Cisco Unity Express ボイスメールおよび自動受付 CLI アドミニストレータ ガイド(3.0 およびそれ以降 のバージョン)
システムの監視
システムの監視
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

システムの監視

アクティブな通話の監視

アクティブな通話のアプリケーション別の表示

アクティブな通話のルート別の表示

着信ファックス通話の表示

アクティブな通話の終了

配信予定のメッセージの監視

配信予定のメッセージの表示

すべての配信予定のメッセージの表示

ユーザ別の配信予定のメッセージ数の表示

ユーザに対してスケジュール設定したメッセージ数の表示

配信予定のメッセージの削除

アクティブな IMAP および VoiceView Express セッションの監視

IMAP セッションの表示

VoiceView Express セッションの表示

アクティブな VoiceView Express セッションの終了

キューの監視

ネットワーク キューの監視

通知キューの監視

ファックス キューの監視

SNMP および管理データのアクティビティの表示

システム アクティビティ メッセージの表示

AIM コンパクト フラッシュ メモリの使用状況の確認

履歴レポートの表示

リアルタイム レポートの表示

アクティブな通話の監視

この項では、Cisco Unity Express システムでアクティブな通話を監視できるようにするコマンドについて説明します。この項は、次の項で構成されています。

「アクティブな通話のアプリケーション別の表示」

「アクティブな通話のルート別の表示」

「着信ファックス通話の表示」

「アクティブな通話の終了」

アクティブな通話のアプリケーション別の表示

アクティブな通話をアプリケーション別に表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

show ccn call application [ all [ subsystem { jtapi | sip }] |
application-name [ subsystem { jtapi | sip }]]

ここで、 all はすべてのアプリケーションのアクティブな通話を表示し、 application-name は指定されたアプリケーションでアクティブな通話を表示し、 jtapi sip はそのサブシステムでアクティブな通話を表示します。

このコマンドにより、ポート、通話、およびメディアに関する情報が表示されます。

次の例は、 show ccn call application コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn call application voicemail
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
 
**** Details for route ID :1200 ****
-------------------------------------
 
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :4
Port Impl ID :16904
Port State :IN_USE
Call Id :241
Call Impl Id :FFCE47C8-669711D6-8C4BF237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :1
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000122
Called Number :1200
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :6
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :16970
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16904
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K
 
se-10-0-0-0# show ccn call application promptmgmt
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
**** Details for route ID :1202 ****
-------------------------------------
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :3
Port Impl ID :16902
Port State :IN_USE
Call Id :242
Call Impl Id :92023CF-669811D6-8C50F237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :1
Application Associated :promptmgmt
Application Task Id :17000000123
Called Number :1202
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :5
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :18534
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16902
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K

アクティブな通話のルート別の表示

Cisco Unity Express では、アクティブな通話をルート別に表示できます(ルートとは、アプリケーション用に設定されたトリガー番号です。設定されているトリガーのリストを表示するには、 show ccn trigger コマンドを使用します)。

アクティブな通話をルート別に表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

show ccn call route [ all [ subsystem { jtapi | sip }] | route-address [ subsystem { jtapi | sip }]]

ここで、 all はすべてのアプリケーションのアクティブな通話を表示し、 route-address は指定されたルートでアクティブな通話を表示し、 jtapi sip はそのサブシステムでアクティブな通話を表示します。

このコマンドにより、JTAPI と SIP の両方のサブシステムにおけるポート、通話、およびメディアに関する情報が表示されます。

次の例は、 show ccn call route all コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# show ccn call route all
 
Active Call Details for Subsystem :JTAPI
-----------------------------------------
 
**** Details for route ID :2200 ****
-------------------------------------
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :2
Port Impl ID :2225550100
Port State :IN_USE
Call Id :9
Call Impl Id :1566/1
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :6
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000010
Called Number :2200
Dialed Number :
Calling Number :2001
ANI :
DNIS :
CLID :
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :2200
Original Dialed Number :
 
Media Id :2
Media State :IN_USE
Media Destination Address :172.16.59.11
Media Destination Port :22814
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.14.133
Media Source Port :16388
Source Size :20
Source Payload :G711ULAW64K
 
** Active Port #2:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :1
Port Impl ID :2225550150
Port State :IN_USE
Call Id :10
Call Impl Id :1567/1
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :6
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000011
Called Number :2200
Dialed Number :
Calling Number :2003
ANI :
DNIS :
CLID :
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :2200
Original Dialed Number :
 
