Cisco Unity Connection リコンフィギュレーション アップグレード ガイド Release 7.x
Cisco Unity Connection 7.x サーバの 交換
Cisco Unity Connection 7.x サーバの交換
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 884KB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 7.x サーバの交換

クラスタが設定されていない単一の 7.x サーバの交換

クラスタ内の 7.x パブリッシャ サーバの交換

クラスタ内の 7.x サブスクライバ サーバの交換

クラスタ内の 7.x パブリッシャ サーバおよびサブスクライバ サーバの交換

Connection クラスタが設定されていない単一の 7.x サーバの交換

単一の Connection 7.x サーバを正しく交換するには、この項に示されている大まかなタスク リストに従います。


) デジタル ネットワーキングが設定されている場合も同じタスクを実行してください。代替サーバでデータを復元すると、デジタル ネットワーキングは自動的に動作を再開します。


1. Disaster Recovery Systemを使用して Connection サーバをバックアップします。
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/drs_administration/guide/7xcucdrsag.html にある『 Disaster Recovery System アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection Release 7.x 』を参照してください。

2. 新しいサーバを設置します。
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/installation/guide/7xcucigx.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』の 「Cisco Unity Connection 7.x システムのインストールに必要なタスクの概要」 の章で、「Cisco Unity Connection 7.x システム(Connection クラスタなし)インストール用タスク リスト」の「パート 1:Cisco Unity Connection サーバのインストールと設定」を参照してください。

3. Disaster Recovery Systemを使用して、新しい Connection サーバでデータを復元します。
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/drs_administration/guide/7xcucdrsag.html にある『 Disaster Recovery System アドミニストレーション ガイド for Cisco Unity Connection Release 7.x 』を参照してください。

4. 古いサーバをネットワークから切断します。

Connection クラスタ内の 7.x パブリッシャ サーバの交換

Connection クラスタ内のパブリッシャ サーバを交換する場合、サブスクライバ サーバを交換する必要はありません。パブリッシャ サーバが動作していない間は、サブスクライバ サーバがすべての機能を処理します。Connection クラスタを設定して、サブスクライバ サーバを Connection クラスタに再接続すると、サブスクライバは自身のデータを代替パブリッシャ サーバに複製します。代替パブリッシャ サーバは、Primary または Secondary ステータスになると通話の処理を開始します。

この項にある 6 つの手順を順番に実行します。


注意 デジタル ネットワーキングを使用している場合は、無効にしてからこの項の手順を実行する必要があります。無効にする手順については、
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/administration/guide/7xcucsagx.html にある『Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 7.x』の「デジタル ネットワークの使用方法」の章を参照してください。

サブスクライバ サーバを Primary ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability にログオンします。

ステップ 2 [Tools]メニューで、 [Cluster Management] をクリックします。

ステップ 3 [Cluster Management]ページの[Server Manager]で、サブスクライバ サーバを見つけます。

ステップ 4 サブスクライバ サーバが Primary ステータスになっている場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。

サブスクライバ サーバが Secondary ステータスになっている場合は、ステップ 5 に進みます。

サブスクライバが Deactivated ステータスになっている場合は、次の手順に従って、ステータスを Secondary に変更します。

a. サブスクライバ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Activate] をクリックします。

b. サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

c. [Server Status]カラムで、サブスクライバ サーバが Secondary ステータスになったことを確認します。

ステップ 5 サブスクライバ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Make Primary] をクリックします。

ステップ 6 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のステータスが表示されます。


) パブリッシャ サーバは Secondary ステータスに自動的に変更されます。



 

パブリッシャ サーバを Secondary ステータスから Deactivated ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Real-Time Monitoring Tool(RTMT)にログオンします。

ステップ 2 [Cisco Unity Connection]メニューで、 [Port Monitor] をクリックします。右ペインに[Port Monitor]ツールが表示されます。

ステップ 3 [Node]フィールドで、パブリッシャ サーバをクリックします。

ステップ 4 右ペインで、 [Start Polling] をクリックします。

ステップ 5 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがあるかどうかを確認します。

ステップ 6 Cisco Unity Connection Serviceability の[Cluster Management]ページに戻ります。

ステップ 7 パブリッシャ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがない場合は、ステップ 8 に進みます。

