Cisco Unity Connectionユーザ ガイド Release 1.x
メッセージの送信および メッセージへ の返信
メッセージの送信およびメッセージへの返信
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

メッセージの送信およびメッセージへの返信

電話によるボイス メッセージ送信

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ送信

電話によるボイス メッセージ返信

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージへの返信

電話によるメッセージ転送

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ転送

Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定

メッセージの送信およびメッセージへの返信

電話および Cisco Unity Inbox Web ツールを使用して、ボイス メッセージを送信することや、メッセージに返信することができます。 使用するツールによっては、メッセージの送信、返信、およびメッセージの転送は、ユーザに対してだけでなく、プライベート同報リストやシステム同報リスト、および電子メール アドレスに対しても行うことができます。 Cisco Unity Connection では、送信済みメッセージは保存されません。

身元不明発信者からのボイス メッセージには返信できません。また、メールボックスのサイズが割り当て分を超えると、メッセージを送信できない場合があります( 「メールボックスのサイズの管理」 の章を参照してください)。

この章では、次の項について説明します。

「電話によるボイス メッセージ送信」

「Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ送信」

「電話によるボイス メッセージ返信」

「Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージへの返信」

「電話によるメッセージ転送」

「Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ転送」

「Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定」

電話によるボイス メッセージ送信

ボイス メッセージは、Cisco Unity Connection ユーザ、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストに対して送信できます。Connection は、内線番号を呼び出すことなく、目的の受信者にメッセージを送信します。

メッセージの宛先には、複数の受信者またはリストを指定できます。 メッセージの宛先を指定するには、使用するインプット スタイルに応じて、Connection ユーザまたは同報リストの名前を言うか、電話のキーパッドを使用してユーザまたはリストの名前、あるいは内線番号またはリスト番号を入力します。

次の特別な送信オプションが利用できます。

 

緊急

メッセージに緊急のマークを付けて、Connection がそのメッセージを通常メッセージの前に送信するようにします。

受信確認の返信

受信確認を要求して、受信者がメッセージを開いたときに Connection が発信者に通知するようにします。

(Connection の電話メニューで受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Connection の管理者に、システムがユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください。)

プライベート

メッセージにプライベートのマークを付けて、そのメッセージを機密扱いする必要があることを受信者がわかるようにします。Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox から転送することはできません。

この項では、電話でメッセージを送信する 2 つの手順を示しています。タッチトーン キーとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行します。

タッチトーン キーを使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話でタッチトーン キーを使用してボイス メッセージを送信する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 2 を押します。

ステップ 3 発信音の後にメッセージを録音します。録音時に次のキーを使用します。

キー
アクション
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 4 録音が終了したら、 # を押します。

ステップ 5 指示に従って、メッセージの宛先を指定します。名前の入力と番号の入力を切り替えるには、 # # を押します。

ステップ 6 # を押して、受信者を確認します。

ステップ 7 1 を押して、別の名前またはリストを追加します。

または、

# を押して、メッセージを送信します。

または、

メッセージ オプションを選択するために、3 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、指示に従ってメッセージを送信します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

アドレスの変更

4

メッセージの確認

2

録音の変更

#

メッセージをそのまま送信

3

特殊配信の設定

 


 

電話でボイス コマンドを使用してボイス メッセージを送信する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と言われたら、次のように言います。

「Send a message」


ヒント メッセージ受信者がわかっている場合や、メッセージのプロパティを指定する場合は、ここで次のように言うことができます。たとえば、「Send an urgent message to Tim Wu」や「Send a private message」と言います。

ステップ 3 発信音の後にメッセージを録音します。

ステップ 4 録音が終了したら、 # を押すか、数秒間無音の状態にします。

ステップ 5 指示に従って、メッセージ受信者の名前を言います。 メッセージは他の Connection ユーザまたは同報リストに送信できます。

Connection が受信者の名前を確認してから、別の受信者を追加するか、受信者の入力を終了するかを尋ねます。

ステップ 6 受信者を追加する場合は、ステップ 5 を繰り返します。 すばやく宛先を指定するには、Connection による確認メッセージが終了する前に、次の受信者の名前を言います。

または、

「Done」 と言います。

ステップ 7 必要に応じて、次のボイス コマンドを使用します。

アクション
ボイス コマンド

メッセージの送信

「Send」

受信者のリストの確認

「Review recipients」

メッセージ受信者のリストの編集

「Edit recipients」

録音されたメッセージの編集

「Change recording」

メッセージ プロパティの確認

「Review message properties」

メッセージを緊急にする

「Set urgent」

メッセージをプライベートにする

「Set private」

メッセージを緊急およびプライベートにする

「Set urgent and private」

メッセージに受信確認を設定する

「Set return receipt」

他の受信者の追加

「Add names」

録音されたメッセージとメッセージ プロパティの確認

「Review message」


 

