GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
リモート ユーザの設定
リモート ユーザの設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

リモート ユーザの設定

リモート ユーザのリストの表示

新規リモート ユーザの追加

リモート ユーザの表示または変更

リモート ユーザの削除

リモート ユーザの設定

[リモート ユーザの設定(Configure Remote Users)] ウィンドウで、次の作業を実行します。

リモート ユーザのリストの表示

新規リモート ユーザの追加

リモート ユーザの表示または変更

リモート ユーザの削除

リモート ユーザのリストの表示

リモート ロケーションのユーザのリストを表示するには、次の手順を実行します。


) リモート ユーザのリストを追加、変更、または表示するには、1 つ以上のリモート ネットワーク ロケーションを設定しておく必要があります。詳細については、 ネットワーク ロケーションの設定を参照してください。


[設定(Configure)] > [リモート ユーザ(Remote Users)] を選択します。[リモート ユーザの設定(Configure Remote Users)] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、次のフィールドがあります。

ユーザ ID(User ID):デフォルトで、ユーザがユーザ ID のアルファベット順に表示されます。A から Z に並べ替えるには、[ユーザ ID(User ID)] をクリックします。

表示名(Display Name):ユーザのリストを表示名の順に表示するには、[表示名(Display Name)] をクリックします。

ロケーション ID(Location ID):ユーザのリストをロケーション ID の順に表示するには、[ロケーション ID(Location ID)] をクリックします。

プライマリ内線(Primary Extension):ユーザのリストをプライマリ内線の順に表示するには、[プライマリ内線(Primary Extension)] をクリックします。

ダイアログボックスを使用して、1 ウィンドウあたりに表示される行数を変更します。

新規リモート ユーザの追加

新規リモート ユーザをシステム ディレクトリに追加するには、次の手順を実行します。リモート ユーザとは、ボイスメールボックスがリモート ネットワーク ロケーションにあるユーザのことです。システム ディレクトリに追加するリモート ユーザには、名前によるダイヤル機能を使用してアクセスできます。リモート ユーザにメッセージを送信すると、送信者はアドレスおよび音声名の確認を受信します。


) システム管理者は、 Administration via Telephone(AvT)インターフェイスを使用して、リモート ユーザの音声名を録音できます。音声名情報は、システムがリモート ユーザから受信した Voice Profile for Internet Mail(VPIM)メッセージからも取得され、システム ディレクトリが適宜更新されます。


サポートされるユーザの数は、使用されている Cisco Unity Express モジュールによって異なります。サポートの詳細については、『 Cisco Unity Express Release Notes 』を参照してください。


) システムにリモート ユーザを追加するには、リモート ユーザのロケーションを追加しておく必要があります。



ステップ 1 [設定(Configure)] > [リモート ユーザ(Remote Users)] を選択します。[リモート ユーザの設定(Configure Remote Users)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [追加(Add)] をクリックします。[新規リモート ユーザの追加(Add a New Remote User)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 次のフィールドに情報を入力します。

ユーザ ID

名(First Name) 姓(Last Name)

表示名

プライマリ内線

ロケーション(Location):次のいずれかを選択して、ロケーションを特定します。

ロケーション ID(Location ID)

短縮形(Abbreviation):ロケーションの英数字の短縮形。

ステップ 4 情報を保存するには、[追加(Add)] をクリックします。


 

リモート ユーザの表示または変更

システム ディレクトリのリモート ユーザのプロファイルを表示または変更するには、次の手順を実行します。リモート ユーザとは、ボイスメールボックスがリモート ネットワーク ロケーションにあるユーザのことです。システム ディレクトリに追加するリモート ユーザには、名前によるダイヤル機能を使用してアクセスできます。リモート ユーザにメッセージを送信すると、送信者はアドレスおよび音声名の確認を受信します。


) システム管理者は、 Administration via Telephone(AvT)インターフェイスを使用して、リモート ユーザの音声名を録音できます。音声名情報は、システムがリモート ユーザから受信した VPIM メッセージからも取得され、システム ディレクトリが適宜更新されます。


サポートされるユーザの数は、使用されている Cisco Unity Express モジュールによって異なります。サポートの詳細については、『 Cisco Unity Express Release Notes 』を参照してください。


ステップ 1 [設定(Configure)] > [リモート ユーザ(Remote Users)] を選択します。[リモート ユーザの設定(Configure Remote Users)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 プロファイルを表示するリモート ユーザの名前をクリックします。[リモート ユーザ プロファイル(Remote User Profile)] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、変更可能な次のフィールドがあります。

名(First Name) 姓(Last Name)

表示名

プライマリ内線

ロケーション(Location):次のいずれかを選択して、ロケーションを特定します。

ロケーション ID(Location ID)

短縮形(Abbreviation):ロケーションの英数字の短縮形。

ステップ 3 変更後に、[適用(Apply)] をクリックします。

ステップ 4 情報プロンプトで [OK] をクリックします。


 

リモート ユーザの削除

リモート ユーザをシステム ディレクトリから削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [設定(Configure)] > [リモート ユーザ(Remote Users)] を選択します。[リモート ユーザの設定(Configure Remote Users)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 削除するユーザ ID の隣のチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [削除(Delete)] をクリックします。

ステップ 4 [OK] をクリックして、削除を実行します。