Cisco Unity Express GUI アドミニストレータ ガイド Cisco CallManager Release 2.1
管理タスクのシーケンス
管理タスクのシーケンス
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

管理タスクのシーケンス

オンライン ヘルプ

初期タスク

定期的なタスク

必要時のタスク

管理タスクのシーケンス

管理タスクは、前提条件アクティビティの完了後に開始できます。一度だけ実行するタスク、定期的に実行するタスク、必要に応じて実行するタスクがあります。

オンライン ヘルプ

これらの設定タスクすべてについて、オンライン ヘルプで情報と使用方法を参照できます。各ウィンドウで Help アイコンを探して、それらのヘルプ ウィンドウにアクセスしてください。

初期タスク

表 16 に示されているタスクは、Cisco Unity Express を設定するために実行します。

 

表 16 初期設定タスク

タスク
メニューのオプション

1. カスタマイズしたプロンプトとグリーティングをアップロードします。あるいは、TUI で Administration via Telephone(AVT)を使用してプロンプトを録音します。

Voice Mail > Prompts を選択します。

2. カスタマイズしたスクリプトをアップロードします。スクリプトを作成するには、『 Cisco Unity Express Script Editor Guide 』で説明されているスクリプト エディタを使用します。

Voice Mail > Scripts を選択します。

3. 自動受付アプリケーションを設定します。

Voice Mail > Auto Attendant を選択します。

4. 内線番号が設定されていない場合は、設定します。

Configure > Extensions を選択します。

5. ユーザとグループが設定されていない場合は、設定します。

Configure > Users and Configure > Groups を選択します。

6. 個人用および共用のボイスメールボックスを設定します。

Voice Mail > Mailboxes を選択します。

7. ネットワークを使用している場合は、ネットワーク ロケーションを設定します。

Administration > Networking Locations を選択します。

8. (オプション)リモート ユーザをローカル ディレクトリに追加します。

Config > Remote Users を選択します。

9. (オプション)パブリック同報リストを作成します。

Voice Mail > Distribution Lists を選択します。

10. (オプション)LRU キャッシュを設定します。

CLI コマンドから使用できます。

11. (オプション)vCard 情報受信確認を設定します。

CLI コマンドから使用できます。

12. (オプション)ブロードキャスト メッセージ送信者を設定します。

Configure > Users を選択します。

13. (オプション)休日のスケジュールを設定します。

Voice Mail > Holiday Settings を選択します。

14. (オプション)営業時間を設定します。

Voice Mail > Business Hours Settings を選択します。

定期的なタスク

表 17 にリストされているタスクは定期的に実行します。

 

表 17 定期的な管理タスク

タスク
メニューのオプション

システム データをバックアップおよび復元します。

Administration > Backup/Restore を選択します。

システムのステータスを監視します。

Reports を選択します。 すべてのレポートを定期的に確認します。

必要時のタスク

表 18 にリストされているタスクは必要に応じて実行します。

 

表 18 必要時の管理タスク

タスク
メニューのオプション

ボイスメールボックスを追加、表示、変更、削除します。

Voice Mail > Mailboxes を選択します。

ボイスメールボックスをアンロックします。

Voice Mail > Mailboxes を選択し、 Unlock アイコンを選択します。

ユーザを追加、表示、変更、削除します。

Configure > Users を選択します。

グループを追加、表示、変更、削除します。

Configure > Groups を選択します。

ユーザのボイスメール パスワードを変更します。

Configure > Users を選択し、変更する必要のあるユーザ ID を選択します。

ボイスメールボックスのサイズまたは格納時間を変更します。

システム全体の値を変更する場合は、 Defaults > Mailbox を選択します。特定のユーザの値を変更する場合は、 Configure > Users を選択し、ユーザ ID を選択します。

パスワードまたは PIN の長さを変更します。

Defaults > User を選択します。

パスワードまたは PIN の有効期限を変更します。

Defaults > User を選択します。

内線番号と電話番号を追加、表示、変更、削除します。

Configure > Extensions および Configure > Phones を選択します。

内線番号を別のユーザに割り当てます。

Configure > Extensions を選択します。

自動受付アプリケーションのプロパティを変更します。

Voice Mail > Auto Attendant を選択します。

自動受付プロンプトを追加、変更、削除します。

Voice Mail > Prompts を選択します。 自動受付グリーティングまたはプロンプト ファイルの録音を参照してください。

自動受付スクリプトを追加、変更、削除します。

Voice Mail > Scripts を選択します。 自動受付スクリプトの設定を参照してください。

ソフトウェアの問題をトラブルシューティングします。

Cisco Unity Express のトラブルシューティングの章を参照してください。

Cisco CallManager サーバ、Web ユーザ、および JTAPI ユーザを追加、表示、削除します。

Configure > CallManager を選択します。

CTI ポートを追加、表示、変更、削除します。

Voice Mail > CTI Ports を選択します。