Cisco Unity Connectionユーザ ガイド Release 1.x
着信を処理するパーソナル 着信転送 ルールの管理
着信を処理するパーソナル着信転送ルールの管理
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

着信を処理するパーソナル着信転送ルールの管理

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者グループの管理

発信者グループの作成

発信者グループへの発信者の追加

発信者の発信者グループからの削除

発信者グループの名前の変更

発信者グループの削除

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先の管理

個人通知先の作成

個人通知先の変更

個人通知先の削除

電話通知先の呼び出し回数設定の変更

電話通知先のループ検出設定の変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先グループの管理

通知先グループの作成

通知先グループの変更

通知先グループの通知先の削除

通知先グループの削除

パーソナル着信転送ルール Web ツールでのルール設定およびルールの管理

ルール設定を設定するためのタスク リスト

ルール設定の作成

ルールのルール設定への追加

ルールの変更

ルール設定でのルールの順序変更

ルール設定のテスト

ルール設定の削除

ルール設定の有効化と無効化

電話によるルール設定の有効化

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の日付の範囲による有効化

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の曜日による有効化

電話によるルール設定の無効化

パーソナル着信転送ルール Web ルールでのルール設定の無効化

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通話保留設定の変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者メッセージの設定の変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールでのスクリーニングの設定の変更

全て転送ルール設定の使用

Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送

ルール処理設定の変更

着信を処理するパーソナル着信転送ルールの管理


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


Cisco Unity Connection では、設定したルールに従って、着信を転送またはスクリーニングすることができます。Connection は、パーソナル着信転送ルールを使用して、特定の着信を発信者の識別情報、時刻、および会議スケジュールに従って転送すること、またはそれ以外の着信をボイスメールまたは別の電話番号に転送することができます。着信を単一の電話番号、一連の電話番号、または電子メールベースのポケットベル アドレスに転送するルールまたは SMS メッセージを SMS デバイスに送信するルールを設定することができます。さらに、着信の一部または全部をスクリーニングするルールを設定することもできます。

単一の電話番号からの着信をボイスメールに転送するというような、ごく単純なパーソナル着信転送ルールを作成することや、次のコンポーネントを使用して、より複雑なルールを作成することができます。

 

個人連絡先リスト

Connection は、個人連絡先リストを使用して、着信の転送や、ボイス コマンド使用時の発信を行います(詳細については、 「個人連絡先リストの管理」 の章を参照してください)。

発信者グループ

発信者をグループにまとめて、1 つのルールを複数の発信者に適用することができます。そのため、ルールを何回も作成し直す必要はありません。 発信者グループには、他の Connection ユーザ、システム連絡先、および個人連絡先を含めることができます。

個人通知先

Connection で着信を転送できる連絡先電話番号のディレクトリを作成できます (この通知先は通知デバイスに付加されます)。

通知先グループ

個人通知先と通知デバイスをグループにまとめることで、Connection が着信を各通知先にリストの順序で転送するようになります。この動作は、応答があるまで、発信者が電話を切るまで、またはグループの最後の通知先に達するまで続けられます。 グループ内の通知先の順序や、各通知先の応答があるまで Connection が待機する時間を指定できます。

ルールはパーソナル着信転送ルール Web ツールで管理します。 ルールは、作成後に電話または Web ツールを使用して有効にします。

この章では、次の項について説明します。

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者グループの管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先の管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先グループの管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでのルール設定およびルールの管理」

「ルール設定の有効化と無効化」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通話保留設定の変更」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者メッセージの設定の変更」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでのスクリーニングの設定の変更」

「全て転送ルール設定の使用」

「Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送」

「ルール処理設定の変更」

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者グループの管理


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


発信者グループの作成では、1 つのルールを複数の発信者に適用できるため、ルールを何回も作成し直す必要はありません。発信者グループには、個人連絡先リストおよび Cisco Unity Connection ディレクトリからのエントリが複数含まれています。

グループを使用すると、いろいろな方法で発信者を整理することが容易になります。たとえば、優先順位の高いクライアントと同僚とを含む発信者グループを作成することもできます。 ユーザが会議中のときにこのグループの発信者が必ずユーザと連絡をとれるようにするには、会議中はこのグループからの着信は携帯電話に転送するというルールと、他の着信はすべてボイスメールに転送するというルールを持つルール設定を作成します。

次の項では、発信者グループの管理について説明します。

「発信者グループの作成」

「発信者グループへの発信者の追加」

「発信者の発信者グループからの削除」

「発信者グループの名前の変更」

「発信者グループの削除」

発信者グループの作成

発信者グループのメンバーになれるのは、次のタイプの発信者です。

個人連絡先

個人連絡先リストに入力されている発信者。

システム連絡先

Connection のシステム ディレクトリに登録されているが、Connection の機能が使用可能になっていなくて、ボイスメールボックスも持たない発信者。

Connection ユーザ

Connection のシステム ディレクトリに登録されており、ボイスメールボックスを持ち、Connection の機能が使用可能になっている発信者。

発信者グループに Cisco Unity Connection ディレクトリの発信者が含まれている場合、Connection の管理者が後でその発信者をシステムから削除すると、その発信者は、発信者グループからも削除されます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで発信者グループを作成する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [発信者グループ]メニューで、[発信者グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [発信者グループ]ページで、メニューバーの下にある[新しい発信者グループ]アイコンをクリックします。

ステップ 4 [発信者グループ]ページで、発信者グループの名前を入力し、[保存]をクリックします。

ステップ 5 [メンバー追加]をクリックします。

ステップ 6 [連絡先検索]ページで、Connection ディレクトリ内のユーザのリストを検索するか、個人連絡先リストにあるユーザのリストを検索するかに応じて、適切なタブをクリックします。

Connection ディレクトリ内のユーザとシステム連絡先の両方が検索できます。システム連絡先は、検索結果リストの名前にアスタリスク(*)を付けて表示されます。

ステップ 7 検索条件に応じて、残りのフィールドに入力して、 [検索] をクリックします。

このページでは、名前の一部を使って検索するために、ワイルドカード文字 * が使用できます。

ステップ 8 名前の横にあるチェックボックスをオンにして、連絡先またはユーザを発信者グループに追加します。

ステップ 9 必要に応じて、[ユーザの追加]または[連絡先の追加]をクリックします。Connection によって連絡先が発信者グループに追加され、[発信者グループ]ページに戻ります。

