの no 形式または default 形式を使用します。

session security { ssl | none | mixed }

no session security

default session security

 
シンタックスの説明

ssl

IMAP クライアントからの SSL 接続のみを許可します。

none

IMAP クライアントからの SSL 以外の接続のみを許可します。

mixed

IMAP クライアントからの SSL 接続と SSL 以外の接続の両方を許可します。

 
デフォルト

デフォルト値は none です。

 
コマンド モード

IMAP 設定

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

接続タイプを設定するには、デフォルトのセキュリティ証明書およびプライベート キーをシステムに事前に配置する必要があります。この値のペアを生成するには、 crypto key generate コマンドを使用します。

次の例では、IMAP 接続のタイプが SSL のみに設定されます。

se-10-0-0-0#config t
se-10-0-0-0(config)# service imap
se-10-0-0-0(config-imap)# session session ssl

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto key generate

証明書とプライベート キーのペアを生成します。

enable(IMAP)

IMAP 機能を有効にします。

groupname

ボイスメール グループのパラメータを設定します。

maxsessions(IMAP)

同時に使用できる IMAP セッションの最大数を設定します。

service imap

IMAP 設定モードを開始します。

session security

IMAP セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

show imap configuration

すべての IMAP 構成パラメータを表示します。

show imap sessions

アクティブな IMAP セッションをすべて表示します。

show backup

バックアップ ファイルの格納に使用されるサーバの情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show backup コマンドを使用します。

show backup

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、FTP サーバの URL、FTP サーバ上のユーザ アカウント、およびサーバ上に格納されるバックアップ ファイル リビジョン数を表示します。

次の例は、 show backup コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show backup
 
Server URL: ftp://10.12.0.1/ftp
User Account on Server:
Number of Backups to Retain: 5
 

表4 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表4 show backup のフィールドの説明

フィールド
説明

Server URL

バックアップ サーバの IP アドレス。

User Account on Server

(オプション)バックアップ サーバのユーザ ID。

Number of Backups to Retain

格納するバックアップ ファイルの数(最も古いファイルが上書きされる)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

バックアップ データを選択し、バックアップ プロセスを開始します。

show backup history

バックアップおよび復元の手順が成功したかどうかを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show backup history コマンドを使用します。

show backup history

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、個々のバックアップ ファイル、ファイルのバックアップ ID、ファイルに格納されたデータのタイプ、およびバックアップ手順の成功または失敗を表示します。

次の例は、 show backup history コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show backup history
 
Start Operation
Category: Configuration
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Backup
Backupid: 1
Restoreid: -1
Description: test backup 1
Date: Sun Jun 13 12:23:38 PDT 1993
Result: Failure
Reason: Script execution failed: /bin/BR_VMConfg_backup.sh: returnvalue:1
; Server Url:ftp://10.100.10.215/CUE_backup: returnvalue:9 Unable to authenticate
#End Operation
 
#Start Operation
Category: Data
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Backup
Backupid: 1
Restoreid: -1
Description: test backup 1
Date: Sun Jun 13 12:23:44 PDT 1993
Result: Failure
Reason: Script execution failed: /bin/BR_VMData_backup.sh: returnvalue:1
Voicemail Backup failed; Server Url:ftp://10.100.10.215/CUE_backup: returnvalue:9
Unable to authenticate
#End Operation
 
#Start Operation
Category: Configuration
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Backup
Backupid: 2
Restoreid: -1
Description: CUE test backup
Date: Sun Jun 13 12:32:48 PDT 1993
Result: Success
Reason:
#End Operation
 
#Start Operation
Category: Data
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Backup
Backupid: 2
Restoreid: -1
Description: CUE test backup
Date: Sun Jun 13 12:32:57 PDT 1993
Result: Success
Reason:
#End Operation
 
#Start Operation
Category: Configuration
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Restore
Backupid: 2
Restoreid: 1
Description:
Date: Sun Jun 13 12:37:52 PDT 1993
Result: Success
Reason:
#End Operation
 
#Start Operation
Category: Data
Backup Server: ftp://10.100.10.215/CUE_backup
Operation: Restore
Backupid: 2
Restoreid: 1
Description:
Date: Sun Jun 13 12:38:00 PDT 1993
Result: Success
Reason:
#End Operation
 

表5 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表5 show backup history のフィールドの説明

フィールド
説明

Category

バックアップされたファイルのタイプ(データ、設定、またはすべて)を示します。

Backup Server

バックアップ サーバのロケーション。

Operation

実行された操作のタイプ。

Backupid

バックアップ ファイルの ID 番号。

Restoreid

このファイルの復元に使用する ID。

Description

(オプション)バックアップ手順の説明。

Date

操作が発生した日時(hh:mm:ss 形式)。

Result

操作の結果(成功または失敗)。

Reason

操作が失敗した場合に、失敗の理由が示されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup

バックアップ データを選択し、バックアップ プロセスを開始します。

show backup server

バックアップ ファイルの ID を表示します。

show backup server

直近のバックアップ ファイルの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show backup server コマンドを使用します。

show backup server

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、バックアップ サーバ上の使用可能なバックアップ ファイルのリストを表示します。ファイルはカテゴリ別に分類され、各バックアップの日付とバックアップ ファイルの ID が示されます。バックアップ手順の成功または失敗については、 show backup history コマンドを参照してください。

次の例は、 show backup server コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show backup server
 
Category: Data
Details of last 5 backups
Backupid: 1
Date: Tue Jul 22 10:55:52 PDT 2003
Description:
 
Backupid: 2
Date: Tue Jul 29 18:06:33 PDT 2003
Description:
 
Backupid: 3
Date: Tue Jul 29 19:10:32 PDT 2003
Description:
 
Category: Configuration
Details of last 5 backups
Backupid: 1
Date: Tue Jul 22 10:55:48 PDT 2003
Description:
 
 
 
Backupid: 2
Date: Tue Jul 29 18:06:27 PDT 2003
Description:
 
Backupid: 3
Date: Tue Jul 29 19:10:29 PDT 2003
Description:
 

表6 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表6 show backup server のフィールドの説明

フィールド
説明

Category

バックアップ ファイルのタイプ。

Backupid

バックアップ ファイルの ID 番号。

Date

ファイルがバックアップされた日時(hh:mm:ss 形式)。

Description

(オプション)バックアップ ファイルの説明。

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup

バックアップ データを選択し、バックアップ プロセスを開始します。

show backup history

バックアップおよび復元の手順が成功したかどうかを表示します。

show calendar biz-schedule

営業時間のスケジュールを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show calendar biz-schedule コマンドを使用します。

show calendar biz-schedule { schedule-name | all }

 
シンタックスの説明

schedule-name

表示する営業時間スケジュールの名前。

all

ローカル システム上に設定されている営業時間スケジュールをすべて表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

営業時間のスケジュールを作成する場合は、 calendar biz-schedule コマンドを使用します。

次の例では、営業時間スケジュール holiday-season が表示されます。

se-10-0-0-0# show calendar biz-schedule holiday-season
 
******************************
Schedule: holiday-season
Day Open Hours
-------------------------------
Sunday 09:00 to 15:00
Monday 08:30 to 17:30
Tuesday 08:30 to 17:30
Wednesday 08:30 to 17:30
Thursday 08:00 to 21:00
Friday 08:00 to 21:00
Saturday 08:00 to 21:30
 

次の例では、ローカル システム上に設定されている営業時間スケジュールがすべて表示されます。デフォルトのスケジュール SystemSchedule も含まれます。

sse-10-0-0-0# show calendar biz-schedule all
 
******************************
Schedule: systemschedule
Day Open Hours
-------------------------------
Sunday Open all day
Monday Open all day
Tuesday Open all day
Wednesday Open all day
Thursday Open all day
Friday Open all day
Saturday Open all day
 
******************************
Schedule: normal
Day Open Hours
-------------------------------
Sunday None
Monday 08:30 to 17:30
Tuesday 08:30 to 17:30
Wednesday 08:30 to 17:30
Thursday 08:30 to 20:00
Friday 08:30 to 18:00
Saturday 09:00 to 13:00
 
******************************
Schedule: holiday-season
Day Open Hours
-------------------------------
Sunday 09:00 to 15:00
Monday 08:30 to 17:30
Tuesday 08:30 to 17:30
Wednesday 08:30 to 17:30
Thursday 08:00 to 21:00
Friday 08:00 to 21:00
Saturday 08:00 to 21:30

 
関連コマンド

コマンド
説明

calendar biz-schedule

営業時間スケジュールを作成します。

closed day

特定の曜日について、営業時間外となる時間帯を指定します。

open day

特定の曜日について、営業時間となる時間帯を指定します。

show calendar holiday

ローカル システム上に設定されている休日を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show calendar holiday コマンドを使用します。

show calendar holiday [ all | year yyyy [ month mm ] | fixed]

 
シンタックスの説明

year yyyy

(オプション)休日リストの年。ここで yyyy は 4 桁の年です。

month mm

(オプション)休日リストの月。ここで mm は 2 桁の月です。

fixed

(オプション)定休日のみを表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

3.0

このコマンドが変更され、定休日が表示されるようになりました。

次の例では、システムに設定されているすべての休日が表示されます。

se-10-0-0-0# show calendar holiday
 
********************************
Year: 2004
********************************
February 14 FIXED Valentine's day
September 04 Labor Day
November 01 FIXED
November 25 Thanksgiving
December 31 FIXED New year's eve
 
********************************
Year: 2005
********************************
February 14 FIXED Valentine's day
July 04 July 4th
September 05 Labor Day
November 01 FIXED
November 24 Thanksgiving
December 25 Christmas
December 31 FIXED New year's eve

 

次の例では、特定の年に設定されている休日が表示されます。

se-10-0-0-0-0# show calendar holiday year 2005
 
********************************
Year: 2005
********************************
February 14 FIXED Valentine's day
July 04 July 4th
September 05 Labor Day
November 01 FIXED
November 24 Thanksgiving
December 25 Christmas
December 31 FIXED New year's eve

 

次の例では、特定の月の休日がすべて表示されます。

se-10-0-0-0# show calendar holiday year 2005 month 12
 
********************************
Year: 2005
********************************
December 25 Christmas
December 31 FIXED New year's eve
 

指定した年または月に休日が設定されていない場合は、次のようなメッセージが表示されます。

se-10-0-0-0# show calendar holiday year 2006
 
No holidays found for the specified year
 

次の例では、システムに設定されている定休日のみが表示されます。

se-10-0-0-0# show calendar holiday fixed
 
********************************
Year: 2004
********************************
February 14 FIXED Valentine's day
November 01 FIXED
December 31 FIXED New year's eve
 
********************************
Year: 2005
********************************
February 14 FIXED Valentine's day
November 01 FIXED
December 31 FIXED New year's eve
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

calendar holiday

ローカル システム上に休日リストを作成します。

show ccn application

現在設定されているアプリケーションを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn application コマンドを使用します。

show ccn application

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show ccn application コマンドのサンプル出力を示しています。

cue-10-0-0-0# show ccn application
 
Name: ciscomwiapplication
Description: ciscomwiapplication
Script: setmwi.aef
ID number: 0
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
strMWI_OFF_DN: 8001
strMWI_ON_DN: 8000
CallControlGroupID: 0
 
Name: voicemail
Description: voicemail
Script: voicebrowser.aef
ID number: 1
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
logoutUri: http://localhost/voicemail/vxmlscripts/Logout.jsp
uri: http://localhost/voicemail/vxmlscripts/login.vxml
 
Name: autoattendant
Description: Auto Attendant
Script: aa.aef
ID number: 2
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
MaxRetry: 3
operExtn: 0
welcomePrompt: AAWelcome.wav
 

表7 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表7 show ccn application のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

アプリケーションの名前。

Description

アプリケーションの説明。

Script

アプリケーション スクリプトのファイル名。

ID number

設定シーケンス番号の順序。

Enabled

アクティブ ステータスの状態。

Maximum number of sessions

アプリケーションが処理できる最大同時通話数。

logoutUri

ボイスメール アプリケーションで実行する logout Voice XML スクリプトの場所。

uri

ボイスメール アプリケーションで実行する login Voice XML スクリプトの場所。

MaxRetry

ユーザがサブメニュー オプションへの応答を間違えた場合に、何回間違えた時点でアプリケーションが通話を切断するか。

strMWI_OFF_DN

MWI オフの内線番号。

strMWI_ON_DN

MWI オンの内線番号。

CallControlGroupID

シーケンス番号。

operExtn

発信者が 0 を押したときにダイヤルされる、自動受付オペレータの内線番号。

welcomePrompt

初期プロンプトのファイル名。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn engine

アプリケーション エンジン パラメータを表示します。

show ccn scripts

設定されているスクリプトを表示します。

show ccn subsystem sip

設定されているサブシステムを表示します。

show ccn trigger all

アプリケーションの設定済みトリガーを表示します。

show ccn call application

特定アプリケーションのアクティブな通話を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn call application コマンドを使用します。

show ccn call application [ all [ subsystem { jtapi | sip }] |
application-name [ subsystem { jtapi | sip }]]

 
シンタックスの説明

all

(オプション)すべてのアプリケーションのアクティブな通話を表示します。

application-name

(オプション)指定したアプリケーションのアクティブな通話を表示します。

subsystem jtapi

(オプション)JTAPI サブシステムのアクティブな通話を表示します。

subsystem sip

(オプション)SIP サブシステムのアクティブな通話を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show ccn call application コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn call application voicemail
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
 
**** Details for route ID :1200 ****
-------------------------------------
 
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :4
Port Impl ID :16904
Port State :IN_USE
Call Id :241
Call Impl Id :FFCE47C8-669711D6-8C4BF237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :1
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000122
Called Number :1200
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
 
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :6
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :16970
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16904
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K
 
se-10-0-0-0# show ccn call application promptmgmt
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
 
**** Details for route ID :1202 ****
-------------------------------------
 
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :3
Port Impl ID :16902
Port State :IN_USE
Call Id :242
Call Impl Id :92023CF-669811D6-8C50F237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :1
Application Associated :promptmgmt
Application Task Id :17000000123
Called Number :1202
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :5
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :18534
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16902
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K
 

表8 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表8 show ccn call application のフィールドの説明

フィールド
説明

Port ID

ポートの ID 番号。

Port Impl ID

ポートの実装 ID。これはシステムの内部で生成される番号です。

Port State

ポートのステータス。

Call Id

通話の ID 番号。

Call Impl Id

通話の実装 ID。これはシステムの内部で生成される番号です。

Call State

通話のステータス。

Call active time (in seconds)

通話がアクティブになっている時間の長さ(秒単位)。

Application Associated

通話に関連付けられているアプリケーション。

Application Task Id

通話に関連付けられているアプリケーション タスクの ID。

Called Number

発信先の電話番号または内線番号。

Dialed Number

ダイヤルされた電話番号または内線番号。

Calling Number

発信元の電話番号または内線番号。

ANI

発信側の自動番号識別。

DNIS

着信側の着信番号識別サービス。

CLID

着信通話の発信者 ID。

Arrival Type

着信通話のタイプ。

Last Redirected Number

転送通話の場合に、通話を転送した番号が表示されます。

Original Called Number

転送通話の場合に、元の発信先番号が表示されます。

Original Dialed Number

転送通話の場合に、発信者によって当初にダイヤルされた番号が表示されます。

Media Id

メディアの ID。

Media State

メディアのステータス。

Media Destination Address

メディア宛先の IP アドレス。

Media Destination Port

メディアのポート番号。

Destination Size

宛先のサイズ。

Destination Payload

メディアのペイロード。

Media Source Address

メディア送信元の IP アドレス。

Media Source Port

メディア送信元のポート番号。

Source Size

送信元のサイズ。

Source Payload

送信元のペイロード。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn call terminate

アクティブな通話を終了します。

show ccn call route

指定したルートのアクティブな通話を表示します。

show ccn call fax incoming

着信 Cisco Unity Express IVR ファックスのアクティブな通話を表示するには、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn call fax incoming コマンドを使用します。

show ccn call fax incoming

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の例では、着信通話が録音されているときの着信ファックス通話のリストが表示されます。

se-10-0-0-0> show ccn call fax incoming
Connect Time Sender Receiver
=======================================================================
Mon Jan 15 12:56:26 PST 2007 1111 5000
 
1 incoming fax call(s)
 

表9 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表9 show ccn call fax incoming のフィールドの説明

フィールド
説明

Connect Time

着信ファックス セッションの接続が確立された時刻。

Sender

着信ファックス セッションの送信者の電話番号。

Receiver

着信ファックス セッションの受信者の電話番号。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn subsystem fax:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR ファックスの設定値を設定します。

show ccn call route

特定ルートのアクティブな通話を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn call route コマンドを使用します。

show ccn call route [ all [ subsystem { jtapi | sip }] | route-address [ subsystem { jtapi | sip }]]

 
シンタックスの説明

all

(オプション)すべてのルートのアクティブな通話を表示します。

route-address

(オプション)指定したルートのアクティブな通話を表示します。

subsystem jtapi

(オプション)JTAPI サブシステムのアクティブな通話を表示します。

subsystem sip

(オプション)SIP サブシステムのアクティブな通話を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ルート アドレスは、アプリケーションに対して設定されるトリガー番号です。設定されているトリガーのリストを表示するには、 show ccn trigger コマンドを使用します。

次の例は、 show ccn call route コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn call route
 
Active Call Details for Subsystem :JTAPI
-----------------------------------------
 
 
**** Details for route ID :2200 ****
-------------------------------------
 
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :2
Port Impl ID :2225550150
Port State :IN_USE
Call Id :9
Call Impl Id :1566/1
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :12
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000010
Called Number :2200
Dialed Number :
Calling Number :2001
ANI :
DNIS :
CLID :
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :2200
Original Dialed Number :
 
Media Id :2
Media State :IN_USE
Media Destination Address :172.16.59.11
Media Destination Port :22814
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.14.133
Media Source Port :16388
Source Size :20
Source Payload :G711ULAW64K
 
** Active Port #2:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :1
Port Impl ID :2225550151
Port State :IN_USE
Call Id :10
Call Impl Id :1567/1
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :12
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000011
Called Number :2200
Dialed Number :
Calling Number :2003
ANI :
DNIS :
CLID :
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :2200
Original Dialed Number :
 
Media Id :1
Media State :IN_USE
Media Destination Address :172.16.59.12
Media Destination Port :27928
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.14.133
Media Source Port :16386
Source Size :20
Source Payload :G711ULAW64K
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 

次の例では、ルート 1200 でアクティブな通話が表示されます。ルート 1200 は、ボイスメール アプリケーションのトリガー番号です。

se-10-0-0-0# show ccn call route 1200
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
 
**** Details for route ID :1200 ****
-------------------------------------
 
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :8
Port Impl ID :16912
Port State :IN_USE
Call Id :246
Call Impl Id :E682B0A9-673311D6-8C64F237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :0
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000127
Called Number :1200
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :1
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :18812
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16912
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K
 

表10 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表10 show ccn call route のフィールドの説明

フィールド
説明

Port ID

ポートの ID 番号。

Port Impl ID

ポートの実装 ID。これはシステムの内部で生成される番号です。

Port State

ポートのステータス。

Call Id

通話の ID 番号。

Call Impl Id

通話の実装 ID。これはシステムの内部で生成される番号です。

Call State

通話のステータス。

Call active time (in seconds)

通話がアクティブになっている時間の長さ(秒単位)。

Application Associated

通話に関連付けられているアプリケーション。

Application Task Id

通話に関連付けられているアプリケーション タスクの ID。

Called Number

発信先の電話番号または内線番号。

Dialed Number

ダイヤルされた電話番号または内線番号。

Calling Number

発信元の電話番号または内線番号。

ANI

発信側の自動番号識別。

DNIS

着信側の着信番号識別サービス。

CLID

着信通話の発信者 ID。

Arrival Type

着信通話のタイプ。

Last Redirected Number

転送通話の場合に、通話を転送した番号が表示されます。

Original Called Number

転送通話の場合に、元の発信先番号が表示されます。

Original Dialed Number

転送通話の場合に、発信者によって当初にダイヤルされた番号が表示されます。

Media Id

メディアの ID。

Media State

メディアのステータス。

Media Destination Address

メディア宛先の IP アドレス。

Media Destination Port

メディアのポート番号。

Destination Size

宛先のサイズ。

Destination Payload

メディアのペイロード。

Media Source Address

メディア送信元の IP アドレス。

Media Source Port

メディア送信元のポート番号。

Source Size

送信元のサイズ。

Source Payload

送信元のペイロード。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn call terminate

アクティブな通話を終了します。

show ccn call application

指定したアプリケーションのアクティブな通話を表示します。

show ccn trigger all

現在設定されているトリガーを表示します。

show ccn document:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR ドキュメントを表示するには、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn document コマンドを使用します。

show ccn document { all | generic | template | tiff }

 
シンタックスの説明

all

すべてのタイプのドキュメントを表示します。

generic

一般的な形式のドキュメントを表示します。

template

テンプレート ドキュメントを表示します。

tiff

Tagged Image File Format(TIFF)ドキュメントを表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show ccn document all コマンドのサンプル出力を示しています。この出力では、ファイル拡張子が .txt および .tif のサンプル ドキュメントが一覧表示されます。

se-10-0-0-0> show ccn document all
 
Name: template.txt
Language: en_US
Type: Template
Last Modified Date: Wed Jan 24 16:36:57 EST 2007
Length in Bytes: 30
 
