Cisco Unity Connection 電話インターフェイス ユーザ ガイドRelease 7.x
着信コールを処理するパーソナル着信 転送ルールの設定の管理
着信コールを処理するパーソナル着信転送ルールの設定の管理
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

着信コールを処理するパーソナル着信転送ルールの設定の管理

パーソナル着信転送ルールについて

基本転送ルールにおけるパーソナル着信転送ルールの設定の有効化と無効化

パーソナル着信転送ルール設定の使用の有効化と無効化

個々のルール設定の有効化と無効化

個々の設定の有効化

個々の設定の無効化

[全て転送]ルール設定の使用

[全て転送]の有効化

[全て転送]の無効化

Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送

すべての着信の転送の有効化

すべての着信の転送のキャンセル

パーソナル着信転送ルールについて

パーソナル着信転送ルールを設定すると、特定の着信コールを発信者の識別情報、時刻、会議スケジュールなどに基づいて転送したり、ボイスメールや別の電話番号に転送したりすることができます。 パーソナル着信転送ルールは基本的な転送ルール(標準、オプション、時間外)よりも高度なルールです。

パーソナル着信転送ルールの設定は パーソナル着信転送ルール Web ツールで管理します。 ルール設定を定義した後は、Web ツールまたは電話でルールを有効にできます (パーソナル着信転送ルールの設定の使用方法および管理方法については、『User Guide for the Cisco Unity Connection Personal Call Transfer Rules Web Tool』を参照してください)。

基本転送ルールにおけるパーソナル着信転送ルールの設定の有効化と無効化

パーソナル着信転送ルールは、現在アクティブな基本ルール(標準、オプション、時間外)で、基本設定の代わりにパーソナル着信転送ルールを使用するように指定されている場合に適用されます。

電話のキーパッドを使用して、基本転送ルールでパーソナル着信転送ルールの設定の使用を有効または無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]を選択します。

ステップ 3 転送ルール(標準、オプション、または時間外)を選択します。

ステップ 4 Connection によって現在の着信転送の設定がアナウンスされたら、指示に従ってパーソナル着信転送ルールの使用を有効または無効にします。

ステップ 5 必要に応じて、基本転送ルールごとにステップ 3 およびステップ 4 を繰り返します。


 

ボイス コマンドを使用して、基本転送ルールでパーソナル着信転送ルールの設定の使用を有効または無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]オプションを選択します。

ステップ 4 転送ルール(標準、オプション、または時間外)を選択します。

ステップ 5 Connection によって現在の着信転送の設定がアナウンスされたら、指示に従ってパーソナル着信転送ルールの使用を有効または無効にします。

ステップ 6 必要に応じて、基本転送ルールごとにステップ 4 およびステップ 5 を繰り返します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

パーソナル着信転送ルール設定の使用の有効化と無効化

有効化とは、基本転送ルール(標準、オプション、時間外)で、基本設定の代わりにパーソナル着信転送ルールを使用するように指定されている場合に、Connection がパーソナル着信転送ルールの設定を使用して着信コールを処理することを意味します。 無効化とは、基本転送ルールでパーソナル着信転送ルールを使用するように指定されている場合でも、Connection がパーソナル着信転送ルールの設定を使用せずに着信コールを処理することを意味します。 この場合、着信コールは自分の内線番号に転送されます。

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用して、パーソナル着信転送ルールの設定の使用を有効または無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 3 有効にする場合は、ルールがオフであることがアナウンスされた後、着信転送ルールをオンにするオプションを選択します。

無効にする場合は、[転送ルールをキャンセル]オプションを選択します。


 

ボイス コマンドを使用して、パーソナル着信転送ルールの設定の使用を有効または無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 4 有効にする場合は、ルールがオフであることがアナウンスされた後、着信転送ルールをオンにするオプションを選択します。

無効にする場合は、[転送ルールをキャンセル]オプションを選択します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

個々のルール設定の有効化と無効化

電話を使用して一度に有効にできるルール設定は 1 つのみです。ルール設定を有効にすると、すぐにそのルール設定がアクティブになります。Cisco Unity Connection は、無効になっているルール設定がある場合にのみ、ルール設定を有効にするためのプロンプトを再生します。

ルール設定の無効化とは、そのルール設定をアクティブにできなくすることを意味します。 Connection は、有効はになっていてもアクティブではないルールがある場合にのみ、ルール設定を無効にするためのプロンプトを再生します。

ルール設定が 1 つも定義されていない場合、またはアクティブになっていない場合、着信コールは内線に転送されます。

個々の設定の有効化

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用してルール設定を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。


) Connection は、パーソナル着信転送ルールの設定が有効になっている場合にのみ、ルール設定を有効にするためのプロンプトを再生します。


ステップ 3 [着信転送のルール設定を有効にする]オプションを選択します。

ステップ 4 指示に従って、ルール設定をアクティブにし、ルール設定をアクティブにする日数を設定します。


 

