GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
ボイスメールの設定
ボイスメールの設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ボイスメールの設定

ボイスメールの設定

ユーザを作成すると、[デフォルトのボイスメール(Defaults Voice Mail)] ウィンドウで設定したデフォルトが、そのユーザに適用されます。その後、ボイスメール設定を設定できます。

ボイスメール アプリケーションを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [ボイスメール(Voice Mail)] > [VM 設定(VM Configuration)] を選択します。[ボイスメール VM 設定(Voice Mail VM Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 次のフィールドに情報を入力します。

最大ボイス メッセージ ストア(Maximum voice message store)(分単位)。

最大ユーザ録音サイズ(Maximum subscriber recording size)(秒単位)。

最大ブロードキャスト メッセージ サイズ(Maximum subscriber recording size)(秒単位)。

ブロードキャスト メッセージの有効期限(Broadcast message expiry time)(日単位)。


) 次の選択は任意です。


プロンプト言語(Prompt language)。

ブロードキャスト メッセージ メッセージ待機インジケータ(MWI)内線を使用(Use Message Waiting Indication (MWI) extension for Broadcast messages):

はい(Yes):ブロードキャスト メッセージが受信されると、メッセージ待機インジケータ(MWI)ライトがユーザの電話機でオンになります。

いいえ(No):ブロードキャスト メッセージが受信されても、MWI ライトはユーザの電話機でオンになりません。

外部発信者の発信者 ID を再生(Play caller ID for external callers):

はい(Yes):外部発信者からのメッセージが受信され、外部発信者の ID をシステムから入手できる場合、ボイスメール受信者がメッセージを聞いたときに、発信者の電話番号がエンベロープ情報で再生されます。

いいえ(No):外部発信者からのメッセージが受信された場合、ボイスメール受信者がメッセージを聞いたときに、「不明な発信者」プロンプトがエンベロープ情報で再生されます。

リモート ユーザ情報キャッシュの有効化(Enable remote user information cache):

はい(Yes):リモート ボイスメール ユーザからの vCard および音声名情報の収集を、ローカル システムのディレクトリ キャッシュ(Least Recently Used(LRU)キャッシュと呼ばれる)に追加できるようにします。LRU キャッシュは、新しいメッセージが受信されるとユーザ情報(ユーザの姓名など)で更新されます。このキャッシュは、アドレス指定確認を提供するために使用されます。

いいえ(No):リモート ボイスメール ユーザからの vCard および音声名情報の LRU キャッシュ用の収集を無効にします。

メッセージ有効期限の強制適用(Mandatory message expiry):[はい(Yes)] を選択すると、管理者はユーザにメッセージを有効期限で強制的に削除させることができます。したがって、ユーザはメッセージを再度保存することを選択できません。

メールボックスの選択(Mailbox Selection)。次のオプションから選択します。

最後にリダイレクトした通話者(Last Redirecting Party)

元の着信者(Original Called Party)

発信電子メールの「発信元」アドレス(Outgoing e-mail "from" address)。

ユーザ以外の [配信規制テーブル(Delivery Restriction Table)]。規制テーブルを選択しないか、設定済み規制テーブルのリストから選択します。

発信者コール フロー規制テーブル(Caller Call Flow Restriction Table)

グリーティング用の営業時間のスケジュール(Business Hours Schedule for Greetings)

[ライブ応答(Live Reply)] をクリックして有効にします

ライブ応答ネットワーク優先順位(Live Reply Network Precedence):次のオプションから選択します。

無効(Disabled):ネットワーク配信されたボイスメール メッセージへのライブ応答をオフにします。

発信者番号ルール(Calling Number Rule):発信者番号ルールを使用して、ネットワーク配信されたボイスメールのライブ応答番号を決定します。

E.164 番号(E.164 number):ネットワーク配信されたボイスメールについてライブ応答を使用するときに、ボイスメール ヘッダーの E.164 番号を使用します。

E.164 番号 - 発信者番号ルール(E.164 number-Calling Number rule):使用可能な場合はボイスメール ヘッダーの E.164 番号を使用し、それ以外の場合はライブ応答の発信者番号ルールを使用します。

ライブ応答発信者番号ルール(Live Reply Calling Number Rule):次のオプションから選択します。

内線(Extension):ネットワーク ボイスメール ヘッダーの内線をライブ応答に使用します。

プレフィクス - 内線(Prefix-Extension):ネットワーク ロケーション プレフィクス、次にネットワーク ボイスメール ヘッダーの内線を、ライブ応答に使用します。

ロケーション - 内線(Location-Extension):ネットワーク ロケーション ID、次にネットワーク ボイスメール ヘッダーの内線を、ライブ応答に使用します。

ロケーション - プレフィクス - 内線(Location-Prefix-Extension):ネットワーク ロケーション ID、プレフィクス、およびボイスメール内線をライブ応答用に組み合わせます。

プレフィクス - ロケーション - 内線(Prefix-Location-Extension):ネットワーク ロケーション プレフィクス、ID、およびボイスメール内線をライブ応答用に組み合わせます。

ライブ応答規制テーブル(Live Reply Restriction Table)。規制テーブルを選択しないか、設定済み規制テーブルのリストから選択します。

ライブ録音パイロット番号(Live Record Pilot Number)。

[ライブ録音ビープ(Live Record Beep)] をクリックして有効にします。

[ライブ録音ビープ時間(Live Record Beep Duration)] を入力します。範囲は 50 ~ 1000 ミリ秒です。

[ライブ録音ビープ間隔(Live Record Beep Interval)] を入力します。範囲は 1 ~ 30 秒です。

[セキュア メッセージ(Secure Messages)] のオプションを選択します。この設定は、ボイスメール アプリケーションにログインしているすべての Cisco Unity Express ユーザに適用されます。

しない(Never):ユーザは発信メッセージをセキュアとしてマークすることができません。

確認する(Ask):発信メッセージは、ユーザがセキュアとしてマークした場合にのみ、セキュアとマークされます。

常時(Always):すべての発信メッセージが、自動的にセキュアとマークされます。

非通知(Private):非通知とマークされたすべての発信メッセージはセキュアです。これがデフォルト値です。

ステップ 3 変更を保存するには、[適用(Apply)] をクリックします。