GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
Cisco Unified Communications Manager Express(CUCME)の [管理コントロール パネル(Administration Control Panel)] の使用
Cisco Unified Communications Manager Express(CUCME)の [管理コントロール パネル(Administration Control Panel)] の使用
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications Manager Express(CUCME)の [管理コントロール パネル(Administration Control Panel)] の使用

Cisco Unified Communications Manager Express の保存

Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルの作成

Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替え

Cisco Unity Express の保存またはリロード

Cisco Unified Communications Manager Express(CUCME)の [管理コントロール パネル(Administration Control Panel)] の使用

[管理コントロール パネル(Administration Control Panel)] ウィンドウから、次の作業を実行します。

Cisco Unified Communications Manager Express の保存

Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替え

Cisco Unity Express の保存またはリロード

Cisco Unified Communications Manager Express の保存

Cisco Unified CME を保存するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [管理(Administration)] > [コントロール パネル(Control Panel)] を選択します。

ステップ 2 [Cisco Unified Communications Manager Express] ラベルの下で、[設定の保存(Save Configuration)] をクリックします。

ステップ 3 プロンプトで [OK] をクリックします。


 

Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルを作成するには、 Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルの作成を参照してください。Cisco Unity Express を保存またはリロードするには、 Cisco Unity Express の保存またはリロードを参照してください。コール エージェントを Cisco Unified Communications Manager に切り替えるには、 Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替えを参照してください。

Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルの作成

Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルは、IP Phone に必要な eXtensible Markup Language(XML)コンフィギュレーション ファイルです。CME で新しい IP Phone を追加する場合、新しいコンフィギュレーション ファイルを作成する必要があります。

Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [管理(Administration)] > [コントロール パネル(Control Panel)] を選択します。

ステップ 2 [Cisco Unified Communications Manager Express] ラベルの下で、[CNF ファイルの作成(Create CNF Files)] をクリックします。

コンフィギュレーション ファイルが正常に作成されると、確認ダイアログボックスが表示されます。


 

Cisco Unified Communications Manager Express を保存するには、 Cisco Unified Communications Manager Express の保存を参照してください。Cisco Unity Express を保存またはリロードするには、 Cisco Unity Express の保存またはリロードを参照してください。コール エージェントを Cisco Unified Communications Manager に切り替えるには、 Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替えを参照してください。

Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替え

コール エージェントを Cisco Unified Communications Manager に切り替えるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [管理(Administration)] > [コントロール パネル(Control Panel)] を選択します。

ステップ 2 [コール エージェント統合(Call Agent Integration)]:[CUCME] ラベルの下で、[CUCM へ切り替え(Switch to CUCM)] をクリックします。

次の警告ボックスが表示されます。

「警告:この操作の結果、次のようになります。(Warning: This operation will)
a.ローカル サイト関連以外の設定はすべて永続的に削除されます(permanently delete all non-local site related configuration)
b.システムは自動的にリブートされます(reboot the system automatically)
続行しますか。(Do you wish to continue?)」

ステップ 3 [OK] をクリックして Cisco Unified Communications Manager に切り替えるか、[キャンセル(Cancel)] をクリックします。


 

Cisco Unified Communications Manager Express を保存するには、 Cisco Unified Communications Manager Express の保存を参照してください。Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルを作成するには、 Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルの作成を参照してください。Cisco Unity Express を保存またはリロードするには、 Cisco Unity Express の保存またはリロードを参照してください。

Cisco Unity Express の保存またはリロード

Cisco Unity Express を保存またはリロードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [管理(Administration)] > [コントロール パネル(Control Panel)] を選択します。

ステップ 2 [Cisco Unity Express - 管理(Cisco Unity Express - Administration)] ラベルの下で、[設定の保存(Save Configuration)] をクリックします。

ステップ 3 プロンプトで [OK] をクリックします。

ステップ 4 [Cisco Unity Express のリロード(Reload Cisco Unity Express)] をクリックします。ダイアログボックスが表示され、システムのリロードによって、すべてのエンド ユーザ セッションが終了され、すべての未保存の設定データが失われることが警告されます。

ステップ 5 [OK] または [キャンセル(Cancel)] をクリックして、作業を完了します。


 

Cisco Unified Communications Manager Express を保存するには、 Cisco Unified Communications Manager Express の保存を参照してください。Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルを作成するには、 Cisco Unified CME コンフィギュレーション ファイルの作成を参照してください。コール エージェントを Cisco Unified Communications Manager に切り替えるには、 Cisco Unified Communications Manager へのコール エージェントの切り替えを参照してください。