パブリッシャ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがある場合は、[Cluster Management]ページの[Change Port Status]で、パブリッシャ サーバの [Stop Taking Calls] をクリックします。RTMT にパブリッシャ サーバのすべてのポートがアイドル状態として示されるまで、待機します。

ステップ 8 [Server Manager]で、パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Deactivate] をクリックします。

ステップ 9 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のサーバ ステータスが表示されます。


 

パブリッシャ サーバを環境から削除する


ステップ 1 パブリッシャ サーバをシャットダウンします。

[Cluster Management]ページの[Server Status]カラムに、パブリッシャ サーバが Not Functioning ステータスになったことが示されます。

ステップ 2 パブリッシャ サーバからネットワーク ケーブルを取り外します。

これで、パブリッシャ サーバを環境から削除できる状態になりました。


 

代替パブリッシャ サーバを設置する


 

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/installation/guide/7xcucigx.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』の 「Cisco Unity Connection 7.x システムのインストールに必要なタスクの概要」 の章で、「Cisco Unity Connection 7.x システム(Connection クラスタなし)インストール用タスク リスト」の「パート 1:Cisco Unity Connection サーバのインストールと設定」の手順に従います。


注意 両方の Connection サーバには、同じバージョンのソフトウェアおよび ES をインストールする必要があります。これを行わないと、Connection クラスタが正しく動作しない場合があります。


 

代替パブリッシャ サーバでクラスタを設定する


ステップ 1 パブリッシャ サーバで Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [クラスタ(Cluster)] をクリックします。

ステップ 3 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 4 「サーバの設定の新規作成」ページの[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]フィールドに、サブスクライバ サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

ステップ 5 [説明(Description)]フィールドに、 Server 2 など、サーバに関する説明を入力します。

ステップ 6 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity Connection の管理からログオフします。


 

サブスクライバ サーバを Connection クラスタに再接続する


ステップ 1 サブスクライバ サーバを Connection クラスタに再接続するには、サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行します。

utils cuc cluster renegotiate

) CLI コマンドが完了すると、パブリッシャ サーバが自動的に再起動します。


ステップ 2 サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行して、Connection クラスタが設定されていることを確認します。

show cuc cluster status
 


 

Connection クラスタ内の 7.x サブスクライバ サーバの交換

Connection クラスタ内のサブスクライバ サーバを交換する場合、パブリッシャ サーバを交換する必要はありません。サブスクライバ サーバが動作していない間は、パブリッシャ サーバがすべての機能を処理します。Connection クラスタを設定すると、パブリッシャ サーバは自身のデータを代替サブスクライバ サーバに複製します。代替サブスクライバ サーバは、Primary または Secondary ステータスになると通話の処理を開始します。

この項にある 6 つの手順を順番に実行します。


注意 デジタル ネットワーキングを使用している場合は、無効にしてからこの項の手順を実行する必要があります。無効にする手順については、
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/administration/guide/7xcucsagx.html にある『Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 7.x』の「デジタル ネットワークの使用方法」の章を参照してください。

パブリッシャ サーバを Primary ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability にログオンします。

ステップ 2 [Tools]メニューで、 [Cluster Management] をクリックします。

ステップ 3 [Cluster Management]ページの[Server Manager]で、パブリッシャ サーバを見つけます。

ステップ 4 パブリッシャ サーバが Primary ステータスになっている場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。

パブリッシャ サーバが Secondary ステータスになっている場合は、ステップ 5 に進みます。

パブリッシャが Deactivated ステータスになっている場合は、次の手順に従って、ステータスを Secondary に変更します。

a. パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Activate] をクリックします。

b. サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

c. [Server Status]カラムで、パブリッシャ サーバが Secondary ステータスになったことを確認します。

ステップ 5 パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Make Primary] をクリックします。

ステップ 6 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のステータスが表示されます。


) サブスクライバ サーバは Secondary ステータスに自動的に変更されます。



 

