Cisco Unity Connection ユーザ ガイド Release 2.x
個人設定の変更
個人設定の変更
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

個人設定の変更

名前の録音の変更

代行名のスペリングの追加

ユーザ自身の代行ユーザ名の追加

代行用デバイスの追加

ディレクトリ一覧ステータスの変更

個人設定の変更

個人設定では、Cisco Unity Connection のユーザとしての情報と、システムとの対話用に選択した内容を制御します。

この章では、次の項について説明します。

「名前の録音の変更」

「代行名のスペリングの追加」

ユーザ自身の代行ユーザ名の追加(P.4)

「代行用デバイスの追加」

「ディレクトリ一覧ステータスの変更」

名前の録音の変更

名前の録音は、他のユーザに残したメッセージとともに再生され、番号案内ではその名前でユーザが識別されます。また、独自の録音の代わりにシステム デフォルト録音を使用したグリーティングとともに再生することもできます。


ヒント 他の Cisco Unity Connection ユーザが電話でメッセージを送信するときは、そのユーザにはオプション グリーティングが再生されません。オプション グリーティングを使用可能にするときは、名前の録音を変更して、不在であることを示す情報を追加することを検討してください。


この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話または Cisco Unity Assistant Web ツールで名前の録音を変更します。

電話を使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話で名前の録音を変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、「Touchtone conversation」と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント 名前の録音の変更後にボイス コマンドを使用する方法に戻すには、電話を切り、Connection に再度ログオンします。

ステップ 3 4 3 2 の順にキーを押します。

ステップ 4 トーンが聞こえたら、名前を録音するか、または * を押して現在の録音内容を保持します。録音時に次のキーを使用します。

 

キー
アクション
8

一時停止/再生

#

録音の終了

 

表14-1 いつでも使用できるキー

キー
アクション
*

キャンセルまたは 1 つ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant Web ツールで名前の録音を変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[ 個人] をクリックします。

ステップ 3 [個人]ページで、Media Master の[ 録音] をクリックし、名前を録音します。

ステップ 4 録音の終了後、 [停止] をクリックします。

ステップ 5 [保存] をクリックします。


 

代行名のスペリングの追加

名前をアルファベット以外の文字で入力する(たとえば、漢字で入力する)場合は、代行名のスペリングをアルファベットで入力します。代行名のスペリングを入力すると、他の Connection ユーザまたは外部の発信者が音声認識を使用してユーザを呼び出すときに、Cisco Unity Connection がユーザを識別できるようになります。

Cisco Unity Assistant Web ツールで代行名のスペリングを追加する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[個人]をクリックします。

ステップ 3 [個人]ページで、[名前]の下の[代行の名前のスペリング]および[代行の苗字のスペリング]フィールドに、代行名のスペリングを入力します。

使用可能な文字は A ~ Z、a ~ z、および 0 ~ 9 です。

ステップ 4 [保存]をクリックします。


 

ユーザ自身の代行ユーザ名の追加

指定した 1 つまたは複数の代行ユーザ名でユーザを認識するように、Cisco Unity Connection を設定できます。代行ユーザ名は、企業ディレクトリに登録されている名前とは異なります。

Connection は、William に対応する Bill や Catherine に対応する Cathy など、一般的なニックネームを認識します。ただし、次の状況では、発信者がユーザを名前で尋ねたときに正常にユーザに到達できるよう、ユーザ自身の代行ユーザ名を追加することを検討してください。

ユーザが一般的でないニックネームで知られている(たとえば、ユーザの名前は William だが、ニックネームは Buddy である)。

ユーザが別の名前で知られている(たとえば、ミドル ネームまたは旧姓)。

ユーザの名前の発音が文字通りの発音と異なる(たとえば、ユーザの名前は Janet だが、Jah-nay(ジャーネイ)と発音する。この場合、代行ユーザ名として発音スペリングの「Jahnay」を追加します)。

Cisco Unity Assistant Web ツールでユーザ自身の代行ユーザ名を追加する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[個人]をクリックします。

ステップ 3 [個人]ページで、[代行ユーザ名]の下にユーザの代行ユーザ名を入力します。

ステップ 4 別の代行ユーザ名を追加する場合は、[行の追加]をクリックし、ステップ 3 を繰り返します。

ステップ 5 [保存]をクリックします。


 