Media Id :1
Media State :IN_USE
Media Destination Address :172.16.59.12
Media Destination Port :27928
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.14.133
Media Source Port :16386
Source Size :20
Source Payload :G711ULAW64K
 
 

次の例は、ルート 1200 のアクティブな通話を示しています。ルート 1200 は、ボイスメール アプリケーションのトリガー番号です。

se-10-0-0-0# show ccn call route 1200
 
Active Call Details for Subsystem :SIP
-----------------------------------------
 
**** Details for route ID :1200 ****
-------------------------------------
 
** Active Port #1:Call and Media info **
------------------------------------------
 
Port ID :8
Port Impl ID :16912
Port State :IN_USE
Call Id :246
Call Impl Id :E682B0A9-673311D6-8C64F237-80EC4A17@10.4.39.35
Call State :CALL_ANSWERED
Call active time(in seconds) :0
Application Associated :voicemail
Application Task Id :17000000127
Called Number :1200
Dialed Number :
Calling Number :1005
ANI :
DNIS :
CLID :sip:1005@10.4.39.35
Arrival Type :DIRECT
Last Redirected Number :
Original Called Number :
Original Dialed Number :
 
Media Id :1
Media State :IN_USE
Media Destination Address :10.4.39.35
Media Destination Port :18812
Destination Size :20
Destination Payload :G711ULAW64K
Media Source Address :10.4.39.135
Media Source Port :16912
Source Size :30
Source Payload :G711ULAW64K

着信ファックス通話の表示

着信通話を録音しているときに着信ファックス通話のリストを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show ccn call fax incoming コマンドを使用します。このコマンドにより、すべての着信ファックス セッションの接続時間、送信者の電話番号、および受信者の電話番号が表示されます。

次の例は、 show ccn call fax incoming コマンドのサンプル出力を示しています。

 
se-10-0-0-0> show ccn call fax incoming
Connect Time Sender Receiver
=======================================================================
Mon Jan 15 12:56:26 PST 2007 1111 5000
1 incoming fax call(s)
 

アクティブな通話の終了

アクティブな通話を終了するには、通話の実装 ID か、通話がシステムに着信するときに経由したポートの実装 ID を使用します。通話またはポートの実装 ID を取得するには、 show ccn call route コマンドを使用します。アクティブな通話のルート別の表示を参照してください。

アクティブな通話を終了するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

ccn call terminate { callimplid | portimplid } impli-id

ここで、 impli-id は通話またはポートの実装 ID です。

次の例では、実装 ID が 1567/1 の通話が終了します。

se-10-0-0-0# ccn call terminate call 1567/1
 

次の例では、実装 ID が 2225550150 のポートを経由する通話が終了します。

se-10-0-0-0# ccn call terminate port 2225550150

配信予定のメッセージの監視

配信予定のメッセージを監視するには、次の手順を実行する必要があります。

「配信予定のメッセージの表示」

「配信予定のメッセージの削除」

配信予定のメッセージについては、 メッセージ配信のスケジュール設定を参照してください。

配信予定のメッセージの表示

配信予定のメッセージに関する情報の表示には、複数の CLI コマンドを使用できます。

すべての配信予定のメッセージの表示

配信予定としてスケジュール設定したすべてのメッセージの詳細を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail messages future コマンドを使用します。

コマンドのサンプル出力を次に示します。

se-10-0-0-0# show voicemail messages future
 
Message ID: JMX0637L023-NM-FOC08221WRB-731357131983
Sender: User1
Recipient(s): UserA
Length(sec): 30
Delivery time: Mon, 11 April 2006 08:0000-0800 (PST)
 
Message ID: JMX0637L023-NM-FOC08221WRB-731183375855
Sender: User2
Recipient(s): UserB,UserG
Length(sec): 20
Delivery time: Wed, 13 April 2006 10:15:00-0800 (PST)

ユーザ別の配信予定のメッセージ数の表示

配信予定としてスケジュール設定したメッセージ数をユーザ別に表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail mailboxes コマンドを使用します。

コマンドのサンプル出力を次に示します。

se-10-0-0-0# show voicemail mailboxes
 
OWNER MSGS NEW SAVE DEL BCST FUTR MSGTIME MBXSIZE USED
''user1'' 25 25 0 0 0 1 2952 3000 98 %
''user2'' 5 1 4 0 0 0 1933 3000 64 %
''user3'' 5 5 0 0 0 2 893 3000 30 %
''user4'' 5 5 0 0 0 1 893 3000 30 %
''user8'' 5 5 0 0 0 1 893 3000 30 %
''user9'' 5 5 0 0 0 0 893 3000 30 %