Name: larkin.tif
Language: en_US
Type: Tiff
Last Modified Date: Wed Jan 24 12:47:26 EST 2007
Length in Bytes: 59939
 
Name: logo.tif
Language: en_US
Type: Tiff
Last Modified Date: Wed Jan 24 14:02:22 EST 2007
Length in Bytes: 58804
 
Name: test.txt
Language: en_US
Type: Generic
Last Modified Date: Wed Jan 24 16:36:55 EST 2007
Length in Bytes: 21
 

次の例は、 show ccn document generic コマンドのサンプル出力を示しています。この出力では、ファイル拡張子が .txt の一般的な形式のサンプル ドキュメントが一覧表示されます。

se-10-0-0-0> show ccn document generic
 
Name: test.txt
Language: en_US
Type: Generic
Last Modified Date: Wed Jan 24 16:36:55 EST 2007
Length in Bytes: 21

次の例は、 show ccn document template コマンドのサンプル出力を示しています。この出力では、テンプレート ドキュメントのみが一覧表示されます。

se-10-0-0-0> show ccn document template
 
Name: template.txt
Language: en_US
Type: Template
Last Modified Date: Wed Jan 24 16:36:57 EST 2007
Length in Bytes: 30
 
se-10-0-0-0> show ccn document tiff
 
Name: larkin.tif
Language: en_US
Type: Tiff
Last Modified Date: Wed Jan 24 12:47:26 EST 2007
Length in Bytes: 59939
 
Name: logo.tif
Language: en_US
Type: Tiff
Last Modified Date: Wed Jan 24 14:02:22 EST 2007
Length in Bytes: 58804
 

表11 で、上の例に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表11 show ccn document のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

ドキュメント ファイルの名前(ファイルの拡張子を含む)。

Language

(オプション)ドキュメント ファイルの言語( xx_YY 形式)。

Type

次のいずれかのドキュメント ファイル タイプ。

Generic

Template

TIFF

Last Modified Date

ドキュメントの最終更新日。形式は次のとおりです。

day of the week:month:date:hour:minute:second:timezone:year

Length in Bytes

ドキュメントのサイズ(バイト単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn copy document:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR システムにあるドキュメントを、指定した URL にコピーします。

ccn delete document:IVR のみ

既存のドキュメントを Cisco Unity Express IVR システムから削除します。

show ccn engine

設定されている Cisco Unity Express ソフトウェア エンジンの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn engine コマンドを使用します。

show ccn engine

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show ccn engine コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn engine
 
Maximum number of Tasks: 0
Maximum number of Steps: 1000
 

表12 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表12 show ccn engine のフィールドの説明

フィールド
説明

Maximum number of Tasks

Cisco Communication Network(CCN)エンジンが同時に処理できるタスクの最大数。

Maximum number of Steps

1 つのスクリプトで実行できる手順の最大数。スクリプトの実行中にこの最大数に達した場合は、実行が停止します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn application

設定されているアプリケーションを表示します。

show ccn scripts

設定されているスクリプトを表示します。

show ccn subsystem sip

設定されているサブシステムを表示します。

show ccn trigger all

アプリケーションの設定済みトリガーを表示します。

show ccn prompts

設定されている自動受付グリーティング プロンプト ファイルを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn prompts コマンドを使用します。

show ccn prompts [ language xx_YY ]

 
シンタックスの説明

language xx_YY

(オプション)プロンプトの言語。サポートされる言語のリストについては、『 Release Notes for Cisco Unity Express 2.3 』を参照してください。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

2.0

language オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、新しいプロンプト ファイルを設定する前に既存のファイル名を確認する場合や、プロンプトを削除する前に、削除対象のプロンプト ファイルの名前を確認する場合に使用します。

言語を指定しない状態でこのコマンドを使用した場合は、インストールされているすべての言語のユーザ プロンプトが表示されます。

言語を指定してこのコマンドを使用した場合は、指定した言語のユーザ プロンプトのみが表示されます。

Cisco Unity Express では、インストールできるのは 1 言語のみです。

次の例は、 show ccn prompts コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn prompts
 
Name: AAExtnOutOfService.wav
Language: de_DE
Last Modified Date: Thu Oct 21 a0:57:35 PDT 2004
Length: 25462
 
 

表13 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表13 show ccn prompts のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

プロンプト ファイルの名前。

Language

プロンプト ファイルの言語。

Last Modified Date

プロンプト ファイルの最終更新日。

Length

プロンプト ファイルの長さ(秒単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn copy prompt

指定した URL にプロンプトをコピーします。

ccn delete prompt

指定したプロンプトを削除します。

voicemail default

デフォルトのボイスメール言語を指定します。

show ccn reporting historical

Cisco Unity Express IVR レポート履歴データベースのパラメータを表示するには、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn reporting historical コマンドを使用します。

show ccn reporting historical

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show ccn reporting historical コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn reporting historical
 
Database Information
--------------------
Enabled : Yes
Location : Local
Connection : Active
Description: ac-milan-cue.localdomain
Node ID: 0
DB Usage: 0% (Thu Jan 25 04:00:04)
 
Purge Schedule
--------------
Daily Time: 4:00 AM
Data older than 365 days will be purged
Date of last completed purge: Thu Jan 25 04:00:04
 
Purge Capacity Configuration
----------------------------
Email Address:
Warning Capacity: 85%
Purge Capacity: 90%
Oldest Days to purge: 7
 

表14 で、上の例に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表14 show ccn reporting historical のフィールドの説明

フィールド
説明

Database Information

Enabled

レポート履歴データベースが有効になっているかどうかを示します。

Location

レポート履歴データベースの場所を示します。

Connection

データベース接続がアクティブになっているかどうかを示します。

Description

ローカルのレポート履歴データベースの名前。

Node ID

データベースのノード ID。

DB Usage

表示されている日時のデータベース使用状況(%)。

Database Purge Schedule

Daily Time

毎日の消去開始時刻。

Data older than 365 days will be purged

データを消去するまでの日数。この日数に達すると、毎日の消去スケジュールに従ってデータが消去されます。

Date of last completed purge

データベース消去が完了した直近の日付。

Purge Capacity Configuration

E-mail Address

データベースの使用容量が所定の値に達した場合に、警告が送信される電子メール アドレス。

Warning Capacity

データベースの使用容量(%)。この値以上になると、警告の電子メールが送信されます。

Purge Capacity

データベースの使用容量(%)。この値以上になると、データベースに対して消去が実行されます。

Oldest Days to purge

古いデータを消去するまでの日数。この値に達すると、消去の対象になります。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn reporting historical

Cisco Unity Express IVR レポート履歴データベースの設定値を設定します。

show ccn scripts

スクリプトのファイル名を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn scripts コマンドを使用します。

show ccn scripts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show ccn scripts コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn scripts
 
Name: setmwi.aef
Description: setmwi.aef
Name: voicebrowser.aef
Description: voicebrowser.aef
Name: aa.aef
Description: aa.aef
se-10-0-0-0#
 

表15 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表15 show ccn scripts のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

スクリプト ファイルの名前。

Description

(オプション)スクリプト ファイルの説明。説明を設定しない場合、システムは説明にスクリプト名を使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn application

設定されているアプリケーションを表示します。

show ccn engine

設定されているアプリケーション エンジン パラメータを表示します。

show ccn prompts

設定されている自動受付プロンプト ファイルを表示します。

show ccn subsystem sip

設定されているサブシステムを表示します。

show ccn trigger all

アプリケーションの設定済みトリガーを表示します。

show ccn sip subscription mwi

すべてのアクティブな MWI サブスクリプションのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn sip subscription mwi コマンドを使用します。

show ccn sip subscription mwi

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが、NM-CUE モジュールおよび NM-CUE-EC モジュールで導入されました。

次の例は、 show ccn sip subscription コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn sip subscription mwi
 
DN Subscription Time Expires
5012 Mon May 24 2006 10:43:33 PDT 2006 3600
5011 Mon May 24 2006 10:43:33 PDT 2006 3600
 

次の例は、アクティブなサブスクリプションがない場合に表示されるメッセージを示しています。

se-10-0-0-0# show ccn sip subscription mwi
 
No active subscriptions.

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn subsystem sip

SIP 設定モードを開始します。

dtmf-relay

SIP DTMF リレー メカニズムを設定します。

mwi sip

Cisco Unity Express で使用される MWI 通知メカニズムを設定します。

show ccn subsystem sip

DTMF リレー メカニズムを表示します。

transfer-mode

Cisco Unity Express で SIP 通話に使用される転送モードを設定します。

show ccn status ccm-manager

JTAPI サブシステムのステータスを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn status ccm-manager コマンドを使用します。

show ccn status ccm-manager

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco Unity Express の JTAPI サブシステムは、このコマンドの出力に示された IP アドレスを持つ Cisco Unified Communications Manager システムに登録されます。

次の例は、このコマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn status ccm-manager
 
JTAPI Subsystem is currently registered with Call Manager 10.180.180.2

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccm-manager address

Cisco Unified Communications Manager サーバの IP アドレスまたはホスト名を設定します。

ccm-manager credentials

Cisco Unified Communications Manager の JTAPI のユーザ名とパスワードを指定します。

ccm-manager username

Cisco Unified Communications Manager の JTAPI ユーザを指定します。

show ccn subsystem edbs dbprofile:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR エンタープライズ データベース サブシステム(EDBS)プロファイルのパラメータを表示するには、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn subsystem edbs dbprofile コマンドを使用します。

show ccn subsystem edbs dbprofile

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show ccn subsystem edbs dbprofile all コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem edbs dbprofile all
 
Profile Name: msde_db
Status: active
Database Type: MSSQL-MSDE
Database Name: manchester
Description: Manchester Test_db
Username: cisco
Password: *****
Hostname: myHost
Port: 1074
Enabled: yes
Maximum number of active connections: 8
 

表16 で、上の例に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表16 show ccn subsystem edbs dbprofile のフィールドの説明

フィールド
説明

Profile Name

データベース プロファイルの名前。

Status

EDBS データベースがアクティブになっているかどうかを示します。

Database Type

基本データベースのタイプ。

Database Name

EDBS データベースの名前。

Description

EDBS データベースの説明。

Username

EDBS データベースにアクセスするためのログイン ユーザ名。

Password

EDBS データベースにアクセスするためのログイン パスワード。

Hostname

EDBS データベースの DNS ホスト名または IP アドレス。

Port

EDBS データベースのポート番号。

Enabled

EDBS データベースが有効になっているかどうかを示します。

Maximum number of active connections

EDBS データベースへのアクティブな接続の最大数を示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn subsystem sip

Cisco Unity Express IVR EDBS のプロファイル名を設定します。

show ccn subsystem email:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR の default-from 電子メール アドレスを表示する場合、またはキューに保持されている電子メールを表示する場合は、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn subsystem email コマンドを使用します。

show ccn subsystem email [queue]

 
シンタックスの説明

queue

(オプション)電子メール メッセージがキュー モードで送信された場合に、キューに保持されている電子メール メッセージを表示します。生成された電子メール メッセージは、同期送信される場合とキュー モードで送信される場合があります。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の show ccn subsystem email コマンドのサンプル出力では、 default-from 電子メール アドレスが表示されています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem email
Default From Address : localhost@localdomain.com
 

次の例は、電子メール メッセージがキュー モードで送信された場合の show ccn subsystem email queue コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem email queue
==============================================================================
Email ID Recipient Subject Scheduled
Send Time ==============================================================================
1196220172243 max20char@cisco.com subject of Email - max 30 char 2007/05/30 10:52:00

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn subsystem email:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR の電子メール機能を設定します。

show ccn subsystem fax:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR の default-from ファックス アドレスを表示する場合、またはファックス キューに保持されているファックスを表示する場合は、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn subsystem fax コマンドを使用します。

show ccn subsystem fax [ outbound queue ]

 
シンタックスの説明

outbound queue

(オプション)ファックスは常にキュー モードで送信されます。発信ファックス キューに保持されているファックス メッセージを表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

次の show ccn subsystem fax コマンドのサンプル出力では、ファックスの default-from アドレスが表示されています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem fax
FAX Default From Address: mqwerty@cisco.com
 

ファックスは常にキュー モードで送信されます。次の例は、 show ccn subsystem fax outbound queue コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem fax outbound queue
============================================================================
Fax ID Recipient Subject Retry Scheduled
Count Send Time
============================================================================
15 9784551212 subject of Fax - max 30 char 1 2007/05/30 10:52:00

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn subsystem fax:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR のファックスを設定します。

show ccn subsystem jtapi

JTAPI サブシステムのパラメータを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn subsystem jtapi コマンドを使用します。

show ccn subsystem jtapi

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.1

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)、拡張統合モジュール(AIM)、および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で導入されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例では、JTAPI のパラメータを表示しています。

se-10-0-0-0# show ccn subsystem jtapi
 
Cisco Call Manager: 10.30.40.50
CCM Username: admin
CCM Password: *****
Call Control Group 1 CTI ports: 7008,7009,7010
 
 

表17 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表17 show ccn subsystem jtapi のフィールドの説明

フィールド
説明

Cisco Call Manager

Cisco Unified Communications Manager サーバの IP アドレス。

CCM Username

JTAPI のユーザ ID。

CCM Password

JTAPI のユーザ パスワード。

Call Control Group 1 CTI ports

Cisco Unified Communications Manager の CTI ポート。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccm-manager address

Cisco Unified Communications Manager サーバを指定します。

ccm-manager username

JTAPI ユーザ ID およびパスワードを指定します。

ccn subsystem jtapi

JTAPI 設定モードを開始します。

ctiport

Cisco Unified Communications Manager の CTI ポートを指定します。

show ccn subsystem sip

SIP サブシステムのパラメータを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn subsystem sip コマンドを使用します。

show ccn subsystem sip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

2.3

このコマンドが、NM-CUE モジュールおよび NM-CUE-EC モジュールで実装されました。出力表示の機能が拡張され、DTMF Relay、MWI Notification、および Transfer Mode の各オプションが含まれるようになりました。

次の例は、 show ccn subsystem sip コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn subsystem sip
 
SIP Gateway: 172.19.167.208
SIP Port Number: 5060
DTMF Relay: sip-notify rtp-nte
MWI Notification: outcall
Transfer Mode: consult (REFER)
SIP RFC Compliance: Pre-RFC3261
 

表18 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表18 show ccn subsystem sip のフィールドの説明

フィールド
説明

SIP Gateway

SIP ゲートウェイの IP アドレス。

SIP Port Number

モジュールの SIP ポート番号。

DTMF Relay

着信および発信 DTMF 信号のリレーに関するオプション。

MWI Notification

MWI のステータスを更新するメカニズム。

Transfer Mode

転送される通話の処理モード。

SIP RFC Compliance

SIP RFC-3261 への準拠に関するステータス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn subsystem sip

SIP 設定モードを開始します。

dtmf-relay

SIP DTMF リレー メカニズムを設定します。

mwi sip

Cisco Unity Express で使用される MWI 通知メカニズムを設定します。

show ccn application

設定されているアプリケーションを表示します。

show ccn engine

設定されているアプリケーション エンジン パラメータを表示します。

show ccn scripts

設定されているスクリプトを表示します。

show ccn sip subscription mwi

アクティブな MWI サブスクリプションを表示します。

show ccn trigger all

アプリケーションの設定済みトリガーを表示します。

transfer-mode

Cisco Unity Express で SIP 通話に使用される転送モードを設定します。

show ccn trigger all

現在設定されているトリガー タイプをすべて表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn trigger all コマンドを使用します。

show ccn trigger all

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

アプリケーションを削除する場合は、このコマンドを事前に使用して、アプリケーションに関連付けられているトリガーを表示します。アプリケーションのトリガーをすべて削除する必要があります。削除しない場合、トリガーとして設定されている着信通話が発生すると、アプリケーションが呼び出されます。

次の例は、 show ccn trigger all コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn trigger all
 
Name: 2001
Type: SIP
Application: promptmgmt
Locale: systemDefault
Idle Timeout: 10000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 1
 
Name: 6300
Type: SIP
Application: promptmgmt
Locale: systemDefault
Idle Timeout: 10000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
 
Name: mwiapp
Type: HTTP
Application: ciscomwiapplication
Locale: systemDefault
Idle Timeout: 1000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 1
 

表19 で、上の例に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表19 show ccn trigger all のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

トリガーに使用する電話番号。

Type

トリガーのタイプ。

Application

トリガーに割り当てられているアプリケーション。

Locale

アプリケーション プロンプトに使用する言語。

Idle Timeout

アプリケーションがユーザの応答を待機する秒数。この秒数に達した時点で、通話は切断されます。

Enabled

アプリケーションの状態(アクティブまたは非アクティブ)。

Maximum number of sessions

アプリケーションが同時に処理できる通話の数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn trigger sip phonenumber

アプリケーションのトリガーを設定します。

show ccn trigger http:IVR のみ

設定されている Cisco Unity Express HTTP IVR トリガーを表示するには、Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC モードで show ccn trigger http コマンドを使用します。

show ccn trigger http

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express IVR ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

アプリケーションを削除する場合は、 show ccn trigger all コマンドを事前に使用して、アプリケーションに関連付けられているすべてのトリガーを表示します。アプリケーションのトリガーをすべて削除する必要があります。削除しない場合、トリガーとして設定されている着信通話が発生すると、アプリケーションが起動します。

次の例は、 show ccn trigger http コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn trigger http
 
Name: mwiapp
Type: HTTP
Application: ciscomwiapplication
Locale: systemDefault
Idle Timeout: 1000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 1
 

表20 で、上の例に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表20 show ccn trigger all のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

トリガーに使用する電話番号。

Type

トリガーのタイプ。

Application

トリガーに割り当てられているアプリケーション。

Locale

アプリケーション プロンプトに使用する言語。

Idle Timeout

アプリケーションがユーザの応答を待機する秒数。この秒数に達した時点で、通話は切断されます。

Enabled

アプリケーションの状態(アクティブまたは非アクティブ)。

Maximum number of sessions

アプリケーションが同時に処理できる通話の数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn trigger http:IVR のみ

Cisco Unity Express IVR の HTTP ベース URL およびアプリケーション トリガーを設定します。

show ccn trigger jtapi

現在設定されている Java Telephony API(JTAPI)トリガー タイプを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn trigger jtapi コマンドを使用します。

show ccn trigger jtapi

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

アプリケーションを削除する場合は、このコマンドを事前に使用して、アプリケーションに関連付けられているトリガーを表示します。アプリケーションのトリガーをすべて削除する必要があります。削除しない場合、トリガーとして設定されている着信通話が発生すると、アプリケーションが呼び出されます。

次の例は、 show ccn trigger コマンドのサンプル出力を示しています。

cue-10-0-0-0# show ccn trigger
 
Name: 6800
Type: SIP
Application: voicemail
Locale: en_ENU
Idle Timeout: 5000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
 
Name: 6700
Type: SIP
Application: autoattendant
Locale: en_ENU
Idle Timeout: 5000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
 

表21 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表21 show ccn trigger のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

トリガーに使用する電話番号。

Type

トリガーのタイプ。

Application

トリガーに割り当てられているアプリケーション。

Locale

アプリケーション プロンプトに使用する言語。

Idle Timeout

アプリケーションがユーザの応答を待機する秒数。この秒数に達した時点で、通話は切断されます。

Enabled

アプリケーションの状態(アクティブまたは非アクティブ)。

Maximum number of sessions

アプリケーションが同時に処理できる通話の数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn trigger jtapi phonenumber

アプリケーションのトリガーを設定します。

show ccn trigger sip

現在設定されている Session Initiation Protocol(SIP)トリガー タイプを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn trigger sip コマンドを使用します。

show ccn trigger sip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

アプリケーションを削除する場合は、このコマンドを事前に使用して、アプリケーションに関連付けられているトリガーを表示します。アプリケーションのトリガーをすべて削除する必要があります。削除しない場合、トリガーとして設定されている着信通話が発生すると、アプリケーションが呼び出されます。

次の例は、 show ccn trigger コマンドのサンプル出力を示しています。

cue-10-0-0-0# show ccn trigger
 
Name: 6800
Type: SIP
Application: voicemail
Locale: en_ENU
Idle Timeout: 5000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
 
Name: 6700
Type: SIP
Application: autoattendant
Locale: en_ENU
Idle Timeout: 5000
Enabled: yes
Maximum number of sessions: 8
 

表22 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表22 show ccn trigger のフィールドの説明

フィールド
説明

Name

トリガーに使用する電話番号。

Type

トリガーのタイプ。

Application

トリガーに割り当てられているアプリケーション。

Locale

アプリケーション プロンプトに使用する言語。

Idle Timeout

アプリケーションがユーザの応答を待機する秒数。この秒数に達した時点で、通話は切断されます。

Enabled

アプリケーションの状態(アクティブまたは非アクティブ)。

Maximum number of sessions

アプリケーションが同時に処理できる通話の数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ccn trigger sip phonenumber

アプリケーションのトリガーを設定します。

show clock detail

クロックに関する統計情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show clock detail コマンドを使用します。

show clock detail

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco Unity Express では、クロック機能に Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)サーバを使用します。Cisco Unity Express モジュールのクロックのステータスを表示するには、 show clock detail コマンドを使用します。