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ送信

ボイス メッセージは、Cisco Unity Connection ユーザ、電子メール アドレス、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストに対して送信できます。

メッセージの宛先に Connection ユーザを指定するには、ユーザの名前またはプライマリ内線番号を入力します(メッセージの宛先にユーザを指定するとき、代行内線番号は使用できません)。電子メール アドレスに対するメッセージは、サウンド(WAV)ファイルとして、電子メール メッセージに添付して送信されます。

次の特別な送信オプションが利用できます。

 

緊急にする

このメッセージは、通常のメッセージの前に送信されます。

プライベートにする

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

「メッセージ開封」確認を要求する

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Connection の管理者に、Connection がユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください。)

Cisco Unity Inbox Web ツールからボイス メッセージを送信する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Inbox] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Inbox において、メニューバーの下にある[新しいメッセージ]アイコンをクリックします。

ステップ 3 次のどちらかの方法で、メッセージの宛先を指定します。

[宛先]、[Cc]、および[Bcc]フィールドに、ユーザ名(またはプライマリ内線番号)または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。

複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先]、[Cc]、または[Bcc]をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します(「Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定」も参照してください)。

ステップ 4 必要に応じて、メニューバーの下にある[名前確認]アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の矛盾を解決します(名前が解決されると、その名前が[宛先]、[Cc]、または[Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除します。

ステップ 5 [件名]フィールドにメッセージの件名を入力します。

ステップ 6 必要に応じて、最低 1 つの特別送信オプションを選択します。

ステップ 7 Media Master で、[録音]をクリックしてメッセージを録音します。

ステップ 8 録音が終了したら、[停止]をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master の[再生]をクリックします。メッセージを再録音するには、[録音]をクリックします。

ステップ 9 [送信]をクリックします。


 

電話によるボイス メッセージ返信

電話でメッセージに返信する場合は、送信者だけに返信するか、または送信者および他のすべての受信者に返信することができます。また、受信者を追加することもできます。元のメッセージを再送信することによって、不達確認(NDR)メッセージに返信することができます。

「Unity Connection メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Connection ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Connection ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。このような発信者からのメッセージには返信できません。

この項では、電話でメッセージに返信する 2 つの手順を示しています。タッチトーン キーとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行します。

タッチトーン キーを使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話でタッチトーン キーを使用してボイス メッセージに返信する


ステップ 1 送信者に返信するには、メッセージの聞き取り後、4 を押します。

または、

送信者およびすべてのメッセージ受信者に返信するには、4 2 の順にキーを押します。

ステップ 2 返信メッセージを録音します。録音時に次のキーを使用します。

キー
アクション
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 3 # を押して、メッセージを送信します。

または、

受信者を追加する、または他のメッセージ オプションを選択するには、1 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、指示に従ってメッセージを送信します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

アドレスの変更

3

特殊配信の設定

2

録音の変更

4

メッセージの確認

(NDR に返信する場合は元のメッセージを再送信)

ステップ 4 返信を送信したら、指示に従って元のメッセージを処理します。


 

電話でボイス コマンドを使用してボイス メッセージに返信する


ステップ 1 メッセージの聞き取り後、次のように言います。

送信者に返信するには、 「Reply」 と言います。

または、

送信者およびすべてのメッセージ受信者に返信するには、 「Reply All」 と言います。

ステップ 2 発信音の後にメッセージを録音します。

ステップ 3 録音が終了したら、 # を押すか、数秒間無音の状態にします。

ステップ 4 必要に応じて、次のボイス コマンドを使用します。

アクション
ボイス コマンド

メッセージの送信

「Send」

受信者のリストの確認

「Review recipients」

メッセージ受信者のリストの編集

「Edit recipients」

録音されたメッセージの編集

「Change recording」

メッセージ プロパティの確認

「Review message properties」

メッセージを緊急にする

「Set urgent」

メッセージをプライベートにする

「Set private」

メッセージを緊急およびプライベートにする

「Set urgent and private」

メッセージに受信確認を設定する

「Set return receipt」

他の受信者の追加

「Add names」

録音されたメッセージとメッセージ プロパティの確認

「Review message」

ステップ 5 返信を送信したら、指示に従って元のメッセージを処理します。


 

