Cisco Unity Connection ユーザ ガイド Release 2.x
Cisco Unity Connection ガイダンスの 設定の変更
Cisco Unity Connection ガイダンスの設定の変更
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection ガイダンスの設定の変更

Connection ガイダンスの使用言語の変更

Connection ガイダンス タイプの変更

Connection ガイダンスの音量の変更

Connection ガイダンスのスピードの変更

メッセージのタイム スタンプに使用する時間形式の変更

電話のインプット スタイルの変更

音声認識設定の調節

ログオンするときに Connection が再生する情報の変更

メッセージの宛先指定設定の変更

Cisco Unity Connection ガイダンスの設定の変更

ガイダンスの設定では、再生されるメッセージや、電話でどのように Cisco Unity Connection と対話するかを制御します。この設定をメッセージの再生設定と組み合せて使用すれば、Connection ガイダンスのさまざまな機能をカスタマイズできます。

この章では、次の項について説明します。

「Connection ガイダンスの使用言語の変更」

「Connection ガイダンス タイプの変更」

「Connection ガイダンスの音量の変更」

「Connection ガイダンスのスピードの変更」

「メッセージのタイム スタンプに使用する時間形式の変更」

「電話のインプット スタイルの変更」

「音声認識設定の調節」

「ログオンするときに Connection が再生する情報の変更」

「メッセージの宛先指定設定の変更」

Connection ガイダンスの使用言語の変更

Cisco Unity Connection ガイダンスに使用する言語を選択できる場合があります(Connection の管理者が、発信者が聞く Connection ガイダンスの言語を設定します)。

ガイダンスの使用言語は Cisco Unity Assistant Web ツールのみで変更でき、電話で変更することはできません。

Cisco Unity Assistant Web ツールで Connection ガイダンスの使用言語を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[使用言語]リストで、Connection ガイダンスに使用する言語をクリックします。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

Connection ガイダンス タイプの変更

電話でタッチトーン キー インプット スタイルを使用して Cisco Unity Connection にアクセスするときは、標準ガイダンスまたは簡易ガイダンスのいずれかを聞くことができます。標準ガイダンスは理解しやすいインストラクションを提供するものであり、簡易ガイダンスは標準ガイダンスの簡易版です。音声認識インプット スタイルでは、標準ガイダンスのみが使用されます。

この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話または Cisco Unity Assistant Web ツールでガイダンス タイプを変更します。

電話を使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話で Connection のガイダンス タイプを変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、 Touchtone conversation」と言うか、または 9 を押して、タッチトーン キーを使用する方法に一時的に変更します。


ヒント ガイダンス タイプの変更後にボイス コマンドを使用する方法に戻すには、電話を切り、Connection に再度ログオンします。

ステップ 3 4 2 3 の順にキーを押します。

ステップ 4 1 を押して、標準ガイダンスと簡易ガイダンスを切り替えます。

 

表15-1 いつでも使用できるキー

キー
アクション
*

キャンセルまたは 1 つ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant Web ツールで Connection ガイダンス タイプを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[メニュー スタイル]リストから、使用するガイダンス タイプを選択します。

 

標準ガイダンス

Connection が理解しやすいインストラクションを再生します。Connection の新規ユーザの場合はこちらを使用します。

簡易ガイダンス

Connection が標準ガイダンスの簡易版を再生します。操作に慣れているユーザの場合はこちらを使用します。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、[保存]をクリックします。


 

Connection ガイダンスの音量の変更

Cisco Unity Connection ガイダンスでのプロンプト、名前の録音、またはユーザ グリーティングの再生音量のレベルを設定できます。


) ここで指定した音量は、メッセージの音量には反映されません。


Cisco Unity Assistant Web ツールで Connection ガイダンスの音量を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[メニューボリューム]リストで、Connection ガイダンスの再生に使用するレベルをクリックします。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

Connection ガイダンスのスピードの変更

Cisco Unity Connection ガイダンスでのプロンプト、名前の録音、またはユーザ グリーティングの再生スピードを設定できます。


) ここで指定したスピードは、メッセージのスピードには反映されません。


Cisco Unity Assistant Web ツールで Connection ガイダンスのスピードを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[メニュー再生速度]リストで、Connection ガイダンスの再生に使用するレベルをクリックします。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。


 

メッセージのタイム スタンプに使用する時間形式の変更

メッセージを電話で聞くときに再生されるメッセージのタイム スタンプの時間形式を選択できます。次の時間形式を使用できます。

 

12 時間制

午後 1:00 に残されたメッセージのタイム スタンプが「午後 1:00」と再生されます。

24 時間制

午後 1:00 に残されたメッセージのタイム スタンプが「13:00」と再生されます。

タイム スタンプについての変更は Cisco Unity Assistant Web ツールのみで行うことができ、電話で行うことはできません。

Cisco Unity Assistant Web ツールでメッセージのタイム スタンプに使用する時間形式を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[時間形式]リストから、使用する時間形式を選択します。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、[保存]をクリックします。


 