次の例は、 show clock detail コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show clock detail
 
19:20:33.724 PST Wed Mar 17 1993
time zone: America/Los_Angeles
clock state: unsync
delta from reference (microsec): 0
estimated error (microsec): 175431
time resolution (microsec): 1
clock interrupt period (microsec): 10000
time of day (sec): 732424833
time of day (microsec): 760817
 

表23 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表23 show clock detail のフィールドの説明

フィールド
説明

time zone

現在のタイム ゾーン設定。

clock state

クロックの同期化ステータス。

delta from reference (microsec)

モジュールのクロックと NTP リファレンス クロックの差。

time of day (sec)

現在の時刻(秒単位)。

time of day (microsec)

現在の時刻(ミリ秒単位)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clock timezone

ローカル タイム ゾーンを設定します。

ntp server

Cisco Unity Express の NTP サーバを指定します。

show ntp source

NTP サーバに関する統計情報を表示します。

show crypto key

証明書とプライベート キーの設定済みのペアを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show crypto key コマンドを使用します。

show crypto key { all | label label-name }

 
シンタックスの説明

all

証明書とプライベート キーの設定済みのペアをすべて表示します。

label label-name

証明書とプライベート キーの指定したペアについて、固有の情報を表示します。 label-name が存在しない場合は、エラー メッセージが表示されます。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show crypt key コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show crypto key label mainkey.ourcompany
 
Label name: mainkey.ourcompany [default]
Entry type:Key Entry
Creation date: Mon Jun 10 14:23:09 PDT 2002
Owner: CN=se-1-100-6-10.localdomain, OU='', O='', L='', ST='', C=''
Issuer: CN=se-1-100-6-10.localdomain, OU='', O='', L='', ST='', C=''
Valid from: Mon Jun 10 14:23:06 PDT 2002 until: Sun Sep 08 14:23:06 PDT 2002
 

表24 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表24 show crypto key のフィールドの説明

フィールド
説明

Label name

証明書とプライベート キーのペアの名前。

Entry type

証明書とプライベート キーのペアの提供方法。

Creation date

証明書とプライベート キーのペアの作成日。

Owner

証明書とプライベート キーのペアの所有者。

Issuer

証明書とプライベート キーのペアの発行元。

Valid from

証明書とプライベート キーのペアの有効期間。

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto key default

証明書とプライベート キーのペアをシステム デフォルトとして指定します。

crypto key delete

証明書とプライベート キーのペアを削除します。

crypto key generate

証明書とプライベート キーのペアを生成します。

crypto key import

証明書とプライベート キーのペアをコンソールまたはサーバからインポートします。

show fax configuration

ファックスの設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show fax configuration コマンドを使用します。

show fax configuration

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

着信と発信のファックス ゲートウェイの設定、およびメールボックス内のファックスの送信先にできるデフォルト ファックス番号を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show fax configuration コマンドを使用します。

次の例は、show fax configuration コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show fax configuration
 
Inbound Fax Gateway: aesopits.aesop.com
Outbound Fax Gateway: 172.16.50.38
Fax Printing Number: 1111
 

表25 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表25 show fax configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Inbound Fax Gateway:

ファックスの受信に使用されるファックス ゲートウェイの IP アドレスまたは DNS ホスト名。

Outbound Fax Gateway:

ファックスの送信に使用されるファックス ゲートウェイの IP アドレスまたは DNS ホスト名。

Fax Printing Number:

ファックスの出力に使用されるシステム レベルのファックス番号。

 
関連コマンド

コマンド
説明

fax gateway inbound address

着信ファックス ゲートウェイを設定します。

fax gateway outbound address

発信ファックス ゲートウェイを設定します。

print fax

ファックスの出力に使用されるシステム レベルのファックス番号を設定します。

show group detail groupname

特定のグループの詳細設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show group detail groupname コマンドを使用します。

show group detail groupname group-name

 
シンタックスの説明

group-name

詳細設定を表示するグループの名前。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express EXEC モードまたは Cisco Unity Express 設定モードのいずれかで groupname コマンドを使用して設定されたグループについて、詳細な情報を表示します。

次の例は、 show group detail groupname コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show group detail groupname sales
 
Full Name: sales
Description:
Phone:
Phone(E.164):
Language: en_ENU
Owners:
Members: user2 user8
 

表26 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表26 show group detail groupname のフィールドの説明

フィールド
説明

Full Name

グループの完全な名前。

Description

(オプション)グループの説明。

Phone

グループに割り当てられている内線番号または電話番号。

Phone(E.164)

グループの完全な 11 桁の電話番号。

Language

このグループのシステム プロンプトで使用される言語。

Owners

グループ所有者のユーザ ID。

Members

グループに割り当てられているメンバーのユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname

Cisco Unity Express グループを設定します。

show groups

グループ名のリストを表示します。

show users

ユーザ名のリストを表示します。

username(設定)

Cisco Unity Express のユーザを設定します。

show group profiles

グループに対して設定されている通知プロファイルのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show group profiles コマンドを使用します。

show group profiles groupname group-id

 
シンタックスの説明

groupname group-id

通知プロファイルを表示するグループの ID。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show group profiles コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show group profiles username sales
 
vm-notif-profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname profile(phone-device)

グループの携帯電話へのメッセージ通知を設定します。

groupname profile email

グループの電子メールへのメッセージ通知を設定します。

groupname profile num-pager

グループの数字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

groupname profile text-pager

グループの文字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

show groups

設定されているグループのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show groups コマンドを使用します。

show groups

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express EXEC モードまたは Cisco Unity Express 設定モードのいずれかで groupname コマンドを使用して設定されたすべてのグループのリストを表示します。

次の例は、 show groups コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show groups
 
Administrators
sales
tech
policy

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname

Cisco Unity Express グループを設定します。

show group detail groupname

特定のグループの詳細設定を表示します。

show users

設定されているユーザのリストを表示します。

username(設定)

Cisco Unity Express のユーザを設定します。

show groups privileges

設定済みのグループに割り当てられている特権を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show groups privileges コマンドを使用します。

show groups privileges

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show groups privileges コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show groups privileges
 
GROUPID PRIVILEGES
Administrators superuser ManagePrompts ManagePublicList
Administrators ViewPrivateList
Broadcasters broadcast
managers broadcast ViewPrivateList
 

表27 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表27 show groups privileges のフィールドの説明

フィールド
説明

GROUPID

グループの ID。

PRIVILEGES

グループに割り当てられている特権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname

Cisco Unity Express グループを設定します。

show hosts

設定されているホストに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show hosts コマンドを使用します。

show hosts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show hosts コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show hosts
 
Hostname: se-10-100-6-10
Domain: localdomain
DNS Server1: 10.100.10.130
 

表28 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表28 show hosts のフィールドの説明

フィールド
説明

Hostname

Cisco Unity Express ホスト システムの名前。

Domain

ホストのドメイン名。

DNS Server1

DNS サーバの IP アドレス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

hostname

Cisco Unity Express アプリケーションが導入されているサーバを指定します。

ip domain-name

DNS ドメイン名を指定します。

ip name-server

DNS サーバを指定します。

ntp server

NTP クロック同期化サーバを指定します。

show ip route

IP ルート設定を表示します。

show imap configuration

IMAP の構成パラメータを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show imap configuration コマンドを使用します。

show imap configuration

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM ではこのコマンドは使用できません。

次の例は、 show imap configuration コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show imap configuration
 
Status enabled
Idle Timeout(minutes): 45
Max Sessions: 30
Security Mode: mixed

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(IMAP)

IMAP 機能を有効にします。

groupname

ボイスメール グループのパラメータを設定します。

maxsessions(IMAP)

同時に使用できる IMAP セッションの最大数を設定します。

service imap

IMAP 設定モードを開始します。

session idletimeout(IMAP)

IMAP セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

session security

IMAP クライアント接続のタイプを設定します。

show imap sessions

アクティブな IMAP セッションをすべて表示します。

show imap sessions

すべてのアクティブな IMAP セッションのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show imap sessions コマンドを使用します。

show imap sessions

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM-CUE ではこのコマンドは使用できません。

次の例は、 show imap sessions コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show imap sessions
 
Sessions IP Address Connect Time User ID
====================================================================
1 10.21.82.244 Wed Nov 16 01:35:02 CST 2005 group1
2 172.18.10.10 Wed Nov 16 03:23:15 CST 2005 group5
 

表29 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表29 show imap sessions のフィールドの説明

フィールド
説明

Sessions

IMAP セッションの ID 番号。

IP Address

IMAP セッションの電子メール クライアントの IP アドレス。

Connect Time

IMAP セッションの開始日時。

User ID

セッションにアクセスできるグループのユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(IMAP)

IMAP 機能を有効にします。

groupname

ボイスメール グループのパラメータを設定します。

maxsessions(IMAP)

同時に使用できる IMAP セッションの最大数を設定します。

service imap

IMAP 設定モードを開始します。

session idletimeout(IMAP)

IMAP セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

session security

IMAP クライアント接続のタイプを設定します。

show imap configuration

すべての IMAP 構成パラメータを表示します。

show interface ide

AIM の使用状況および消耗ステータスを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show interface ide コマンドを使用します。

show interface ide number

 
シンタックスの説明

number

ディスク装置の番号。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.1

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)、拡張統合モジュール(AIM)、および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で導入されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show interface ide 0 コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show interface ide 0
 
IDE hd0 is up, line protocol is up
3499 reads, 39217152 bytes
0 read errors
51588 write, 324714496 bytes
0 write errors
0.0993% worn
 

表30 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表30 show interface ide 0 のフィールドの説明

フィールド
説明

reads

フラッシュ メモリからデータが読み取られた回数。

bytes

フラッシュ メモリから読み取られたデータのバイト数。

read errors

読み取り操作中に発生したエラーの数。

write

フラッシュ メモリにデータが書き込まれた回数。

bytes

フラッシュ メモリに書き込まれたデータのバイト数。

write errors

書き込み操作中に発生したエラーの数。

worn

フラッシュ メモリの消耗率(%)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

log trace boot

ログおよびトレースのファイルを AIM のフラッシュ メモリ上に生成します。

show ip route

IP ルーティング テーブルを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ip route コマンドを使用します。

show ip route

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show ip route コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ip route
 
DEST GATE MASK IFACE
10.0.6.0 0.0.0.0 255.255.255.0 eth1
172.16.0.0 0.0.0.0 255.0.0.0 lo
0.0.0.0 10.0.6.9 0.0.0.0 eth1
 

表31 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表31 show ip route のフィールドの説明

フィールド
説明

DEST

宛先ネットワークの IP アドレス。

GATE

宛先ネットワークにアクセスするためのゲートウェイの IP アドレス。

MASK

ゲートウェイの IP アドレス マスク。

IFACE

宛先ネットワークに到達するためのインターフェイス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

hostname

Cisco Unity Express アプリケーションが導入されているサーバを指定します。

ip domain-name

DNS ドメイン名を指定します。

ip name-server

DNS サーバを指定します。

ntp server

NTP クロック同期化サーバを指定します。

show hosts

設定されているすべてのホストを表示します。

show lists detail private

指定したユーザの特定のプライベート同報リストについて詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show lists detail private コマンドを使用します。

show lists detail private { name list-nam e | number list-number } owner owner-id

 
シンタックスの説明

name list-name

プライベート同報リストの名前。

number list-number

プライベート同報リストの番号。

owner owner-id

リスト所有者の名前。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

リスト名、番号、または所有者が存在しない場合は、エラー メッセージが表示されます。

このコマンドにより、リスト番号、リスト名、リスト タイプ、説明、所有者、およびメンバーとそのタイプ カテゴリが表示されます。

ViewPrivateList 特権を持つグループまたは Administrators グループのメンバーであるリスト所有者およびローカル ユーザは、特定のユーザに属するプライベート リストを表示できます。

次の例は、 show lists detail private コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show lists detail private name projectteam owner user23
 
Number: 4
Name: projectteam
Type: Private
Description:
Owner:
user23
Members:
tech1 user
tech2 user
testers group
tech10 remote
 

show lists detail private number 4 owner user23 というコマンドを使用した場合も、上記と同じ出力が表示されます。

表32 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表32 show lists detail private のフィールドの説明

フィールド
説明

Number:

リストの ID 番号。

Name:

リストの名前。

Type:

リストのタイプ。

Description:

リストの説明。

Owners:

リストの各所有者のユーザ ID。

Members:

リストの各メンバーのユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lists detail public

指定したパブリック同報リストの詳細を表示します。

show lists owner

指定した所有者のパブリック同報リストおよびプライベート同報リストをすべて表示します。

show lists public

ローカル システム上のパブリック同報リストをすべて表示します。

show lists detail public

ローカル システムにある特定のパブリック同報リストについて詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show lists detail public コマンドを使用します。

show lists detail public { name list-name | number list-number }

 
シンタックスの説明

name list-name

パブリック同報リストの名前。

number list-number

パブリック同報リストの番号。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

リストの名前または番号が存在しない場合は、エラー メッセージが表示されます。

このコマンドにより、リスト番号、リスト名、リスト タイプ、所有者、およびメンバーとそのタイプ カテゴリが表示されます。

次の例は、 show lists detail public コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show lists detail public name engineers
 
Number: 5
Name: engineers
Type: Public
Description:
Owners:
user23 user
progmgrs group
Members:
user23 user
user30 user
betamgrs group
techs gdm
tech25 remote
nyc5555 blind
 

show list detail public number 5 というコマンドを使用した場合も、上記と同じ出力が表示されます。

表33 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表33 show lists detail public のフィールドの説明

フィールド
説明

Number:

リストの ID 番号。

Name:

リストの名前。

Type:

リストのタイプ。

Description:

リストの説明。

Owners:

リストの各所有者のユーザ ID。

Members:

リストの各メンバーのユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lists detail private

指定した所有者のプライベート同報リストの詳細を表示します。

show lists owner

指定した所有者のパブリック同報リストおよびプライベート同報リストをすべて表示します。

show lists public

ローカル システム上のパブリック同報リストをすべて表示します。

show lists owner

特定の所有者のプライベートおよびパブリック同報リストをすべて表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show lists owner コマンドを使用します。

show lists owner owner-id

 
シンタックスの説明

owner-id

同報リストを所有しているユーザまたはグループの名前。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

所有者が存在しない場合は、エラー メッセージが表示されます。

リストはアルファベット順に並べられ、先にプライベート リスト、続いてパブリック リストが表示されます。このコマンドにより、各リストの番号、名前、およびタイプが表示されます。

次の例は、 show lists owner コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show lists owner user23
 
Owner: user23
List Number List Name List Type
4 projectteam Private List
5 engineers Public List
25 managers Public List
 

表34 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表34 show lists owner のフィールドの説明

フィールド
説明

Owner:

リスト所有者のユーザ ID。

List Number

リストの ID 番号。

List Name

リストの名前。

List Type

リストのタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lists detail private

指定した所有者のプライベート同報リストの詳細を表示します。

show lists detail public

指定したパブリック同報リストの詳細を表示します。

show lists public

ローカル システム上のパブリック同報リストをすべて表示します。

show lists public

ローカル システム上のパブリック同報リストをすべて表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show lists public コマンドを使用します。

show lists public

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにより、リストはアルファベット順に表示されます。各リスト名、番号、タイプ、続いて各リストの詳細が表示されます。

次の例は、 show lists public コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show lists public
 
List number List Name Type
5 engineers Public
9999 everyone Public
Number: 5
Name: engineers
Type: Public
Description:
Owners:
user23 Local User
progmgrs Group
Members:
user23 Local User
user30 Local User
progmgrs Group
techs General Delivery Mailbox
tech25 Remote User
nyc5555 Blind Address
 

このコマンドでは、 everyone リストの詳細は表示されません。

表35 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表35 show lists public のフィールドの説明

フィールド
説明

List number

リストの ID 番号。

List Name

リストの名前。

Type

リストのタイプ。

Description:

リストの説明。

Owners:

リストの各所有者のユーザ ID と所有者タイプ。

Members:

リストの各メンバーのユーザ ID とメンバー タイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lists detail private

指定した所有者のプライベート同報リストの詳細を表示します。

show lists detail public

指定したパブリック同報リストの詳細を表示します。

show lists owner

指定した所有者のパブリック同報リストおよびプライベート同報リストをすべて表示します。

show log

ロギング データを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show log コマンドを使用します。

show log name name [ containing expression | paged | tail ]

 
シンタックスの説明

name name

表示するログ ファイルの名前。参照可能なログ ファイルのリストを表示するには、 show logs コマンドを使用します。

containing expression

(オプション)検索条件式と一致するイベントのみを表示します。

paged

(オプション)ページ送りモードで表示します。

tail

(オプション)最新のイベントを発生と同時に表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

フィルタリング オプションについては、「関連コマンド」の項を参照してください。

次の例は、dmesg ログを表示する show log コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show log name dmesg
 
Press <CTRL-C> to exit...
Linux version 2.4.24 (bld_adm@bld-system) (gcc version 2.95.3 20010315 (release4
Platform: nm
setup.c: handling flash window at [15MB..16MB]
setup.c: handling kernel log buf at [245.5MB]
setup.c: handling trace buf at [246MB]
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f400 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f400 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000e0800 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 0000000000f00000 (usable)
BIOS-e820: 0000000000f00000 - 0000000001000000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000001000000 - 000000000f580000 (usable)
BIOS-e820: 000000000f580000 - 000000000f600000 (reserved)
BIOS-e820: 000000000f600000 - 0000000010000000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fff00000 - 0000000100000000 (reserved)
245MB LOWMEM available.
On node 0 totalpages: 62848
zone(0): 4096 pages.
zone(1): 58752 pages.
zone(2): 0 pages.
DMI not present.
Kernel command line: root=/dev/hda1 ro plat=nm
Initializing CPU#0
Detected 498.674 MHz processor.
Calibrating delay loop... 996.14 BogoMIPS
Memory: 245128k/251392k available (1164k kernel code, 4852k reserved, 667k data)
kdb version 4.3 by Keith Owens, Scott Lurndal. Copyright SGI, All Rights Reservd
in atrace_init
log_head: h: 0, t: 8429274, l: 0, w: 0, s: 10484672
Using existing trace log
log_head: h: 0, t: 8429274, l: 0, w: 0, s: 10484672
Dentry cache hash table entries: 32768 (order: 6, 262144 bytes)
Inode cache hash table entries: 16384 (order: 5, 131072 bytes)
Mount cache hash table entries: 512 (order: 0, 4096 bytes)
Buffer cache hash table entries: 16384 (order: 4, 65536 bytes)
Page-cache hash table entries: 65536 (order: 6, 262144 bytes)
CPU: L1 I cache: 16K, L1 D cache: 16K
CPU: L2 cache: 256K
CPU serial number disabled.
.
.
.
 

次の例は、検索文字列を使用して dmesg ログを表示する show log コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show log name dmesg containing setup
 
Press <CTRL-C> to exit...
setup.c: handling flash window at [15MB..16MB]
setup.c: handling kernel log buf at [245.5MB]
setup.c: handling trace buf at [246MB]
se-10-0-0-0#
 

次の例は、ページ送りモードで dmesg ログを表示する show log コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show log name dmesg paged
 
Linux version 2.4.24 (bld_adm@bld-system) (gcc version 2.95.3 20010315 (release
)) #1 Tue Nov 30 23:07:21 PST 2004
Platform: nm
setup.c: handling flash window at [15MB..16MB]
setup.c: handling kernel log buf at [245.5MB]
setup.c: handling trace buf at [246MB]
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f400 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f400 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000e0800 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 0000000000f00000 (usable)
BIOS-e820: 0000000000f00000 - 0000000001000000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000001000000 - 000000000f580000 (usable)
BIOS-e820: 000000000f580000 - 000000000f600000 (reserved)
BIOS-e820: 000000000f600000 - 0000000010000000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fff00000 - 0000000100000000 (reserved)
245MB LOWMEM available.
On node 0 totalpages: 62848
zone(0): 4096 pages.
zone(1): 58752 pages.
zone(2): 0 pages.
DMI not present.
Kernel command line: root=/dev/hda1 ro plat=nm
Initializing CPU#0
-- More --
 

次の例は、イベントが入力された時点で現在の dmesg ログを表示する show log コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show log name dmesg tail
 
Press <CTRL-C> to exit...
Freeing unused kernel memory: 88k freed
 

次の例は、最初の行が ide0 で始まる dmesg ログを表示する show log コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show log name dmesg | begin ide0
 
ide0: BM-DMA at 0xfc00-0xfc07, BIOS settings: hda:pio, hdb:pio
ide1: BM-DMA at 0xfc08-0xfc0f, BIOS settings: hdc:pio, hdd:pio
hda: C/H/S=50127/232/176 from BIOS ignored
hdb: C/H/S=0/0/0 from BIOS ignored
hda: IC25N020ATMR04-0, ATA DISK drive
blk: queue c030c160, I/O limit 4095Mb (mask 0xffffffff)
ide0 at 0x1f0-0x1f7,0x3f6 on irq 14
hda: attached ide-disk driver.
hda: host protected area => 1
hda: 39070080 sectors (20004 MB) w/1740KiB Cache, CHS=2432/255/63, UDMA(33)
init unit number == 0
.
.
.