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージへの返信

他の Cisco Unity Connection ユーザからのボイス メッセージに返信できます。送信者だけに返信することも、ユーザ、電子メール アドレス、プライベート/システム同報リストなど、受信者を追加することもできます。元のメッセージを再送信することによって、不達確認(NDR)メッセージに返信することができます。

「Unity Connection メッセージ システム」からのメッセージは、発信者が Connection ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Connection ユーザとしてログオンしていなかったことを意味します。このような発信者からのメッセージには返信できません。

次の特別な送信オプションが利用できます。

 

緊急にする

このメッセージは、通常のメッセージの前に送信されます。

プライベートにする1

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

「メッセージ開封」確認を要求する

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Connection の管理者に、システムがユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください。)

1.Connection では、代わりにプライベート セキュア送信オプションが提供されることがあります。プライベート セキュア オプションは、メッセージ暗号化の付加サービスを提供するものです。詳細については、Connection の管理者に問い合せてください。

Cisco Unity Inbox Web ツールからボイス メッセージに返信する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Inbox] リンクをクリックします。

ステップ 2 [Cisco Unity Inbox]で、送信者名をクリックします。

ステップ 3 開いたメッセージで、必要に応じて[返信]、[全員に返信]、[再送信]をクリックします。

ステップ 4 次のどちらかの方法で、メッセージの宛先にその他の受信者を指定します。

[宛先]、[Cc]、および[Bcc]フィールドに、ユーザ名(またはプライマリ内線番号)または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。

複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先]、[Cc]、または[Bcc]をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します(「Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定」も参照してください)。

ステップ 5 必要に応じて、メニューバーの下にある[名前確認]アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の矛盾を解決します(名前が解決されると、その名前が[宛先]、[Cc]、または[Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除します。

ステップ 6 必要に応じて、[件名]フィールドを編集します。

ステップ 7 必要に応じて、最低 1 つの特別送信オプションを選択します。

ステップ 8 Media Master で、[録音]をクリックしてメッセージを録音します。

ステップ 9 録音が終了したら、[停止]をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master の[再生]をクリックします。メッセージを再録音するには、[録音]をクリックします。

ステップ 10 [送信]をクリックします。


 

電話によるメッセージ転送

プライベートのマークが付いているメッセージを電話または Cisco Unity Inbox Web ツールから転送することはできません。このメッセージには、Cisco Unity Connection ユーザがプライベートのマークを付けたボイス メッセージも含まれます。

この項では、電話でメッセージを転送する 2 つの手順を示しています。タッチトーン キーとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行します。

タッチトーン キーを使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話でタッチトーン キーを使用してメッセージを転送する


ステップ 1 メッセージの聞き取り後、5 を押します。

ステップ 2 発信音の後に音声コメントを録音します。録音時に次のキーを使用します。

キー
アクション
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 3 録音が終了したら、 # を押します。

ステップ 4 指示に従って、メッセージの宛先を指定します。名前の入力と番号の入力を切り替えるには、 # # を押します(メッセージの宛先にプライベート同報リストを指定する場合は、番号の入力に切り替える必要があります)。

ステップ 5 # を押して、受信者を確認します。

ステップ 6 1 を押して、別の名前またはリストを追加します。

または、

# を押して、メッセージをそのまま送信します。

または、

メッセージ オプションを選択するために、3 を押します。その後、次のキーを使用してオプションを選択し、指示に従ってメッセージを送信します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

アドレスの変更

4

メッセージの確認

2

録音の変更

#

メッセージをそのまま送信

3

特殊配信の設定

 

ステップ 7 # を押して、メッセージを転送します。

ステップ 8 転送するメッセージを送信したら、指示に従って元のメッセージを処理します。


 

電話でボイス コマンドを使用してメッセージを転送する


ステップ 1 メッセージの聞き取り後、 「Forward」 と言います。

ステップ 2 メッセージのコメントを録音します。録音時に次のキーを使用します。

キー
アクション
8

一時停止/再生

#

録音の終了

ステップ 3 必要に応じて、次のボイス コマンドを使用します。

アクション
ボイス コマンド

メッセージの送信

「Send」

受信者のリストの確認

「Review recipients」

メッセージ受信者のリストの編集

「Edit recipients」

録音されたメッセージの編集

「Edit message」

メッセージ プロパティの確認

「Review message properties」

メッセージを緊急にする

「Set urgent」

メッセージをプライベートにする

「Set private」

メッセージを緊急およびプライベートにする

「Set urgent and private」

メッセージに受信確認を設定する

「Set return receipt」

他の受信者の追加

「Add names」

録音されたメッセージとメッセージ プロパティの確認

「Review message」

ステップ 4 転送するメッセージを送信したら、指示に従って元のメッセージを処理します。


 