サブスクライバ サーバを Secondary ステータスから Deactivated ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Real-Time Monitoring Tool(RTMT)にログオンします。

ステップ 2 [Cisco Unity Connection]メニューで、 [Port Monitor] をクリックします。右ペインに[Port Monitor]ツールが表示されます。

ステップ 3 [Node]フィールドで、サブスクライバ サーバをクリックします。

ステップ 4 右ペインで、 [Start Polling] をクリックします。

ステップ 5 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがあるかどうかを確認します。

ステップ 6 Cisco Unity Connection Serviceability の[Cluster Management]ページに戻ります。

ステップ 7 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがない場合は、ステップ 8 に進みます。

サブスクライバ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがある場合は、[Cluster Management]ページの[Change Port Status]で、サブスクライバ サーバの [Stop Taking Calls] をクリックします。RTMT にサーバのすべてのポートがアイドル状態として示されるまで、待機します。

ステップ 8 [Server Manager]で、サブスクライバ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Deactivate] をクリックします。

ステップ 9 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のサーバ ステータスが表示されます。


 

サブスクライバ サーバを環境から削除する


ステップ 1 サブスクライバ サーバをシャットダウンします。

[Cluster Management]ページの[Server Status]カラムに、サブスクライバ サーバが Not Functioning ステータスになったことが示されます。

ステップ 2 サブスクライバ サーバからネットワーク ケーブルを取り外します。

これで、サブスクライバ サーバを環境から削除できる状態になりました。


 

サブスクライバ サーバを削除し、代替サブスクライバ サーバを Connection クラスタに追加する


ステップ 1 代替サブスクライバ サーバに、削除するサブスクライバ サーバと同じホスト名または IP アドレスを設定する場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。

代替サブスクライバ サーバに別のホスト名または IP アドレスを設定する場合は、パブリッシャ サーバで Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [クラスタ(Cluster)] をクリックします。

ステップ 3 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ページで、 [検索(Find)] をクリックして、クラスタ内のサーバをすべて表示します。

ステップ 4 サブスクライバ サーバの先頭にあるチェックボックスをオンにし、 [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。

ステップ 5 サーバを削除することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 7 「サーバの設定の新規作成」ページの[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]フィールドに、代替サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

ステップ 8 [説明(Description)]フィールドに、 Server 2 など、サーバに関する説明を入力します。

ステップ 9 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 10 Cisco Unity Connection の管理からログオフします。


 

代替サブスクライバ サーバを設置する


 

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/installation/guide/7xcucigx.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』の 「Cisco Unity Connection 7.x システムのインストールに必要なタスクの概要」 の章で、「Connection クラスタ設定済み Cisco Unity Connection 7.x システム インストール用タスク リスト」の「パート 3:クラスタの設定、および Connection サブスクライバ サーバのインストールと設定」の手順に従います。


注意 両方の Connection サーバには、同じバージョンのソフトウェアおよび ES をインストールする必要があります。これを行わないと、Connection クラスタが正しく動作しない場合があります。


 

Connection クラスタが設定されていることを確認する


 

サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行して、Connection クラスタが設定されていることを確認します。

show cuc cluster status
 


 

Connection クラスタ内の 7.x パブリッシャ サーバおよびサブスクライバ サーバの交換

Connection クラスタ内のパブリッシャ サーバとサブスクライバ サーバの両方を交換するには、次のプロセスを段階的に実行します。サブスクライバ サーバの交換中は、パブリッシャ サーバがすべての機能を処理し、自身のデータを代替サブスクライバ サーバに複製します。パブリッシャ サーバの交換中は、サブスクライバ サーバがすべての機能を処理し、自身のデータとメッセージを代替パブリッシャ サーバに複製します。

この項にある 12 の手順を順番に実行します。


注意 デジタル ネットワーキングを使用している場合は、無効にしてからこの項の手順を実行する必要があります。無効にする手順については、
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/administration/guide/7xcucsagx.html にある『Cisco Unity Connection システムアドミニストレーションガイド Release 7.x』の「デジタル ネットワークの使用方法」の章を参照してください。