ステップ 10 さらに追加するユーザまたは連絡先があれば、ステップ 5ステップ 9 を繰り返します。

ステップ 11 [発信者グループ]ページで、[保存]をクリックします。


 

発信者グループへの発信者の追加

発信者グループのメンバーはいつでも追加できます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで発信者グループに発信者を追加する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [発信者グループ]メニューで、[発信者グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [発信者グループ]ページで、発信者グループ名をクリックします。

ステップ 4 [発信者グループ]ページで、[メンバー追加]をクリックします。

ステップ 5 [連絡先検索]ページで、Connection ディレクトリ内のユーザのリストを検索するか、個人連絡先リストにあるユーザのリストを検索するかに応じて、適切なタブをクリックします。

Connection ディレクトリ内のユーザとシステム連絡先の両方が検索できます。システム連絡先は、検索結果リストの名前にアスタリスク(*)を付けて表示されます。

ステップ 6 検索条件に応じて、残りのフィールドに入力して、 [検索] をクリックします。

このページでは、名前の一部を使って検索するために、ワイルドカード文字 * が使用できます。

ステップ 7 名前の横にあるチェックボックスをオンにして、連絡先またはユーザを発信者グループに追加します。

ステップ 8 必要に応じて、[ユーザの追加]または[連絡先の追加]をクリックします。Connection によって連絡先またはユーザが発信者グループに追加され、[発信者グループ]ページに戻ります。

ステップ 9 [発信者グループ]ページで、[保存]をクリックします。


 

発信者の発信者グループからの削除

発信者グループのメンバーはいつでも削除できます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで発信者グループから発信者を削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [発信者グループ]メニューで、[発信者グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [発信者グループ]ページで、発信者グループ名をクリックします。

ステップ 4 [発信者グループ]ページで、削除する発信者名の横にあるチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の発信者が一度に削除できます。

ステップ 5 [選択削除]をクリックします。


 

発信者グループの名前の変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールで発信者グループの名前を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [発信者グループ]メニューで、[発信者グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [発信者グループ]ページで、発信者グループ名をクリックします。

ステップ 4 [発信者グループ]ページで、[名前]フィールドにあるグループの名前を変更します。

ステップ 5 [保存]をクリックします。


 

発信者グループの削除

発信者グループは、ルールで使用されている場合は、削除できません。まずルールから発信者グループを削除してから、その発信者グループを削除します。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで発信者グループを削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [発信者グループ]メニューで、[発信者グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [発信者グループ]ページで、削除するグループの横にあるチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数のグループが一度に削除できます。

ステップ 4 メニューバーの下にある[選択した行削除]アイコンをクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先の管理


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


通知先は、Cisco Unity Connection で着信を転送できる、またはパーソナル着信転送ルールの一部としてテキスト メッセージを送信できる電話番号や電子メール アドレスです。 通知先のタイプには、次の 3 つがあります。

 

電話

電話通知先は、Connection で着信を転送できる電話番号です。

Connection ディレクトリ内の、個人に関連付けられている電話番号は、電話通知先として使用可能です。 この電話番号には、プライマリ内線番号、ボイスメール アクセス番号、および業務用携帯電話が含まれる場合があります。 ディレクトリ内の電話番号は、Connection の管理者が保守します。

また、携帯電話番号、自宅の電話番号(Connection ディレクトリに登録されていない場合)、および出張中に連絡がとれる電話番号など、個人の電話通知先を作成することができます。 個人の電話通知先はパーソナル着信転送ルール Web ツールで管理します。

SMS

SMS 通知先は、Connection でテキスト メッセージを送信できる SMS デバイスの電話番号です。 メッセージでは、「You have a call from <番号または内線番号> at <時刻> on <日付>」という標準形式が使用されます(たとえば、「You have a call from 3233 at 15:16 on 04 October 2006」)。

SMS 通知先をルールで使用するには、少なくとも 1 つの電話通知先を含む通知先グループにこの通知先を追加する必要があります (SMS 通知先は、ルールの作成時に[ルール]ページの[通知先]リストに表示されることはありません)。

SMS デバイスは、Connection の管理者が追加する場合がありますが、ユーザは Cisco Unity Assistant Web ツールで修正できる場合があります。 SMS デバイスは、パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先として使用できるようにするために Cisco Unity Assistant で有効にする必要はありません。

SMTP

SMTP 通知先は、Connection でテキスト メッセージを送信できる電子メール アドレスです。 メッセージでは、「You have a call from <番号または内線番号> at <時刻> on <日付>」という標準形式が使用されます(たとえば、「You have a call from 3233 at 15:16 on 04 October 2006」)。

SMTP 通知先をルールで使用するには、少なくとも 1 つの電話通知先を含む通知先グループにこの通知先を追加する必要があります (SMTP 通知先は、ルールの作成時に[ルール]ページの[通知先]リストに表示されることはありません)。

SMTP デバイスは、Connection の管理者が作成する場合がありますが、ユーザは Cisco Unity Assistant Web ツールで修正できる場合があります。 SMTP デバイスは、パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先として使用できるようにするために Cisco Unity Assistant で有効にする必要はありません。

次の項では、通知先の管理について説明します。

「個人通知先の作成」

「個人通知先の変更」

「個人通知先の削除」

「電話通知先の呼び出し回数設定の変更」

「電話通知先のループ検出設定の変更」

個人通知先の作成

パーソナル着信転送ルール Web ツールで個人通知先を作成する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先の表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先]ページで、メニューバーの下にある[新しい通知先]アイコンをクリックします。

ステップ 4 [通知先の作成]ページで、[名前]フィールドに通知先の名前を入力します。

ステップ 5 [電話番号]フィールドに通知先の電話番号を入力します。

0 ~ 9 の数字を使用します。数字の間にスペース、ダッシュ、カッコは使用できません。

特定の電話番号を入力できない場合や電話システムが追加の文字(たとえば、外線番号をダイヤルするためのアクセス コード)を必要とする場合があります。入力方法に疑問がある場合は、Connection の管理者に問い合せてください。

ステップ 6 [呼び出し回数]フィールドに、着信をボイスメールまたは通知先グループ内の次の通知先に転送するまで Connection が待つ呼び出し回数を、他の着信設定に応じて、入力します。デフォルト値は 4 回です。

