GUI による Cisco Unity Express 8.6 の設定
Cisco Unified Communications Manager システムの設定
Cisco Unified Communications Manager システムの設定
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications Manager システムの設定

Cisco Unified Communications Manager システムの設定

Cisco Unity Express で(Cisco Unified Communications Manager 上の)Java Telephony API( JTAPI)プロバイダーの情報を変更するには、次の手順を実行します。


) Cisco Unified Communications Manager 上の JTAPI プロバイダーを変更する場合、Cisco Unity Express のソフトウェアのリロードが必要になります。変更を有効にするには、Cisco Unity Express 設定を保存し、変更をリロードする必要があります。


Cisco Unified Communications Manager(CUCM)を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [設定(Configure)] > [Communications Manager] を選択します。[CUCM の設定(Configure CUCM)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 次のフィールドに情報を入力します。

プライマリ Communications Manager(Primary Communications Manager):Cisco Unified Communications Manager のプライマリ システムの IP アドレスまたはホスト名。

セカンダリ Communications Manager(Secondary Communications Manager):Cisco Communications Manager の第 1 代替システムの IP アドレスまたはホスト名。

ターシャリ Communications Manager(Tertiary Communications Manager):Cisco Communications Manager の第 2 代替システムの IP アドレスまたはホスト名。

Web ユーザ名(Web User Name):Cisco Unified Communications Manager システムにログインするためのユーザ名。

Web パスワード(Web Password):Cisco Unified Communications Manager システムにログインするためのパスワード。

JTAPI のユーザ ID とパスワード(JTAPI user ID and password)。

ステップ 3 [適用(Apply)] をクリックして、情報を保存します。

ステップ 4 [確認(Verify)] をクリックして、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Express の間の接続をテストします。

ステップ 5 設定を変更した後、[Unity Express のリロード(Reload Unity Express)] をクリックして、ソフトウェアをリロードします。