GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
Cisco Unified Communications Manager Express と Cisco Unity Express の同期
Cisco Unified Communications Manager Express と Cisco Unity Express の同期
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications Manager Express と Cisco Unity Express の同期

Cisco Unified Communications Manager Express と Cisco Unity Express の同期

Cisco Unified Communications Manager Express(CME)に保存された情報を Cisco Unity Express データベースと同期するには、次の手順を実行します。

Cisco Unity Express では、次の 2 つのタイプの同期が行われます。

自動同期:ユーザ入力なしで行われます。Cisco Unified CME で行われたメッセージ待機インジケータ(MWI)に関連する設定変更が行われると、Cisco Unity Express が更新されます。

手動同期:新規ユーザとユーザ変更、ボイスメール パイロット番号に対する変更、および CFNA/CFB の変更を Cisco Unified CME から Cisco Unity Express に伝播する場合に必要です。

次のフィールドを更新できます。

ユーザの作成(User creation)

プライマリ内線(Primary extension)

メールボックス(Mailbox)

管理者(Administrator)

CFNA/CFB

手動同期

手動同期を実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [管理(Administration)] > [情報の同期(Synchronize Information)] を選択します。[管理同期情報(Administration Synchronize Information)] ウィンドウが表示されます。同期されていない情報が自動的に表示されます。

ステップ 2 ユーザ ID の番号の隣にあるチェックボックスをオンにして [同期(Synchronize)] をクリックすることにより、これらのデータベースを同期します。[同期の概要(Synchronization Summary)] ウィンドウが表示され、自動生成された認証情報が示されます。失敗した同期試行も表示されます。失敗の詳細を表示するには、パラメータの隣にある [詳細の表示/非表示(View/Hide Details)] をクリックします。

ステップ 3 [ユーザ ID(User ID)] フィールドで、選択したユーザのチェックボックスをオンにして [同期(Synchronize)] をクリックすることにより、Cisco Unity Express でユーザを作成して同期します。[同期の概要(Synchronization Summary)] ウィンドウが表示され、自動生成された認証情報が示されます。