ステップ 7 Connection に着信を転送するようにこの通知先を設定した場合は、[ループ検出の有効化]チェックボックスをオンにします。

Connection から電話通知先に着信を転送するルールを作成する場合、気付かずにコールループ状況を作成してしまうことがあります。コールループ状況では、Connection が着信を電話に転送した後で、電話が着信を Connection に送り返します。そのため、発信者がユーザに到達できないことがあります。 Connection に着信を転送するようにこのタイプの通知先を設定する場合は、この設定を選択すると、コールループの問題を排除できます。

ステップ 8 [保存]をクリックします。


 

個人通知先の変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールで個人通知先を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先の表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先]ページで、個人通知先の名前をクリックします。

ステップ 4 [通知先の変更]ページで、変更を加え、[保存]をクリックします。


 

個人通知先の削除

個人通知先は、通知先グループまたはルールで使用されている間は、削除できません。まず通知先グループまたはルールから通知先を削除してから、その通知先を削除します。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで個人通知先を削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先の表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先]ページで、削除する個人通知先のチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の個人通知先が一度に削除できます。

ステップ 4 メニューバーの下にある[選択した行削除]アイコンをクリックします。


 

電話通知先の呼び出し回数設定の変更

電話通知先の場合、パーソナル着信転送ルール Web ツールの[通知先]ページで[呼び出し回数]設定を変更できます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで電話通知先の呼び出し回数設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先の表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先]ページの[呼び出し回数]カラムで、着信をボイスメールまたは通知先グループ内の次の通知先に転送するまで Connection が待つ呼び出し回数の新しい値を入力します。

ステップ 4 [アップデート]をクリックします。


 

電話通知先のループ検出設定の変更

プライマリ内線番号以外の電話通知先の場合、Connection に着信を転送するように電話を設定したときは、[ループ検出の有効化]設定を使用して Cisco Unity Connection に示すことができます。 たとえば、すべての着信を Connection に転送するように携帯電話を設定して、すべてのボイス メッセージを Connection に格納することができます。 Connection から携帯電話に着信を転送するルールを作成する場合、気付かずにコールループ状況を作成してしまうことがあります。コールループ状況では、Connection が着信を携帯電話に転送した後で、携帯電話が着信を Connection に送り返します。そのため、発信者がユーザに到達できないことがあります。

この設定を選択すると、コールループの問題を排除できます。 電話通知先から Connection に着信が転送され、その後電話に送り返されている場合、Connection は、着信を次の割り当て済みデバイスに転送するか(通知先グループが作成されている場合)、または定義された通知先がほかになければボイスメールに転送します。


) この設定が有効の場合、Connection が着信を通知先グループ内の次の通知先またはボイスメールに転送するため、多少の遅延が発生することがあります。


パーソナル着信転送ルール Web ツールで電話通知先のループ検出設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先の表示]をクリックします。

ステップ 3 Cisco Unity Connection に着信を転送するようにこの通知先を設定した場合は、[ループ検出の有効化]チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [アップデート]をクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先グループの管理


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


通知先グループには、1 つのグループ名のもとに順番に配列され、格納されている複数の通知先が含まれています。

たとえば、特定の個人連絡先からの着信を必ず受信できるようにするには、プライマリ内線番号、携帯電話番号、および自宅の電話番号を含む通知先グループを作成してから、個人連絡先からの着信を通知先グループに転送するよう Cisco Unity Connection に指示するルールを作成します。 ルールに使用するには、通知先グループに少なくとも 1 つの電話通知先が含まれている必要があります。

着信が通知先グループに転送されると、Connection は、通知先にリストの順序で転送しようとします。この試みは、応答があるまで、発信者がボイス メッセージを残すか電話を切るまで、またはグループの最後の通知先に達するまで続けられます。 グループに SMS または SMTP 通知先が含まれている場合、Connection は着信に関するテキスト メッセージをデバイスに送信します。

通知先が応答しない場合、Connection は発信者に対し、次の通知先を試みるには 1 を押し、ボイス メッセージを残す場合は 2 を押すよう指示します。Connection は、指定された呼び出し回数に基づいて、応答があるまで待機します。この呼び出し回数は、通知先の作成時に[呼び出し回数]フィールドで設定します。呼び出し回数の指定がない場合、Connection はデフォルト値の 4 回を使用します。呼び出し回数の設定は、通知先作成後、いつでも変更できます。

Connection が通知先をすべて試みて応答がないとき、その着信はデフォルトの電話番号または通知先グループ内のプライマリ内線番号(通常はプライマリ内線番号)に転送されます。

次の項では、通知先グループの管理について説明します。

「通知先グループの作成」

「通知先グループの変更」

「通知先グループの通知先の削除」

「通知先グループの削除」

通知先グループの作成

通知先グループには、任意の通知先を追加できます。1 つの通知先を複数の通知先グループに追加することもできます。通知先グループには、最低 1 つの電話番号が含まれている必要があります。

グループ内の通知先の順序は重要です。その理由は、Cisco Unity Connection がリストの先頭の通知先から末尾の通知先に向けて順番にダイヤルするからです。通知先は、グループに追加した後、要求に合うように順序を変更する必要があります。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先グループを作成する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先グループ]ページで、メニューバーの下にある[新しい通知先グループ]アイコンをクリックします。

ステップ 4 [通知先グループ]ページで、グループの名前を入力します。

ステップ 5 [保存]をクリックします。

ステップ 6 [通知先グループ]ページで、[通知先の追加]をクリックします。

ステップ 7 [通知先の追加]ページで、グループに追加する通知先の横にあるチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の通知先が一度に追加できます。

ステップ 8 [通知先の追加]をクリックします。

ステップ 9 [通知先グループ]ページで、[優先順位]カラムに数値を入力して、Connection がグループにある通知先を呼び出す順序を指定します(たとえば、携帯電話を最初に、自宅の電話を 2 番目に呼び出すには、携帯電話に対して 1 を、自宅の電話に対して 2 を入力します)。

ステップ 10 [保存]をクリックします。


 

通知先グループの変更

[通知先グループ]ページでは、グループ名を変更する、グループに対して通知先を追加または削除する、およびグループにおける通知先の優先順位を変更することができます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先グループを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先グループ]ページで、グループの名前をクリックします。

ステップ 4 [通知先グループ]ページで、グループ名またはグループにおける通知先の優先順位を変更します。

ステップ 5 グループに別の通知先を追加するには、[通知先の追加]をクリックします。 グループから通知先を削除するには、通知先の名前の横にあるチェックボックスをオンにして選択し、[選択削除]をクリックします。

