GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
IVR の設定
IVR の設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

IVR の設定

IVR アプリケーションの設定

HTTP トリガーの設定

VoiceXML アプリケーションの設定

エンタープライズ データベース サブシステムの設定

IVR 電子メール サブシステムの設定

IVR ドキュメントの管理

IVR の設定

音声自動応答(IVR)オプションは、Cisco Unity Express に統合されている、個別にライセンスされたオプションです。IVR によって、電話発信者はボイス メニューからオプションを選択したり、Cisco Unified Express システムと対話したりできるようになります。Cisco Unity Express IVR アプリケーションは、Cisco Unified Communications Manager Express または Cisco Unified Communications Manager と連動します。システムが録音済みの音声プロンプトを再生し、発信者はそれに従って電話のキーパッドの数字を押してオプションを選択します。

システムが IVR を使用して設定されている場合、GUI 画面には、IVR 機能を設定するために選択できる [IVR] タブが表示されます。

音声自動応答(IVR)のメニューから、次の作業を実行します。

IVR アプリケーションの設定

HTTP トリガーの設定

VoiceXML アプリケーションの設定

エンタープライズ データベース サブシステムの設定

IVR 電子メール サブシステムの設定

IVR ドキュメントの管理

IVR アプリケーションの設定

[IVR アプリケーション(IVR Applications)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

IVR アプリケーションの追加

スクリプト パラメータの設定

スクリプトの削除

IVR アプリケーションの追加

IVR アプリケーションを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [IVR アプリケーション(IVR Applications)] を選択します。[IVR アプリケーション(IVR Applications)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックして、IVR アプリケーションの追加を開始します。[追加(Add)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 アプリケーション名を小文字で入力します。

ステップ 4 次のトリガー タイプのいずれかを選択します。

コールイン番号(Call-in number):アプリケーションにダイヤル インするための番号。

HTTP トリガー

(HTTP trigger):新しい URI を入力します。対応する HTTP トリガーが作成されます。

(注) この次のステップで情報を入力すると、 スクリプト パラメータの設定の項のスクリプト パラメータ選択が自動的に選択されます。

ステップ 5 ドロップダウン リストからスクリプト情報を選択します。

ステップ 6 (任意)[アップロード(Upload)] をクリックして、新しいスクリプトを追加します。スクリプトをアップロードできる [アップロード(Upload)] ダイアログボックスが表示されます。[システム(System)] > [スクリプト(Scripts)] を使用してスクリプトを管理することもできます。スクリプトの詳細については、 「Editor Express を使用したシステム スクリプトの設定」 を参照してください。

ステップ 7 言語を選択します。

ステップ 8 最大セッションを入力します。

ステップ 9 クリックして有効にします。

ステップ 10 [適用(Apply)] をクリックして変更を保存します。


) 変更を保存するには、[operExtn] フィールドに有効な文字列を入力する必要があります。



 

スクリプト パラメータの設定

スクリプト パラメータを設定するには、次の手順を実行します。


) この項のステップはすべて必須です。



ステップ 1 [IVR] > [IVR アプリケーション(IVR Applications)] を選択します。[IVR アプリケーション(IVR Applications)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックして、IVR スクリプト パラメータの設定を開始します。

または

ステップ 3 既存の IVR アプリケーションの名前をクリックします。[編集(Edit)] ウィンドウが表示されます。

動的に生成されるスクリプト パラメータのリストは、インストール環境によって異なります。ご使用のインストール環境では、次のタイプのスクリプトを使用できます。

busClosedPrompt

holidayPrompt

welcomePrompt

disconnectAfterMenu

dialByFirstName

allowExternalTransfers

MaxRetry

dialByExtnAnytime

busOpenPrompt

businessSchedule

dialByExtnAnytimeInputLength

operExtn*:

