Cisco Unity Connection リコンフィギュレーション アップグレード ガイド
Cisco Unity Connection へのシステム ライセンスの追加
Cisco Unity Connection へのシステム ライセンスの追加
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 564KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection へのシステム ライセンスの追加

にシステム ライセンスを追加するためのタスク リスト

追加機能を備えるライセンス ファイルの入手およびインストール

ボイスメール ポートの追加

Cisco Unity Connection にシステム ライセンスを追加するためのタスク リスト

1. シスコ製品の購入に通常使用する同じ供給元を使用して追加機能を注文します。ハイレベル製品 ID は UNITYCNx-LIC-UPG です。ここで x は Cisco Unity Connection メジャー バージョン番号です。

2. 追加する機能を含むライセンスをまだお持ちでない場合は、ライセンス ファイルを入手してインストールします。「追加機能を備えるライセンス ファイルの入手およびインストール」を参照してください。

3. 新しい機能を追加または設定する方法については、 表3-1 に記載されている該当のドキュメントを参照してください。

 

表3-1 新しいシステム ライセンスを追加または設定する方法

機能
ドキュメント

ユーザの追加

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更ガイド 』で、次の章を参照してください。

「Cisco Unity Connection Administration を使用した個々のユーザ アカウントの追加」

「Cisco Unity Connection Bulk Administration Manager を使用した複数のユーザ アカウントの管理」

ボイスメール ポートの追加

このマニュアルの 「ボイスメール ポートの追加」

音声認識の追加

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の章「Cisco Unity Connection 1.x システムのインストールに必要なタスクの概要」の「パート 2:別の音声認識サーバのインストールと設定(オプション)」に含まれるタスク

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更ガイド 』の章「ユーザ アカウントの設定によって制御される機能」の項「ガイダンス バージョンの変更」

TTS 経由の Exchange の電子メールへのアクセスの設定

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の章「TTS を介した Exchange 電子メールへのアクセスの設定」

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更ガイド 』の章「サービス クラスによって制御される機能の設定」の項「Exchange 電子メールへのテキスト/スピーチ アクセス」

Cisco Unity Inbox Web ツールへのアクセスの設定

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection ユーザ セットアップ ガイド 』の章「Cisco Personal Communications Assistant へのアクセスの設定」

Cisco Unity Connection ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセスの設定

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』の章「Cisco Unity Connection への Cisco PCA アクセスおよび IMAP 電子メール クライアント アクセスの保護」

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Cisco Unity Connection ユーザの移動、追加、変更ガイド 』の章「サービス クラスによって制御される機能の設定」の項「ボイス メッセージへの IMAP クライアント アクセス」

追加機能を備えるライセンス ファイルの入手およびインストール

ライセンス ファイルは、Cisco Unity Connection ソフトウェアの設定、およびシステム ライセンスの追加または変更で必要となります(購入した機能はライセンス ファイルにより有効になります)。Cisco.com で登録情報を入力すると、ライセンス ファイルを入手できます。

登録が終わると、その少し後にシスコからライセンス ファイルが電子メールで送信されます。このシスコからの電子メールには、これらのファイルの保存、格納手順も記述されています。

登録には、次の情報が必要です。

Cisco Unity Connection サーバに装着されたネットワーク インターフェイス カード(NIC)の MAC アドレス(物理アドレス)

Cisco Unity Connection Application Software Media キットの背面のステッカーに記載されている製品認定キー(PAK)

ここでは、3 つの手順について説明します。次の手順を順番に実行します。

Cisco Unity Connection サーバの MAC アドレスを取得する


ステップ 1 Windows の [スタート]メニューで、 [プログラム] > [アクセサリ] > [コマンド プロンプト] をクリックします。

ステップ 2 [コマンド プロンプト]ウィンドウで「 ipconfig /all 」と入力して、 Enter キーを押します。

ステップ 3 Physical Address の値を、ハイフンを除いて書き留めておくか(たとえば、Physical Address が 00-A1-B2-C3-D4-E5 であれば 00A1B2C3D4E5 と記録します)またはオンライン登録時にアクセスできるファイルに保存しておきます。