 
関連コマンド

コマンド
説明

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show logs

参照可能なログのリストを表示します。

show logging

コンソールに表示されるメッセージのタイプを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show logging コマンドを使用します。

show logging

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

フィルタリング オプションについては、「関連コマンド」の項を参照してください。

次の例は、エラーおよび致命的なメッセージがコンソールに表示される場合の show logging コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show logging
 
info: off
warning: off
errors: on
fatal: on
 
Console Filter Info:
 
MODULE ENTITY ACTIVITY FILTER
 
No filter active
 

次の例は、エラー、致命的なメッセージ、および ccn エンジン メッセージがコンソールに表示される場合の show logging コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show logging
 
info: off
warning: off
errors: on
fatal: on
 
Console Filter Info:
 
MODULE ENTITY ACTIVITY FILTER
 
ccn Engine XDBG
ccn Engine DBUG
 

次の例は、外部 syslog サーバが設定されている場合の show logging コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show logging
 
info: off
warning: off
errors: off
fatal: on
 
Monitored event Info:
 
MODULE ENTITY ACTIVITY FILTER
 
No monitored events active
 
Server Info:
 
Log server address: 10.187.240.31

 
関連コマンド

コマンド
説明

log console

コンソールに表示されるメッセージのタイプを指定します。

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show logs

CUE モジュール上にある既存のログ ファイルを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show logs コマンドを使用します。

show logs

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

フィルタリング オプションについては、「関連コマンド」の項を参照してください。

次の例は、システム上の参照可能なログ ファイルのサンプル リストを示しています。

se-10-0-0-0# show logs
 
install.log
dmesg
syslog.log
atrace_save.log
atrace.log
klog.log
messages.log
root_heapdump2749.1023408628.txt

 
関連コマンド

コマンド
説明

log trace boot

トレース ログ オプションを設定します。

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show memory

CUE モジュールのメモリに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show memory コマンドを使用します。

show memory

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

次の例では、CUE ネットワーク モジュールのメモリについて詳細な情報を表示しています。

se-10-0-0-0# show memory
 
Total Memory (kB): 245216
Active Memory (kB): 23728
Inactive Memory (kB): 196620
Other Memory (kB): 19760
MemoryPool (kB): 5108
 
Kernel Memory
TOTAL INUSE MAXUSED ERR TYPE
5768 5368 6795 0 fs
7040 6828 7499 0 other
156 100 186 0 net
 
 

表36 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表36 show memory のフィールドの説明

フィールド
説明

Total Memory (kB)

カーネルで使用可能なメモリの合計容量。


) 物理メモリの一部は、予約されているためにこの数値に含まれていない場合があります。


Active Memory (kB)

システムのいずれかのコードによって、最近アクセスされたプロセス メモリの量。

Inactive Memory (kB)

最近アクセスされていないプロセス メモリの量。

Other Memory (kB)

プロセス以外が使用するために割り当てられているメモリ。

MemoryPool (kB)

どの用途にも割り当てられていないメモリ。

Kernel Memory

TOTAL

このタイプの予約済みメモリの量。

INUSE

現在使用されている予約済みメモリの量。

MAXUSED

前回の再起動以後のピーク INUSE 値。

ERR

この用途のための割り当てが失敗した回数。

TYPE

表示される可能性があるのは、次の 3 つのタイプです。

fs:ファイル システム

net:ネットワーク プロトコル

other:その他のすべてのタイプ

 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes

CUE モジュールのサブシステムのステータスおよび統計情報を表示します。

show messaging-gateway

メッセージ ゲートウェイへの登録に関する詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show messaging-gateway コマンドを使用します。

show messaging-gateway

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

3.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、プライマリとセカンダリのゲートウェイのステータス、および自動登録とリモート ディレクトリの電話番号検索機能が有効になっているかどうかを表示します。

次の例は、このコマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show messaging-gateway
 
Messaging gateways :
 
AutoRegister to gateway(s) : Enabled
Remote directory lookup : Enabled (with TUI prompt)
 
Primary messaging gateway :
1.100.50.100(80)
Status : Registered (Tue Aug 21 17:09:08 PDT 2006)
Reg-expiration : Wed Aug 22 17:09:08 PDT 2006
Default route : Yes
Location-id : 1234
Reg-id : 1234
Reg-password : (Not displayed)
Retry-interval : 10 minute(s)
 
Secondary messaging gateway :
Status : Not Configured
 

 

表37 show network detail location id のフィールドの説明

フィールド
説明

AutoRegister to gateway(s) :

自動登録が有効になっているかどうか。

Remote directory lookup :

リモート ディレクトリ内の電話番号を検索する機能が有効になっているかどうか。

Primary messaging gateway :

プライマリ メッセージ ゲートウェイの設定ステータス。

Secondary messaging gateway:

セカンダリ メッセージ ゲートウェイの設定ステータス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

messaging-gateway registration

エンドポイント(Cisco Unity Express)からメッセージ ゲートウェイに登録メッセージが送信されます。

messaging-gateway

プライマリまたはセカンダリのメッセージ ゲートウェイのロケーション ID と IP アドレスを指定します。

show network detail local

ローカル Cisco Unity Express ロケーションのネットワーク情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network detail local コマンドを使用します。

show network detail local

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

2.1

表示内容に、ブロードキャスト メッセージおよび vCard の情報が追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ローカルの Cisco Unity Express サイトに関する情報を表示する場合に使用します。この情報には、ロケーションの ID、名前、短縮形、電子メール ドメイン、内線番号の最小長および最大長、電話プレフィックス、VPIM 符号化のタイプ、音声名が有効かどうか、vCard 有効化のステータス、VPIM ブロードキャスト メッセージの ID、送信および受信されたメッセージの数が含まれます。

次の例では、ローカルの Cisco Unity Express サイト「San JoseCA」について詳細な情報が表示されます。

se-10-0-0-0# show network detail local
 
Location ID: 10
Name: SanJoseCA
Abbreviation: sjc
Email domain: sjc.cue.abcdef.com
Minimum extension length: 2
Maximum extension length: 15
Phone prefix:
VPIM encoding: G726
Send spoken name: enabled
Send vCard: enabled
State: enabled
VPIM broadcast ID: vpim-broadcast
Sent msg count: 0
Received msg count: 0
 

表38 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表38 show network detail local のフィールドの説明

フィールド
説明

Location ID:

ローカル ネットワークのロケーション ID。

Name:

ネットワーク ロケーションの名前。

Abbreviation:

リモート ロケーションの短縮名。

Email domain:

リモート ロケーションの電子メール ドメイン名。

Minimum extension length:

このロケーションの内線番号の最小桁数。

Maximum extension length:

このロケーションの内線番号の最大桁数。

Phone prefix:

このロケーションの内線番号をダイヤルするためのプレフィックス。

VPIM encoding:

このロケーションの VPIN 符号化のタイプ。

Send spoken name:

このロケーションでユーザの音声名を送信できるかどうかを示すステータス。

Send vCard:

このロケーションでユーザの vCard 情報を送信できるかどうかを示すステータス。

State:

リモート ロケーションのメッセージ送信および受信のステータス。

VPIM broadcast ID:

このロケーションの VPIM ブロードキャスト ID。

Sent msg count:

このロケーションに送信されたメッセージの数。

Received msg count:

このロケーションで受信されたメッセージの数。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network detail location id

指定した Cisco Unity Express ロケーション ID のネットワーク情報を表示します。

show network detail location id

指定した Cisco Unity Express ロケーション ID のネットワーク情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network detail location id コマンドを使用します。

show network detail location id number

 
シンタックスの説明

number

Cisco Unity Express ネットワーク ロケーションの ID 番号。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

2.1

表示内容に、ブロードキャスト メッセージおよびボイス カードの情報が追加されました。

3.0

このコマンドが変更され、Live Reply 機能用に発信者番号規則に追加される数字も表示されるようになりました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、指定した Cisco Unity Express ロケーションについて詳細な情報を提供します。この情報には、名前、短縮形、電子メール ドメイン、内線番号の最小長および最大長、電話プレフィックス、VPIM 符号化のタイプ、音声名が有効かどうか、ボイス カード有効化のステータス、ブロードキャスト メッセージのステータス、送信および受信されたメッセージの数、および発信者番号規則にプリペンドされる数字が含まれます。

次の例では、ID が 102 であるリモート Cisco Unity Express ロケーションについて情報が表示されます。

se-10-0-0-0# show network detail location id 102
 
Name: Dallas/Fort Worth
Abbreviation: DFW
Email domain: dfw.mycompany.com
Minimum extension length: 2
Maximum extension length: 15
Phone prefix: 4
VPIM encoding: dynamic
Send spoken name: enabled
Send vCard: enabled
State: enabled
VPIM broadcast ID: vpim-broadcast
Sent msg count: 0
Received msg count: 0
Live-reply calling number rule prepend: 91
 

表39 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表39 show network detail location id のフィールドの説明

フィールド
説明

Name:

リモート ロケーションの名前。

Abbreviation:

リモート ロケーションの短縮名。

Email domain:

リモート ロケーションの電子メール ドメイン名。

Minimum extension length:

このロケーションの内線番号の最小桁数。

Maximum extension length:

このロケーションの内線番号の最大桁数。

Phone prefix:

このロケーションの内線番号をダイヤルするためのプレフィックス。

VPIM encoding:

このロケーションの VPIN 符号化のタイプ。

Send spoken name:

このロケーションでユーザの音声名を送信できるかどうかを示すステータス。

Send vCard:

このロケーションでユーザのボイス カード情報を送信できるかどうかを示すステータス。

State:

リモート ロケーションのメッセージ送信および受信のステータス。

VPIM broadcast ID:

このロケーションの VPIM ブロードキャスト ID。

Sent msg count:

このロケーションに送信されたメッセージの数。

Received msg count:

このロケーションで受信されたメッセージの数。

Live-reply calling number rule prepend:

発信者番号規則にプリペンドされる数字。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network detail local

ローカル Cisco Unity Express ロケーションのネットワーク情報を表示します。

show network locations

Cisco Unity Express ロケーションに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network locations コマンドを使用します。

show network locations

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、設定された Cisco Unity Express ネットワーク ロケーションごとに、ロケーション ID、名前、短縮形、およびドメイン名を確認するために使用します。

次の例では、Cisco Unity Express システムのネットワーク ロケーションが表示されます。

se-10-0-0-0# show network locations
 
ID NAME ABBREV DOMAIN
101 'San Jose' SJC sjc.mycompany.com
102 'Dallas/Fort Worth' DFW dfw.mycompany.com
201 'Los Angeles' LAX lax.mycompany.com
202 'Canada' CAN can.mycompany.com
301 'Chicago' CHI chi.mycompany.com
302 'New York' NYC nyc.mycompany.com
401 'Bangalore' BAN bang.mycompany.com

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network detail local

ローカル Cisco Unity Express ロケーションのネットワーク情報を表示します。

show network detail location id

指定した Cisco Unity Express ロケーション ID のネットワーク情報を表示します。

show network locations cached

Cisco Unity Express にキャッシュされているすべてのリモート ロケーション エントリに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network locations cached コマンドを使用します。

show network locations cached

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

3.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express にキャッシュされているリモート ネットワーク ロケーションごとに、ロケーション ID、名前、短縮形、およびドメイン名を確認するために使用します。

次の例では、Cisco Unity Express システムにキャッシュされているリモート ネットワーク ロケーション エントリが表示されます。

se-10-0-0-0# show network locations cached
 
ID NAME ABBREV DOMAIN
101 'San Jose' SJC sjc.mycompany.com
102 'Dallas/Fort Worth' DFW dfw.mycompany.com
201 'Los Angeles' LAX lax.mycompany.com
202 'Canada' CAN can.mycompany.com
301 'Chicago' CHI chi.mycompany.com
302 'New York' NYC nyc.mycompany.com
401 'Bangalore' BAN bang.mycompany.com

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network locations configured

Cisco Unity Express に設定されているすべてのリモート ロケーション エントリの情報を表示します。

show network detail local

ローカル Cisco Unity Express ロケーションのネットワーク情報を表示します。

show network detail location id

指定した Cisco Unity Express ロケーション ID のネットワーク情報を表示します。

show network locations configured

Cisco Unity Express に設定されているすべてのリモート ロケーション エントリに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network locations configured コマンドを使用します。

show network locations configured

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

3.1

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express に設定されているリモート ネットワーク ロケーションごとに、ロケーション ID、名前、短縮形、およびドメイン名を確認するために使用します。このコマンドは、従来の show network locations コマンドに代わるものです。

次の例では、Cisco Unity Express システムに設定されているリモート ネットワーク ロケーションが表示されます。

se-10-0-0-0# show network locations configured
 
ID NAME ABBREV DOMAIN
101 'San Jose' SJC sjc.mycompany.com
102 'Dallas/Fort Worth' DFW dfw.mycompany.com
201 'Los Angeles' LAX lax.mycompany.com
202 'Canada' CAN can.mycompany.com
301 'Chicago' CHI chi.mycompany.com
302 'New York' NYC nyc.mycompany.com
401 'Bangalore' BAN bang.mycompany.com

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network locations cached

Cisco Unity Express にキャッシュされているすべてのリモート ロケーション エントリの情報を表示します。

show network detail local

ローカル Cisco Unity Express ロケーションのネットワーク情報を表示します。

show network detail location id

指定した Cisco Unity Express ロケーション ID のネットワーク情報を表示します。

show network queues

Cisco Unity Express システムの発信キューに保持されているメッセージに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network queues コマンドを使用します。

show network queues

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

キュー情報は、実行ジョブ キュー情報、緊急ジョブ キュー情報、および通常ジョブ キュー情報の 3 つに分けて表示されます。

次の例は、show network queues コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show network queues
 
Running Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
107 VPIM 06:13:26 20 jennifer 1001@sjc.mycompany.com
106 VPIM 06:28:25 20 jennifer 1001@sjc.mycompany.com
 
Urgent Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
123 VPIM 16:33:39 1 andy 9003@lax.mycompany.com
 
Normal Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
122 VPIM 16:33:23 1 andy 9001@lax.mycompany.com
124 VPIM 16:34:28 1 andy 9003@lax.mycompany.com
125 VPIM 16:34:57 1 andy 9002@lax.mycompany.com

表40 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表40 show network queues のフィールドの説明

フィールド
説明

ID

キューに保持されているメッセージ ジョブの ID。

TYPE

ジョブのタイプ。

TIME

ジョブがキューに格納された時刻。

RETRY

受信者へのメッセージ送信の再試行回数。

SENDER

メッセージ送信者のユーザ ID。

RECIPIENT

メッセージ受信者のユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show network locations

Cisco Unity Express のネットワーク ロケーションに関する情報を表示します。

show ntp associations

すべての NTP サーバのアソシエーション ID およびステータスを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ntp associations コマンドを使用します。

show ntp associations [ assoc-id association-id ]

 
シンタックスの説明

assoc-id association-id

(オプション)指定したアソシエーション ID について詳細な情報を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.1.2

このコマンドが、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express の両方で Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)、拡張統合モジュール(AIM)に導入されました。


) 同等の Cisco IOS コマンドは Cisco IOS Release 10.0 で導入されています。


 
使用上のガイドライン

show ntp associations コマンドは、Cisco Unity Express に設定されているすべての NTP サーバについて、アソシエーション ID とステータスを表示します。ただし、サーバに関する詳細な情報は提供されません。指定した NTP サーバのステータスについて詳細な情報を表示するには、 show ntp associations assoc-id association-id コマンドを使用します。

すべての NTP サーバの設定およびステータスを確認するには、status フィールドを使用します。このフィールドは、4 桁の 16 進値で構成されています。

先頭の 2 桁は、サーバの設定およびクロック選択プロセスの進行状況を示しています。 表41 を参照してください。

次の 2 桁は、イベントの数および直近のイベントのタイプを示しています。 表42 を参照してください。

表41 に、発生することの多いステータス コードおよびその意味を示します。最初の数字は、指定したサーバの設定、到達可能性、および認証ステータスを示しています。2 番目の数字は、指定したサーバのクロック選択アルゴリズムでの進行状況を示しています。

 

表41 status フィールドのコード値

status フィールドのコード
意味

1xxx

サーバがピア同期化要求をローカル マシンに送信しましたが、ローカル マシン上にサーバが設定されていません。

7xxx

サーバはローカル マシン上に設定されていないピアですが、到達可能であり、適切な認証を使用しています。

8xxx

サーバは設定されていますが、認証されていないか、到達不能です。

9xxx

サーバは設定済みで到達可能です。

Cxxx

サーバは認証を使用するように設定されていますが、到達不能です。

Dxxx

サーバは、認証を使用するように設定されていて到達可能ですが、信頼できるキーを使用していません。

Fxxx

サーバは信頼できるサーバとして認証され、到達可能です。

x0xx

サーバは健全性チェックに合格しなかったため、クライアントに拒否されました。この状態の原因として考えられるのは、サーバが認証に失敗したこと、サーバの誤差境界が非常に大きいこと(16 秒以上)、またはサーバがクライアントよりも上位のストラタム番号に存在していることです。

x1xx

サーバは健全性チェックに合格しましたが、他のサーバとの距離が離れていたため、交差アルゴリズムを通過できませんでした。これは、サーバのクロックが他のクロックの最も大きい誤差境界よりも外側にあり、サーバの設定時刻がほぼ確実に誤っていることを示します。

x2xx

サーバは妥当性チェック(交差アルゴリズム)に合格しました。この値は、サーバが正しく設定されている可能性が高いことを示します。

x3xx

サーバが候補チェックに合格しました。これは、適切なサーバが多数(10 以上)存在したため、サーバが廃棄されなかったことを意味します。

x4xx

サーバは、分散の程度が大きすぎる隔絶サーバとして廃棄されずに、クラスタ化アルゴリズムを通過しました。

x5xx

サーバは同期化ソースですが、距離が遠すぎます。これは、健全性チェックに合格したクロックが他に 1 つもないこと、または他のクロックもすべて距離が遠すぎることを意味します。

x6xx

サーバは、現在の同期化ソースです。これが適切なサーバ ステータスです。

x7xx ~ xFxx

予約値。これらの値は、通常の使用では発生しません。

表42 に、イベント コードを示します。3 番目の数字は、NTP またはいずれかの show ntp コマンドによってコンソールに最後にエラーが返された後のイベント発生件数を示しています。この値はラップせず、15(16 進数の F)で増加が停止します。

正常に動作しているサーバでは、起動後にいずれかの show ntp コマンドがサーバをクエリーしていない場合、値は xx1x になります。クエリーを実行した場合、値は xx0x になります。3 番目の数字がこの他の値になっている場合は、エラーの原因になっているイベントがないかどうかを確認してください。

フィールドの 4 番目の数字は、最後に発生したイベントを示しています。正常に動作しているサーバの場合、これはサーバが到達可能になったというイベントです。

 

表42 event フィールドのコード値

event フィールドのコード
意味

xxx0

未指定のイベント。イベントが発生していないか、何らかの特殊なエラーが発生しました。

xxx1

サーバに到達しようとして IP エラーが発生しました。

xxx2

以前に到達可能であったサーバを認証できなくなりました。これは、キーが変更されたか、何者かがサーバをスプーフィングしていることを示します。

xxx3

以前に到達可能であったサーバが到達不能になっています。

xxx4

以前に到達不能であったサーバが到達可能になっています。

xxx5

サーバのクロックにエラーがあります。

xxx6 ~ xxxF

予約値。これらの値は、通常の使用では発生しません。

flash フィールドは、12 個の一連の診断テストをパケットに対して実行している間の、パケットのステータスを示します。テストは指定した順で実行され、偶然または悪意のあるエラーから保護しながら、最大限の情報を取得します。

各パケットの受信時には、flash 変数は 0 に設定されています。テストの結果としていずれかのビットが設定された場合、パケットは廃棄されます。

テストでは、次の情報が検索されます。

TEST1 ~ TEST3 では、オフセットと遅延の計算で使用されるパケット タイムスタンプを確認します。ビットが設定されていない場合は、パケットのヘッダー変数が保存されます。

TEST4 および TEST5 では、アクセス制御および暗号化認証を確認します。ビットが設定されていない場合、値は保存されません。

TEST6 ~ TEST8 では、サーバの状態を確認します。ビットが設定されていない場合は、サーバとの相対的なオフセットおよび遅延が計算され、保存されます。

TEST9 では、アソシエーションの状態を確認します。ビットが設定されていない場合は、保存されている変数がクロック フィルタおよび緩和アルゴリズムに渡されます。

TEST10 ~ TEST12 では、Autokey パブリック キー暗号化を使用して認証状態を確認します。いずれかのビットが設定されていて、アソシエーションが以前に到達可能としてマークされていた場合、パケットは廃棄されます。ビットが設定されていない場合は、発信と受信のタイムスタンプが保存され、処理が続行されます。

表43 に、各テストでの flash のビット値を示します。

 

表43 flash フィールドの診断ビットの値

flash のビット値
意味

0x001

TEST1。重複パケット。このパケットは、最善の場合、一時的に再送信されたものです。最悪の場合は、悪意のあるリプレイ アタックです。

0x002

TEST2。模造パケット。このパケットは、以前に送信されたメッセージへの応答ではありません。このパケットが発生する可能性があるのは、NTP デーモンが再起動された場合です。

