Cisco Unity Connectionユーザ ガイド Release 1.x
メッセージの確認
メッセージの確認
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

メッセージの確認

電話によるメッセージ確認

Cisco Unity Inbox Web ツールでのメッセージ確認

電子メール プログラムでのボイス メッセージの確認

メッセージの確認

ボイス メッセージは電話で確認できます。また、Cisco Unity Inbox Web ツールや電子メール プログラムでも確認できる場合があります(Connection の管理者に問い合せてください)。

新規のボイス メッセージを一度聞き取るか開くと、そのメッセージは保存されます。システムがメッセージ保存ポリシーを強制的に実行するように設定されている場合は、Connection の管理者にシステムからメッセージが完全に削除されるまでの期間を確認してください。Connection は、メッセージ保存ポリシーが強制的に実行されることを通知しません。また、このポリシーを実行した結果、メッセージが完全に削除されることも警告しません。

この章では、次の項について説明します。

「電話によるメッセージ確認」

「Cisco Unity Inbox Web ツールでのメッセージ確認」

「電子メール プログラムでのボイス メッセージの確認」

電話によるメッセージ確認

Cisco Unity Connection を使用して、新しいメッセージおよび開封済みメッセージを電話で確認できます。 また、削除されたメッセージを電話で再生および復元できる場合があります(Connection の管理者に問い合せてください)。

新しいメッセージを受信すると、電話機のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯します(たとえば、ライトが点灯するか、レシーバを取り上げたときに固有のダイヤル トーンが再生されます)。また、Cisco Unity Assistant Web ツールを使用して、ポケットベルや携帯電話などの追加デバイスに対してメッセージ通知を設定できます。

この項では、電話でメッセージを確認する 2 つの手順を示しています。タッチトーン キーとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行します。

手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングとボイス コマンドを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話でタッチトーン キーを使用してメッセージを確認する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 新しいメッセージを聞くには、1 を押します。

または、

開封済みメッセージを聞くには、3 1 の順にキーを押します。

ステップ 3 聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のキーを使用します。

キー
タイプ
1

ボイス メッセージ

2

電子メール1

4

受信確認2

#

すべてのメッセージ

1.メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーを使用できますが、Connection はテキスト/スピーチ オプションを持つユーザについてだけ電子メールを再生します。

2.社内の Connection の設定状態によっては、一部のメッセージ タイプで受信確認を受け取ることができない場合があります。

Cisco Unity Assistant でメッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは再生されません。

ステップ 4 メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

キー
アクション
キー
アクション
1

最初からメッセージを再生

8

一時停止/再生

2

保存

9

早送り

3

削除

#

最後まで早送り

4

低速再生

##

メッセージをスキップして、そのまま保存

5

音量の変更3

*

キャンセルまたはひとつ戻る

6

高速再生

0

ヘルプ

7

メッセージの巻き戻し

 

3.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 5 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

キー
アクション
キー
アクション
1

再度メッセージを再生

6

新規メッセージとして保存

2

保存

7

メッセージの巻き戻し

3

削除

9

メッセージ プロパティの再生

4

返信

(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

#

そのまま保存

42

全員へ返信

*

キャンセルまたはひとつ戻る

44

メッセージ送信者の呼び出し4

0

ヘルプ

5

メッセージの転送

4.一部のシステムでは使用不可。


 

電話でボイス コマンドを使用してメッセージを確認する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と言われたら、次のように言います。

「Play Messages」この場合、 Connection は、新しいメッセージおよび開封済みメッセージの合計数を通知し、新しいボイス メッセージ、電子メール、および受信確認をすべて再生してから、開封済みメッセージを再生します。

または、

聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のコマンドを使用します。

 

アクション
ボイス コマンド
キー

新規および開封済みのボイス メッセージ、電子メール5、または受信確認6の再生

「Play <voice messages/e-mails/receipts>」

使用不可

すべての新しいメッセージの再生

「Play new messages」

1

Connection ユーザからの新しいボイス メッセージ、開封済みボイス メッセージ、または削除されたボイス メッセージの再生

「Play <new/saved/deleted> messages from <ユーザ名>」

使用不可

開封済みボイス メッセージ、電子メール1、または受信確認2 の再生

「Play saved <voice messages/e-mails/receipts>」

使用不可

すべての開封済みメッセージの再生

「Play saved messages」

3

削除されたボイス メッセージ、電子メール1、または受信確認2 の再生

「Play deleted <voice messages / e-mails / receipts>」

使用不可

すべての削除されたメッセージの再生7

「Play deleted messages」

使用不可

5.Connection は、テキスト/スピーチ オプションを持つユーザについてだけ電子メールを再生します。

6.Connection の設定状況によっては、一部のメッセージ タイプで受信確認を受け取ることができない場合があります。

7.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 3 メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