ステップ 4 インストール環境のスクリプト パラメータごとに、ドロップダウン リストから適切なスクリプトを選択します。

ステップ 5 [アップロード(Upload)] をクリックします。[アップロード(Upload)] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 6 [アップロード(Upload)] ダイアログボックスで、次の作業を実行します。

a. ソース ファイル名を入力するか、アップロードするファイルのパスを入力します。


ヒント アップロードするファイルがあるディレクトリを検索するには、[参照(Browse)] ボタンをクリックします。

b. アップロード先ファイル名を入力します。[ソース ファイル名(Source Filename)] フィールドに表示されているのと同じファイル名またはスクリプトの新しいファイル名を入力します。

c. アップロード先ファイルがすでに存在する場合は、ファイルを上書きするチェックボックスをオンにします。

d. [アップロード(Upload)] をクリックして設定を保存します。[システム(System)] > [スクリプト(Scripts)] を使用してスクリプトを管理することもできます。 「Editor Express を使用したシステム スクリプトの設定」 を参照してください。

ステップ 7 [IVR アプリケーション(IVR Applications)] ウィンドウの [追加(Add)] をクリックして、設定を保存します。


 

スクリプトの削除

スクリプトを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [IVR アプリケーション(IVR Applications)] を選択します。[IVR アプリケーション(IVR Applications)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 リストから削除するファイルのチェックボックスをオンにして、[削除(Delete)] をクリックします。

ステップ 3 [OK] または [キャンセル(Cancel)] をクリックして、作業を完了します。


 

HTTP トリガーの設定

[IVR HTTP トリガー(IVR HTTP Triggers)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

HTTP トリガーの追加

HTTP トリガーの削除

HTTP トリガーの編集

HTTP トリガーの表示

HTTP トリガーの追加

IVR HTTP トリガーを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [HTTP トリガー(HTTP Triggers)] を選択します。[IVR HTTP トリガー(IVR HTTP Triggers)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックします。[HTTP トリガーの追加(Add an HTTP Trigger)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 ドロップダウン リストからアプリケーションを選択します。動的に生成されるアプリケーションのリストは、インストール環境によって異なります。

ステップ 4 URL を入力します。http://:8080/<suffix> の形式を使用します。

ステップ 5 最大セッションを入力します。

ステップ 6 [はい(Yes)] または [いいえ(No)] を選択して、この HTTP トリガーを有効にするかどうかを指定します。

ステップ 7 言語を選択します。

ステップ 8 [追加(Add)] をクリックして設定を保存します。


 

HTTP トリガーの削除

HTTP トリガーを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [HTTP トリガー(HTTP Triggers)] を選択します。

ステップ 2 削除するトリガーの隣にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 画面の上部にあるメニューから [削除(Delete)] をクリックします。

ステップ 4 [OK] をクリックしてファイルを削除します。


 

HTTP トリガーの編集

HTTP トリガーを編集するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 HTTP トリガーを編集するには、[IVR] > [HTTP トリガー(HTTP Triggers)] ウィンドウに移動します。

ステップ 2 HTTP トリガー名をクリックします。選択した HTTP トリガーのプロファイル ウィンドウが開きます。

ステップ 3 必要に応じて、[アプリケーション(Application)]、[最大セッション(Maximum Sessions)]、および [言語(Language)] フィールドを編集します。

ステップ 4 [はい(Yes)] または [いいえ(No)] をクリックして、この HTTP トリガーを設定するかどうかを指定します。

ステップ 5 [適用(Apply)] をクリックして設定を保存します。


 

HTTP トリガーの表示

設定された HTTP トリガーのリストを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [HTTP トリガー(HTTP Triggers)] を選択します。[IVR HTTP トリガー(IVR HTTP Triggers)] ウィンドウが表示され、HTTP トリガーのリストと各 HTTP トリガーの次のフィールドが表示されます。

名前(Name):アプリケーション サフィックスの名前。

アプリケーション(Application):アプリケーションの名前。

有効(Enabled):自動受付が有効かどうか。

最大セッション

言語(Language)


 

VoiceXML アプリケーションの設定

[IVR VXML アプリケーション(IVR VXML Applications)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

VoiceXML アプリケーションの追加

VoiceXML アプリケーションの削除

VoiceXML アプリケーションの開始

VoiceXML アプリケーションの停止

VoiceXML アプリケーションの再起動

VoiceXML アプリケーションの追加

VoiceXML アプリケーションを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [VXML アプリケーション(VXML Applications)] を選択します。 VXML アプリケーションが設定されていない場合は、新しいファイルを設定する必要があります。

ステップ 2 [導入(Deploy)] をクリックして、新しい VXML アプリケーション ファイルを追加します。[アップロード(Upload)] ウィンドウが表示されます。