パブリッシャ サーバを Primary ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability にログオンします。

ステップ 2 [Tools]メニューで、 [Cluster Management] をクリックします。

ステップ 3 [Cluster Management]ページの[Server Manager]で、パブリッシャ サーバを見つけます。

ステップ 4 パブリッシャ サーバが Primary ステータスになっている場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。

パブリッシャ サーバが Secondary ステータスになっている場合は、ステップ 5 に進みます。

パブリッシャが Deactivated ステータスになっている場合は、次の手順に従って、ステータスを Secondary に変更します。

a. パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Activate] をクリックします。

b. サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

c. [Server Status]カラムで、パブリッシャ サーバが Secondary ステータスになったことを確認します。

ステップ 5 パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Make Primary] をクリックします。

ステップ 6 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のステータスが表示されます。


) サブスクライバ サーバは Secondary ステータスに自動的に変更されます。



 

サブスクライバ サーバを Secondary ステータスから Deactivated ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Real-Time Monitoring Tool(RTMT)にログオンします。

ステップ 2 [Cisco Unity Connection]メニューで、 [Port Monitor] をクリックします。右ペインに[Port Monitor]ツールが表示されます。

ステップ 3 [Node]フィールドで、サブスクライバ サーバをクリックします。

ステップ 4 右ペインで、 [Start Polling] をクリックします。

ステップ 5 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがあるかどうかを確認します。

ステップ 6 Cisco Unity Connection Serviceability の[Cluster Management]ページに戻ります。

ステップ 7 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがない場合は、ステップ 8 に進みます。

サブスクライバ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがある場合は、[Cluster Management]ページの[Change Port Status]で、サブスクライバ サーバの [Stop Taking Calls] をクリックします。RTMT にサーバのすべてのポートがアイドル状態として示されるまで、待機します。

ステップ 8 [Server Manager]で、サブスクライバ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Deactivate] をクリックします。

ステップ 9 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のサーバ ステータスが表示されます。


 

サブスクライバ サーバを環境から削除する


ステップ 1 サブスクライバ サーバをシャットダウンします。

[Cluster Management]ページの[Server Status]カラムに、サブスクライバ サーバが Not Functioning ステータスになったことが示されます。

ステップ 2 サブスクライバ サーバからネットワーク ケーブルを取り外します。

これで、サブスクライバ サーバを環境から削除できる状態になりました。


 

サブスクライバ サーバを削除し、代替サブスクライバ サーバを Connection クラスタに追加する


ステップ 1 代替サブスクライバ サーバに、削除するサブスクライバ サーバと同じホスト名または IP アドレスを設定する場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。

代替サブスクライバ サーバに別のホスト名または IP アドレスを設定する場合は、パブリッシャ サーバで Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [クラスタ(Cluster)] をクリックします。

ステップ 3 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ページで、 [検索(Find)] をクリックして、クラスタ内のサーバをすべて表示します。

ステップ 4 サブスクライバ サーバの先頭にあるチェックボックスをオンにし、 [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。

ステップ 5 サーバを削除することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 7 「サーバの設定の新規作成」ページの[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]フィールドに、代替サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

ステップ 8 [説明(Description)]フィールドに、 Server 2 など、サーバに関する説明を入力します。

ステップ 9 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 10 Cisco Unity Connection の管理からログオフします。


 

代替サブスクライバ サーバを設置する


 

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/installation/guide/7xcucigx.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』の「 Cisco Unity Connection 7.x システムのインストールに必要なタスクの概要」 の章で、「Connection クラスタ設定済み Cisco Unity Connection 7.x システム インストール用タスク リスト」の「パート 3:クラスタの設定、および Connection サブスクライバ サーバのインストールと設定」の手順に従います。


注意 両方の Connection サーバには、同じバージョンのソフトウェアおよび ES をインストールする必要があります。これを行わないと、Connection クラスタが正しく動作しない場合があります。


 

代替サブスクライバ サーバで Connection クラスタが設定されていることを確認する


 

サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行して、Connection クラスタが設定されていることを確認します。

show cuc cluster status
 


 

サブスクライバ サーバを Primary ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability にログオンします。

ステップ 2 [Tools]メニューで、 [Cluster Management] をクリックします。

ステップ 3 [Cluster Management]ページの[Server Manager]で、サブスクライバ サーバを見つけます。

ステップ 4 サブスクライバ サーバが Primary ステータスになっている場合は、この手順を中断し、次の手順に進みます。サブスクライバ サーバが Secondary ステータスになっている場合は、サブスクライバ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Make Primary] をクリックします。

ステップ 5 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のステータスが表示されます。


) パブリッシャ サーバは Secondary ステータスに自動的に変更されます。



 

パブリッシャ サーバを Secondary ステータスから Deactivated ステータスに手動で変更する


ステップ 1 Real-Time Monitoring Tool(RTMT)にログオンします。

ステップ 2 [Cisco Unity Connection]メニューで、 [Port Monitor] をクリックします。右ペインに[Port Monitor]ツールが表示されます。

ステップ 3 [Node]フィールドで、パブリッシャ サーバをクリックします。

ステップ 4 右ペインで、 [Start Polling] をクリックします。

ステップ 5 サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがあるかどうかを確認します。

ステップ 6 Cisco Unity Connection Serviceability の[Cluster Management]ページに戻ります。

ステップ 7 パブリッシャ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがない場合は、ステップ 8 に進みます。

パブリッシャ サーバで現在通話を処理しているボイス メッセージ ポートがある場合は、[Cluster Management]ページの[Change Port Status]で、パブリッシャ サーバの [Stop Taking Calls] をクリックします。RTMT にパブリッシャ サーバのすべてのポートがアイドル状態として示されるまで、待機します。

ステップ 8 [Server Manager]で、パブリッシャ サーバの[Change Server Status]カラムにある [Deactivate] をクリックします。

ステップ 9 サーバ ステータスを変更することを確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更が完了すると、[Server Status]カラムに変更後のサーバ ステータスが表示されます。


 

パブリッシャ サーバを環境から削除する


ステップ 1 パブリッシャ サーバをシャットダウンします。

[Cluster Management]ページの[Server Status]カラムに、パブリッシャ サーバが Not Functioning ステータスになったことが示されます。

ステップ 2 パブリッシャ サーバからネットワーク ケーブルを取り外します。

これで、パブリッシャ サーバを環境から削除できる状態になりました。


 

代替パブリッシャ サーバを設置する


 

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/7x/installation/guide/7xcucigx.html にある『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド Release 7.x 』の 「Cisco Unity Connection 7.x システムのインストールに必要なタスクの概要」 の章で、「Cisco Unity Connection 7.x システム(Connection クラスタなし)インストール用タスク リスト」の「パート 1:Cisco Unity Connection サーバのインストールと設定」の手順に従います。


注意 両方の Connection サーバには、同じバージョンのソフトウェアおよび ES をインストールする必要があります。これを行わないと、Connection クラスタが正しく動作しない場合があります。


 

代替パブリッシャ サーバでクラスタを設定する


ステップ 1 パブリッシャ サーバで Cisco Unity Connection の管理にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Connection の管理で、 [システム設定(System Settings)] を展開し、 [クラスタ(Cluster)] をクリックします。

ステップ 3 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 4 「サーバの設定の新規作成」ページの[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]フィールドに、サブスクライバ サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

ステップ 5 [説明(Description)]フィールドに、 Server 2 など、サーバに関する説明を入力します。

ステップ 6 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity Connection の管理からログオフします。


 

サブスクライバ サーバを Connection クラスタに再接続する


ステップ 1 サブスクライバ サーバを Connection クラスタに再接続するには、サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行します。

utils cuc cluster renegotiate
 

) CLI コマンドが完了すると、パブリッシャ サーバが自動的に再起動します。


ステップ 2 サブスクライバ サーバで次の CLI コマンドを実行して、Connection クラスタが設定されていることを確認します。

show cuc cluster status