ステップ 6 [保存]をクリックします。


 

通知先グループの通知先の削除

最後の電話通知先は、削除の結果グループが SMS または SMTP 通知先だけになる場合は、通知先グループから削除できません。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先グループから通知先を削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先グループ]ページで、グループの名前をクリックします。

ステップ 4 [通知先グループ]ページで、グループから削除する通知先のチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の通知先が一度に削除されます。

ステップ 5 [選択削除]をクリックします。


 

通知先グループの削除

通知先グループは、ルールで使用されている間は、削除できません。まず通知先グループをルールから削除してから、その通知先グループを削除します。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで通知先グループを削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [通知先]メニューで、[通知先グループの表示]をクリックします。

ステップ 3 [通知先グループ]ページで、削除するグループのチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の通知先グループが一度に削除されます。

ステップ 4 メニューバーの下にある[選択した行削除]アイコンをクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでのルール設定およびルールの管理


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


パーソナル着信転送ルールを使用すると、着信を受信する方法と場所を統合できます。パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用して、発信者の識別情報、時刻、および会議スケジュールに基づいて、着信を転送およびスクリーニングするルールを作成できます。また、Cisco Unity Connection が選択した着信を通知先または通知先グループに転送するように設定することもできます。

ルールの特性は、必要とする頻度で変更できます(たとえば、同僚からの着信すべてを携帯電話に送信するルールを作成した後で、そのルールを同僚からの着信以外の着信すべてを携帯電話に送信するように変更することができます)。

ルールは、たとえば「着信はすべてボイスメールに送信する」というように一般化することができます。または、たとえば「ジェーン・スミスからの着信は、午前 9 ~ 10 時に発信された場合は携帯電話に送信し、スクリーニングする」というように、特化することもできます。

ルール設定は、1 つまたは複数のルールのグループで、スケジュールに応じて、特定の日/曜日および特定の範囲の日/曜日に有効にできます。 ルール設定で指定されている日付または曜日になると、Connection は、ルール設定をアクティブにし、着信をそのルール設定に照合して処理し始めます。Connection では、日付の範囲に対して有効になっているルール設定は、1 つの曜日に対して有効になっているルール設定に優先します。

Connection は、ルール設定で着信の条件に最初に一致するルールを使用して、その着信に適用します。したがって、設定内でルールを配列する方法は重要です。一般に、ルールは最も固有性の高いものから最も固有性の低いものへと配列します。

ルール設定を正常に設定するには、「ルール設定を設定するためのタスク リスト」を参照してください。

次の項では、パーソナル着信転送ルール設定とルールの管理について説明します。

「ルール設定を設定するためのタスク リスト」

「ルール設定の作成」

「ルールのルール設定への追加」

「ルールの変更」

「ルール設定でのルールの順序変更」

「ルール設定のテスト」

「ルール設定の削除」

ルール設定を設定するためのタスク リスト

ルール設定を正常に設定するには、次のタスクを記載順に実行します。

1. ルールで使用する個人連絡先、発信者グループ、個人通知先、および通知先グループをすべて設定します。 次の適切な項を参照してください。

「個人連絡先リストの管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者グループの管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先の管理」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通知先グループの管理」

2. ルール設定を作成します。 「ルール設定の作成」を参照してください。

3. ルール設定にルールを追加します。 「ルールのルール設定への追加」を参照してください。

4. ルールを正しい順序にします。 「ルール設定でのルールの順序変更」を参照してください。

5. 転送ルールを適用する前に Connection が内線番号を呼び出すようにする場合は、パーソナル着信転送ルール Web ツールの[設定] >[ルール設定]ページで該当するチェックボックスをオンにします。 「パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール処理設定を変更する」を参照してください。

6. 必要に応じて、ルール設定をテストします。 「ルール設定のテスト」を参照してください。

7. 必要に応じて、ルールを変更します。 「ルールの変更」を参照してください。

8. ルール設定を有効にします。 「ルール設定の有効化と無効化」を参照してください。

ルール設定の作成

ルール設定の名前は Media Master を使用して記録できます。電話でルール設定にアクセスしたとき、Cisco Unity Connection はこの名前を使用します。

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール設定を作成する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[着信転送ルールの設定表示]をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールの設定]ページで、メニューバーの下にある[新しいルール設定]アイコンをクリックします。

ステップ 4 [ルール設定]ページで、新しいルール設定の名前を入力します。名前には、状況に適合し、覚えやすいものを選択します(たとえば、「週労働日」という名前のルール設定は月曜日から金曜日にアクティブになるのに対して、「アフリカ旅行」というルール設定は、その旅行日(暦日)の間アクティブになります)。

ステップ 5 Media Master で、 [録音] をクリックして、ルール設定の名前を録音します。

ステップ 6 録音が終了したら、 [停止] をクリックします。

ステップ 7 [保存]をクリックします。


 

ルールのルール設定への追加

ルール設定を作成したら、そのルール設定に 1 つまたは複数のルールを追加します。


注意 ルールを追加する前に、ルールで使用する個人連絡先、発信者グループ、個人通知先、または通知先グループをすべて作成する必要があります。 これらが存在しないと、ルールを正しく設定できません。

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルールをルール設定に追加する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[着信転送ルールの設定表示]をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールの設定]ページで、そこにルールを追加するルール設定の名前をクリックします。

ステップ 4 [ルール設定]ページの[転送ルール]セクションで、[ルールの追加]をクリックします。

ステップ 5 [ルール]ページで、[呼び出しが次の場合]セクションに適切な情報を入力して、Connection が呼び出しまたは発信者を識別するときに使用するようにします。少なくとも、着信の転送先となる通知先、通知先グループ、またはボイスメールを選択する必要があります。

表19-1 を使用して、フィールドの値を決定します。

 

表19-1 「呼び出しが次の場合」セクションのフィールド

フィールド
説明

送信元

[発信者]、[発信者グループ]、[電話番号]、[発信元]フィールドとともに使用して、ルールにおいて発信者の識別情報に対する条件を設定します。

[送信元]チェックボックスをオンにして、必要に応じて、リストの[次の発信元]または[次の発信元以外]をクリックします。

発信者

発信者をルールに追加するのに使用します。

a. [発信者]チェックボックスをオンにしてから、[発信者の追加]をクリックします。

b. [連絡先検索]ページで、Connection ディレクトリ内のユーザのリストを検索するか、個人連絡先リストにあるユーザのリストを検索するかに応じて、適切なタブをクリックします。