Cisco Unity Inbox Web ツールからのボイス メッセージ転送

ボイス メッセージは、Cisco Unity Connection ユーザ、電子メール アドレス、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストに対して転送できます。 ユーザまたは別の Connection ユーザによってプライベートのマークが付けられたメッセージを Cisco Unity Inbox Web ツールから転送することはできません。

メッセージをそのまま転送するか、または転送メッセージの前に再生される音声コメントを録音することができます。次の特別な送信オプションが利用できます。

 

緊急にする

このメッセージは、通常のメッセージの前に送信されます。

プライベートにする

受信者にメッセージを機密扱いするように警告します。Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Cisco Unity Inbox を使用して転送できません。

「メッセージ開封」確認を要求する

受信者がメッセージを開いたときに、発信者に通知が送信されます。

(Cisco Unity Inbox で受信確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの受信確認を受け取れるとは限りません。Connection の管理者に、システムがユーザに対して受信確認を送信するように設定されているかどうかを問い合せてください。)

Cisco Unity Inbox Web ツールからボイス メッセージを転送する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Inbox] リンクをクリックします。

ステップ 2 [Cisco Unity Inbox]で、送信者名をクリックします。

ステップ 3 開いたメッセージで、[転送]をクリックします。

ステップ 4 次のどちらかの方法で、メッセージの宛先を指定します。

[宛先]、[Cc]、および[Bcc]フィールドに、ユーザ名(またはプライマリ内線番号)または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。

複数の名前、内線番号、およびアドレスは、セミコロン(;)で区切ります。電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。

[宛先]、[Cc]、または[Bcc]をクリックして、アドレス帳から受信者を選択します(「Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定」も参照してください)。

ステップ 5 必要に応じて、メニューバーの下にある[名前確認]アイコンをクリックして受信者を検索し、名前と内線番号の矛盾を解決します(名前が解決されると、その名前が[宛先]、[Cc]、または[Bcc]フィールドの上にリンクとして表示されます)。


ヒント リンクをクリックして不要な受信者を削除できます。

ステップ 6 必要に応じて、最低 1 つの特別送信オプションを選択します。

ステップ 7 Media Master で、[録音]をクリックして音声コメントを録音します(必要な場合)。

ステップ 8 録音が終了したら、[停止]をクリックします。

送信する前にメッセージを確認するには、Media Master の[再生]をクリックします。メッセージを再録音するには、[録音]をクリックします。

ステップ 9 [送信]をクリックします。


 

Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用するボイス メッセージの宛先指定

Cisco Unity Inbox アドレス帳には、ボイス メッセージの宛先に指定できる Cisco Unity Connection ユーザ、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストがすべて登録されています。

Cisco Unity Inbox アドレス帳を使用してボイス メッセージの宛先を指定する


ステップ 1 [新しいメッセージ]ダイアログボックスにおいて、メニューバーの下にある[ アドレス帳] アイコンをクリックします。

ステップ 2 [名前検索]ダイアログボックスにおいて、検索スコープを指定します。

最低 1 つのフィールドで、メッセージの宛先として指定するユーザまたはプライベート/システム同報リストに関する適切な情報を入力します。


ヒント フィールドにアスタリスク(*)を入力すると、ディレクトリ内のユーザ、プライベート同報リストまたはシステム同報リストがすべて表示されます。すばやく検索するために、* の前に文字や値を入力して、検索範囲を絞り込むことができます。一般的な名前を検索する場合は、必ず複数のフィールドに情報を入力します。

ステップ 3 [検索]をクリックします。

ステップ 4 検索結果のリストで、メッセージの宛先に指定する受信者をクリックしてから、[宛先]、[Cc]、または[Bcc]をクリックします(スピーカのアイコンをクリックすることによって、ユーザまたはリストの名前の録音が聞けます)。

または、

探している受信者が表示されない場合は、別の検索条件を入力してから、[検索]をクリックして再度検索します。


ヒント 検索結果が予想よりも多いときは、できる限り結果が多く表示されるように[1 ページあたりの行数]リストの値を増やします。検索を狭めるには、より完全な検索条件を入力するか、または空白のままであったフィールドに適切な情報を入力します(あるいはこの両方を行います)。その後、[検索]をクリックして再検索します。

ステップ 5 [閉じる] をクリックします。