ユーザに対してスケジュール設定したメッセージ数の表示

特定のユーザに対してスケジュール設定したメッセージ数を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voicemail detail mailbox コマンドを使用します。

コマンドのサンプル出力を次に示します。

se-10-0-0-0# show voicemail detail mailbox user2
 
Owner: /sw/local/users/user2
Type: Personal
Description:
Busy state: idle
Enabled: true
Mailbox Size (seconds): 3927
Message Size (seconds): 60
Play Tutorial: true
Space Used (seconds): 60
Total Message Count: 14
New Message Count: 1
Saved Message Count: 2
Future Message Count: 2
Deleted Message Count: 9
Expiration (days): 30
Greeting: standard
Zero Out Number:
Created/Last Accessed: Jan 23 2006 13:41:31 PST

配信予定のメッセージの削除

配信予定としてスケジュール設定したメッセージを削除するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

voicemail message future message-id delete

ここで、 message-id はスケジュール設定したメッセージのメッセージ ID です。スケジュール設定したメッセージのメッセージ ID を表示するには、 show voicemail messages future コマンドを使用します。

message-id が存在しない場合、または message-id が配信予定としてスケジュール設定したメッセージに属していない場合は、エラー メッセージが表示されます。

次の例では、配信予定のメッセージが削除されます。

se-10-0-0-0# voicemail message future JMX0637L023-NM-FOC08221WRB-731357131983 delete

アクティブな IMAP および VoiceView Express セッションの監視

アクティブな IMAP および VoiceView Express セッションの監視には、複数の CLI コマンドを使用できます。

「IMAP セッションの表示」

「VoiceView Express セッションの表示」

「アクティブな VoiceView Express セッションの終了」

IMAP セッションの表示

アクティブな Internet Mail Access Protocol(IMAP)セッションに関するステータス情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show imap sessions コマンドを使用します。

コマンドのサンプル出力を次に示します。

se-10-0-0-0# show imap sessions
 
Sessions IP Address Connect Time User ID
====================================================================
1 10.21.82.244 Wed Nov 16 01:35:02 CST 2005 user1
2 172.18.10.10 Wed Nov 16 03:23:15 CST 2005 user5
 

) このコマンドは、AIM-CUE/AIM2-CUE では使用できません。


VoiceView Express セッションの表示

アクティブな VoiceView Express セッションに関するステータス情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show voiceview sessions コマンドを使用します。

コマンドのサンプル出力を次に示します。

se-10-0-0-0# show voiceview sessions
 
Mailbox RTP User ID Phone MAC Address
1013 Yes user1 0015.C68E.6C1E
1016 No user5 0015.629F.8706
1015 No user3 0015.63EE.3790
1014 Yes user6 0015.629F.888B
 
4 session(s)
2 active RTP stream(s)

) このコマンドは、AIM-CUE/AIM2-CUE では使用できません。


アクティブな VoiceView Express セッションの終了

アクティブな VoiceView Express セッションを終了するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

service voiceview session terminate mailbox-id

ここで、 mailbox-id は、アクティブな VoiceView Express セッションがあるメールボックスの ID です。

次の例では、メールボックス ID user 3 の VoiceView Express セッションが終了します。

se-10-0-0-0# service voiceview session terminate mailbox user3
 

また、新しい TUI セッションまたは VoiceView Express セッションは、既存の VoiceView Express セッションよりも優先され、既存のセッションが終了します。

キューの監視

Cisco Unity Express キューの監視には、複数の CLI コマンドを使用できます。

「ネットワーク キューの監視」

「通知キューの監視」

「ファックス キューの監視」

ネットワーク キューの監視

ネットワーク キューに関するステータス情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show network queues コマンドを使用します。

次の例は、コマンドの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show network queues
 
Running Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
107 VPIM 06:13:26 20 jennifer 1001@sjc.mycompany.com
106 VPIM 06:28:25 20 jennifer 1001@sjc.mycompany.com
 
Urgent Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
123 VPIM 16:33:39 1 andy 9003@lax.mycompany.com
 
Normal Job Queue
=================
 
ID TYPE TIME RETRY SENDER RECIPIENT
122 VPIM 16:33:23 1 andy 9001@lax.mycompany.com
124 VPIM 16:34:28 1 andy 9003@lax.mycompany.com
125 VPIM 16:34:57 1 andy 9002@lax.mycompany.com