0x004

TEST3。同期化されていません。1 つまたはそれ以上のタイムスタンプ フィールドが無効です。このパケットが発生するのは、通常、ピアから最初のパケットを受信したときです。

0x008

TEST4。アクセスが拒否されました。

0x010

TEST5。暗号化認証が失敗しました。

0x020

TEST6。サーバは同期化されていません。最初にサーバのクロックを設定してください。

0x040

TEST7。サーバの層が最上位の 15 です。サーバは同期化されていない可能性があります。サーバのクロックを設定する必要があります。

0x080

TEST8。ルート遅延または分散のいずれかが 1 秒を超えています。

0x100

TEST9。ピア遅延または分散のいずれかが 1 秒を超えています。

0x200

TEST10。Autokey プロトコルが認証失敗を検出しました。

0x400

TEST11。Autokey プロトコルはサーバを検証していません。または、ピアは帰納的に認証済みで、有効なキー資格を持っています。

0x800

TEST12。パブリック キー アルゴリズムで、プロトコルまたは設定のエラーが発生しました。または、侵入イベントである可能性を持つイベントが検出されました。

次の例は、 show ntp associations コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ntp associations
 
ind assID status conf reach auth condition last_event cnt
===========================================================
1 37773 9624 yes yes none sys.peer reachable 2
 
 

表44 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表44 show ntp associations のフィールドの説明

フィールド
説明

ind

アソシエーションのインデックス番号。

assID

サーバから返されたピア ID。

status

サーバのステータスを示す 16 進値。これらのフィールド コードの説明については、 表41 および 表42 を参照してください。

conf

サーバが設定されているかどうかを示します。有効な値は yes および no です。

reach

ピアが到達可能かどうかを示します。有効な値は yes および no です。

auth

サーバ認証のステータス。有効となる値は、次のとおりです。

ok

bad

none

“ ”

condition

クロック選択プロセスでのアソシエーションのタイプ。有効となる値は、次のとおりです。

空白:(Reject)ピアは到達不能として廃棄されました。

falsetick:ピアは不適切なクロックとして廃棄されました。

excess:ピアは直近の 10 のピアに含まれていないため廃棄されました。

outlier:ピアは隔絶サーバとして廃棄されました。

candidate:ピアは、同期化可能な対象として選択されました。

selected:このピアとほぼ同期化されています。

sys.peer:このピアと同期化されています。

pps.peer:1 秒ごとのパルス信号を基準として、このピアと同期化されています。

last_event

システムで最後に発生したイベント。有効となる値は、次のとおりです。

(空欄)

IP error

Auth fail

lost reach

reachable

clock expt

これらの値の説明については、 表42 を参照してください。

cnt

NTP がコンソールに対して最後にエラーを返した後、発生したイベントの件数。この値はラップせず、15(16 進数の F)で増加が停止します。正常に動作しているサーバの場合、この値は 1 または 0 です。

次の例は、 show ntp associations assoc-id コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ntp associations assoc-id 37773
 
status=9624 reach, conf, sel_sys.peer, 2 events, event_reach,
srcadr=10.10.10.65, srcport=123, dstadr=10.10.5.2, dstport=123, leap=00,
stratum=8, precision=-18, rootdelay=0.000, rootdispersion=0.031,
refid=127.127.7.1, reach=377, unreach=0, hmode=3, pmode=4, hpoll=10,
ppoll=10, flash=00 ok, keyid=0, offset=-1.139, delay=0.430,
dispersion=14.821, jitter=0.158,
reftime=af4a3bee.f4749337 Thu, Mar 11 1993 14:30:06.954,
org=af4a3bf8.3f18b455 Thu, Mar 11 1993 14:30:16.246,
rec=af4a3bf8.3f71758e Thu, Mar 11 1993 14:30:16.247,
xmt=af4a3bf8.3f545c78 Thu, Mar 11 1993 14:30:16.247,
filtdelay= 0.43 0.63 0.58 0.58 0.48 0.34 0.54 0.45,
filtoffset= -1.14 -0.98 -0.96 -0.90 -0.90 -0.79 -0.47 -0.45,
filtdisp= 0.01 15.40 30.79 46.14 61.48 76.83 92.19 99.90
 

表45 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表45 show ntp associations assoc-id のフィールドの説明

フィールド
説明

status

ピアのステータス。この行の値の説明については、 表41 表42 、および 表44 を参照してください。

srcadr

ホスト サーバの IP アドレス。

srcport

ホスト サーバのポート アドレス。

dstadr

宛先サーバの IP アドレス。

dstport

宛先サーバのポート アドレス。

leap

NTP のタイムスケールに、ただちにうるう秒が挿入されることを警告する 2 ビットのコード。有効となる値は、次のとおりです。

00:警告なし

01:最後の分が 61 秒

10:最後の分が 59 秒

11:アラーム条件(クロックが同期化されていない)

stratum

プライマリのクロック ソースまでのサーバ ホップ数。有効となる値は、次のとおりです。

0:未指定

1:プライマリ クロック リファレンス

2 ~ 255:NTP を使用したセカンダリ リファレンス

層の値が 15 である場合、サーバは同期化されていない可能性があります。サーバのクロックをリセットする必要があります。

precision

クロックの精度(秒単位、2 の累乗の指数)。

rootdelay

同期化サブネットのルートにあるプライマリ リファレンス ソースへの往復遅延(秒単位)。

rootdispersion

同期化サブネットのルートにあるプライマリ リファレンス ソースとの相対的な最大誤差(秒単位)。

refid

同期化の対象として選択したピアの IP アドレス。

reach

ピアの到達可能性ステータスの履歴(8 進数)。ポーリング期間中にサーバに到達した場合は各ビットが 1 に設定され、到達しなかった場合は 0 に設定されます。377 という値は、直近の 8 回の試行が成功したことを示しています。

unreach

有効なパケットが最後に受信された後のポーリング間隔の数。

hmode

ホスト サーバのアソシエーション モード。有効となる値は、次のとおりです。

0:未指定

1:対称アクティブ

2:対称パッシブ

3:クライアント

4:サーバ

5:ブロードキャスト

6:NTP 制御メッセージ用に予約済み

7:プライベート利用のために予約済み

pmode

ピア サーバのアソシエーション モード。有効となる値は、次のとおりです。

0:未指定

1:対称アクティブ

2:対称パッシブ

3:クライアント

4:サーバ

5:ブロードキャスト

6:NTP 制御メッセージ用に予約済み

7:プライベート利用のために予約済み

hpoll

ホストから転送されるメッセージの最小間隔(秒単位、2 の累乗の指数)。

ppoll

ピアに転送されるメッセージの最小間隔(秒単位、2 の累乗の指数)。

flash

パケットに対して一連の診断テストを実行した後のパケットのステータス。 表43 にある flash フィールドの値の説明を参照してください。

keyid

メッセージ認証コードの生成に使用された暗号鍵の ID。

offset

クライアントとサーバの時刻の差(ミリ秒単位)。

delay

パケットの往復遅延(ミリ秒単位)。

dispersion

時刻オフセットが、所定の時刻サーバからどの程度離れているかを表す尺度(ミリ秒単位)。

jitter

Cisco Unity Express クロックの推定時刻誤差(ミリ秒単位)。RMS 時刻差の指数平均として計算されます。

reftime

ローカル クロックが最後に更新された時点の現地時間(タイムスタンプ形式)。ローカル クロックが 1 回も同期化されていない場合、この値は 0 です。

org

ピアの最新の NTP メッセージが送信された時点での、ピアの現地時間(タイムスタンプ形式)。ピアが到達不能になった場合、この値は 0 です。

rec

ピアから最新の NTP メッセージが到達した時点の現地時間(タイムスタンプ形式)。ピアが到達不能になった場合、この値は 0 です。

xmt

NTP メッセージが送信側を出発した時点の現地時間(タイムスタンプ形式)。

filtdelay

ピア クロックとローカル クロック間のネットワークでの往復遅延(秒単位)。

filtoffset

ピア クロックからローカル クロックへの相対的なオフセット(秒単位)。

filtdisp

ネットワーク経由でのピア クロックとローカル クロックの相対的な最大誤差(秒単位)。表示される可能性があるのは、0 より大きい値のみです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp servers

NTP サーバのリストおよび各 NTP サーバの現在の状態を表示します。

show ntp source

NTP サーバのプライマリ時刻ソースを表示します。

show ntp servers

NTP サーバのリストおよび現在のステータスを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ntp servers コマンドを使用します。

show ntp servers

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.1.2

このコマンドが、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express の両方で Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)、拡張統合モジュール(AIM)に導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NTP サーバのリスト、状態、および各サーバに関連付けられているリモート ピアの要約情報を表示します。

次の例は、 show ntp servers コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ntp servers
 
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*10.100.10.65 127.127.7.1 8 u 933 1024 377 0.430 -1.139 0.158
space reject, x falsetick, . excess, - outlyer
+ candidate, # selected, * sys.peer, o pps.peer
 

表46 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表46 show ntp servers のフィールドの説明

フィールド
説明

remote

リモート サーバの IP アドレス。

refid

サーバの現在の時刻ソース。

st

リモート サーバへのホップ数(層)。

t

ピアのタイプ。有効となる値は、次のとおりです。

l:ローカル

u:ユニキャスト

m:マルチキャスト

b:ブロードキャスト

when

パケットを最後に受信した時刻。

poll

ポーリング間隔(秒単位)。

reach

ピアの到達可能性ステータスの履歴(8 進数)。ポーリング期間中にサーバに到達した場合は各ビットが 1 に設定され、到達しなかった場合は 0 に設定されます。377 という値は、直近の 8 回の試行が成功したことを示しています。

delay

パケットの往復遅延(ミリ秒単位)。

offset

クライアントとサーバの時刻の差(ミリ秒単位)。

jitter

Cisco Unity Express クロックの推定時刻誤差(ミリ秒単位)。RMS 時刻差の指数平均として計算されます。

(符号コード)

リモート IP アドレスの先頭に付加されるこの文字は、クロック選択プロセスにおけるアソシエーションのステータスを示します。有効となる値は、次のとおりです。

空白 Reject:ピアは到達不能として廃棄されました。

x Falsetick:ピアは不適切なクロックとして廃棄されました。

. Excess:ピアは直近の 10 のピアに含まれていないため廃棄されました。

- Outlier:ピアは隔絶サーバとして廃棄されました。

+ Candidate:ピアは、同期化可能な対象として選択されました。

# Selected:このピアとほぼ同期化されています。

* Sys.peer:このピアと同期化されています。

o PPS.peer:1 秒ごとのパルス信号を基準として、このピアと同期化されています。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp server

NTP サーバを設定します。

show ntp associations

NTP サーバのアソシエーション ID のリストおよびピアのステータスを表示します。

show ntp source

NTP サーバの時刻ソースを表示します。

show ntp source

NTP サーバの時刻ソースを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ntp source コマンドを使用します。

show ntp source [ detail ]

 
シンタックスの説明

detail

(オプション)NTP サーバについて詳細な情報を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.1.2

このコマンドが、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express の両方で Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)、拡張統合モジュール(AIM)に導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NTP サーバのプライマリ時刻ソースまでの NTP サーバ チェーンをローカル ホストから順に表示します。

次の例は、 show ntp source コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ntp source
 
127.0.0.1: stratum 9, offset 0.000015, synch distance 0.03047
10.100.10.65: stratum 8, offset -0.001124, synch distance 0.00003
 

表47 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表47 show ntp source のフィールドの説明

フィールド
説明

(最初のフィールド)

ホストの IP アドレス。

stratum

プライマリのクロック ソースまでのサーバ ホップ数。有効となる値は、次のとおりです。

0:未指定

1:プライマリ クロック リファレンス

2 ~ 255:NTP を使用したセカンダリ リファレンス

offset

ホストとローカル ホスト間の時刻オフセット(秒単位)。

synch distance

ホスト同期化距離。プライマリ ソースとの相対的な推定誤差です。

次の例は、 show ntp source detail コマンドのサンプル出力を示しています。

se-1-100-5-2# show ntp source detail
 
server 127.0.0.1, port 123
stratum 9, precision -17, leap 00
refid [10.10.10.65] delay 0.00012, dispersion 0.00000 offset 0.000011
rootdelay 0.00058, rootdispersion 0.03111, synch dist 0.03140
reference time: af4a3ff7.926698bb Thu, Mar 11 1993 14:47:19.571
originate timestamp: af4a4041.bf991bc5 Thu, Mar 11 1993 14:48:33.748
transmit timestamp: af4a4041.bf90a782 Thu, Mar 11 1993 14:48:33.748
 
server 10.10.10.65, port 123
stratum 8, precision -18, leap 00
refid [172.16.7.1] delay 0.00024, dispersion 0.00000 offset -0.001130
rootdelay 0.00000, rootdispersion 0.00003, synch dist 0.00003
reference time: af4a402e.f46eaea6 Thu, Mar 11 1993 14:48:14.954
originate timestamp: af4a4041.bf6fb4d4 Thu, Mar 11 1993 14:48:33.747
transmit timestamp: af4a4041.bfb0d51f Thu, Mar 11 1993 14:48:33.748
 
 

表48 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表48 show ntp source detail のフィールドの説明

フィールド
説明

server

ホスト サーバの IP アドレス。

port

ホスト サーバのポート番号。

stratum

プライマリのクロック ソースまでのサーバ ホップ数。有効となる値は、次のとおりです。

0:未指定

1:プライマリ クロック リファレンス

2 ~ 255:NTP を使用したセカンダリ リファレンス

precision

クロックの精度(秒単位、2 の累乗の指数)。

leap

NTP のタイムスケールに、ただちにうるう秒が挿入されること警告する 2 ビットのコード。有効となる値は、次のとおりです。

00:警告なし

01:最後の分が 61 秒

10:最後の分が 59 秒

11:アラーム条件(クロックが同期化されていない)

refid

同期化の対象として選択したピアの IP アドレス。

delay

パケットの往復遅延(ミリ秒単位)。

dispersion

時刻オフセットが、所定の時刻サーバからどの程度離れているかを表す尺度(ミリ秒単位)。

offset

ホストとローカル ホスト間の時刻オフセット(秒単位)。

rootdelay

同期化サブネットのルートにあるプライマリ リファレンス ソースへの往復遅延(秒単位)。

rootdispersion

同期化サブネットのルートにあるプライマリ リファレンス ソースとの相対的な最大誤差(秒単位)。

synch dist

ホスト同期化距離。プライマリ ソースとの相対的な推定誤差です。

reference time

ローカル クロックが最後に更新された時点の現地時間(タイムスタンプ形式)。ローカル クロックが 1 回も同期化されていない場合、この値は 0 です。

originate timestamp

ピアの最新の NTP メッセージが送信された時点での、ピアの現地時間(タイムスタンプ形式)。ピアが到達不能になった場合、この値は 0 です。

transmit timestamp

ピアから最新の NTP メッセージが到達した時点の現地時間(タイムスタンプ形式)。ピアが到達不能になった場合、この値は 0 です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp associations

NTP サーバのアソシエーション ID のリストおよびピアのステータスを表示します。

show ntp servers

NTP サーバのリストおよび各 NTP サーバの現在の状態を表示します。

show ntp status

NTP サーバに関する統計情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ntp status コマンドを使用します。

show ntp status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

次の例は、 show ntp status コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ntp status
 
NTP reference server 1: 10.100.6.9
Status: sys.peer
Time difference (secs): 3.268110005008586E8
Time jitter (secs): 0.17168384790420532
 

表49 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表49 show ntp status のフィールドの説明

フィールド
説明

NTP reference server 1

NTP サーバの IP アドレス。

Status

クロック選択プロセスにおけるピア アソシエーションのステータス。有効となる値は、次のとおりです。

Reject:ピアは到達不能として廃棄されました。

Falsetick:ピアは不適切なクロックとして廃棄されました。

Excess:ピアは直近の 10 のピアに含まれていないため廃棄されました。

Outlier:ピアは隔絶サーバとして廃棄されました。

Candidate:ピアは、同期化可能な対象として選択されました。

Selected:このピアとほぼ同期化されています。

Sys.peer:このピアと同期化されています。

PPS.peer:1 秒ごとのパルス信号を基準として、このピアと同期化されています。

Time difference (secs)

システム クロックと NTP サーバの時刻差(秒単位)。

Time jitter (secs)

Cisco Unity Express クロックの推定時刻誤差(秒単位)。二乗平均平方根(RMS; root mean square)時刻差の指数平均として計算されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clock timezone

ローカル タイム ゾーンを設定します。

ntp server

Cisco Unity Express の NTP サーバを指定します。

show clock detail

クロックに関する統計情報を表示します。

show phone-authentication configuration

VoiceView Express 電話機の認証パラメータを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show phone-authentication configuration コマンドを使用します。

show phone-authentication configuration

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

AIM-CUE および Cisco Unified Communications Manager では、このコマンドは使用できません。

Cisco Unity Express 上の電話機認証サービスは、ボイス メッセージおよびグリーティングの録音再生中に IP Phone からの VoiceView Express 認証要求を処理します。このサービスを使用できるのは、Cisco Unity Express を Cisco Unified CME とともに使用している場合のみです。

このサービスはデフォルトで有効になっており、無効にすることはできません。

Cisco Unity Express を Cisco Unified CME と統合する場合、認証を必要とする IP Phone サービスがネットワークに複数導入されているときは、Cisco Unity Express がプライマリ認証サービスとして動作し、Cisco Unity Express 以外のサービス要求を他のサーバにリレーする必要があります。

次の 2 つの URL を設定する必要があります。

Cisco Unified CME 認証 URL は、Cisco Unity Express を指している必要があります。この URL の形式は、 http:// cue-ip-address /voiceview/authentication/authenticate.do です。

Cisco Unity Express フォールバック認証 URL は、サードパーティのフォールバック サーバを指している必要があります。この URL の形式は、 http:// servername / path / filename です。Cisco Unity Express 以外のサービスからの認証要求は、このサードパーティ サーバにリレーされます。

次の例は、 show phone-authentication configuration コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show phone-authentication configuration
 
Authentication service URL: http://cuehost/voiceview/authentication/authenticate.do
Authentication Fallback Server URL: http://172.16.10.10/auth-server/authenticate.asp
 

表50 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表50 show phone-authentication configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Authentication service URL:

Cisco Unity Express を指す Cisco Unified CME 認証サービス URL。

Authentication Fallback Server URL:

Cisco Unity Express フォールバック サーバの URL。

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable(VoiceView Express)

VoiceView Express 機能を有効にします。

fallback-url(Cisco Unified Communications Manager Express のみ)

フォールバック認証サーバを設定します。

service phone-authentication

VoiceView Express 電話機認証モードを開始します。

service voiceview

VoiceView Express 設定モードを開始します。

service voiceview session terminate

アクティブな VoiceView Express セッションを終了します。

session idletimeout(VoiceView Express)

VoiceView Express セッションのアイドル タイムアウト値を指定します。

show voiceview configuration

すべての VoiceView Express 構成パラメータを表示します。

show voiceview sessions

アクティブな VoiceView Express セッションをすべて表示します。

show privileges

システム上の使用可能な特権のリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show privileges コマンドを使用します。

show privileges

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show privileges コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show privileges
 
System privileges
 
Privilegeid Description
superuser
ManagePrompts
broadcast
ManagePublicList
ViewPrivateList
 

表51 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表51 show privileges のフィールドの説明

フィールド
説明

Privilegeid

特権の名前。

Description

特権の説明文。

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname

Cisco Unity Express グループを設定します。

show processes

CUE モジュールのサブシステムのステータスおよび統計情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show processes コマンドを使用します。

show processes [ cpu | memory]

 
シンタックスの説明

cpu

(オプション)CPU 時間を表示します。

memory

(オプション)プロセスのメモリ使用状況を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.0

このコマンドが Cisco Unity Express ネットワーク モジュールで導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの出力は、テクニカル サポート担当者が問題を診断する場合に特に役立ちます。

次の例は、 show processes コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show processes
 
STATE HEALTH CMD
online alive syslog-ng
online alive platform_config
online alive rbcp
online alive trace
online alive cli
online alive ntp
online alive ldap
online alive superthread
online alive sql
online alive http
online alive ccn
online alive probe
online alive downloader
online alive dns
online alive usermanager
online alive ccn_config
online alive backuprestore
online alive smtp
 

次の例は、 show processes cpu コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show processes cpu
 
Uptime (secs): 953302.54
User time (secs): 2352.6
Kernel time (secs): 38.14
Idle time (secs): 950911.8
 

次の例は、 show processes memory コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show processes memory
 
VSZ RSS SHR PVT RD RW EXE DAT STK %PVT CMD
12176 1256 988 268 0 220 780 244 12 0.1 syslog-ng
20028 1148 928 220 0 296 772 36 44 0.1 platform_config
11840 964 756 208 0 220 684 36 24 0.1 rbcp
14076 956 748 208 0 208 688 44 16 0.1 trace
2080 1084 980 104 0 56 896 116 16 0.0 monitor
20320 1264 1000 264 0 304 852 76 32 0.1 ntp
11808 1008 824 184 0 284 676 36 12 0.1 probe
21256 2096 888 1208 0 352 684 1032 28 0.5 downloader
19292 3676 2476 1200 0 932 1772 912 60 0.5 ldap
17040 0 0 0 0 0 0 0 0 0.0 sql
58992 39248 2056 37192 0 664 2988 34864 732 15.2 superthread
58560 38616 2900 35716 0 580 4020 33524 492 14.6 http
81824 45188 2820 42368 0 516 4016 39336 1320 17.3 ccn
58992 39248 2056 37192 0 664 2988 34864 732 15.2 smtp
35912 22128 1896 20232 0 556 2920 18444 208 8.3 cli
 