代行用デバイスの追加

使用する他のデバイス(ポケットベル、携帯電話、自宅の電話、別の職場の電話など)に関する情報を、Cisco Unity Connection 個人設定に追加できます。この機能によって、代行用デバイスから Connection への電話がより便利になります。これは、プライマリ内線番号から電話をかける場合と同じようにシステムが動作するためです。

Connection の管理者は、プライマリ内線番号の他に、代行用デバイスを追加できます。また、ユーザが Cisco Unity Assistant Web ツールで代行用デバイスを追加できるようにすることも可能です。

Connection に転送するように代行用デバイスが設定されている場合、発信者はグリーティングを聞いて、Connection メールボックスにメッセージを残すことができます。この方法は、プライマリ内線番号をダイヤルした場合と同じです(転送の設定は、Connection ではなく、デバイスそのもので行います)。システムでデバイスを認識できるようにするには、電話番号を Connection に渡せる必要があります。詳細については、Connection の管理者に相談してください。

Cisco Unity Assistant では、5 つの代行用デバイスを追加すること、および管理者が定義した代行用デバイスをすべて表示することができます。

Cisco Unity Assistant Web ツールで代行用デバイスを追加する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[個人]をクリックします。

ステップ 3 [代行内線番号]セクションの[ユーザが定義した内線番号]テーブルで、デバイスの[番号]フィールドに 30 文字以内の内線番号または電話番号を入力します。

[ユーザが定義した内線番号]テーブルに数字を入力する場合、次の点に注意してください。

追加した各代行用デバイスは、一意である必要があります。Connection は、他のユーザに割り当てられた番号(プライマリ内線番号または代行用デバイス)、または他の Connection エンティティ(システム同報リストなど)に割り当てられた番号を受け入れません。

0 ~ 9 の数字を使用します。スペース、ダッシュ、またはカッコを使用しないでください。

SIP URL に対して有効なエイリアスを入力することもできます。たとえば、URL が SIP:aabade@cisco.com の場合、「aabade」と入力します。詳細については、Connection の管理者に相談してください。

ステップ 4 (オプション)[名前]フィールドにデバイスの説明を入力します。たとえば、「Mobile work phone」または「My personal mobile phone」のように入力できます。

ステップ 5 他のデバイスを追加するには、 [行の追加] をクリックして、ステップ 3ステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 [保存] をクリックします。入力した代行用デバイスがすべて有効になります。


 

ディレクトリ一覧ステータスの変更

企業の電話ディレクトリに登録するかどうかは選択できます。ユーザがディレクトリに登録されていると、ユーザの内線番号を知らない発信者は、番号案内でユーザの名前を検索することによってユーザに到達できます。


) ディレクトリに登録するには、名前の録音が必要です。Connection の管理者に問い合せてください。


この項では、2 つの手順を示しています。適切な手順を実行して、電話または Cisco Unity Assistant Web ツールでディレクトリ一覧のステータスを変更します。

電話を使用する手順では、標準ガイダンスのキーパッド マッピングを使用しています。その他のガイダンスのキーパッド マッピングについては、 「Cisco Unity Connection のボイス コマンドと電話メニュー」 の章を参照してください。どのガイダンスを使うよう設定されているかについては、Connection の管理者に問い合せてください。

電話でディレクトリ一覧ステータスを変更する


ステップ 1 Cisco Unity Connection にログオンします。

ステップ 2 ボイス コマンドを使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

ボイス コマンドを使用している場合は、「Touchtone conversation」と言うか、9 を押して、タッチトーン キーを使用するように一時的に変更します。


ヒント ディレクトリ一覧ステータスの変更後にボイス コマンドを使用する方法に戻すには、電話を切り、Connection に再度ログオンします。

ステップ 3 4 3 3 の順にキーを押します。ユーザがディレクトリに登録されているかどうかが Connection によって通知されます。

ステップ 4 1 を押して、ディレクトリ一覧ステータスを変更します。

 

表14-2 いつでも使用できるキー

キー
タスク
*

キャンセルまたは 1 つ戻る

0

ヘルプ


 

Cisco Unity Assistant Web ツールでディレクトリ一覧ステータスを変更する


ステップ 1 Cisco PCA のホーム ページで、[Cisco Unity Assistant] リンクをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unity Assistant で、[設定]メニューの[個人]をクリックします。

ステップ 3 [ディレクトリ一覧]セクションで、 [電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオンにすると、一覧に登録されます。

または、

[電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオフにすると、一覧から除外されます。

ステップ 4 [保存] をクリックします。