キー
アクション
キー
アクション
4

低速再生

9

早送り

5

音量の変更8

#

最後まで早送り

6

高速再生

*

キャンセルまたはひとつ戻る

7

メッセージの巻き戻し

0

タッチトーン キーのヘルプ

8

一時停止/再生

 

8.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 4 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のボイス コマンドを使用します。

アクション
ボイス コマンド
キー

再度メッセージを再生

「Repeat」

1

前のメッセージの再生

「Previous」

1 4

次のメッセージの再生

「Next」

1 6

開封済みメッセージとして保存/復元

「Save」

2

メッセージの削除

「Delete」

3

メッセージへの返信

「Reply」

4

全員へ返信

「Reply all」

使用不可

元のメッセージの再送(NDR のみ)

「Resend」

4

メッセージ送信者の呼び出し9

「Call sender」

4 4

メッセージの転送

「Forward」

5

新規メッセージとして保存/復元1

「Mark new」

6

メッセージの巻き戻し

使用不可

7

メッセージ プロパティの再生

「Message properties」

 

9.一部のシステムでは使用不可。


 

Cisco Unity Inbox Web ツールでのメッセージ確認


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


Cisco Unity Inbox Web ツールで新規メッセージを確認するには、[メッセージ リストの更新]アイコンを定期的にクリックします。新しいメッセージを聞いた後または表示した後に再び更新すると、新しいメッセージのアイコンが消えていることが確認できます。

Connection 以外のユーザ、またはあらかじめ Connection にログオンしていないユーザによってメッセージが残された場合、メッセージの[送信元]フィールドには、Cisco Unity Connection ユーザの名前または「UnityConnection@<サーバ名>」が含まれます。発信者の電話番号がわかる場合は、[件名]フィールドに番号が表示されます。


ヒント メールボックスのサイズが割り当て分を超えた場合の対処方法については、「メールボックスのサイズの管理」の章を参照してください。


Cisco Unity Inbox Web ツールでメッセージを確認する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、 [Cisco Unity Inbox] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Inbox で、メッセージの横にあるスピーカのアイコンをクリックして、再生します(再生を停止するには、もう一度このアイコンをクリックします)。

または、

送信者名をクリックして新しいウィンドウでメッセージを開き、Media Master の[再生]をクリックします。

ステップ 3 ボイス メッセージを管理するには、次のアイコンとメッセージ メニュー オプションを使用します。

前のメッセージ

前のメッセージを開きます。

次のメッセージ

次のメッセージを開きます。

返信
(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

送信者にボイス メッセージで返信します(他の Connection ユーザからのメッセージに対してのみ使用可能)。

全員に返信

メッセージを受信したすべての Connection ユーザにボイス メッセージで返信します。

転送

別の Connection ユーザまたは同報リスト(あるいはその両方)にメッセージを送信します(プライベートのマークが付いているメッセージは転送できないことに注意してください)。

削除

メッセージを削除します。

保存

メッセージと、すべての変更(メッセージに新規のマークを付けた、件名を変更したなど)を保存し、Cisco Unity Inbox に戻ります。

未開封マークを付ける(NDR の場合は未読マークを付ける)

メッセージを新規メッセージとして保存する場合は、このチェックボックスをオンにします(この結果、電話のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯する場合があります)。

閉じる

変更を保存せずにメッセージを閉じ、Cisco Unity Inbox に戻ります。


 

電子メール プログラムでのボイス メッセージの確認


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


一般的に、ボイス メッセージと受信確認は電子メール プログラム内の個別フォルダに表示されます。メッセージには、録音を含む WAV 添付ファイルが格納されています。ボイス メッセージを再生するには、添付ファイルを開きます。

電子メール プログラムでの新しいボイス メッセージの通知は、新しい電子メール メッセージの通知と同じ方法で行われることがあります。電子メール プログラムでは、ボイス メッセージの聞き取りと削除のみが可能です。送信、返信、または転送することはできません。

Connection 以外のユーザ、またはあらかじめ Connection にログオンしていないユーザによってメッセージが残された場合、メッセージの[送信元]フィールドには、Cisco Unity Connection ユーザの名前または「Unity Connection メッセージ システム」が含まれます。発信者の電話番号がわかる場合は、[件名]フィールドに番号が表示されます。