) 次のステップは必須です。


ステップ 3 [アップロード(Upload)] ウィンドウで、ソース ファイル名を入力します。


ヒント [参照(Browse)] ボタンをクリックして、ハード ドライブ上のファイルを検索できます。

ステップ 4 ソース ファイルの名前を入力します。

ステップ 5 [アップロード(Upload)] をクリックして設定を保存します。


 

VoiceXML アプリケーションの削除

VXML アプリケーションを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [VXML アプリケーション(VXML Applications)] を選択します。

ステップ 2 チェックボックスをオンにして、削除するアプリケーションを選択します。

ステップ 3 [削除(Delete)] をクリックします。アプリケーションを削除するかどうかの確認を求められます。

ステップ 4 [OK] または [キャンセル(Cancel)] をクリックして、作業を完了します。


 

VoiceXML アプリケーションの開始

VXML アプリケーションを開始するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [VXML アプリケーション(VXML Applications)] を選択します。

ステップ 2 チェックボックスをオンにして、開始するアプリケーションを選択します。

ステップ 3 [開始(Start)] をクリックします。選択したアプリケーションのステータスが [ステータス(Status)] フィールドに表示されます。


 

VoiceXML アプリケーションの停止

VXML アプリケーションを停止するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [VXML アプリケーション(VXML Applications)] を選択します。

ステップ 2 チェックボックスをオンにして、停止するアプリケーションを選択します。

ステップ 3 [停止(Stop)] をクリックします。選択したアプリケーションのステータスが [ステータス(Status)] フィールドに表示されます。


 

VoiceXML アプリケーションの再起動

VXML アプリケーションを再起動するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [VXML アプリケーション(VXML Applications)] を選択します。

ステップ 2 チェックボックスをオンにして、再起動するアプリケーションを選択します。

ステップ 3 [リスタート(Restart)] をクリックします。選択したアプリケーションのステータスが [ステータス(Status)] フィールドに表示されます。


 

エンタープライズ データベース サブシステムの設定

[IVR エンタープライズ データ サブシステム(IVR Enterprise Data Subsystem)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

データベース (DB) プロファイルの追加

任意のデータベース ドライバ パラメータの追加および削除

データベース (DB) プロファイルの追加

データベース プロファイルを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [エンタープライズ データベース サブシステム(Enterprise Database Subsystem)] を選択します。データベース サブシステムが見つからない場合は、新しいプロファイルを追加する必要があります。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックして、新しいプロファイルを追加します。[DB プロファイルの追加(Add DB Profile)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 [DB プロファイルの追加(Add DB Profile)] ウィンドウで、プロファイルの名前を入力します。

ステップ 4 プロファイルの説明を入力します。

ステップ 5 ホスト名を入力します。任意の有効なホスト名または IP アドレスを入力できます。

ステップ 6 ポート番号を入力します。

ステップ 7 データベース タイプを入力します。ドロップダウン メニューから、次のいずれかを選択します。

IBM DB2

Microsoft SQL または MSDE(Microsoft SQL or MSDE)(デフォルト)

Oracle

Sybase

ステップ 8 データベース名を入力します。

ステップ 9 ユーザ名を入力します。

ステップ 10 パスワードを入力します。

ステップ 11 最大接続数を入力します。

ステップ 12 [追加(Add)] をクリックして変更を保存します。[有効(Enabled)] チェックボックスはデフォルトでオンになっています。


 

任意のデータベース ドライバ パラメータの追加および削除

データベース ドライバ パラメータを追加または削除するには、この任意の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [エンタープライズ データベース サブシステム(Enterprise Database Subsystem)] を選択します。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックします。[DB プロファイルの追加(Add DB Profile)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 [DB プロファイルの追加(Add DB Profile)] ウィンドウで、データベース ドライバ パラメータの名前を [名前(Name)] フィールドに入力します。

ステップ 4 データベース ドライバ パラメータの値を [値(Value)] フィールドに入力します。

ステップ 5 ドライバ パラメータをさらに追加する場合は、[さらに追加(Add More)] をクリックします。空白のフィールドが追加表示されます。ステップ 3ステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 ドライバ パラメータを削除するには、リストでパラメータの隣にあるチェックボックスをオンにして、[削除(Delete)] をクリックします。

ステップ 7 [追加(Add)] をクリックして変更を保存します。


 