サーバに複数の NIC が装着されている場合、各 NIC に対して 1 つの値が表示されます。最初の NIC の値を使用します。

ステップ 4 [コマンド プロンプト]ウィンドウを閉じます。


 

ライセンス ファイルを登録および入手する


ステップ 1 http://www.cisco.com/go/license にあるソフトウェア登録サイトにアクセスします(URL は大文字/小文字を区別します)。

ステップ 2 PAK を入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 3 画面の指示に従います。

ステップ 4 Cisco Unity Connection ライセンス ファイルの添付された電子メールが送信されてきます。


 

ライセンス ファイルをインストールする


ステップ 1 Local Admins グループのメンバーになっているアカウントを使用して、Windows にログオンします。

ステップ 2 Windows のデスクトップにある [Connection Administration] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 3 Cisco Unity Connection Administration で、 [System Settings] を展開して、 [Licenses] をクリックします。

ステップ 4 [License] ページで [Add New] をクリックします。

ステップ 5 [Add New License] ページで、 [参照] をクリックして、新しいライセンス ファイルの場所を参照します。

ステップ 6 [ファイルの選択]ダイアログボックスで、ファイルの名前をダブルクリックします。

ステップ 7 [Add New License] ページで [Submit] をクリックします。

ステップ 8 複数のライセンス ファイルを追加する場合は、新しいライセンス ファイルがすべて追加されるまでステップ 4ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 9 [License] ページで、ステップ 4ステップ 7 で追加したライセンスのチェックボックスをオンにします。

ステップ 10 [Install Selected] をクリックします。

ステップ 11 Windows のシステム トレイで、 [Cisco Unity Connection] アイコンを右クリックし、 [Restart] > [Cisco Unity Connection] をクリックします。


 

ボイスメール ポートの追加

ボイスメール ポートは、Cisco Unity Connection と電話システム間のコールのための接続を提供します。電話システム連動が作成された後、ボイスメール ポートを追加できます。


注意 ボイスメール ポートを追加して、すべてのポート グループの合計ボイスメール ポート数が Cisco Unity Connection ライセンス ファイルにより有効になる最大ボイスメール ポート数を超えることはできません。ライセンス ファイルが合計ポート数を有効にしない場合、新しいポートを追加できなくなります。

新しいボイスメール ポートを追加する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Connection Administration で [Telephony Integrations] を展開して、 [Port] をクリックします。

ステップ 3 [Search Ports] ページで、[Port Search Results] の下の [Add New] をクリックします。

ステップ 4 [New Port] ページで、該当する設定を入力して [Save] をクリックします。


注意 コールに応答するように設定された適切なポート数、および発信するように設定された適切なポート数があることを確認します。これを行わないと、連動が正しく動作しない場合があります。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/products_installation_and_configuration_guides_list.html で、該当する Cisco Unity Connection のインテグレーション ガイドの項「Planning How the Voice Messaging Ports Will Be Used by Cisco Unity Connection」を参照してください。

ステップ 5 Windows のシステム トレイで、 [Cisco Unity Connection] アイコンを右クリックし、 [Restart] > [Voice Processing Server Role] をクリックします。

ステップ 6 Voice Processing Server Role を停止することを確認するメッセージが表示されたら、 [Yes] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity Connection Administration で、ページのタイトル バーにある [Related Links] リストの [Check Telephony Configuration] をクリックし、 [Go] をクリックして電話システム連動の設定を確認します。

テストが成功しない場合は、1 つまたは複数のメッセージがトラブルシューティング手順と共に [Task Results] リストに表示されます。問題を訂正した後、設定を再度確認します。

ステップ 8 Cisco Unity Connection Administration をログオフします。