電話のインプット スタイルの変更

電話で Cisco Unity Connection にアクセスするときは、使用するインプット スタイルを選択できます。

電話のキーパッド上にあるタッチトーン キーを使用して、メッセージや個人設定を管理する。

電話のキーパッド上にあるタッチトーン キーを使用するだけでなく、ボイス コマンドを使用してメッセージや個人設定を管理する。

電話のインプット スタイルは Cisco Unity Assistant Web ツールのみで変更でき、電話で変更することはできません。

Cisco Unity Assistant Web ツールで電話のインプット スタイルを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[インプット スタイル]フィールドで、適切なスタイルを選択します。

 

タッチトーンキーのみ

タッチトーン キーを使用する場合に選択します。

音声認識

ボイス コマンドを使用する場合に選択します。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

音声認識設定の調節

音声認識インプット スタイルでは、次の設定を調節できます。

Connection がメニュー再生後に最初のボイス コマンドを待機する時間の長さ。

ボイス コマンドの解釈に関する Connection の信頼度レベル。ユーザに確認を求める頻度を決定します。

音声認識の設定は、Cisco Unity Assistant Web ツールでのみ調節でき、電話で調節することはできません。

Cisco Unity Assistant Web ツールにおいて音声認識設定を調節する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[音声認識反応]セクションで、必要に応じて設定を調節します。

 

発話中の単語間の最長無音区間

コマンドを言い終えるまでの時間を、Connection の許可時間よりも長くするには、値(ミリ秒)を増やします。

コマンドを言い終えた後で Connection をより迅速に反応させるには、値(ミリ秒)を減らします。


) 1 秒は 1,000 ミリ秒です。


音声認識の信頼度境界値

Connection がボイス コマンドを誤って解釈することがある場合に、ユーザの意図をより頻繁に確認させるには、パーセンテージを増やします。

ボイス コマンドが正しく解釈されているかについて Connection が確認を求める頻度が高すぎる場合は、パーセンテージを減らします。


) 値を 0 に設定すると、ボイス コマンドはまったく確認されなくなり、値を 100 に設定すると、すべてのボイス コマンドに対して確認が行われます。デフォルト値に設定すると、エラーをほぼ確実に除外でき、ほとんどのユーザにとって適切な頻度で確認が行われます。


ステップ 4 [保存] をクリックします。


 

ログオンするときに Connection が再生する情報の変更

電話でログオンするときに Cisco Unity Connection が再生する情報を制御できます。

Connection が名前の録音を再生するかどうかを選択できます。

メッセージを確認するときに、Connection で合計数を案内するメッセージのタイプを選択することもできます。

ログオン ガイダンスは Cisco Unity Assistant Web ツールのみで変更でき、電話で変更することはできません。

ログオンするときに Cisco Unity Connection が再生する情報を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 Connection を呼び出してログオンするときに、録音済みの自分の名前を聞くには、[電話メニュー]ページの[ログオン後のオプション]セクションで[ 録音名を再生する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 オプション グリーティングがオンになったときに Connection がユーザに通知するようにするには、[オプション グリーティング通知の再生]チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 Connection を呼び出してログオンするときに、電子メール メッセージを聞くには、[テキスト/スピーチで電子メールへアクセスする]チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [新しいメッセージの再生]セクションで、アナウンスするメッセージ数の種類によって、またはテキスト/スピーチ オプションを使用しているかによって、次のうち任意のチェックボックスをオンにします。

 

開封済み総メッセージ数

Connection がすべてのメッセージ(ボイス メッセージ、電子メール、および受信確認)の合計数をアナウンスします。

ボイスメール数

Connection がボイスメール数をアナウンスします。

電子メール メッセージ数 1

Connection が電子メール メッセージ数をアナウンスします。

1.電子メール数は[電話メニュー]ページで提供されますが、Connection はテキスト/スピーチ オプションも使用可能なユーザについてだけ電子メールを再生します。

ステップ 7 Connection で、すべての開封済みメッセージ(ボイス メッセージ、電子メール、および受信確認)の合計数をアナウンスする場合は、[開封済みメッセージの再生]セクションの[ 開封済み総メッセージ数] チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 [保存] をクリックします。


 

メッセージの宛先指定設定の変更

Cisco Unity Connection では、電話のインプット スタイルが[タッチトーンキーのみ]に設定されている場合、メッセージの宛先に別のユーザを指定するときは、次のどちらかの操作を行います。

ユーザ名を入力する。

ユーザの内線番号を入力する。

電話でメッセージの宛先を指定するときに # # を押すことで、名前の入力と番号の入力を切り替えられる場合があります。これは、選択したメッセージの宛先指定設定には依存しません。

Connection でデフォルトとして使用するメッセージの宛先指定設定は Cisco Unity Assistant Web ツールのみで変更でき、電話で変更することはできません。

Cisco Unity Assistant Web ツールでメッセージの宛先指定設定を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホームページで、 [Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 電話メニュー] をクリックします。

ステップ 3 [電話メニュー]ページの[タッチトーンキー設定]セクションで、送信するメッセージの宛先指定時にユーザを識別するデフォルトの方法として使用するオプションをクリックします。

ステップ 4 ページの下までスクロールし、 [保存] をクリックします。