GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
メッセージ通知の設定
メッセージ通知の設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

メッセージ通知の設定

通知管理

加入者通知の有効化

通知デバイスの設定

通知スケジュールの設定

メッセージ通知の設定

ボイスメール イベントについて電話、ポケットベル、または電子メールでユーザに通知するように Cisco Unity Express を設定します。Cisco Unity Express は、これらのデバイスと接続して、ボイスメール メッセージを受信したことをユーザに通知します。この機能は、デフォルトでは有効ではなく、システム全体で有効になります。

) この機能をシステム全体で有効にし、特定のユーザに対して設定し、その後システム全体で無効にした場合、この機能を再度有効にすると、その特定のユーザ設定は復元されます。


[ボイスメール メッセージ通知(Voice Mail Message Notification)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

通知管理

加入者通知の有効化

加入者通知の有効化

通知デバイスの設定

電子メールによる、文字対応ポケットベル デバイスに対する通知を設定するには、SMTP サーバも設定する必要があります。 SMTP の設定を参照してください。

通知管理

通知を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [ボイスメール(Voice Mail)] > [メッセージ通知(Message Notification)] > [通知管理(Notification Administration)] を選択します。[通知設定(Notification Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 システム全体の通知を有効にするチェックボックスをオンにし、次のメッセージ通知タイプのいずれかをドロップダウン リストから選択します。

緊急メッセージ(Urgent Messages):送信者が「緊急」とマークしたボイスメール メッセージについてのみ、通知が送信されます。

すべてのメッセージ(All Messages):すべてのボイスメール メッセージについて、通知が送信されます。

ステップ 3 ライブ録音についてシステム全体の通知を有効にするチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 通知後にユーザがボイスメールボックスにログインして、ボイスメール メッセージを取得できるようにするチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 ボイスメール通知テキストを入力します。

ボイスメール メッセージ通知に先行するテキストを入力します。メッセージの最大長は 250 文字です。

ボイスメール メッセージ通知に続く署名テキストを入力します。メッセージの最大長は 250 文字です。

ステップ 6 ボイス メッセージを電子メール通知メッセージの .wav 添付ファイルとして送信するチェックボックスをオンにします。

ステップ 7 通知転送を有効にするチェックボックスをオンにします。

ステップ 8 コールが失敗と見なされるまでの秒数を入力します。範囲は 12 ~ 96 です。

ステップ 9 規制テーブル名をドロップダウン メニューから選択します。 規制テーブルの設定を参照してください。

ステップ 10 [適用(Apply)] をクリックして設定を保存します。


 

加入者通知の有効化

選択した加入者の通知を有効または無効にするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [ボイスメール(Voice Mail)] > [メッセージ通知(Message Notification)] > [加入者通知管理(Subscriber Notification Management)] を選択します。

ステップ 2 通知を設定する加入者がリストにない場合は、[検索(Find)] をクリックし、ユーザまたはグループ ID を入力します。ワイルドカード検索には * を使用します。

または、

ステップ 3 加入者がリストにある場合は、ユーザまたはグループ ID の隣にあるチェックボックスをオンにして、[通知の有効化(Enable Notification)] または [通知の無効化(Disable Notification)] をクリックします。[ユーザ プロファイル(User Profile)] ウィンドウが表示され、[通知(Notification)] タブがアクティブになっています。

ステップ 4 通知デバイスのリストが表示されます。特定のデバイスの隣にあるチェックボックスをオンにして、有効にします。通知デバイスを設定するには、 通知デバイスの設定を参照してください。


) 通知がシステム全体で無効になっている場合は、チェックボックスは有効になっていません。 通知管理を参照してください。



 

通知デバイスの設定

特定の通知デバイスを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [ボイスメール(Voice Mail)] > [メッセージ通知(Message Notification)] > [加入者通知管理(Subscriber Notification Management)] を選択し、ユーザのリストでユーザ名をクリックします。

ステップ 2 [通知デバイス(Notification Device)] ウィンドウで、設定するデバイスの名前をクリックします。

ステップ 3 次のフィールドにデータを入力します。表示されるフィールドは、選択したデバイスのタイプによって異なります。

デバイスの電話番号(Device phone number)

追加の番号(Extra digits)(アクセス コードなど)

宛先:(電子メール アドレス)(To: (Email address)):通知の送信先の電子メール アドレスを入力します。

ポケットベルのテキスト/電子メールのテキスト(Text for pager/text for email):通知が送信されたときにポケットベルまたは電子メールに表示されるテキストを入力します。 :特殊文字(「?」など)は使用できません。

ボイスメール メッセージのコピーを電子メールの添付ファイルとして送信する機能がシステム全体で有効な場合は( 通知管理を参照)、この機能をユーザに許可するチェックボックスをオンにすることができます。

通知プリファレンス(Notification preferences):ドロップダウン メニューから、次のいずれかを選択します。

緊急メッセージ(Urgent Messages):送信者が「緊急」とマークしたボイスメール メッセージについてのみ、通知が送信されます。

すべてのメッセージ(All Messages):すべてのボイスメール メッセージについて、通知が送信されます。 :「すべて」を選択したが、システム全体の通知プリファレンスが「緊急」の場合は、個別のユーザに対して「すべて」は選択できません。 通知管理を参照してください。

通知スケジュール(Notification schedule): 通知スケジュールの設定を参照してください。

ステップ 4 [適用(Apply)] をクリックして、データを保存します。


 

通知スケジュールの設定

特定の通知デバイスを設定するときに、曜日と時間(30 分単位)のカレンダーが表示されます。

このウィンドウで次の機能を設定します。

通知の手動選択

1 日の通知の設定

通知の手動選択

通知の日時を手動で選択するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [ボイスメール(Voice Mail)] > [メッセージ通知(Message Notification)] > [加入者通知管理(Subscriber Notification Management)] を選択し、ユーザのリストでユーザ名をクリックします。

ステップ 2 [ユーザ/グループ ID(User/Group ID)] フィールドで名前をクリックします。[ユーザ プロファイル(User Profile)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 日時の下にあるチェックボックスをオンにします。オンにしたチェックボックスは、通知がユーザに送信される期間を示します。

ステップ 4 カスケード オプションの設定(Set Cascade options):カスケード設定を指定して、指定した時間の経過後に、指定した受信者に通知します。

ステップ 5 [適用(Apply)] をクリックして変更を保存します。


 

1 日の通知の設定

1 日全体の通知をすばやく設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [クイック追加(Quick Add)] チェックボックスで、日付、開始時刻、および終了時刻を選択します。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックします。


ワンポイント アドバイス 1 日の通知スケジュールをコピーするには、コピーする日付をドロップダウン リストで選択し、[コピー(Copy)] をクリックします。


ステップ 3 [適用(Apply)] をクリックして変更を保存します。