Cisco Unity Connection ユーザ ガイド Release 2.x
電話によるメッセージ検索
電話によるメッセージ検索
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

電話によるメッセージ検索

メッセージ ロケータ オプションを使用したメッセージ検索

メッセージ ジャンプ オプションを使用したメッセージ検索

電話によるメッセージ検索

Cisco Unity Connection には、電話でメッセージを検索するためのオプションが 2 つあります。

 

メッセージ ロケータ

検索基準に基づいて、新しいボイス メッセージおよび開封済みボイス メッセージを検索できます。

メッセージ ジャンプ

メッセージ番号に基づいて、開封済みメッセージを検索できます。

この章では、次の項について説明します。

「メッセージ ロケータ オプションを使用したメッセージ検索」

「メッセージ ジャンプ オプションを使用したメッセージ検索」

メッセージ ロケータ オプションを使用したメッセージ検索

Connection 管理者がメッセージ ロケータ オプションを使用可能にしている場合、Connection によってメイン メニューから「メッセージを検索するときは 5 を押してください。」と指示されます。

メッセージ ロケータ メニューを使用して、ユーザ名または内線番号を入力することにより、特定のユーザからのボイス メッセージを検索できます。また、このメニューを使用して、外部からのすべての発信者のボイス メッセージまたは特定の番号からかけた発信者のメッセージを検索することもできます。

入力する基準に基づいて、Connection はメッセージが検出されると、再生を開始します。デフォルトでは、メッセージは、新しいか開封済みかに関わらず、新しいものから順に示されます。ただし、Connection の管理者がこの再生順序を変更する場合があります。

次の手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

メッセージ ロケータ オプションを使用してメッセージを検索する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 Touchtone conversation」と言うか、または 9 を押して、タッチトーン キーを使用する方法に一時的に変更します。


ヒント メッセージ ロケータの使用後にボイス コマンドを使用する方法に戻すには、電話を切り、Connection に再度ログオンします。

ステップ 3 5 を押して、メッセージ ロケータにアクセスします。

ステップ 4 次のキーを使用して、検索を定義します。

 

キー
アクション
1

別のユーザからボイス メッセージを検索します。指示に従って、電話のキーパッドでユーザ名かユーザの内線番号を入力します。名前の入力と番号の入力を切り替えるには、 # # を押します。

2

外部からのすべての発信者のボイス メッセージを検索します。Connection は、身元不明発信者からのメッセージを検索します。これには、外部からの発信者と、外部の電話またはユーザ アカウントに関連付けられていない電話(会議室など)からかける前に Connection にログオンしていないユーザが含まれます。

3

特定の外部からの発信者のボイス メッセージを検索します。指示に従い、電話のキーパッドを使用して発信者の電話番号をすべてまたは一部入力し、その後に # を付けます。

国コード、市外局番、またはトランク アクセス コードを最初に入力しなければならないこともあります。すべての発信者の番号がシステムに保存されるとは限りません。特定の発信者からのメッセージが見つからない場合は、Connection 管理者に問い合せてください。

ステップ 5 Connection でメッセージを再生する際、メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

最初からメッセージを再生

7

メッセージの巻き戻し

2

保存

8

一時停止/再生

3

削除

9

早送り

4

低速再生

#

最後まで早送り

5

音量の変更 1

##

メッセージをスキップして、そのまま保存

6

高速再生

 

1.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 6 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

再度メッセージを再生

5

メッセージの転送

2

保存

6

新規メッセージとして保存

(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯する場合があります)。

3

削除

7

メッセージの巻き戻し

4

返信

9

メッセージ プロパティの再生

4 2

全員へ返信

#

そのまま保存

4 4

メッセージ送信者の呼び出し 2

 

2.一部のシステムでは使用不可。


 

メッセージ ジャンプ オプションを使用したメッセージ検索

開封済みメッセージを聞く際、メッセージ ジャンプ オプションを使用して、メッセージ番号を入力することによってメッセージを検索できます。また、メッセージ ジャンプを使用して前のメッセージへ戻ったり、次のメッセージへ進んだりできます。


ヒント 開封済みメッセージの数と各メッセージのメッセージ番号がわかるように、Cisco Unity Assistant でメッセージ カウントをオンにします。


次の手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

メッセージ ジャンプ オプションを使用してメッセージを検索する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 Touchtone conversation」と言うか、または 9 を押して、タッチトーン キーを使用する方法に一時的に変更します。


ヒント メッセージ ジャンプの使用後にボイス コマンドを使用する方法に戻すには、電話を切り、Connection に再度ログオンします。

ステップ 3 開封済みメッセージを聞くには、3 1 の順にキーを押します。

聞きたいメッセージのタイプを選択するには、次のキーを使用します(Cisco Unity Assistant でメッセージ タイプ メニューが使用不能な場合は、このメニューは再生されません)。

 

キー
タイプ
1

ボイス メッセージ

2

電子メール 3

4

受信確認 4

#

すべてのメッセージ

3.メッセージ タイプ メニューでは電子メールのキーを使用できますが、Connection はテキスト/スピーチ オプションも持つユーザについてだけ電子メールを再生します。

4.Connection の設定状況によっては、一部のメッセージ タイプで受信確認を受け取ることができない場合があります。

ステップ 4 特定のメッセージを検索するには、1 2 の順にキーを押します。

ステップ 5 指示に従ってメッセージ番号を入力し、その後に # を入力します。

ステップ 6 Connection でメッセージを再生する際、メッセージの聞き取り中に再生を制御するには、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

最初からメッセージを再生

6

高速再生

1 4

前の開封済みメッセージを再生

7

メッセージの巻き戻し

1 6

次の開封済みメッセージを再生

8

一時停止/再生

2

保存

9

早送り

3

削除

#

最後まで早送り

4

低速再生

# #

メッセージをスキップして、そのまま保存

5

音量の変更 5

 

5.一部のシステムでは使用不可。

ステップ 7 メッセージの聞き取り後にメッセージを管理するには、次のキーを使用します。

 

キー
アクション
キー
アクション
1

再度メッセージを再生

4 4

メッセージ送信者の呼び出し 6

1 4

前の開封済みメッセージを再生

5

メッセージの転送

1 6

次の開封済みメッセージを再生

6

新規メッセージとして保存

(電話機のメッセージ ウェイティング インジケータが点灯する場合があります)。

2

保存

7

メッセージの巻き戻し

3

削除

9

メッセージ プロパティの再生

4

返信

#

そのまま保存

4 2

全員へ返信

 

6.一部のシステムでは使用不可。