GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
トレース設定の指定
トレース設定の指定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

トレース設定の指定

トレース設定の指定

Cisco Unity Express のコンポーネントでトレースを有効にしたり、メッセージ出力をデバッグするには、次の手順を実行します。コンポーネントは、システムにあるモジュール、エンティティ、およびアクティビティです。詳細については、次の URL にある『Cisco Unity Express Maintain and Operate Guides』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5520/prod_maintenance_guides_list.html


ステップ 1 [管理(Administration)] > [トレース(Traces)] を選択します。ウィンドウにシステム コンポーネントの階層の一覧が表示されます。

ステップ 2 システム コンポーネントのトレースを有効にするには、コンポーネント名の隣にあるチェックボックスをオンにします。

コンポーネントの一覧を展開するには、任意の上位レベル コンポーネントの隣にある [+] 記号をクリックします。

上位レベルのコンポーネント(モジュールまたはエンティティ)の隣にあるチェックボックスをオンにすると、そのコンポーネントの下にあるすべてのコンポーネントのトレースが有効になります。

上位レベルのコンポーネントの隣にあるチェックボックスをオフにすると、そのコンポーネントの下にあるすべてのコンポーネントのトレースが無効になります。

ステップ 3 [適用(Apply)] をクリックして変更を保存します。

ステップ 4 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。