通知キューの監視

メッセージ通知キューに関するステータス情報を表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次のコマンドを使用します。

show voicemail notification queue { email | phone }

ここで、 email は、電子メール キューに関する詳細を表示し、 phone は電話通知キューに関する詳細を表示します。

次の例は、show voicemail notification queue コマンドの 2 つのバージョンの出力を示しています。

se-10-0-0-0# show voicemail notification queue email
 
OWNER DEVICE TYPE TIME
user1 Text Pager 723232
user1 Email inbox 2323343
 
se-10-0-0-0# show voicemail notification queue phone
 
OWNER DEVICE TYPE TIME
user1 Numeric Pager 342343
 

ジョブがいずれかのキューに入ると、そのジョブを削除できなくなります。通知の送信後に、システムがジョブを削除します。

ファックス キューの監視

ファックスは、常にキュー モードで送信されます。Cisco Unity Express IVR のファックス キューを表示するには、Cisco Unity Express IVR user EXEC モードで show ccn subsystem fax outbound fax コマンドを使用します。

次の例は、コマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0> show ccn subsystem fax outbound queue

============================================================================

Fax ID Recipient Subject Retry Scheduled

Count Send Time

============================================================================

15 9784551212 subject of Fax - max 30 char 1 2007/05/30 10:52:00

SNMP および管理データのアクティビティの表示

Cisco Unity Express システムで Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)監視を設定していない場合は、「SNMP 監視の設定」の手順を参照してください。

SNMP および管理データのアクティビティを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで次の trace コマンドを使用します。

trace snmp { agent all | agent debug | all } :SNMP アクティビティのトレースを有効にします。

trace management { agent all | agent debug | all } :管理データ要求のトレースを有効にします。

次の例は、これらのコマンドのサンプル出力を示しています。

se-10-0-0-0# trace snmp agent all
se-10-0-0-0# show trace buffer tail
 
4280 06/03 10:10:31.035 snmp agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxPercentTimeUsed,0) = cueMboxPercentTimeUsed
4280 06/03 10:10:31.100 snmp agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfMessages,1)
4280 06/03 10:10:31.100 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.109 snmp agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfMessages,1) = cueMboxNumberOfMessages
4280 06/03 10:10:31.171 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfMessages,0)
4280 06/03 10:10:31.171 snmp agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.180 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfMessages,0) = cueMboxNumberOfMessages
4280 06/03 10:10:31.241 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfNewMessages,1)
4280 06/03 10:10:31.241 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.250 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfNewMessages,1) = cueMboxNumberOfNewMessages
4280 06/03 10:10:31.313 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfNewMessages,0)
4280 06/03 10:10:31.313 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.322 snmp agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfNewMessages,0) = cueMboxNumberOfNewMessages
4280 06/03 10:10:31.384 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfSavedMessages,1)
4280 06/03 10:10:31.385 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.393 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfSavedMessages,1) =cueMboxNumberOfSavedMessages
4280 06/03 10:10:31.454 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfSavedMessages,0)
4280 06/03 10:10:31.455 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.MBeanUtil.invoke(Voicemail:name=Stats,MboxStatsTableValue,
<parms>,<signature>)
4280 06/03 10:10:31.463 snmp agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.snmp.SnmpNative.SnmpTableGetLong(CISCO-UNITY-EXPRESS-MIB,cueMboxTable,cueMboxNumberOfSavedMessages,0) =cueMboxNumberOfSavedMessages
 
 
se-10-0-0-0# trace management agent all
se-10-0-0-0# show trace buffer tail
 
087 06/03 10:18:42.523 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPI.getJTAPConnectionStatus out
087 06/03 10:18:42.523 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectivity.getUpdateStatus in
087 06/03 10:18:42.523 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectviity.update in
087 06/03 10:18:42.524 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectivity.udpateTables in
087 06/03 10:18:42.525 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/protorbcp,device)
087 06/03 10:18:42.526 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/hw/eth/eh0,ip,addrdefault)
087 06/03 10:18:42.529 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPIUtil.gettapiPortStatus in
087 06/03 10:18:42.574 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPIUtil.gettapiPortStatus {3504={id=3, implid=3504, state=IDLE}, 3503={id=0, implid=3503,tate=IDLE}, 3502={id=1, implid=3502, state=IDLE}, 3500={id=2, implid=3500, stat=IDLE}}
087 06/03 10:18:42.574 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPIUtil.gettapiPortStatus out
087 06/03 10:18:42.576 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/apps/f/ccnapps/configurations/craAesop/ccnwfapp,wfjtapi,ciscoccnatcallmanager)
087 06/03 10:18:42.581 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPIUtil.getctiveCCM in
087 06/03 10:18:42.581 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/limit,global,applicationMode)
087 06/03 10:18:42.602 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.JTAPIUtil.getctiveCCM out
087 06/03 10:18:42.604 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/apps/f/ccnapps/configurations/craAesop/ccnwfapp,wfsip,providerHostname)
087 06/03 10:18:42.607 mgmt agnt 1
com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/apps/f/ccnapps/configurations/craAesop/ccnwfapp,wfsip,providerHostname)
087 06/03 10:18:42.610 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/apps/f/ccnapps/configurations/craAesop/ccnwfapp,wfsip,providerPortnumber)
087 06/03 10:18:42.614 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.SysdbUtil.get(/sw/limit,global,applicationMode)
087 06/03 10:18:42.615 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectivity.udpateTables out
087 06/03 10:18:42.615 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectivity.update out
087 06/03 10:18:42.616 mgmt agnt 1 com.cisco.aesop.mgmt.voicemail.VoiceConnectivity.getUpdateStatus out