IVR 電子メール サブシステムの設定

IVR 電子メール サブシステムを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [電子メール サブシステム(E-mail Subsystem)] を選択します。

ステップ 2 デフォルトの「発信元」電子メール アドレスを入力します。デフォルトは localhost@localdomain.com です。Cisco Unity Express から電子メールが送信される場合は、その電子メールが固有の電子メール ID として使用されます。任意の標準的な電子メール アドレスを使用します。

ステップ 3 [適用(Apply)] をクリックして設定を保存します。


 

IVR ドキュメントの管理

[IVR ドキュメント管理(IVR Document Management)] ウィンドウから、次の IVR ドキュメント タイプを管理できます。

テンプレート(Templates):「.txt」拡張子を持つプレーン テキスト ドキュメント。

TIFF イメージ(TIFF Images):「.tif」または「.tiff」拡張子を持つ、通常は FAX に使用されるイメージ ファイル。

汎用ファイル(Generic Files):任意の形式の任意のドキュメント。プレーン テキストや TIFF ファイルを含む(PDF、GIF、BMP など)。

[IVR ドキュメント管理(IVR Document Management)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

IVR テンプレートの設定

IVR TIFF イメージの設定

IVR 汎用ファイルの設定

IVR テンプレートの設定

IVR テンプレートを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [ドキュメント管理(Document Management)] > [テンプレート(Templates)] を選択します。ドキュメントが見つからない場合は、新しいドキュメントをアップロードする必要があります。

ステップ 2 [アップロード(Upload)] をクリックします。[アップロード(Upload)] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [アップロード(Upload)] ダイアログボックスで、次の作業を実行します。

a. 言語を選択します。

b. ソース ファイル名を入力するか、アップロードするファイルのパスを入力します。


ヒント アップロードするファイルがあるディレクトリを検索するには、[参照(Browse)] ボタンをクリックします。

c. アップロード先ファイル名を入力します。[ソース ファイル名(Source File name)] フィールドに表示されているのと同じファイル名またはテンプレートの新しいファイル名を入力します。

d. アップロード先ファイルがすでに存在する場合は、ファイルを上書きするチェックボックスをオンにします。

e. [アップロード(Upload)] をクリックして設定を保存します。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

IVR TIFF イメージの設定

IVR TIFF イメージを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [ドキュメント管理(Document Management)] > [TIFF イメージ(TIFF Images)] を選択します。ドキュメントが見つからない場合は、新しいドキュメントをアップロードする必要があります。

ステップ 2 [アップロード(Upload)] をクリックします。[アップロード(Upload)] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [アップロード(Upload)] ダイアログボックスで、次の作業を実行します。

a. ドロップダウン リストから、言語を選択します。

b. ソース ファイル名を入力するか、アップロードするファイルのパスを入力します。


ヒント アップロードするファイルがあるディレクトリを検索するには、[参照(Browse)] ボタンをクリックします。

c. アップロード先ファイル名を入力します。[ソース ファイル名(Source Filename)] フィールドに表示されているのと同じファイル名またはイメージの新しいファイル名を入力します。

d. アップロード先ファイルがすでに存在する場合は、ファイルを上書きするチェックボックスをオンにします。

e. [アップロード(Upload)] をクリックして設定を保存します。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

IVR 汎用ファイルの設定

IVR 汎用ファイルを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [IVR] > [ドキュメント管理(Document Management)] > [汎用ファイル(Generic Files)] を選択します。ドキュメントが見つからない場合は、新しいドキュメントをアップロードする必要があります。

ステップ 2 [アップロード(Upload)] をクリックします。[アップロード(Upload)] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [アップロード(Upload)] ダイアログボックスで、次の作業を実行します。

a. ドロップダウン リストから、言語を選択します。

b. ソース ファイル名を入力するか、アップロードするファイルのパスを入力します。


ヒント アップロードするファイルがあるディレクトリを検索するには、[参照(Browse)] ボタンをクリックします。

c. アップロード先ファイル名を入力します。[ソース ファイル名(Source Filename)] フィールドに表示されているのと同じファイル名またはファイルの新しいファイル名を入力します。

d. アップロード先ファイルがすでに存在する場合は、ファイルを上書きするチェックボックスをオンにします。

e. [アップロード(Upload)] をクリックして設定を保存します。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。