 

表52 で、show processes コマンドの出力に含まれているフィールドについて説明します。

 

表52 show processes のフィールドの説明

フィールド
説明

State

表示される可能性のある状態は、次の 2 つです。

online:サブシステムは要求を処理できる状態です。

ready-to-go-online:サブシステムは動作可能な状態ですが、メインの処理システムがサブシステムをオンラインにしていません。

Health

表示される可能性のある状態は、次の 2 つです。

alive:プロセスのプライマリ スレッドが存在しています。

dead:プロセスのプライマリ スレッドが存在していません。通常、プライマリ スレッドがデッド状態になると、サブシステムは再起動します。

CMD

サブシステムの名前。

表53 で、show processes cpu コマンドの出力に含まれているフィールドについて説明します。

 

表53 show processes cpu のフィールドの説明

フィールド
説明

Uptime (secs)

前回の再起動以後の経過秒数。

User time (secs)

前回の再起動以後に、システムが非特権コードを実行した秒数。

Kernel time (secs)

前回の再起動以後に、システムが特権コードを実行した秒数。

Idle time (secs)

前回の再起動以後に、システムがアイドル状態になった秒数。

表54 で、show processes memory コマンドの出力に含まれているフィールドについて説明します。

 

表54 show processes memory のフィールドの説明

フィールド
説明

VSZ

プロセス アドレス空間のサイズ(KB 単位)。

RSS

プロセスが使用している物理メモリの容量(KB 単位)。

SHR

他のプロセスと共有される RSS の量(KB 単位)。

PVT

このプロセスが排他的に使用する RSS の量(KB 単位)。

RD

ファイルにマッピングされた読み取り専用データ メモリのサイズ(KB 単位)。

RW

ファイルにマッピングされた読み取り/書き込みデータ メモリのサイズ(KB 単位)。

EXE

ファイルにマッピングされた読み取り専用の実行可能ファイル メモリのサイズ(KB 単位)。

DAT

ファイルにマッピングされていない、スタック以外の読み取り/書き込みメモリのサイズ(KB 単位)。

STK

ネイティブ スレッド スタックのサイズ。ファイルにマッピングされていない読み取り/書き込みメモリ。

%PVT

このプロセスが排他的に使用している RSS の割合(%)。

CMD

サブシステムの名前。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show memory

CUE モジュールのメモリ情報を表示します。

show remote cache

Least Recently Used(LRU; 最低使用頻度)キャッシュの内容を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show remote cache コマンドを使用します。

show remote cache

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例では、リモート キャッシュに保持されているユーザのリストが表示されます。

se-10-0-0-0# show remote cache
 
Remote user cache is enabled
ID LOCATION EXTENSION LAST ACCESSED TIME
3014001 sjc 5555 Tue Sep 21 10:38:28 PDT 2004
6661005 nyc 1111 Tue Sep 21 14:55:11 PDT 2004
 

表55 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表55 show remote cache のフィールドの説明

フィールド
説明

ID

リモート ユーザのロケーション ID。

LOCATION

リモート ユーザのロケーション名。

EXTENSION

リモート ユーザの内線番号。

LAST ACCESSED TIME

リモート ユーザが直近にアクセスされた日時。

 
関連コマンド

コマンド
説明

remote cache enable

ローカル システム上の LRU キャッシュを有効にします。

show remote user detail

ローカル システム上に設定されている特定のリモート ユーザの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show remote user detail コマンドを使用します。

show remote user detail username username

 
シンタックスの説明

username username

リモート ユーザの名前。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例では、リモート ユーザ User Anyone の詳細が表示されます。

se-10-0-0-0# show remote user detail username useranyone

Full Name: User Anyone
First Name: User
Last Name: Anyone
Nick Name:
Extension: 84444
Location Id: sjc

 
関連コマンド

コマンド
説明

remote username location

ローカル Cisco Unity Express システム上にリモート ユーザを設定します。

show remote userss

ローカル システム上に設定されているリモート ユーザをすべて表示します。

show remote users

ローカル システム上に設定されているすべてのリモート ユーザの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show remote users コマンドを使用します。

show remote users

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

次の例では、ローカル システムに設定されたすべてのリモート ユーザのリストが表示されます。

se-10-0-0-0# show remote users
 
user1
user2
user3
user4

 
関連コマンド

コマンド
説明

remote username location

ローカル Cisco Unity Express システム上にリモート ユーザを設定します。

show remote user detail

ローカル システム上に設定されている特定のリモート ユーザの詳細を表示します。

show restriction-table

指定した規制テーブルに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show restriction-table コマンドを使用します。

show restriction-table [ table-name | all ]

 
シンタックスの説明

table-name

指定した規制テーブルを表示します。

all

システムのすべての規制テーブルを表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show restriction-table コマンドは、指定した規制テーブルの名前と内容を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

次の例は、 show restriction-table table-name コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show restriction-table fax-restriction
 
Restriction Table: fax-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表56 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表56 show restriction-table のフィールドの説明

フィールド
説明

Restriction table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

restriction create

規制テーブルを作成します。

restriction delete

規制テーブルを削除します。

restriction dial-string preference

規制テーブルのパターン番号を指定します。

restriction max-digits

規制テーブルでの最大桁数を指定します。

restriction min-digits

規制テーブルでの最小桁数を指定します。

voicemail fax restriction

規制テーブルをファックス機能に関連付けます。

voicemail live-record restriction

規制テーブルをライブ レコード機能に関連付けます。

voicemail live-reply restriction

規制テーブルを Live Reply 機能に関連付けます。

voicemail non-subscriber restriction

規制テーブルをユーザ以外へのメッセージ配信機能に関連付けます。

voicemail notification restriction

規制テーブルをメッセージ通知機能に関連付けます。

show running-config

現在の実行コンフィギュレーションを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show running-config コマンドを使用します。

show running-config [ paged ]

 
シンタックスの説明

paged

(オプション)現在の表示画面全体に出力を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、フラッシュ メモリに格納されている実行コンフィギュレーションを表示します。

出力を画面上で 1 ページずつ表示するには、 paged キーワードを使用します。

次の例は、 show running-config コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show running-config
 
Generating configuration:
 
 
! Timezone Settings
clock timezone America/Los_Angeles
 
! hostname
hostname se-10-0-0-0
 
! Domain Name
ip domain-name localdomain
! DNS Servers
ip name-server 10.100.10.130
 
ntp server 10.100.6.9
 
groupname Administrators create
groupname sales create
groupname tech create
 
username user1 create
username user2 create
username user3 create
username user4 create
username user5 create
username user6 create
username user7 create
username user8 create
username user9 create
username user1 phonenumber "2004"
username user2 phonenumber "2005"
username user4 phonenumber "2008"
username user6 phonenumber "2006"
username user7 phonenumber "2001"
username user8 phonenumber "2012"
username user9 phonenumber "2002"
 
groupname Administrators member user4
groupname Administrators member user6
groupname sales member user1
groupname sales member user9
 
backup server url "ftp://172.16.0.1/ftp" username "" password ""
 
ccn application autoattendant
description "Auto Attendant"
enabled
maxsessions 8
script "aa.aef"
parameter "MaxRetry" "3"
parameter "operExtn" "0"
parameter "welcomePrompt" "AAWelcome.wav"
end application
 
ccn application ciscomwiapplication
description "ciscomwiapplication"
enabled
maxsessions 8
script "setmwi.aef"
parameter "strMWI_OFF_DN" "8001"
parameter "strMWI_ON_DN" "8000"
parameter "CallControlGroupID" "0"
end application
 
ccn application voicemail
description "voicemail"
enabled
maxsessions 8
script "voicebrowser.aef"
parameter "logoutUri" "http://localhost/voicemail/vxmlscripts/
parameter "uri" "http://localhost/voicemail/vxmlscripts/login.
end application
 
ccn engine
end engine
 
ccn subsystem sip
gateway address "10.100.6.9"
end subsystem
 
ccn trigger sip phonenumber 6700
application "autoattendant"
enabled
locale "en_ENU"
maxsessions 8
end trigger
 
ccn trigger sip phonenumber 6800
application "voicemail"
enabled
locale "en_ENU"
maxsessions 8
end trigger
 
voicemail default mailboxsize 3000
voicemail mailbox owner "user1" size 3000
description "User 1"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user2" size 3000
description "User 2"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user3" size 3000
description "User 3"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user4" size 3000
description "User 4"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user5" size 3000
description "User 5"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user6" size 3000
description "User 6"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user7" size 3000
description "User 7"
end mailbox
 
voicemail mailbox owner "user8" size 3000
description "User 8"
end mailbox
 
end

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy ftp

ネットワーク FTP サーバのデータを別の場所にコピーします。

copy running-config

実行コンフィギュレーションを別の場所にコピーします。

copy startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを別の場所にコピーします。

copy tftp

ネットワーク TFTP サーバのデータを別の場所にコピーします。

erase startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを削除します。

show startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

write

実行コンフィギュレーションをスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

show security detail

パスワードおよび PIN のシステム全体にわたる設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show security detail コマンドを使用します。

show security detail

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

3.0

このコマンドが変更され、パスワードおよび PIN のシステム全体にわたる新しいパラメータが表示されるようになりました。

このコマンドの出力は、次のようになります。

se-10-0-0-0# show security detail
 
Password Expires: true
Password Age: 60 days
Password Length (min): 5
Password Length (max): 32
Password Lockout: Disabled
Password History Depth: 1
PIN Expires: true
PIN Age: 45 days
PIN Length (min): 4
PIN Length (max): 16
Pin Lockout: Disabled
PIN History Depth: 1
 

次の例は、パスワードの有効期限と PIN の長さがシステムのデフォルト値にリセットされた場合の値を示しています。

se-10-0-0-0# show security detail
 
Password Expires: false
Password Length (min): 3
Password Length (max): 32
Password Lockout: Disabled
Password History Depth: 1
PIN Expires: false
PIN Age: 45 days
PIN Length (min): 3
PIN Length (max): 16
Pin Lockout: Disabled
PIN History Depth: 1
 

表57 で、 show security detail コマンドの出力に含まれているフィールドについて説明します。

 

表57 show security detail のフィールドの説明

フィールド
説明

Password Expires

パスワードの有効期間がオンになっているかどうかを示します。

Password Age

ユーザのパスワードの最大有効日数。

Password Length (min)

すべてのユーザのパスワードの最小文字数。

Password Length (max)

すべてのユーザのパスワードの最大文字数。

Password Lockout

パスワードのロックアウトがオンになっているかどうかを示します。

Password History Depth

システムに記録される過去のパスワードの数を示します。

PIN Expires

パスワードの有効期間がオンになっているかどうかを示します。

PIN Age

ユーザの PIN の最大有効日数。

PIN Length (min)

すべてのユーザの PIN の最小桁数。

PIN Length (max)

すべてのユーザの PIN の最大桁数。

PIN Lockout

PIN のロックアウトがオンになっているかどうかを示します。

PIN History Depth

システムに記録される過去の PIN の数を示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

security password

ローカル システムのパスワードの長さと有効期間を設定します。

security pin

ローカル システムの PIN の長さと有効期間を設定します。

show security ssh

設定されている SSH(セキュア シェル)サーバおよびそのフィンガープリントのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show security ssh known-hosts コマンドを使用します。

show security ssh known-hosts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show security ssh known-hosts コマンドは、設定されている SSH(セキュア シェル)サーバおよびそのフィンガープリントのリストを表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。これらのフィンガープリントは、SSH サーバ認証を実行するために使用されます。

次の例は、 show security ssh known-hosts コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show security ssh known-hosts
 
192.168.138.208 ssh-rsa a5:3a:12:6d:e9:48:a3:34:be:8f:ee:50:30:e5:e6:c3
172.16.103.231 ssh-rsa 5c:31:00:89:04:ed:2e:fc:bd:eb:26:23:cd:24:c0:b6
 

この出力から、次の情報を得ることができます。

SSH サーバのホスト名または IP アドレス。

SSH サーバのホスト キーの MD5(メッセージ ダイジェスト アルゴリズム 5)フィンガープリントが、DSA(デジタル署名アルゴリズム)または RSA 暗号化アルゴリズムのどちらを使用して作成されたか。

MD5 フィンガープリントの文字列。

 
関連コマンド

コマンド
説明

backup server authenticate

バックアップ サーバのホスト キーのフィンガープリントを取得します。

security ssh

SSH(セキュア シェル)サーバのホスト キーの MD5(メッセージ ダイジェスト アルゴリズム 5)フィンガープリントを設定します。

show smtp server

SMTP サーバの設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show smtp server コマンドを使用します。

show smtp server

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show smtp server コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show smtp server
 
SMTP Server: 172.16.1.1
Authentication: Required
Username: smtp123
 

次の例は、認証が不要な場合の出力を示しています。

se-10-0-0-0# show smtp server
 
SMTP Server: 10.10.5.12
Authentication: Not Required
 

次の例は、SMTP サーバが設定されていない場合のエラー メッセージを示しています。

se-10-0-0-0# show smtp server
 
SMTP Server is not configured.
 

表58 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表58 show smtp server のフィールドの説明

フィールド
説明

SMTP Server:

SMTP サーバのホスト名または IP アドレス。

Authentication:

SMTP サーバで認証が必要かどうかを示すステータス。

Username:

SMTP サーバの認証ユーザ ID。

 
関連コマンド

コマンド
説明

smtp server address

文字対応デバイスにメッセージ通知を送信するための SMTP サーバを設定します。

show software

インストールされているソフトウェアの特性を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show software コマンドを使用します。

show software { directory | download server | licenses | packages | versions }

 
シンタックスの説明

directory

ソフトウェアのディレクトリを表示します。

download server

FTP サーバの IP アドレスを表示します。

licenses

ご購入済みのシステム ライセンスに関する条件および制約を表示します。

packages

設定されている Cisco Unity Express アプリケーション パッケージを表示します。

versions

設定されているソフトウェアおよびアプリケーションの現在のバージョンを表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

2.0

このコマンドが Cisco Unity Express ネットワーク モジュールについて更新されました。

次の例は、 show software コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show software download server
 
Download server URL is: ftp://172.16.0.1/ftp
 
se-10-0-0-0# show software licenses
 
Core:
- application mode: CME
- total usable system ports: 8
 
Voicemail/Auto Attendant:
- max system mailbox capacity time: 6000
- max general delivery mailboxes: 20
- max personal mailboxes: 100
 
Languages:
- max installed languages: unlimited
- max enabled languages: 1
 
se-10-0-0-0# show software packages
 
Installed Packages:
- Core (Integrated Voice Services - Core)
- Auto Attendant (Integrated Voice Services - Auto Attendant)
- Voice Mail (Integrated Voice Services - Voice Mail)
- Boot Loader (Service Engine Bootloader)
 
Installed Languages:
- US English (English language pack)
 
se-10-50-10-125# show software versions
 
Installed Packages:
Software Version: 3.0.1
- Installer 3.0.1.0
- Thirdparty 2.3.1.0
- Bootloader (Primary) 2.1.14
- Infrastructure 2.3.2.0
- Global 3.0.1.0
- Service Engine license 2.1.2.0
- Auto Attendant 3.0.0.12
- Voice Mail 10.2.3.1.0
- Bootloader (Secondary) 2.1.15.0
- Core 2.4.0.1
- GPL Infrastructure 2.2.1.0
Installed Plug-ins:
- CUE Voicemail Language Support 3.0.0.0
- CUE Voicemail Brazilian Portuguese 3.0.0.0
- CUE Voicemail US English 3.0.0.0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn application

設定されているアプリケーションを表示します。

show voicemail

ボイスメール システムに対して設定されているプロパティを表示します。

voicemail default

ボイスメール アプリケーションのデフォルト値を設定します。

show software directory

ソフトウェアのダウンロード ファイルおよびダウングレード ファイルについてディレクトリ情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show software directory コマンドを使用します。

show software directory { download | downgrade }

 
シンタックスの説明

download

ダウンロードのディレクトリ情報を表示します。

downgrade

ダウングレードのディレクトリ情報を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.0

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show software directory download コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-10-0-0# show software directory download
 
KBytes Directory
27347 /dwnld/pkgdata
 
Directory listings
 
Directory: /dwnld/pkgdata
 
total 27347
drwxrwxr-x 2 root daemon 136 Oct 18 19:30 .
drwxrwxr-x 4 root daemon 136 Oct 18 19:30 ..
-rw-rw-r-- 1 root root 27857860 Oct 18 19:31 cue-vm-upgrade.2.1
-rw-rw-r-- 1 root root 113161 Oct 18 19:30 cue-vm.2.1.pkg
se-10-0-0-0#
 

次の例は、 show software directory downgrade コマンドのサンプル出力を示しています。

se-172-16-0-0# show software directory downgrade
 
KBytes Directory
6154 /dwnld/dwngrade
 
Directory listings
 
Directory: /dwnld/dwngrade
 
total 6154
drwxrwxrwx 3 root daemon 184 Nov 3 17:22 .
drwxrwxr-x 4 root daemon 360 Nov 3 17:22 ..
-rw-rw-r-- 1 root daemon 227 Oct 28 18:42 .uninstall_work_order
-rw-rw-r-- 1 root daemon 6286628 Oct 28 18:42 add_files.fhdr
drwxrwxr-x 2 root daemon 48 Nov 3 17:22 tmp
se-10-0-0-0#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ccn application

設定されているアプリケーションを表示します。

show voicemail

ボイスメール システムに対して設定されているプロパティを表示します。

voicemail default

ボイスメール アプリケーションのデフォルト値を設定します。

show startup-config

現在のスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show startup-config コマンドを使用します。

show startup-config [ paged ]

 
シンタックスの説明

paged

(オプション)現在の表示画面全体に出力を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、フラッシュ メモリに格納されているスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

次の例は、 show startup-config コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show startup-config
 
! This adds all the platform CLI commands
!
 
