GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
レポート
レポート
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

レポート

ボイスメール レポートの表示

メールボックスの表示

バックアップ履歴レポートの表示

復元履歴レポートの表示

ネットワーク タイム プロトコル レポートの表示

リアルタイム レポート

ボイスメール レポートの表示

[ボイスメール レポート(Voice Mail Report)] ウィンドウで、現在設定されているメールボックスの数、割り当てられているメールボックス領域、メッセージおよびグリーティングに割り当てられている時間、格納されているメッセージおよびグリーティングの合計数を表示できます。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [ボイスメール(Voice Mail)] を選択します。[ボイスメール レポート(Voice Mail Report)] には、次の表に示す情報が含まれています。このウィンドウで情報を変更することはできません。

 

フィールド
説明

共用メールボックス数(# general delivery mailboxes)

設定されているグループ メールボックスの数。

個人メールボックス数(# personal mailboxes)

設定されている個人メールボックスの数。

孤立メールボックス数(# orphaned mailboxes)

個人またはグループに割り当てられていない設定済みメールボックスの数。

合計メッセージ時間(Total message time)(秒)

現在格納されているボイス メッセージに対して使用されている時間。

合計メッセージ数(Total number of messages)

格納されているボイス メッセージの合計数。

平均メッセージ長(Average message length)(秒)

格納されているボイス メッセージの平均の長さ。

合計グリーティング時間(Total greeting time)(秒)

設定されているグリーティングで使用されている合計時間。

合計グリーティング数(Total number of greetings)

設定されているグリーティングの合計数。

平均グリーティング時間(Average greeting time)(秒)

設定されているグリーティングの平均の長さ。

最大ボイス メッセージ ストア(Maximum voice message store)(分)

ボイス メッセージに対して使用できる最大ストレージ容量。

合計割り当て領域(Total allocated space)(分)

設定されているメールボックスに割り当てられている領域。

ブロードキャスト メッセージ カウント(Broadcast message count)

システム内のアクティブなブロードキャスト メッセージ数。

配信予定のメッセージ カウント(Future message count)

配信予定のメッセージ キューの合計数。

ネットワーキング メッセージ カウント(Networking message count)

ネットワーク キュー内のネットワーク メッセージ数。

リブート以降に残されたメッセージ(Messages left since boot)

システムの最後のリブート以降に残されたメッセージの数。

リブート以降に再生されたメッセージ(Messages played since boot)

システムの最後のリブート以降に再生されたメッセージの数。

リブート以降に削除されたメッセージ(Messages deleted since boot)

システムの最後のリブート以降に削除されたメッセージの数。


 

メールボックスの表示

メールボックス レポートを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [メールボックス(Mailboxes)] を選択します。ウィンドウには次のフィールドが表示されます。

オーナー(Owner)

メッセージ数(Number of messages)

新規メッセージ(New messages)

保存済みメッセージ(Saved messages)

メッセージの削除(Deleted messages)

ブロードキャスト メッセージ(Broadcast messages)

配信予定のメッセージ(Future messages)

FAX(Faxes)

時間(Time)(秒単位)

使用済み(Used)(使用中のメールボックス サイズの割合)

ステップ 2 (任意)画面の左下にあるドロップダウンから、ページあたりに表示される行数を選択できます。


.

バックアップ履歴レポートの表示

バックアップ履歴レポートを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [バックアップ履歴(Backup History)] を選択します。バックアップ履歴レポートには、次のフィールドが表示されます。

ID:バックアップの ID。

サーバ URL(Server URL):バックアップ履歴が格納されているサーバ。

バックアップ日時(Backup Time and Date):システムが最後にバックアップされた日付と時刻。

結果(Result):最終バックアップ手順のステータス。[結果(Result)] には、[成功(Success)] または [失敗(Fail)] が示されます。


 

復元履歴レポートの表示

復元履歴レポートを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [復元履歴(Restore History)] を選択します。復元履歴レポートには、インストール以降に現在のシステムで実行されたすべての復元プロセスの履歴が表示されます。


 

ネットワーク タイム プロトコル レポートの表示

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)レポートを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [ネットワーク タイム プロトコル(Network Time Protocol)] を選択します。レポートには次のフィールドが表示されます。

NTP サーバ(NTP Server):NTP サーバの IP アドレスまたはホスト名。

ステータス(Status):NTP サーバが Cisco Unity Express と接続されたか、または拒絶されたかを示します。

時差(Time Difference)(秒):NTP サーバとクライアントとの間のタイム オフセット。

時間ジッター(Time Jitter)(秒):RMS の時差の移動平均として測定される、システム クロックの推定誤差時間。


 

リアルタイム レポート

Real Time Reporting(RTR)サブシステムは、コール関連およびアプリケーション関連のさまざまなイベントについて、リアルタイムの統計情報を維持します。システム使用状況に対してさまざまなしきい値を設定でき、これらのしきい値はシステム サマリー レポートを表示するために使用されます。これらのしきい値は、RTR アプレットからのみ設定できます。変更すると、変更した値はすぐに有効になります。設定後、しきい値はサブシステムによって保存され、システムのリロードがあっても維持されます。統計情報はメモリ内で維持されるため、システムのリロードが行われると統計情報は失われます。

リアルタイム レポートを開始するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [レポート(Reports)] > [リアルタイム レポート(Real Time Reports)] を選択します。次のオプションから選択します。

レポート(Reports):統計情報のサマリー、アクティブな接続またはアプリケーション、およびデータベース使用状況を表示します。

ツール(Tools):手動での統計情報リセット オプションから選択します。

設定(Settings):ポーリング関連オプションを設定し、アプレットのルック アンド フィールをカスタマイズします。システム サマリー レポートのしきい値を設定できます。これらのしきい値は、カラー スキームを明確にするために、さまざまなシステム サマリー レポート チャートによって使用されます。緑、黄、赤の色分けは、通常レベル、警告レベル、重大レベルを示します。

システム サマリー(System Summary):アクティブな統計情報および午前 0 時以降の統計情報のサマリーを表示します。