Cisco Unity Express ボイスメールおよび自動受付 CLI アドミニストレータ ガイド(3.0 およびそれ以降 のバージョン)
コマンド環境の開始と終了
コマンド環境の開始と終了
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2011/11/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

コマンド環境の開始と終了

EXEC モードと設定モード

コマンド環境の開始

前提条件

コマンド環境の終了

コマンド環境の開始と終了

この章では、Cisco Unity Express 設定コマンドを実行する Cisco Unity Express コマンド環境の開始方法と終了方法について説明します。次の各項では、この手順について説明します。

「EXEC モードと設定モード」

「コマンド環境の開始」

「コマンド環境の終了」

EXEC モードと設定モード

Cisco Unity Express コマンドの EXEC モードおよび設定モードは、Cisco IOS CLI コマンドの EXEC モードおよび設定モードと同様に動作します。ただし、Cisco Unity Express EXEC モードでは一部のパラメータを設定または変更できますが、Cisco IOS EXEC モードでは許可されていません。この Cisco Unity Express 機能を使用して、設定したパラメータをフラッシュ メモリに保存できます。フラッシュ メモリへの保存により、停電などの深刻な障害が発生した場合に利用できる最小限の情報がシステムに保持されます。このマニュアルの各コマンドの説明では、コマンド モードを示しています。

コマンド環境の開始

Cisco Unity Express ソフトウェアをインストールし、アクティブにしたら、次の手順を実行してコマンド環境を開始します。

前提条件

コマンド環境の開始に必要な情報は次のとおりです。

Cisco Unity Express モジュールが格納されているルータの IP アドレス

ルータにログインするためのユーザ名とパスワード

モジュールのスロット番号

概略手順

1. telnet セッションを開きます。

2. telnet ip-address

3. ルータのユーザ ID とパスワードを入力します。

4. 次のいずれかを実行します。

ISM-SRE-300-K9 の場合: service-module ism slot/unit session

SM-SRE-700-K9 の場合: service-module sm slot/unit session

NME-CUE の場合: service-module integrated-service-engine slot/unit session

NM-CUE-EC、NM-CUE、および AIM-CUE の場合: service-module service-engine slot/unit session

AIM2-CUE の場合: service-module integrated-service-module slot/unit session

5. (オプション) enable

詳細手順

 

コマンドまたは操作
目的

ステップ 1

telnet セッションを開きます。

DOS ウィンドウ、セキュア シェル、またはソフトウェア エミュレーション ツール(Reflection など)を使用します。

ステップ 2

telnet ip-address
 
C:¥> telnet 172.16.231.195

Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified CME ルータの IP アドレスを指定します。

ステップ 3

Username:
Password:

ルータに対するユーザ ID とパスワードを入力します。

ステップ 4

次のいずれかを実行します。

service-module ism slot / unit session
 
Router# service-module ism 0/1 session

ISM-SRE-300-K9 で Cisco Unity Express コマンド環境を開始します。

次のメッセージが表示されたら
"Trying ip-address slot/port ...
Connection refused by remote host
次のコマンドを入力し
service-module ism slot/port session clear
この手順を再試行します。

service-module sm slot / 0 session
 
Router# service-module sm 1/0

SM-SRE-700-K9 で Cisco Unity Express コマンド環境を開始します。

次のメッセージが表示されたら
"Trying ip-address slot/port ...
Connection refused by remote host
次のコマンドを入力し
service-module sm slot/port session clear
この手順を再試行します。

service-module integrated- service-engine slot / unit session
 
Router(config)# service-module integrated-service-engine 2/0 session

NME-CUE で Cisco Unity Express コマンド環境を開始します。

次のメッセージが表示されたら
"Trying ip-address slot/port ...
Connection refused by remote host
次のコマンドを入力し
service-module integrated-service-engine slot/port session clear
この手順を再試行します。

service-module service-engine slot/unit session
 
Router(config)# service-module service-engine 1/0 session

NM-CUE-EC、NM-CUE、または AIM-CUE で Cisco Unity Express を開始します。

次のメッセージが表示されたら
"Trying ip-address slot/port ...
Connection refused by remote host
次のコマンドを入力し
service-module service-engine slot/port session clear
この手順を再試行します。

service-module internal-service-module slot / unit session
 
Router(config)# service-module internal-service-module 0/1

AIM2-CUE で Cisco Unity Express コマンド環境を開始します。

次のメッセージが表示されたら
"Trying ip-address slot/port ...
Connection refused by remote host
次のコマンドを入力し
service-module intern al-service-module slot/port session clear
この手順を再試行します。

ステップ 5

enable
 

se-10-0-0-0# enable

(オプション)Cisco Unity Express EXEC モードを開始します。これで、設定タスクを開始できます。

コマンド環境の終了

Cisco Unity Express のコマンド環境を終了してルータのコマンド環境に戻るには、Cisco Unity Express EXEC モードに戻り、 exit コマンドを 2 回入力します。

次の例は、この終了手順を示しています。

se-10-0-0-0# exit
se-10-0-0-0> exit
router#