GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
Cisco Unified Communications Manager 用の CTI ポートの設定
Cisco Unified Communications Manager 用の CTI ポートの設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications Manager 用の CTI ポートの設定

Cisco Unified Communications Manager 用の CTI ポートの設定

Cisco Unity Express による使用のために、Cisco Unified Communications Manager で設定された一連の新規コンピュータ テレフォニー インテグレーション( CTI ポート)を(使用中の CTI ポートに加えて)インポートするか、使用中の CTI ポートを削除または変更するには、次の手順を実行します。通常、設定されたアプリケーション(ボイスメール、自動受付、 Administration via Telephone(AvT)システムなど)ごとに 1 つのポートがあります。


ステップ 1 [システム(System)] > [CTI ポート(CTI Ports)] を選択します。[システム CTI ポート(System CTI Ports)] ウィンドウが表示され、Cisco Unity Express で設定されている CTI ポートのリストが示されます。

ステップ 2 Cisco Unity Express で CTI ポートを使用するには、隣にあるチェックボックスをオンにします。Cisco Unity Express での使用から削除するには、隣にあるチェックボックスをオフにします。変更した場合は、[適用(Apply)] をクリックして保存すると、チェックボックスをオフにしたポートが削除されます。

ステップ 3 現在の Java Telephony API ( JTAPI) ユーザに関連付けられている Cisco Unified Communications Manager で設定されたすべての CTI ポートをインポートするには、[拡張(Expand)] をクリックして、Cisco Unified Communications Manager で使用可能なポートを表示します。すべての CTI ポートのリストが表示されます。Cisco Unity Express でポートを使用するには、ポートの隣にあるチェックボックスをオンにし、[適用(Apply)] をクリックします。


) Cisco Unity Express で同時に使用できる CTI ポートの最大数は、ユーザ ライセンスによって異なります。