! hostname
hostname se-10-0-0-0
 
! Domain Name
ip domain-name localdomain
 
! DNS Servers
ip name-server 10.100.10.130
 
! Timezone Settings
clock timezone America/Los_Angeles
end

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy ftp

ネットワーク FTP サーバのデータを別の場所にコピーします。

copy running-config

実行コンフィギュレーションを別の場所にコピーします。

copy startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを別の場所にコピーします。

copy tftp

ネットワーク TFTP サーバのデータを別の場所にコピーします。

erase startup-config

コンフィギュレーション データを削除します。

show running-config

実行コンフィギュレーションを表示します。

write

実行コンフィギュレーションをスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

show system language

システムで設定されている使用言語、および使用可能な言語のリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show system language コマンドを使用します。

show system language { preferred | installed }

 
シンタックスの説明

preferred

システムで使用している言語。

installed

使用可能な言語。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが Cisco Unity Express で導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express で使用可能な言語バージョン、および現在設定されている言語バージョンを参照する場合に使用します。

各言語は、2 文字のコードの 2 ペアで表示されます。最初のペアは小文字、次のペアは大文字です。最初の 1 ペアは言語を表し、次のペアは言語が話されている地域を表します。たとえば、イギリス英語の場合は en_GB です。コードのペアと同じ行に、言語の完全な名前および製品バージョンも示されます。

次の例は、show system language preferred コマンドを使用した場合の出力を示しています。

se-10-0-0-0# show system language preferred
Preferred Language: en_US

次の例は、show system language installed コマンドを使用した場合の出力を示しています。

se-10-0-0-0# show system language installed
Installed Languages:
it_IT - Italian (Italian language pack) (2.3.0.0)
es_ES - European Spanish (Spanish language pack) (2.3.0.0)
en_US - US English (English language pack) (2.3.0.0)
fr_FR - European French (French language pack) (2.3.0.0)
ga_IE - Gaelic Irish English (Gaelic Irish language pack) (2.3.0.0)
es_CO - Latin American Spanish (Latin American Spanish language pack) (2.3.0.0)
es_MX - Mexican Spanish (Mexican Spanish language pack) (2.3.0.0)
fr_CA - Canadian French (Canadian French language pack) (2.3.0.0)
en_GB - British English (British English language pack) (2.3.0.0)
da_DK - Danish (Danish language pack) (2.3.0.0)
pt_BR - Brazilian Portuguese (Brazilian Portuguese language pack) (2.3.0.0)
de_DE - German (German language pack) (2.3.0.0)
ko_KR - Korean (Korean language pack) (2.3.0.0)
zh_CN - Mandarin Chinese (Mandarin Chinese language pack) (2.3.0.0)
ja_JP - Japanese (Japanese language pack) (2.3.0.0)

 
関連コマンド

コマンド
説明

system language preferred

システムの言語を設定します。

show trace buffer

メモリに保持されているイベントのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show trace buffer コマンドを使用します。

show trace buffer [containing string [long | short] | long [paged] | short [paged] | tail [number [long | short]]]

 
シンタックスの説明

containing string

(オプション)検索条件式と一致するイベントのみを表示します。

long

(オプション)多くのエラー コードおよびリターン コードについて、詳細なテキストを表示します。

short

(オプション)16 進数のコードを表示します。

paged

(オプション)出力を一度に 1 ページずつ表示します。

tail

(オプション)最新のイベントを発生と同時に表示します。

number

(オプション)直近のイベントを number 件表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、メモリ バッファにキャプチャされているトレース イベントのリストを表示します。デバッグ用に設定されたトレース イベントを監視するには、このコマンドを使用します。Ctrl+C キーを押すと出力を停止できます。

次の例は、show trace buffer コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show trace buffer
 
Press <CTRL-C> to exit...
238 09/19 23:23:11.041 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
238 09/19 23:23:11.043 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
800 09/19 23:28:04.152 WFSP MISC 0 WFSysdbLimits::WFSysdbLimits hwModuleType=NM
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 keyName = limitsDir
str = /sw/apps/wf/ccnapps/limits
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.198 WFSP MISC 0 keyName = limits
str = <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1" standalone="yes"?> <attrList> <a
ttrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <attr>max
_scripts</attr> <desc>maximum number of scripts</desc> <value>0</value> </attrDe
cl> <attrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <at
tr>max_prompts</attr> <desc>maximum number of prompts</desc> <value>0</value> </
attrDecl> </attrList>
800 09/19 23:28:04.199 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml(str, str)
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 keyName = app

 
関連コマンド

コマンド
説明

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show trace store

atrace.log ファイルに含まれているイベントのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show trace store コマンドを使用します。

show trace store [containing string [long | short] | long [paged] | short [paged] | tail [number [long | short]]]

 
シンタックスの説明

containing string

(オプション)検索条件式と一致するイベントのみを表示します。

long

(オプション)多くのエラー コードおよびリターン コードについて、詳細なテキストを表示します。

short

(オプション)16 進数のコードを表示します。

paged

(オプション)出力を一度に 1 ページずつ表示します。

tail

(オプション)最新のイベントを発生と同時に表示します。

number

(オプション)直近のイベントを number 件表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)および Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、atrace.log ファイルに保存されているトレース イベントのリストを表示します。デバッグ用に設定されたトレース イベントを監視するには、このコマンドを使用します。atrace.log ファイルの容量は、AIM では 10 MB、NM では 100 MB です。atrace.log ファイルのサイズが上限に達した場合は、ファイルの内容が atrace.log.prev ファイルにコピーされ、処理が再開されます。Ctrl+C キーを押すと出力を停止できます。

次の例は、show trace store コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show trace store
 
Press <CTRL-C> to exit...
238 09/19 23:23:11.041 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
238 09/19 23:23:11.043 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
800 09/19 23:28:04.152 WFSP MISC 0 WFSysdbLimits::WFSysdbLimits hwModuleType=NM
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 keyName = limitsDir
str = /sw/apps/wf/ccnapps/limits
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.198 WFSP MISC 0 keyName = limits
str = <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1" standalone="yes"?> <attrList> <a
ttrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <attr>max
_scripts</attr> <desc>maximum number of scripts</desc> <value>0</value> </attrDe
cl> <attrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <at
tr>max_prompts</attr> <desc>maximum number of prompts</desc> <value>0</value> </
attrDecl> </attrList>
800 09/19 23:28:04.199 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml(str, str)
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 keyName = app

 
関連コマンド

コマンド
説明

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show logs

ログ ファイルのリストを表示します。

show trace store-prev

atrace.log.prev ファイルに含まれているイベントのリストを表示します。

show trace store-prev

atrace.log.prev ファイルに含まれているイベントのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show trace store-prev コマンドを使用します。

show trace store-prev [containing string [long | short] | long [paged] | short [paged] | tail [number [long | short]]]

 
シンタックスの説明

containing string

(オプション)検索条件式と一致するイベントのみを表示します。

long

(オプション)多くのエラー コードおよびリターン コードについて、詳細なテキストを表示します。

short

(オプション)16 進数のコードを表示します。

paged

(オプション)出力を一度に 1 ページずつ表示します。

tail

(オプション)最新のイベントを発生と同時に表示します。

number

(オプション)直近のイベントを number 件表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュール(NM)および Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、atrace.log.prev ファイルにキャプチャされているトレース イベントのリストを表示します。デバッグ用に設定されたトレース イベントを監視するには、このコマンドを使用します。atrace.log ファイルの容量は、AIM では 10 MB、NM では 100 MB です。atrace.log ファイルのサイズが上限に達した場合は、ファイルの内容が atrace.log.prev ファイルにコピーされ、処理が再開されます。Ctrl+C キーを押すと出力を停止できます。

次の例は、show trace store-prev コマンドの出力(抜粋)を示しています。

se-10-0-0-0# show trace store-prev
 
Press <CTRL-C> to exit...
238 09/19 23:23:11.041 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
238 09/19 23:23:11.043 TRAC TIMZ 0 UTC UTC 0
800 09/19 23:28:04.152 WFSP MISC 0 WFSysdbLimits::WFSysdbLimits hwModuleType=NM
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.171 WFSP MISC 0 keyName = limitsDir
str = /sw/apps/wf/ccnapps/limits
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml
800 09/19 23:28:04.197 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.198 WFSP MISC 0 keyName = limits
str = <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1" standalone="yes"?> <attrList> <a
ttrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <attr>max
_scripts</attr> <desc>maximum number of scripts</desc> <value>0</value> </attrDe
cl> <attrDecl purpose="CONFIG" type="INT32" maxsize="4"> <node>limits</node> <at
tr>max_prompts</attr> <desc>maximum number of prompts</desc> <value>0</value> </
attrDecl> </attrList>
800 09/19 23:28:04.199 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getNodeXml(str, str)
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 WFSysdbProp::getProp
800 09/19 23:28:04.200 WFSP MISC 0 keyName = app

 
関連コマンド

コマンド
説明

show begin

指定した文字列を始点として、任意の show コマンドの出力を開始します。

show exclude

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行を非表示にします。

show include

show コマンドの出力をフィルタリングして、特定の正規表現を含む行のみを表示します。

show logs

ログ ファイルのリストを表示します。

show trace store

atrace.log ファイルに含まれているイベントのリストを表示します。

show user detail username

特定のユーザの詳細設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show user detail username コマンドを使用します。

show user detail username username

 
シンタックスの説明

username

詳細設定を表示するユーザの名前。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

3.0

このコマンドが変更され、ユーザに割り当てられているファックス内線番号も表示されるようになりました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express EXEC モードまたは Cisco Unity Express 設定モードのいずれかで username コマンドを使用して設定されたユーザを表示します。

次の例は、 show user detail username コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show user detail username user1
 
Full Name: User 1
First Name:
Last Name: user1
Nickname: user1
Phone: 2004
Phone(E.164):
Fax: 2004
Language: en_ENU
 

表59 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表59 show user detail username のフィールドの説明

フィールド
説明

Full Name

ユーザの姓名。

First Name

ユーザの名。

Last Name

ユーザの姓。

Nickname

(オプション)ユーザの通称。

Phone

ユーザに割り当てられている内線番号または電話番号。

Phone(E.164)

ユーザに割り当てられている 11 桁の電話番号。

Fax

ユーザに割り当てられているファックス内線番号。

Language

このユーザのプロンプトで使用される言語。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show users

ユーザ名のリストを表示します。

username(設定)

Cisco Unity Express のユーザを設定します。

show user profiles

ユーザに対して設定されている通知プロファイルのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show user profiles コマンドを使用します。

show user profiles username user-id

 
シンタックスの説明

username user-id

通知プロファイルを表示するユーザの ID。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show user profiles コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show user profiles username user3
 
vm-notif-profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

username profile(電話デバイス)

ユーザの携帯電話へのメッセージ通知を設定します。

username profile email

ユーザの電子メールへのメッセージ通知を設定します。

username profile num-pager

ユーザの数字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

username profile text-pager

ユーザの文字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

show users

設定されているユーザのリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show users コマンドを使用します。

show users

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco Unity Express EXEC モードまたは Cisco Unity Express 設定モードのいずれかで username コマンドを使用して設定されたすべてのユーザのアルファベット順リストを表示します。

次の例では、ボイスメール システムに設定されているユーザが一覧表示されます。

se-10-0-0-0# show users
 
user1
user2
user3
user4
user5
user6
user7
user8
user9

 
関連コマンド

コマンド
説明

show user detail username

特定のユーザの詳細設定を表示します。

username(設定)

Cisco Unity Express のユーザを設定します。

show version

Cisco Unity Express ハードウェア コンポーネントのバージョンを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show version コマンドを使用します。

show version

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。

1.1.2

表示内容に、コンパクト フラッシュの情報が追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、インストールされている Cisco Unity Express ハードウェア コンポーネントのリストをバージョンおよびシリアル番号とともに表示します。

次の例では、Cisco Unity Express システムのハードウェア コンポーネントが一覧表示されます。

se-10-0-0-0# show version
 
CPU Model: Pentium III (Coppermine)
CPU Speed (MHz): 498.677
CPU Cache (KByte): 256
Chassis Type: C3745
Chassis Serial: JMX0633L3RW
Module Type: NM
Module Serial: JAB0552066P
CF info: HITACHI_DK23DA-20
 

表60 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表60 show version のフィールドの説明

フィールド
説明

CPU Model:

Cisco Unity Express モジュールの CPU のモデル。

CPU Speed (MHz):

CPU の速度(MHz 単位)。

CPU Cache (KByte):

CPU キャッシュのサイズ(KB 単位)。

Chassis Type:

Cisco Unity Express モジュールのシャーシのタイプ。

Chassis Serial:

シャーシのシリアル番号。

Module Type:

インストールされている Cisco Unity Express モジュールのタイプ。

Module Serial:

Cisco Unity Express モジュールのシリアル番号。

CF Info:

Cisco Unity Express モジュールのブランド。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show software

インストールされている Cisco Unity Express ソフトウェア コンポーネントのバージョン番号を表示します。

show voicemail

ボイスメール システムのプロパティを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail コマンドを使用します。

show voicemail { detail { mailbox | user } name | limits | mailboxes [ idle number-of-days ] | usage | users }

 
シンタックスの説明

detail { mailbox | user } name

name 値で指定した共用メールボックスまたはユーザについて、詳細を表示します。共用メールボックスの場合、グループの名前ではなく所有者の名前を使用します。

limits

すべてのメールボックスのデフォルト値を表示します。

mailboxes

設定されたすべてのメールボックスと、その現在のストレージ ステータスを表示します。

idle number-of-days

(オプション)指定された日数またはそれ以上にわたって非アクティブになっていたすべての設定済みメールボックスを表示します。

usage

システムのボイスメールの使用容量または設定容量を表示します。

users

すべてのローカル ボイスメール ユーザを一覧表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

1.0

このコマンドが、Cisco Unity Express ネットワーク モジュールおよび Cisco Unified Communications Manager Express 3.0 で導入されました。

1.1

このコマンドが、拡張統合モジュール(AIM)および Cisco Unified Communications Manager 3.3(3) で実装されました。 idle キーワードが追加されました。

1.1.2

このコマンドが、Cisco 2800 シリーズおよび Cisco 3800 シリーズのルータで実装されました。

2.1

mailboxes オプションおよび usage オプションの表示内容に、ブロードキャスト情報が追加されました。

2.3

mailboxes オプションおよび detail mailbox オプションに、後で配信するようにスケジュールされているメッセージの数が追加されました。

3.0

mailboxes オプションおよび detail mailbox オプションに、ファックスの数が追加されました。

 
使用上のガイドライン

name 値で指定したユーザが個人用メールボックスを持っていて、共用メールボックスの所有者である場合、 show voicemail detail mailbox コマンドを使用すると、指定したユーザの各メールボックスについて詳細が表示されます。

次の例は、 show voicemail コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail detail mailbox tech
 
Owner: /sw/local/groups/tech
Type: General Delivery
Description:
Busy state: idle
Enabled: enabled
Mailbox Size (seconds): 3000
Message Size (seconds): 60
Play Tutorial: true
Space Used (seconds): 0
Fax Enabled: true
Total Message Count: 6
New Message Count: 2
Saved Message Count: 0
Future Message Count: 1
Deleted Message Count: 3
Fax Message Count: 1
Expiration (days): 30
Greeting: standard
Created/Last Accessed: Oct 15 2003 04:38:28 GMT+00:00
 
se-10-0-0-0# show voicemail detail mailbox user1
 
Owner: /sw/local/users/user1
Type: Personal
Description: user1
Busy state: idle
Enabled: enabled
Mailbox Size (seconds): 3000
Message Size (seconds): 60
Play Tutorial: true
Space Used (seconds): 0
Fax Enabled: true
Total Message Count: 12
New Message Count: 3
Saved Message Count: 3
Future Message Count: 2
Deleted Message Count: 4
Fax Message Count: 1
Expiration (days): 30
Greeting: standard
Zero Out Number: 1234
Created/Last Accessed: Nov 05 2003 04:38:28 GMT+00:00
 

表61 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表61 show voicemail detail mailbox のフィールドの説明

フィールド
説明

Owner

メールボックス空間のパス名。共用メールボックスの場合、これはグループ所有者の名前ではありません。

Type

メールボックスのタイプ(共用または個人用)。

Description

(オプション)メールボックスの説明。

Busy state

メールボックスの現在の動作状態。

Enabled

通話の受信に使用できるメールボックスであるかどうかを示します。

Mailbox Size (seconds)

設定されているメールボックス サイズ(秒単位)。

Message Size (seconds)

メッセージの許容最大ストレージ サイズ(秒単位)。

Play Tutorial

ユーザが初めてメールボックスにログインしたときに、ボイスメール チュートリアルを再生するかどうか。

Space Used (seconds)

現在格納されているメッセージの使用秒数。

Fax Enabled

ファックス ゲートウェイからのファックスをメールボックスで受信できるかどうか。

Total Message Count

メールボックスに格納されているメッセージの総数。

New Message Count

メールボックスにある新しいメッセージの数。

Saved Message Count

メールボックスにある開封済みメッセージの数。

Future Message Count

後で配信するようにスケジューリングされているメッセージの数。

Deleted Message Count

メールボックスから削除されたメッセージの数。

Fax Message Count

メールボックスにあるファックスの数。

Expiration (days)

メールボックスにメッセージを格納できる最大日数。

Greeting

アクティブになっているグリーティングのタイプ(標準またはオプション)。

Zero Out Number

発信者が 0 を押して、自動受付アプリケーションからオペレータにアクセスしようとしたときにダイヤルされる内線番号。

Created /Last Accessed

ユーザ プロファイルの作成日または最終アクセス日。

次の例は、 show voicemail limits コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail limits
 
Default Mailbox Size (seconds): 3000
Default Caller Message Size (seconds): 60
Maximum Recording Size (seconds): 900
Default Message Age (days): 30
System Capacity (minutes): 3600
Default Prompt Language: en_ENU
Operator Telephone: 1000
Maximum Broadcast Size (seconds): 300
Broadcast Message Age (days): 30
Broadcast Message MWI: disabled
Play Caller Id: disabled
Mandatory Message Expiry: disabled
Mailbox Selection: last-redirect
 

表62 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表62 show voicemail limits のフィールドの説明

フィールド
説明

Default Mailbox Size (seconds)

新しく作成されるメールボックスに設定されるサイズ(秒単位)。

Default Caller Message Size (seconds)

新しいメールボックスでのメッセージの許容最大ストレージ サイズ(秒単位)。

Maximum Recording Size (seconds)

ユーザの発信グリーティングの最大長(秒単位)。

Default Message Age (days)

新しいメールボックスにメッセージを格納できる最長日数。

System Capacity (minutes)

システムのすべてのメッセージおよびグリーティングの最大ストレージ容量(分単位)。

Default Prompt Language

ボイスメール プロンプトに使用される言語。

Operator Telephone

ボイスメール オペレータの内線番号または電話番号。

Maximum Broadcast size (seconds)

ブロードキャスト メッセージの最大長(秒単位)。

Broadcast Message Age (days)

ブロードキャスト メッセージを格納できる最長日数。

Broadcast Message MWI

ボイスメールボックスがブロードキャスト メッセージを受信した場合の MWI ライトのステータス。

Play Caller ID

着信ボイスメール メッセージに対する発信者 ID 情報の再生のステータス。

Mandatory Message Expiry

システム全体にわたる必須メッセージの有効期限のステータス。

Mailbox Selection

転送通話のメッセージが格納されるメールボックス。

次の例は、 show voicemail mailboxes コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail mailboxes
 
OWNER MSGS NEW SAVE DEL BCST FUTR FAX MSGTIME MBXSIZE USED
user1 16 16 0 0 4 1 2 3000 3000 100%
user2 16 16 0 0 4 0 4 3000 3000 100%
user3 16 16 0 0 4 2 2 3000 3000 100%
user4 16 16 0 0 4 1 0 3000 3000 100%

 

表63 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表63 show voicemail mailboxes のフィールドの説明

フィールド
説明

OWNER

設定されたメールボックスを所有しているユーザ。この他のユーザがシステムに設定されている場合も、このリストにはメールボックスを持つユーザのみが表示されます。

MSGS

所有者のメールボックスにあるメッセージの総数。

NEW

所有者のメールボックスにある新しいメッセージの数。

SAVE

所有者のメールボックスにある開封済みメッセージの数。

DEL

削除されたメッセージの数。

BCST

所有者のメールボックスにあるブロードキャスト メッセージの数。

FUTR

送信待ちメッセージの数。

FAX

所有者のメールボックスにあるファックスの数。

MSGTIME

所有者のメールボックスにあるメッセージの使用秒数の合計。

MBXSIZE

所有者のメールボックスのサイズ(秒単位)。

USED

メッセージの所有者が使用している秒数。

次の例は、 show voicemail mailboxes idle コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail mailboxes idle 7
 
OWNER IDLE MSGS MSGTIME MBXSIZE
"user1" 11 0 0 3000
"user2" 11 0 0 3000
"user3" 11 0 0 3000
"user4" 11 0 0 3000
"user5" 11 0 0 3000
 

表64 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表64 show voicemail mailboxes idle のフィールドの説明

フィールド
説明

OWNER

メールボックス所有者のユーザ ID。

IDLE

メールボックスがアイドル状態になっている日数。

MSGS

メールボックスに格納されているメッセージの数。

MSGTIME

メールボックスに現在格納されているメッセージの長さ(分単位)。

MBXSIZE

メールボックスの最大ストレージ容量(分単位)。

次の例は、 show voicemail usage コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail usage
 
personal mailboxes: 120
general delivery mailboxes: 0
orphaned mailboxes 0
capacity of voicemail (minutes): 6000
allocated capacity (minutes): 6000.0
total message time used (seconds): 7543
total message count: 7001
average message length (seconds): 1.0774175117840308
broadcast message count: 4
networking message count: 0
greeting time used (seconds): 3
greeting count: 1
average greeting length (seconds): 3.0
total time used (seconds): 7546
total time used (minutes): 125.76667022705078
percentage time used (%): 2
messages left since boot: 5
messages played since boot: 2
messages deleted since boot: 0
 

表65 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表65 show voicemail usage のフィールドの説明

フィールド
説明

personal mailboxes

設定されている個人用メールボックスの数。

general delivery mailboxes

設定されている共用メールボックスの数。

orphaned mailboxes

身元不明メールボックスの数。

capacity of voicemail (minutes)

ボイスメール システムの最大ストレージ容量(分単位)。

allocated capacity (minutes)

ボイスメール システムに割り当てられているストレージ容量(分単位)。

total message time used (seconds)

すべてのメッセージの使用秒数の合計。

total message count

すべてのメールボックスに現在格納されているメッセージの数。

average message length (seconds)

すべてのボイス メッセージの長さの平均(秒単位)。

broadcast message count

現在格納されているブロードキャスト メッセージの数。

networking message count

録音されたネットワーク メッセージの数。

greeting time used (seconds)

すべてのメールボックス グリーティングの使用秒数。

greeting count

録音されたグリーティングの数。

average greeting length (seconds)

すべてのグリーティングの長さの平均(秒単位)。

total time used (seconds)

すべてのメッセージおよびグリーティングの使用秒数の合計。

total time used (minutes)

すべてのメッセージおよびグリーティングの使用量の合計(分単位)。

percentage used time (%)

割り当てられている容量と合計使用量(分単位)の比率。

messages left since boot

前回のソフトウェア リロード以降に、共用メールボックス(GDM)を含むすべてのメールボックスにすべての発信者が残したメッセージの数。

messages played since boot

前回のソフトウェア リロード以降に、GDM を含むすべてのボイスメールボックスのユーザおよび所有者に再生されたメッセージの数。

messages deleted since boot

前回のソフトウェア リロード以降に、GDM を含むすべてのボイスメールボックス所有者によって削除されたメッセージの数。

次の例は、 show voicemail users コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail users
 
"user1,/sw/local/users"
"user2,/sw/local/users"
"user3,/sw/local/users"
"user4,/sw/local/users"
"user5,/sw/local/users"
“user6,/sw/local/users"
"user7,/sw/local/users"
"user8,/sw/local/users"
"user9,/sw/local/users"