Connection ディレクトリ内のユーザとシステム連絡先の両方が検索できます。システム連絡先は、検索結果リストの名前にアスタリスク(*)を付けて表示されます。

c. 名前または名前の一部を入力して、[検索]をクリックします。

d. ルールに追加する発信者の横にあるチェックボックスをオンにします。複数のチェックボックスをオンにすると、複数の発信者が一度に追加できます。

e. 必要に応じて、[ユーザの追加]または[連絡先の追加]をクリックします。

f. 発信者をルールから削除するには、その名前を選択し、[選択削除]をクリックします。

発信者グループ

発信グループをルールに追加するのに使用します。

[発信者グループ]チェックボックスをオンにし、リストにある発信者グループをクリックします(ルールにおいて発信者グループを使用する前に、発信者グループを作成する必要があります)。

電話番号

電話番号をルールに追加するのに使用します。

[電話番号]チェックボックスをオンにし、Connection で着信に関連付ける番号を入力します。Connection は、着信の電話番号が、フィールドに入力した番号と完全に一致した場合にのみ、ルールを処理します。ワイルドカード文字 X および * を使用すると、複数の電話番号と一致する場合があります。

文字 X は 0 ~ 9 の範囲にある 1 桁の数字と一致します。たとえば、パターン 9XXX は 9000 ~ 9999 の範囲にある電話番号と一致します。

アスタリスク(*)は、任意の連続した数字と一致します。たとえば、パターン 5556304* は 5556304、55563040、55563041、5556304100 などの電話番号と一致します。

発信元

必要に応じて、Connection が発信者を既知の番号(Connection ユーザ、Connection システム連絡先、または個人連絡先)であるか、あるいは未知の電話番号(外部の発信者)であるかを識別したのに基づいて、発信者を含めるか、あるいは除外するかに使用します。

[発信元]チェックボックスをオンにして、必要に応じて、リストの[電話番号]または[不明な電話番号]をクリックします。

受信した期間

Connection が着信にルールを適用する期間を設定するのに使用します。

[受信した期間]チェックボックスをオンにして、必要に応じて、リストの[受信した期間]または[受信しなかった期間]をクリックします。時間と分のリストで時間範囲を選択します。

会議に参加している場合

Connection では、着信にルールを適用する場合に、会議に参加しているかどうかを Microsoft Outlook のカレンダーを使用して判定するのに使用します。Connection は Outlook の会議時間が[予定あり]とスケジュールされているときは、ユーザが会議中であるとみなします。[仮の予定]、[空き時間]または[外出中]に設定されている会議はすべて Connection では考慮されません。

[会議に参加している場合]チェックボックスをオンにして、必要に応じて、リストの[会議に参加している場合]または[会議に参加していない場合]をクリックします。


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。Connection の管理者に使用できるかどうかを問い合せてください。


ステップ 6 [呼び出しの転送先]セクションに、Connection が呼び出しを転送するときに使用する適切な情報を入力します。ルールが有効であるためには、通知先、通知先グループ、またはボイスメールのいずれかを指定する必要があります。

表19-2 を使用して、フィールドの値を決定します。

 

表19-2 「呼び出しの転送先」セクションのフィールド

フィールド
説明

通知先

Connection が呼び出しを指定した通知先に転送するようにするのに使用します。

[通知先]をクリックしてから、リストの通知先名をクリックします。


) SMS 通知先と SMTP 通知先は[通知先]リストには表示されません。ルールに使用するには、デバイスは、少なくとも 1 つの電話番号を持つ通知先グループに含まれている必要があります。


通知先グループ

Connection が指定した通知先グループに呼び出しを転送するようにするのに使用します。

[通知先グループ]をクリックしててから、リストの通知先グループ名をクリックします。

ボイスメール

Connection が呼び出しを直接ボイスメールに転送するようにするのに使用します。

[ボイスメール]をクリックします。

電話をスクリーニングする

Connection がルールを適用する着信をスクリーニングするようにするのに使用します(通話スクリーニングの詳細については、「パーソナル着信転送ルール Web ツールでのスクリーニングの設定の変更」を参照してください)。

[電話をスクリーニングする]チェックボックスをオンにします。


) このオプションは、Connection の管理者がスクリーニング オプションを有効にし、かつ[電話の保留とスクリーニングのオプション]ページでスクリーニング オプションが設定されている場合に限り使用できます。


ステップ 7 [プレビュー]セクションで、[プレビューのアップデート]をクリックしてルールのテキスト バージョンを表示し、ルールをルール設定に追加する前に、そのルールが正しいことが確認できます。

ステップ 8 [保存]をクリックして、ルールをルール設定に追加します。

ステップ 9 この設定にさらに追加するルールがあれば、ステップ 2ステップ 8 を繰り返します。


注意 ルール設定は、有効にしない限りアクティブにすることはできません。 ルールをルール設定に追加したら、「ルール設定の有効化と無効化」の手順を参照して、ルール設定を有効にしてください。


 

ルールの変更

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルールを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[着信転送ルールの設定表示]をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールの設定]ページで、変更するルールを含むルール設定の名前をクリックします。

ステップ 4 [ルール設定]ページの[転送ルール]リストで、そのルール名をクリックします。

ステップ 5 [ルール]ページで、必要な変更を行います。 「ルールのルール設定への追加」 表19-1 および 表19-2 を使用して、フィールドの値を決定します。

ステップ 6 [プレビュー]セクションで、[プレビューのアップデート]をクリックしてルールのテキスト バージョンを表示し、変更したバージョンが正しいことが確認できます。

ステップ 7 [保存]をクリックします。


 

ルール設定でのルールの順序変更

ルール設定内のルールの順序は重要です。その理由は、Cisco Unity Connection では、ルールがリストの先頭から末尾に向けて順番に処理され、着信について条件が最初に一致したルールだけが適用されるからです。

ルール設定に複数のルールがある場合、ルールは最も固有性の高いものから最も固有性の低いものへと配列して、必ず Connection が、より一般的なルールではなく、最も固有性の高いルールを着信に適用するようにします。


ヒント 設定で優先順位を 1 つのルールだけで変更するには、[ルール設定]ページの[転送ルール]リストでそのルールに変更を加えて、[優先順位のアップデート]をクリックします。それに応じて、ルール設定の他のルールはすべて、優先順位が変更されます。


パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール設定でのルールの順序を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、 [着信転送ルールの設定表示] をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールの設定]ページで、ルール設定の名前をクリックします。

ステップ 4 [ルール設定]ページで、[優先順位]カラムに数字を入力して、Connection で設定のルールが処理される順番を指定します(たとえば、「着信はすべてボイスメールに送信する」というルールを最初に処理するには、1 を入力します。「ジェーン・スミスからの着信は携帯電話に送信する」というルールを 2 番目に処理するには、2 を入力します)。

ステップ 5 [優先順位のアップデート]をクリックします。ルールは、それぞれの優先順位に応じて再配列され、保存されます。


 

ルール設定のテスト

着信転送ルールのテスト機能ツールを使用して、Cisco Unity Connection が設定にあるルールに基づいて着信を転送する状況を見ることができます。ルールを作成した後でルール設定を選択して、そのルールが特定の発信者または特定の時間に到達する着信に適用されるかどうかを見ます。

着信転送ルールのテスト機能ツールは、着信転送の問題を診断する優れた方法でもあります。たとえば、着信が予想どおりに転送されなかった場合、実際の発信者の名前と着信が発信された時刻と日付を入力します。このルール テスト機能は、ルール設定の中の Connection が着信に適用する部分をつきとめるのに役立ちます。

着信転送ルールのテスト機能を使用して結果を得るには、テストするルールを含むルール設定が有効またはアクティブになっている必要があります。


) 着信転送ルールのテスト機能ツールを使用しても着信転送の問題が診断できない場合は、Connection の管理者に問い合せてください。


パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール設定をテストする


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ツール]メニューで、[着信転送ルールのテスト機能]をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールのテスト機能]ページで、テストに使用する着信の条件を入力または選択します。

発信者の名前または電話番号 既知のユーザ(Connection ディレクトリ内のユーザまたは個人連絡先)についてテストする場合は、[発信者の選択]をクリックしてユーザを[着信転送ルールのテスト機能]に追加します。

時刻

暦日

ユーザが会議中かどうか

このルールのテスト機能ツールを使用して正確な結果を得るために、日付を指定します。日付を指定しなかった場合、このルールはデフォルトである現在の日付で評価されます。

ルールをテストする条件は任意の方法で組み合せることができます。たとえば、発信者、時刻、日付、および年を指定できます。または、時刻と日付だけを指定することもできます。

ステップ 4 [テスト]をクリックします。

有効またはアクティブになっているルールを指定した着信条件に適用すると、Connection によってルールが表示されます。

有効またはアクティブになっていないルールを指定した着信条件に適用すると、Connection によって「一致するルールが見つかりません。全ての電話を電話番号に転送」というメッセージが表示されます。


ヒント 着信転送ルールのテスト機能を使用して、着信が特定の方法で転送されない原因を診断する場合は、幅広い条件を定義して開始します。たとえば、名前と日付を与えます。ルールを幅広い条件に適用した場合は、条件を次第に狭くして、ルールがその着信に適用されなかった理由をつきとめます。


 

ルール設定の削除

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール設定を削除する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[着信転送ルールの設定表示]をクリックします。

ステップ 3 [着信転送ルールの設定]ページで、削除するルール設定の横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 メニューバーの下にある[選択した行削除]アイコンをクリックします。

ルール設定がアクティブになっている場合は、ルール設定が削除できないというエラー メッセージが表示されます。

ステップ 5 [OK]をクリックしてそのルール設定を削除します。


 

ルール設定の有効化と無効化

ルール設定の有効化とは、そのルール設定をアクティブにする曜日または期間を設定することを意味します。Cisco Unity Connection では、スケジュールを使用して、ルールを着信に適用します。パーソナル着信転送ルール Web ツールでアクティブにする期間を事前にスケジュールできます。

ルール設定の無効化とは、そのルール設定をアクティブにできなくすることを意味します。

日付の範囲でルール設定を有効にするためのオプションは、使用するツールによって異なります。

 

電話による方法

ルール設定を一度に 1 つのみ有効にできます。有効にするとルール設定はただちにアクティブになります。

パーソナル着信転送ルール Web ツールによる方法

アクティブにする期間を事前に設定できます。

Connection では、複数のルール設定を同一期間内に有効になるように設定できます。複数のルール設定が有効になっている場合、日付の範囲に有効になっている設定が、曜日によって有効になっている設定に優先します。日付の範囲が適用できなくなった場合は、曜日によって有効にされた設定が元に戻されます。複数のルール設定を重複した日付に有効にすることはできません。

次の項では、ルール設定の有効化と無効化について説明します。

「電話によるルール設定の有効化」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の曜日による有効化」

「パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の日付の範囲による有効化」

「電話によるルール設定の無効化」

「パーソナル着信転送ルール Web ルールでのルール設定の無効化」

電話によるルール設定の有効化

電話でルール設定を有効にすると、ルール設定はアクティブになります。有効にできるルール設定は、一度に 1 つのみです。

(複数のルール設定を有効にする場合、または特定の週日に対してルール設定を有効にする場合は、パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用します。)

電話でタッチトーン キーを使用してルール設定を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント ルール設定を有効にした後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 ルール設定を有効にするには、4 を押します。複数のルール設定がある場合、Connection は有効になっているルール設定と無効になっているルール設定の両方の名前をアルファベット順に再生します。

ルール設定の再生時に、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
1

ルール設定を有効にします。

Connection によって、ルール設定をアクティブにする日数を入力するように指示されます。1 日は午後 11:59 に終わるため、1 日という期間は当日の終わり(午後 11:59)までを指します。2 日間は次の日の終わりまでを指し、以下同様に続きます。期間には 1 ~ 999 の日数を入力できます。

9

次のルール設定に進みます。

7

前のルール設定に戻ります。

0

ヘルプ

*

終了

ルール設定を有効にした後、Connection はメイン メニューに戻ります。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の日付の範囲による有効化

ルール設定を有効にするには、ルール設定をアクティブにする曜日または期間を設定します。 複数の期間を事前にスケジュールできます。次の例を参考にしてください。

休暇ルール設定、3 月 1 ~ 8 日に有効にする

出張ルール設定、3 月 9 ~ 11 日に有効にする

週労働時間ルール設定、3 月 12 ~ 31 日に有効にする

複数のルール設定を重複した期間で有効にすることはできません。当日を含む期間に有効にされるルール設定だけがアクティブになります。

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用してルール設定を日付の範囲に対して有効にする


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[ルール設定を有効にする]をクリックします。

ステップ 3 [ルール設定を有効にする]ページの[期間]セクションで、[ルールの設定]カラム リストにおいて有効にするルール設定をクリックします。[有効にする]カラムのチェックボックスは、自動的にオンになります。