ボイス コマンドを使用してルール設定を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。


) Connection は、パーソナル着信転送ルールの設定が有効になっている場合にのみ、ルール設定を有効にするためのプロンプトを再生します。


ステップ 4 [着信転送のルール設定を有効にする]オプションを選択します。

ステップ 5 指示に従って、ルール設定をアクティブにし、ルール設定をアクティブにする日数を設定します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

個々の設定の無効化

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用してルール設定を無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[転送ルールをキャンセル]を選択します。


) Connection は、有効にはなっていてもアクティブではないルール設定がある場合にのみ、ルール設定を無効にするためのプロンプトを再生します。


ステップ 3 指示に従ってルール設定を無効にします。


 

ボイス コマンドを使用してルール設定を無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[転送ルールをキャンセル]を選択します。


) Connection は、有効にはなっていてもアクティブではないルール設定がある場合にのみ、ルール設定を無効にするためのプロンプトを再生します。


ステップ 4 指示に従ってルール設定を無効にします。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

[全て転送]ルール設定の使用

[全て転送]ルール設定には、指定した期間内のすべての着信コールを特定の通知先に転送する 1 つのルールが含まれています。[全て転送]は、電話で設定する必要がある唯一のルール設定です。Cisco Unity Connection はこのルール設定をアクティブにし、パーソナル着信転送ルール Web ツールの[着信転送ルールの設定]ページに表示します。

[全て転送]を有効にすると、ただちにそのルール設定が、指定した期間のアクティブなルール設定になります。[全て転送]の通知先で、転送された着信コールに対する応答がない場合、Connection はそのコールをボイスメールに転送します。

[全て転送]の有効化

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用して[全て転送]ルール設定を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 3 指示に従って、すべての着信コールをボイスメールまたは特定の電話番号に転送するように設定し、[全て転送]ルール設定をアクティブにする日数を指定します。


ヒント 1 日は午後 11:59 に終わるため、1 日という期間は当日の終わり(午後 11:59)までを指します。2 日間は次の日の終わりまでを指し、以下同様に続きます。期間には 1 ~ 999 の日数を入力できます。


 

ボイス コマンドを使用して[全て転送]ルール設定を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 4 指示に従って、すべての着信コールをボイスメールまたは特定の電話番号に転送するように設定し、[全て転送]ルール設定をアクティブにする日数を指定します。


ヒント 1 日は午後 11:59 に終わるため、1 日という期間は当日の終わり(午後 11:59)までを指します。2 日間は次の日の終わりまでを指し、以下同様に続きます。期間には 1 ~ 999 の日数を入力できます。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

[全て転送]の無効化

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用して[全て転送]ルール設定を無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[この番号への全ての転送をキャンセル]を選択します。


 

ボイス コマンドを使用して[全て転送]ルール設定を無効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[この番号への全ての転送をキャンセル]を選択します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送

すべての着信を Cisco Unity Connection に転送して、パーソナル着信転送ルールを即時に適用することができます。 このオプションを使用すると、応答がないときにパーソナル着信転送ルールを適用して通知先を検出する前に、内線番号が呼び出されなくなります。

すべての着信の転送の有効化

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用して、Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 3 指示に従って、Connection へのすべての着信の転送を有効にし、転送をアクティブにする日数を設定します。


ヒント 1 日は午後 11:59 に終わるため、1 日という期間は当日の終わり(午後 11:59)までを指します。2 日間は次の日の終わりまでを指し、以下同様に続きます。期間には 1 ~ 999 の日数を入力できます。


 

ボイス コマンドを使用して、Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送を有効にするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]を選択します。

ステップ 4 指示に従って、Connection へのすべての着信の転送を有効にし、転送をアクティブにする日数を設定します。


ヒント 1 日は午後 11:59 に終わるため、1 日という期間は当日の終わり(午後 11:59)までを指します。2 日間は次の日の終わりまでを指し、以下同様に続きます。期間には 1 ~ 999 の日数を入力できます。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。


 

すべての着信の転送のキャンセル

この項では、2 つの手順を示しています。 電話のキーパッドとボイス コマンドのどちらを使用しているかに応じて、適切な手順を実行してください。

電話のキーパッドを使用して、Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送をキャンセルするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 メイン メニューで、[設定オプション]>[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[すべての着信の Cisco Unity Connection への転送をキャンセル]を選択します。


 

ボイス コマンドを使用して、Cisco Unity Connection へのすべての着信の転送をキャンセルするには


ステップ 1 Connection を呼び出してログオンします。

ステップ 2 Connection から「What do you want to do」と尋ねられたら、次のように発音します。

「Setup」 (インプット スタイルが一時的に電話のキーパッドに切り替わります)。

ステップ 3 電話のキーパッドで、[転送設定]>[個人の着信転送ルール]>[すべての着信の Cisco Unity Connection への転送をキャンセル]を選択します。


ヒント インプット スタイルをボイス コマンドに戻すには、「Voice Command Conversation」というプロンプトが聞こえるまで * を押し続けます。