Cisco Unity Connection 電話インターフェイス ユーザ ガイドRelease 7.x
ファックスの管理
ファックスの管理
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ファックスの管理

ファックス オプションについて

ファックスの一覧表示

ファックス配信電話番号の変更

ファックス オプションについて

ファックス オプションを使用すると、次のようにファックスを管理できます。

受信したファックスを一覧表示します。 送信者、日付、時刻など、ファックス メッセージのプロパティだけが Cisco Unity Connection によって再生されます。

受信したファックスを別の Connection ユーザ、連絡先、または同報リストに転送します。

受信したファックスをファックス機に転送して印刷します。

ファックス転送番号(印刷のためにファックスを送信するファックス機の電話番号)を変更します。


) コンピュータ上のファイルからファックスを作成することはできません。


ファックスの一覧表示

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用してファックスを一覧表示するには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[新しいメッセージ]オプションを選択します。

ステップ 3 指示に従って、ファックスを管理します。


 

ボイス コマンドを使用してファックスを一覧表示するには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

受信した新しいファックスを一覧表示するには、「Play New Fax Messages」と発音します。

または、

受信した新しいファックスと古いファックスの両方を一覧表示するには、「Play Faxes」と発音します。

ステップ 3 説明の再生後にファックスを管理するには、指示に従って次のボイス コマンドを使用します。

 

アクション
コマンド

印刷のためにファックスをファックス機に送信する

「Fax」

ファックスの送信者と送信時刻を再生する

「Message properties」

ファックスを Connection ユーザ、連絡先、または同報リストに転送する

「Forward」

ファックスに返信する(Connection ユーザ、連絡先、または同報リストから送信された場合のみ)

「Reply」

次のファックスを再生する

「Next」

前のファックスを再生する

「Previous」


 

ファックス配信電話番号の変更

ファックス転送番号とは、印刷のためにファックスを送信するファックス機の電話番号です。

ファックス転送番号を指定するには、外線通話に必要なアクセス コード(たとえば 9)から入力します。

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用してファックス転送電話番号を変更するには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[メッセージ設定]>[ファックスの設定]の順に選択します。

ステップ 3 指示に従って、ファックス転送電話番号を入力します。


 

ボイス コマンドを使用してファックス転送電話番号を変更するには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

Setup 」(インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[設定オプション]>[ファックスの設定]の順に選択します。

ステップ 4 指示に従って、ファックス転送電話番号を入力します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。