ステップ 4 [開始日]カラム リストと[終了日]カラム リストにおいて、該当する日付を設定します。

ステップ 5 別の行を追加するには、[期間の追加]をクリックしてから、ステップ 3ステップ 4 を繰り返して、追加のルール設定に期間を指定します。

ステップ 6 [保存]をクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用したルール設定の曜日による有効化

ルール設定を曜日(複数も可)に対して有効にするには、次の手順を実行します(たとえば、毎週火曜日、すべての週日、またはすべての週末)。

パーソナル着信転送ルール Web ツールを使用してルール設定を曜日に対して有効にする


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[ルール設定を有効にする]をクリックします。

ステップ 3 [ルール設定を有効にする]ページの[毎週]セクションで、[ルールの設定]カラム リストにおいて該当する曜日に有効にするルール設定をクリックします。[有効にする]カラムのチェックボックスは、自動的にオンになります。

1 つのルール設定を 1 つの曜日だけでなく複数の曜日に対しても指定できます。つまり、[毎日]を選択して、ルール設定をすべての曜日に適用することもできます。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

電話によるルール設定の無効化

電話でタッチトーン キーを使用してルール設定を無効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント ルール設定を無効にした後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 Connection によって有効なルール設定やアクティブなルール設定がすべて再生され、それらをキャンセルするかどうかを選択するよう求められます。

アクティブなルール設定をキャンセルするには、1 を押します。

または、

有効なルール設定を無効にするには、5 を押します。複数のルール設定がある場合、Connection は有効なルール設定の名前をアルファベット順に再生します。ルール設定の再生時に、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
1

現在のルール設定を無効にします。

9

次のルール設定に進みます。

7

前のルール設定に戻ります。

0

ヘルプ

*

終了


 

パーソナル着信転送ルール Web ルールでのルール設定の無効化

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール設定を無効にする


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [ルール]メニューで、[ルール設定を有効にする]をクリックします。

ステップ 3 [ルール設定を有効にする]ページで、[有効にする]カラムのチェックボックスをオフにします。

または、[ルールの設定]カラム リストの[ なし] をクリックします。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの通話保留設定の変更


) この項では、パーソナル着信転送ルール Web ツールにアクセスできるユーザに対して、通話保留の設定について説明します (Web ツールにアクセスできない場合は、「Cisco Unity Assistant Web ツールでの着信転送と通話保留の設定の変更」を代わりに参照してください)。


通話保留を設定すると、発信者は、プライマリ内線番号が話し中のときに、通話を保留することも、ユーザに連絡するために一定間隔で接続を試みることもできます。通話保留は、プライマリ内線番号に転送される通話に限り適用されます。

パーソナル着信転送ルール Web ツールで通話保留の設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [設定]メニューで、[通話保留とスクリーニング]をクリックします。

ステップ 3 [電話の保留とスクリーニングのオプション]ページの[電話の保留オプション]セクションで、[内線電話 <番号> が話し中の場合]リストにおいて該当するオプションを選択します。

発信者をボイスメールへ送信

Connection は、グリーティングを再生してから、発信者にメッセージを残すように指示します。

発信者を保留にする

Connection は、発信者を保留にします。メッセージは残せません。

保留して良いかどうかを発信者に問い合わせる

Connection は、発信者に、保留にするかメッセージを残すかを選択するよう案内します。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでの発信者メッセージの設定の変更


) この項では、パーソナル着信転送ルール Web ツールにアクセスできるユーザに対して、発信者のメッセージの設定について説明します(このWeb ツールにアクセスできない場合は、Cisco Unity Assistant Web ツールにおいて発信者メッセージの設定を変更します。「Cisco Unity Assistant Web ツールでの発信者のメッセージ設定の変更」を参照してください)。


発信者メッセージの設定を使用すると、残したメッセージで発信者ができることを選択できます。発信者メッセージの設定は、パーソナル着信転送ルール Web ツールでのみ変更でき、電話で変更することはできません。

パーソナル着信転送ルール Web ツールにおいて発信者メッセージの設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [設定]メニューで、[通話保留とスクリーニング]をクリックします。

ステップ 3 [電話の保留とスクリーニングのオプション]ページの[メッセージを残した発信者が可能なオプション]セクションで、該当するチェックボックスをオンまたはオフにします。

メッセージを聞いて再録音する

発信者は、メッセージの聞き取り、追加、再録音、または削除を選択するよう案内されます。

メッセージを緊急にする

発信者は、メッセージに緊急のマークを付けるかどうか尋ねられます。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでのスクリーニングの設定の変更


) この項では、パーソナル着信転送ルール Web ツールにアクセスできるユーザに対して、通話スクリーニングの設定について説明します(この Web ツールにアクセスできない場合は、Cisco Unity Assistant Web ツールにおいて通話スクリーニングを変更します。「Cisco Unity Assistant Web ツールでのスクリーニングの設定の変更」を参照してください)。


転送された通話は、パーソナル着信転送ルールによってスクリーニングできます。通話スクリーニングをルールに追加することで、スクリーニングされた通話を接続する前に処理するかどうか選択できるようになります。

通話スクリーニングでは、Cisco Unity Connection は、発信者を保留し、その後で、スクリーニングの設定に応じて、発信者を識別し、電話に応答する人に通話を受けるか転送するかを尋ねます。Connection は、受話器が取り上げられ、メニュー オプションに対応するタッチトーン キーが押されたときに、通話が接続されたとみなします。

通話スクリーニングはルールの一部ですから、まず[電話の保留とスクリーニングのオプション]ページでスクリーニング設定を設定し、その後で通話スクリーニングをルールに追加します。通話スクリーニングは、設定されると、通知先と通知先グループの両方を指定するルールに適用されます。

通話スクリーニングを含むルールが適用される通話を受信すると、電話に出るかどうか決定する間、発信者は保留にされます。「スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)」オプションが設定されていると、発信者はすべて、名前を言うように頼まれます。名前は、Connection によって録音され、発信者を識別するために再生されます。