システム アクティビティ メッセージの表示

Cisco Unity Express は、システムのアクティビティを説明するメッセージを取り込みます。

syslog サーバを設定していない場合は、その手順について 「syslog サーバの設定」を参照してください。

システム アクティビティは、システムの機能に及ぼす影響に応じて、次の 4 つの重大度に分類されています。

情報:メッセージは、通常のシステム アクティビティを説明します。このメッセージには、デバッグ メッセージ、情報メッセージ、および通知メッセージなどがあります。

警告:メッセージは、通常以外のアクティビティが発生していることを警告します。Cisco Unity Express システムは引き続き機能します。

エラー:メッセージは、システム エラーが発生したことを示します。Cisco Unity Express システムは、機能を停止する場合があります。

致命的:メッセージは、システムが重大な状況、警戒を要する状況、または緊急事態にあることを説明します。Cisco Unity Express システムはすでに機能を停止しています。

これらのメッセージは、収集された後、次の 3 つのいずれかに出力されます。

messages.log ファイル:このオプションがデフォルトです。このファイルには、すべてのシステム メッセージが記録されます。このファイルは、Cisco Unity Express モジュールのハードディスクに格納されます。コンソールに表示したり、サーバにコピーすることで、トラブルシューティングおよびエラー報告用にこれらのメッセージを確認できます。

コンソール: log console info コマンドを使用すると、システム メッセージが発生後すぐに表示されます。

外部システム ログ(syslog)サーバ:Cisco Unity Express は、メッセージを別のサーバにコピーし、そのサーバのハードディスク上のファイルに収集します。どのディレクトリにメッセージ ログが保存されるかは、外部サーバ上の syslog デーモン設定によって決まります。

外部サーバは、Cisco Unity Express モジュールの IP アドレスのポート 514 で User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)をリッスンするように設定されている必要があります。

AIM コンパクト フラッシュ メモリの使用状況の確認

Cisco Unity Express は、AIM コンパクト フラッシュ メモリの使用状況と消耗を追跡してログに記録します。トレース データはモジュールに保存されます。このデータを表示するには、Cisco Unity Express EXEC モードで show interface ide 0 コマンドを使用します。

show interface ide 0

出力例を次に示します。

se-10-0-0-0# show interface ide 0
 
IDE hd0 is up, line protocol is up
3496 reads, 46828544 bytes
0 read errors
9409 write, 137857024 bytes
0 write errors
0.0993% worn
 

履歴レポートの表示

履歴レポート機能を使用すると、モジュールの履歴レポート データベースに、通話イベントおよびアプリケーション イベントに関連する情報と統計を保存できます。この履歴データを後から Cisco Unified Communications Express Historical Reporting Client で使用すると、各種の使用状況レポートを生成できます。

履歴レポートの設定方法については、「履歴レポートの設定」を参照してください。

履歴レポートを表示するには、GUI の [Administration] > [Historical Reporting] オプションを使用します。Cisco Unified Communications Express Historical Reporting Client の使用方法については、GUI のオンライン ヘルプを参照してください。


) 履歴レポート機能を使用するには、ユーザの特権が ViewHistoricalReports に設定されている必要があります。


リアルタイム レポートの表示

リアルタイム レポート機能を使用すると、さまざまな通話関連およびアプリケーション関連のイベントについてのリアルタイムの統計を表示できます。

リアルタイム レポートを表示するには、GUI の [Reports] > [Real Time Reports] オプションを使用します。リアルタイム レポートの詳細については、GUI のオンライン ヘルプを参照してください。


) リアルタイム レポートを表示するには、ユーザの特権が ViewRealtimeReports に設定されている必要があります。