 
関連コマンド

コマンド
説明

show voicemail messages future

後で配信するためにキューイングされているメッセージをすべて表示します。

voice mailbox owner

ユーザまたはグループのメールボックスを設定します。

voice mailbox unlock

メールボックスのロックを解除します。

voicemail message future delete

後で配信するためにキューイングされているメッセージを削除します。

show voicemail broadcast messages

ローカル システム上のすべてのブロードキャスト メッセージの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail broadcast messages コマンドを使用します。

show voicemail broadcast messages

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.1

このコマンドが導入されました。

このコマンドの出力は、たとえば次のように表示されます。

se-10-0-0-0# show voicemail broadcast messages
 
Message ID: JMX0824L4R4-NM-FOC08221WSQ-1103139552166-NBCM
Sender: 1005@nyc.cue.abcdef.com
Length(secs): 10
Start time: 21:12:54 Nov 23 2004 PST
End time: 11:48:06 Dec 4 2004 PST
 
Message ID: JMX0824L4R4-NM-FOC08221WSQ-1103084723247-NBCM
Sender: /sw/local/users/user23
Length(secs): 30
Start time: 08:41:09 Dec 7 2004 PST
End time: 09:00:00 Jan 3 2005 PST
 

表66 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表66 show voicemail broadcast messages のフィールドの説明

フィールド
説明

Message ID:

メッセージの符号化 ID。

Sender:

送信者の ID。リモート ロケーションからのメッセージが到着した場合は、電子メール ドメイン名が表示されます。ローカル ネットワーク上のユーザからのメッセージが到着した場合は、送信者へのパス名が表示されます。

Length (secs):

ブロードキャスト メッセージの長さ(秒単位)。

Start time:

メッセージが使用可能になった日時およびタイム ゾーン。

End time:

メッセージが終了した日時およびタイム ゾーン。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show voicemail mailboxes

ブロードキャスト メッセージを含めて、すべてのボイスメールボックスの詳細を表示します。

show voicemail usage

ブロードキャスト メッセージを含めて、ボイスメールの使用状況を表示します。

voicemail broadcast message

ブロードキャスト メッセージの開始時刻および終了時刻を設定します。

voicemail broadcast message delete

ブロードキャスト メッセージを削除します。

voicemail broadcast mwi

ブロードキャスト メッセージに対する MWI ライトを有効にします。

voicemail broadcast recording time

ブロードキャスト メッセージの最大長を設定します。

voicemail broadcast vpim-id

ネットワーク ロケーションの VPIM ID を設定します。

voicemail default broadcast expiration time

ブロードキャスト メッセージの有効期間を設定します。

show voicemail configuration

発信電子メールに対して設定される From アドレスを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail configuration コマンドを使用します。

show voicemail configuration

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3.2

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

From フィールドに使用されるデフォルトの電子メール アドレスは、 hostname@domain です。 hostname は Cisco Unity Express に対して設定されているホスト名で、 domain は Cisco Unity Express に対して設定されているドメイン名です。管理者は、このフィールドに表示用の電子メール アドレスを設定できます。このアドレスは、Cisco Unity Express からの電子メール メッセージおよび通知に表示されます。

次の例は、 show voicemail configuration コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail configuration
 
Outgoing Email From-Address: myname@company.com
 

表67 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表67 show voicemail configuration のフィールドの説明

フィールド
説明

Outgoing Email From-Address

お客様が定義し、発信の電子メール メッセージ通知で送信される送信元アドレス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

voicemail configuration outgoing-email from-address

発信電子メールで From フィールドに使用される電子メール アドレスを設定します。

show voicemail conversation

ボイスメール通話機能の設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail conversation コマンドを使用します。

show voicemai l conversation [ caller | subscriber ]

 
シンタックスの説明

caller

(オプション)次の発信者通話オプションのみを表示します。

Multiple Msgs Any Mbx

Multiple Msgs Same Mbx

Recording Prompt

subscriber

(オプション)次のユーザ通話オプションのみを表示します。

Play GDM Summary

Play Brief Msg Properties

Play Day-of-Week Properties

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ボイスメール通話機能の設定値を宛先指定モードを含めて表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail conversation コマンドを使用します。メッセージのプロパティを除くすべての値を表示するには、このコマンドをオプションのキーワードを指定せずに使用します。

次の例は、機能を voicemail conversation address-by-extension コマンドを使用して設定した場合の show voicemail conversation コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail conversation
 
Addressing Mode: address-by-extension
Multiple Msgs Any Mbx: enabled
Multiple Msgs Same Mbx: enabled
Play GDM Summary: enabled
Recording Prompt: disabled
 

次の例は、機能を voicemail conversation address-by-name コマンドを使用して設定した場合の show voicemail conversation コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail conversation
 
Addressing Mode: address-by-name
Multiple Msgs Any Mbx: enabled
Multiple Msgs Same Mbx: enabled
Play GDM Summary: enabled
Recording Prompt: disabled
 

次の例は、 show voicemail conversation caller コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail conversation caller
 
Multiple Msgs Any Mbx: enabled
Multiple Msgs Same Mbx: enabled
Recording Prompt: disabled
 

次の例は、 show voicemail conversation subscriber コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail conversation caller subscriber
 
Play GDM Summary: enabled
Play Brief Msg Properties: disabled
Play Day-of-Week Properties: enabled
 

表68 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表68 show voicemail conversation のフィールドの説明

フィールド
説明

Addressing Mode:

ボイスメール メッセージのデフォルトの宛先指定が、名前と内線番号のどちらによるものであるか。

Multiple Msgs Any Mbx:

発信者が、任意のメールボックスに複数のメッセージを残すことができるかどうか。

Multiple Msgs Same Mbx:

発信者が、同一のメールボックスに複数のメッセージを残すことができるかどうか。

Play GDM Summary:

ユーザに関連付けられているすべての GDM の新しいメッセージについて、要約を再生するかどうか。

Play Brief Msg Properties:

メッセージ プロパティの再生内容から、送信者情報、日付、および時刻を除外するかどうか。

Play Day-of-Week Properties:

メッセージ プロパティの再生で、曜日プロパティを再生するかどうか。

Recording Prompt:

ボイスメール通話の録音プロンプトが有効になっているかどうか。

 
関連コマンド

コマンド
説明

voicemail conversation address-by

ボイスメール メッセージの宛先指定方法を指定します。

voicemail conversation caller multi-msgs-any-mbx

発信者が、任意のメールボックスに複数のメッセージを残すことができるようにします。

voicemail conversation caller multi-msgs-same-mbx

発信者が、同一のメールボックスに複数のメッセージを残すことができるようにします。

voicemail conversation subscriber msg-properties brief

通常のボイスメール メッセージで、システム全体のメッセージ プロパティ(エンベロープ)のサブセットのみが再生されることを指定します。

voicemail conversation subscriber msg-properties day-of-week

通常のボイスメール メッセージで、メッセージ プロパティ(エンベロープ)の曜日情報の再生を含めます。

voicemail conversation subscriber play-gdm-summary

ユーザに関連付けられているすべての GDM の新しいメッセージについて、要約を再生するようにします。

show voicemail fax restriction-table

ファックス システムに関連付けられている規制テーブルに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail fax restriction-table コマンドを使用します。

show voicemail fax restriction-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail fax restriction-table コマンドは、ファックス システムに関連付けられている規制テーブルの名前と内容を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。この規制テーブルは、ボイスメール システムからの発信ファックスに使用されます。

次の例は、 show voicemail fax restriction-table コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail fax restriction-table
 
Restriction Table: fax-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表69 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表69 show voicemail fax restriction-table のフィールドの説明

フィールド
説明

Restriction table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

restriction create

規制テーブルを作成します。

voicemail fax restriction

規制テーブルをファックス機能に関連付けます。

show voicemail live-record

ライブ レコード機能の設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail live-record コマンドを使用します。

show voicemail live-record

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail live-record コマンドは、ライブ レコード機能の設定を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

この機能の免責事項については、タイトル ページ直後の法規に関する記述を参照してください。

次の例は、show voicemail live-record コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail live-record
 
Status: enabled
pilot number: 0295
Conversation beep settings
duration: 250 milliseconds
interval: 15 seconds
 
Status: disabled
pilot number: disabled
Conversation beep settings
duration: disabled
interval: 15 seconds
 

表70 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表70 show voicemail live-record のフィールドの説明

フィールド
説明

Pilot Number:

すべての着信通話を Cisco Unity Express ボイスメール パイロット番号に転送する番号。

Duration:

ビープ音の再生開始から再生終了までの経過時間(ミリ秒単位)。範囲は 50 ~ 1000 ms です。デフォルトは 250 ms です。

Interval:

1 つのビープ音の終了から、次のビープ音の開始までの経過時間(秒単位)。範囲は 1 ~ 30 秒です。デフォルトは 15 秒です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

voicemail live-record beep duration

ビープ音の再生開始から再生終了までの経過時間を設定します。

voicemail live-record beep interval

1 つのビープ音の終了から、次のビープ音の開始までの経過時間を設定します。

voicemail live-record pilot number

すべての着信通話を Cisco Unity Express ボイスメール パイロット番号に転送する番号を設定します。

show voicemail live-reply

Live Reply 機能の設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail live-reply コマンドを使用します。

show voicemail live-reply

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail live-reply コマンドは、Live Reply 機能の設定を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

次の例は、show voicemail live-reply コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail live-reply
 
Status: enabled
Remote subscriber dialing
calling number rule: location+prefix+extension
number preference: E164 number then calling number rule
 
Restriction Table: live-reply-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表71 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表71 show voicemail live-reply のフィールドの説明

フィールド
説明

Status:

Live Reply 機能が有効になっているかどうか。

Calling Number Rule:

ネットワーク ボイスメール メッセージを送信したユーザに到達するために、必要な番号ストリングを派生させるときに使用される方法。

Number Preference:

E.164 番号の使用優先順位。この番号は、Live Reply 用に発信者番号規則によって生成された番号を通じて配信される VPIM メッセージで提供されます。

Restriction Table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

calling-number-rule prepend-digits

Live Reply 機能用に発信者番号規則の前にダイヤルされる、追加の数字を指定します。

voicemail live-reply calling-number-rule

設定および VPIM ボイス カード データから Live Reply 内線番号を派生させる方法を指定します。

voicemail live-reply enable

Live Reply 機能をシステム レベルで有効にします。

voicemail live-reply network-precedence

Live Reply 機能で使用される E.164 番号を派生させるときの優先順位を指定します。

voicemail live-reply restriction

規制テーブルを Live Reply 機能に関連付けます。

show voicemail live-reply restriction-table

Live Reply 機能に関連付けられている規制テーブルに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail live-reply restriction-table コマンドを使用します。

show voicemail live-reply restriction-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail live-reply restriction-table コマンドは、Live Reply 機能に関連付けられている規制テーブルの名前と内容を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

次の例は、 show voicemail live-reply restriction-table コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail live-reply restriction-table
 
Restriction Table: live-reply-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表72 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表72 show voicemail live-reply restriction-table のフィールドの説明

フィールド
説明

Restriction Table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

restriction create

規制テーブルを作成します。

voicemail live-reply restriction

規制テーブルを Live Reply 機能に関連付けます。

show voicemail messages future

後で配信するようにスケジューリングされているメッセージをすべて表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail messages future コマンドを使用します。

show voicemail messages future

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

3.0

このコマンドが変更され、外線番号に送信されるメッセージが表示されるようになりました。

次の例は、 show voicemail messages future コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail messages future
 
Message ID: JMX0637L023-NM-FOC08221WRB-731357131983
Sender: User1
Recipient(s): UserA
Length(sec): 30
Delivery time: Mon, 11 April 2006 08:0000-0800 (PST)
 
Message ID: JMX0637L023-NM-FOC08221WRB-731183375855
Sender: User2
Recipient(s): UserB, 95550041 (External)
Length(sec): 20
Delivery time: Wed, 13 April 2006 10:15:00-0800 (PST)
 

表73 で、この表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表73 show voicemail messages future のフィールドの説明

フィールド
説明

Message ID:

後で配信されるメッセージのシステム生成 ID。

Sender:

メッセージを送信したユーザのユーザ ID。

Recipient(s):

メッセージの受信者のユーザ ID または外線番号(それぞれ複数の場合あり)。

Length (sec):

メッセージの長さ(秒単位)。

Delivery time:

メッセージの配信がスケジューリングされている日時。

 
関連コマンド

コマンド
説明

voicemail message future delete

後で配信するためにキューイングされているメッセージを削除します。

show voicemail msg-notification restriction-table

メッセージ通知機能に関連付けられている規制テーブルに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail msg-notification restriction-table コマンドを使用します。

show voicemail msg-notification restriction-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail msg-notification restriction-table コマンドは、メッセージ通知機能に関連付けられている規制テーブルの名前と内容を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

規制テーブルが存在しない場合は、エラー メッセージが表示されます。規制テーブルを作成するには、 restriction create コマンドを参照してください。規制テーブルを設定するには、「関連コマンド」の項を参照してください。

次の例は、 show voicemail msg-notification restriction-table コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail msg-notification restriction-table
 
Restriction Table: msg-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表74 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表74 show voicemail msg-notification restriction-table のフィールドの説明

フィールド
説明

Restriction table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

restriction create

規制テーブルを作成します。

restriction dial-string

規制される番号のダイヤル パターンを指定します。

restriction max-digits

規制される番号の最大桁数を指定します。

restriction min-digits

規制される番号の最小桁数を指定します。

voicemail msg-notification restriction

規制テーブルをメッセージ通知機能に関連付けます。

show voicemail non-subscriber restriction-table

ユーザ以外へのメッセージ配信機能に関連付けられている規制テーブルに関する情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail non-subscriber restriction-table コマンドを使用します。

show voicemail non-subscriber restriction-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show voicemail non-subscriber restriction-table コマンドは、ユーザ以外へのメッセージ配信機能に関連付けられている規制テーブルの名前と内容を表示する場合に Cisco Unity Express EXEC モードで使用します。

次の例は、 show voicemail non-subscriber restriction-table コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail non-subscriber restriction-table
 
Restriction Table: non-subscriber-restriction
Minimum digits allowed: 1
Maximum digits allowed: 30
Dial Strings:
Preference Call Pattern Allowed
1 19000... yes
2 170000 yes
3 * yes
 

表75 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表75 show voicemail non-subscriber restriction-table のフィールドの説明

フィールド
説明

Restriction Table:

規制テーブルの名前。

Minimum digits allowed:

規制される番号の許容最小桁数。

Maximum digits allowed:

規制される番号の許容最大桁数。

Dial Strings:

テーブルにあるパターン番号エントリのリスト。

Preference

テーブルにあるパターン番号のプライオリティ。数値が小さいほど、プリファレンスが高くなります。

Call Pattern

ダイヤルされた番号と照合する数値パターン。

Allowed

ダイヤル パターンと一致する通話を許可または禁止するアクセス権。

 
関連コマンド

コマンド
説明

restriction create

規制テーブルを作成します。

voicemail non-subscriber restriction

規制テーブルをユーザ以外へのメッセージ配信機能に関連付けます。

show voicemail notification

システム全体にわたる通知設定を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail notification コマンドを使用します。

show voicemail notification

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
バージョン
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

3.0

このコマンドが変更され、ユーザ レベルのメッセージ通知カスケード機能のステータスも表示されるようになりました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、システム全体にわたるボイスメール通知の設定値を表示します。これらの値の一部は、ユーザごとに別の値に設定することができます。 username profile groupname profile 、および show voicemail notification owner の各コマンドを参照してください。

次の例は、 show voicemail notification コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail notification
 
Message Notification: enabled
Notification Preference: all
Connection Timeout: 60 seconds
Login to VoiceMail allowed: no
Attach voice message: yes
Cascading: enabled
 
se-10-0-0-0# show voicemail notification
 
Message Notification: disabled
Notification Preference: urgent
Connection Timeout: 75 seconds
Login to VoiceMail allowed: yes
Attach voice message: yes
Cascading: disabled
 

表76 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表76 show voicemail notification のフィールドの説明

フィールド
説明

Message Notification:

システム全体にわたるメッセージ通知機能のステータス。

Notification Preference:

ユーザに送信される通知のカテゴリ。

Connection Timeout:

発信メッセージ通知の通話が切断されるまでの待機秒数。この値の適用対象は、電話デバイスと数字対応デバイスのみです。

Login to Voicemail allowed:

発信の通知通話の実行中に、ユーザが各自のメールボックスにログインすることを許可するアクセス権のステータス。

Attach voice message:

発信の通知電子メールに、ユーザがボイスメール メッセージを添付することを許可するアクセス権のステータス。

Cascading:

ユーザ レベルのメッセージ通知カスケード機能のステータス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

groupname profile

グループの携帯電話、電子メール、数字対応デバイス、または文字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

username profile

ユーザの携帯電話、電子メール、数字対応デバイス、または文字対応デバイスへのメッセージ通知を設定します。

show voicemail notification owner cascade

特定のユーザまたはグループのメッセージ通知情報を表示します。

voicemail notification allow-login

メッセージ通知通話での電子メール ログインを設定します。

voicemail notification connect-timeout

メッセージ タイムアウトの長さを設定します。

voicemail notification email attach

電子メール メッセージ通知にボイス メッセージを添付できるようにします。

voicemail notification enable

メッセージ通知機能を有効にします。

voicemail notification owner

特定のユーザまたはグループへのメッセージ通知を有効にします。

voicemail notification preference

メッセージ通知プリファレンスのタイプを設定します。

voicemail notification cascading enable

ユーザ レベルのメッセージ通知カスケード機能を有効にします。

voicemail notification cascade-to after

ユーザ レベルのメッセージ通知カスケード機能について規則を定義します。

show voicemail notification owner

特定のユーザまたはグループのメッセージ通知情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail notification owner コマンドを使用します。

show voicemail notification owner owner-id [ profile | cell-phone | email | home-phone | num-pager | text-pager | work-phone ]

 
シンタックスの説明

owner-id

メッセージ通知情報を表示するユーザまたはグループの ID。

profile

(オプション)指定したユーザまたはグループのメッセージ通知機能のステータスを表示します。

cell-phone

(オプション)指定したユーザまたはグループの携帯電話通知プロファイルの詳細を表示します。

email

(オプション)指定したユーザまたはグループの電子メール通知プロファイルの詳細を表示します。

home-phone

(オプション)指定したユーザまたはグループの自宅の電話通知プロファイルの詳細を表示します。

num-pager

(オプション)指定したユーザまたはグループの数字対応デバイス通知プロファイルの詳細を表示します。

text-pager

(オプション)指定したユーザまたはグループの文字対応デバイス通知プロファイルの詳細を表示します。

work-phone

(オプション)指定したユーザまたはグループの職場の電話通知プロファイルの詳細を表示します。

 
コマンド モード

Cisco Unity Express EXEC

 
コマンド履歴

Cisco Unity Express
リリース
変更点

2.3

このコマンドが導入されました。

次の例は、 show voicemail notification owner コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail notification owner user3 profile
 
Message notification: enabled
Profile: vm-notif-profile
 
se-10-0-0-0# show voicemail notification owner sales profile
 
Message notification: enabled
Profile: vm-notif-profile
Device Status Preference Number/Email Extra-Digits Attach VM
-----------------------------------------------------------------------------------------
Home Phone disabled urgent
Work Phone enabled all 12225550100
Cell Phone disabled urgent
Numeric Pager disabled urgent
Text Pager disabled urgent
Email inbox enabled all sales@company.com yes
 

表77 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。

 

表77 show voicemail notification owner profile のフィールドの説明

フィールド
説明

Message notification:

所有者のメッセージ通知のステータス。

Profile:

所有者のメッセージ通知プロファイル ファイルの名前。

Device

この所有者への通知を受信するように設定されているデバイスのタイプ。

Status

この所有者への通知を受信するように設定されている各デバイスのステータス。

Preference

所有者が受信できるメッセージ通知のカテゴリ。

Number/Email

デバイスの電話番号または電子メール アドレス。

Extra digits

電話デバイスに送信される追加の数字。

Attach VM

発信電子メール通知に対して、この所有者がボイスメール メッセージを添付することを許可するアクセス権のステータス。

se-10-0-0-0# show voicemail notification owner user3 cell-phone
 
Profile: vm-notif-profile
Device: cell-phone
Enabled: yes
Preference: urgent
Phone/Email: 12225550150
Extra Digits:
Schedule (active hours):
Sunday Inactive all day
Monday 08:00 to 11:30, 13:00 to 17:00
Tuesday 13:00 to 17:00
Wednesday 08:00 to 12:00, 13:00 to 15:00
Thursday Inactive all day
Friday 09:30 to 13:30
Saturday Inactive all day
 
se-10-0-0-0# show voicemail notification owner sales email
Profile: vm-notif-profile
Device: email
Enabled: yes
Preference: all
Phone/Email: sales@company.com
Attach VM: yes
Schedule (active hours):
Sunday Inactive all day
Monday 08:00 to 17:00
Tuesday 08:00 to 17:00
Wednesday 08:00 to 20:00
Thursday 08:00 to 18:00
Friday 08:00 to 17:00
Saturday 10:00 to 14:00
 

表78 で、表示内容に含まれている重要なフィールドについて説明します。