「電話に出るかどうかを選択できる」オプションを設定している場合は、電話に出る場合は 1 を、通話をボイスメールに転送する場合は 2 を押すようにという案内が Connection から出されます。その間、発信者に対しては、「通話を転送する間お待ちください」というアナウンスが Connection から流されます。

スクリーニングされた通話に応答できなかった場合、その通話は Connection によってボイスメールに送信されます。

ルールへの通話スクリーニングの追加に関する詳細については、「ルールのルール設定への追加」を参照してください。

パーソナル着信転送ルール Web ツールにおいて通話スクリーニングの設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [設定]メニューで、[通話保留とスクリーニング]をクリックします。

ステップ 3 [電話の保留とスクリーニングのオプション]ページの[電話を受ける場合]セクションで、該当するチェックボックスをオンにします。

接続案内の後に接続する

通話を接続するときに、Connection から流されます。

誰にかかってきたかを知らせる(’~さんへの電話です’)

Connection によって、ダイヤルされた内線番号に割り当てられている録音済みの名前が再生されます。電話を共有している場合は、この設定を使用します。

電話に出るかどうかを選択できる

Connection から、電話に応答するか発信者にメッセージを残してもらうかを選択するよう要求されます。

スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)

Connection によって、通話を接続する前に発信者の名前が録音され、再生されます。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

全て転送ルール設定の使用


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


全て転送ルール設定には、指定した期間内のすべての着信を特定の通知先に転送する 1 つのルールが含まれています。全て転送は、電話で設定する必要がある唯一のルール設定です。Cisco Unity Connection はこのルール設定をアクティブにし、パーソナル着信転送ルール Web ツールの[着信転送ルールの設定]ページに表示します。

全て転送を有効にすると、ただちにそのルール設定が、指定した期間のアクティブなルール設定になります。全て転送の通知先で、転送された着信に対する応答がない場合、Connection はその着信をボイスメールに転送します。

全て転送ルール設定の期間と通知先は、パーソナル着信転送ルール Web ツールで変更できます。詳細については、「ルールの変更」を参照してください。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、全て転送ルール設定を有効または無効にしてください。

電話を使用して全て転送ルール設定を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント 全て転送ルール設定を有効にした後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 該当するタッチトーン キーを押します。

キー
アクション
2

すべての着信をボイスメールに送信するように、全て転送ルール設定を設定します。Connection によって、このルール設定で着信をボイスメールに転送する日数を入力するように求められます。

3

すべての着信を特定の電話番号に送信するように、全て転送ルール設定を設定します。Connection によって、このルール設定で着信を転送する電話番号および転送する日数を入力するように求められます。


 

電話を使用して全て転送ルール設定を無効にする


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント 全て転送ルール設定を無効にした後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 1 を押して、全て転送ルール設定を無効にします。


 

Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


すべての着信を Cisco Unity Connection に転送して、パーソナル着信転送ルールが着信に直接適用されるようにすることができます。このオプションを使用すると、応答がないときにパーソナル着信転送ルールを適用して通知先を検出する前に、Connection が最初に内線番号を呼び出すことはありません。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、すべての着信を転送するか、すべての着信の転送をキャンセルしてください。

電話でタッチトーン キーを使用してすべての着信を Cisco Unity Connection に転送する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント すべての着信を Connection に転送した後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 6 を押して、すべての着信を Connection に転送します。


 

電話でタッチトーン キーを使用して Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送をキャンセルする


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント Connection へのすべての着信の転送をキャンセルした後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 6 を押して、Connection へのすべての着信の転送をキャンセルします。


 

ルール処理設定の変更


) この機能は、一部のシステムでは使用できません。この機能が使用可能かどうかについては、Connection の管理者に問い合せてください。


パーソナル着信転送ルール設定は、有効にすることも、無効にすることもできます。また、Cisco Unity Connection が、アクティブなパーソナル着信転送ルールを処理する前に、常にダイヤルされた内線番号を呼び出すようにするかどうかを選択できます。

Connection がダイヤルされた内線番号を最初は呼び出さないようにすると選択した場合、直接呼び出しと間接呼び出しは異なる処理を受けることがあります。

 

直接呼び出し

内線番号を呼び出します。応答がない場合、着信は Connection に転送され、パーソナル着信転送ルールが適用されます。

間接呼び出し

Connection を介して転送され、パーソナル着信転送ルールは、内線番号を呼び出さずに、適用されます。

直接通話は、別の Connection ユーザが内線番号をダイヤルしたり、外部の発信者が直通電話(ある場合)をダイヤルしたりするように、電話番号を直接ダイヤルする通話です。 間接的な電話は、Connection からユーザに転送される電話(たとえば、ユーザに到達するために Connection 番号案内を使用する発信者からの電話)です。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話またはパーソナル着信転送ルール Web ツールでルール処理設定を行ってください。

電話でルール処理設定を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 「Touchtone conversation」 と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント ルール処理設定を行った後にボイス コマンドを使用するように戻すには、電話を切り、再度 Connection にログオンします。

ステップ 3 4 4 の順にキーを押します。

ステップ 4 プロンプトに従ってルール処理設定を行います。 再生されるメニュー オプションは、ルール設定の設定内容によって異なります。


 

パーソナル着信転送ルール Web ツールでルール処理設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity パーソナル着信転送ルール]をクリックします。

ステップ 2 [設定]メニューで、[ルール設定]をクリックします。

ステップ 3 必要に応じて、次のチェックボックスのいずれかをオンにします。

パーソナル着信転送ルールをすべて無効にする

オンの場合、パーソナル着信転送ルール設定は無効になっており、Connection は、着信を処理するときに、そのルールを考慮しません。着信はダイヤルされた内線番号に転送されます。


) 既存のルール設定は、設定が無効にされても、削除されません。


常にパーソナル着信転送ルールを適応する前にプライマリ内線番号に連絡する

オンの場合、着信の発信者が外線か内線かに関係なく、Connection は、まずプライマリ内線番号を呼び出してから、ルール設定をすべて適用します。

ヒント 電話が Call Forward Answer に設定されている場合は、このチェックボックスをオンにして、発信者が直接ダイヤルしたときと Connection を通して番号をダイヤルしたときに、一貫した動作が行われるようにします。Connection が他の通知先の検出を試みる前に、常にプライマリ内線番号が呼び出されます。

プライマリ内線番号がまったく呼び出されないようにする場合は、このチェックボックスをオフにして、Cisco Unity Connection に対する Call Forward Answer 設定を電話に設定します。

ステップ 4 [保存]をクリックします。