Cisco Unity Connection トラブルシューティングガイド Release 1.x
Cisco Personal Communications Assistant
Cisco Personal Communications Assistant
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,007KB) | フィードバック

目次

Cisco Personal Communications Assistant

Cisco PCA ロギングについて

Cisco PCA およびそのコンポーネントに関するトラブルシューティング

Cisco PCA のエラー メッセージ

エラー メッセージ:「ログオン エラー: アカウントがロックされています。」

エラー メッセージ:「Apache Tomcat/<Version> - HTTP Status 500 - 内部サーバー エラー」

エラー メッセージ:「サイトが使用できません」

エラー メッセージ:「Unity ユーザ アカウントではありません。別のアカウントでログオンしてみてください。それでもまだログオンができない場合は、Cisco Unity Connection の管理者にお問い合わせください。」

サービスが開始されているかどうかを確認するトラブルシューティング

Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることの確認

World Wide Web Publishing サービスが開始されていることの確認

Cisco Personal Communications Assistant

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)は、Cisco Unity Connection Web ツールへのアクセスをユーザに提供するポータルです。ユーザはこれを使用して、Cisco Unity Connection のメッセージや個人的な設定を管理できます。Connection Web ツールには、Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、および Cisco Unity パーソナル着信転送ルールが含まれます。Cisco PCA は、インストール時に Connection サーバにインストールされます。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「Cisco PCA ロギングについて」

「Cisco PCA およびそのコンポーネントに関するトラブルシューティング」

「Cisco PCA のエラー メッセージ」

「サービスが開始されているかどうかを確認するトラブルシューティング」

Cisco PCA ロギングについて

ログ ファイルにキャプチャされたエラー、警告、例外のトレースは、問題の原因を示していることがよくあります。また、問題を Cisco TAC に報告するとき、ログ ファイルを送信するように依頼される場合もあります。

Cisco PCA は、%CU_HOME%\logs ディレクトリの次のファイルにイベントを毎日記録します。

ciscopca_log.txt.<date> ファイルには、システム レベルのログの日次アーカイブがあります。

ciscopca_diags_log.txt.<date> ファイルには、アプリケーション ログの日次アーカイブがあります。

ciscopca_event_log.txt.<date> ファイルには、アプリケーション エラー ログの日次アーカイブがあります。

Cisco PCA およびそのコンポーネントに関するトラブルシューティング

Cisco Personal Communications Assistant が正しく機能しない場合は、次の作業を示されている順序で実行します。問題が解決されず、Cisco TAC に問題を報告する場合は、システムについての情報と問題についての情報をご用意ください。詳細については、「Cisco TAC への問題の報告」を参照してください。

1. 問題に関連するエラー メッセージがある場合は、「Cisco PCA のエラー メッセージ」を確認します。この項は、必要に応じて繰り返し参照してください。

2. 「ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ログイン ページにアクセスできない」を参照して、ユーザが Cisco PCA ページにアクセスできない一般的な理由を考慮します。使用した URL が正しくない、ブラウザの設定が正しくない、サポートされないソフトウェアがワークステーションにインストールされているなどの理由があります。

3. ユーザが Cisco PCA Web サイトをまったく表示できない場合、不完全または空白の Cisco PCA ページが表示される場合、またはCisco PCA アプリケーションへのアクセスで問題が発生した場合は、 第6章「ユーザ アクセスと管理者アクセス」 で、該当するトラブルシューティングの手順を参照してください。

4. Media Master コントロール バーが正しく表示されない場合、またはまったく表示されない場合は、 第17章「Media Master」 を参照してください。

5. %CU_JAVA_HOME% ディレクトリが Cisco Unity Connection サーバに存在し、そこに Bin ディレクトリが含まれていることを確認します。このディレクトリがない場合、tomcat サービスが開始されず、その他の Cisco Unity Connection コンポーネントが実行されません。これを解決する方法は、Connection を再インストールすることだけです。手順と詳細については、『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』を参照してください(このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html から入手可能です)。

6. %CATALINA_HOME% ディレクトリが Cisco Unity Connection サーバに存在し、そこに webapps\ciscopca ディレクトリが含まれていることを確認します。このディレクトリがない場合の解決方法は、Connection を再インストールすることだけです。手順と詳細については、『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』を参照してください。

7. Tomcat サービスがインストールされていて、開始されていることを確認します。「Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることの確認」を参照してください。

Cisco PCA のエラー メッセージ

ブラウザのエラー メッセージ(「File not found」や「Unauthorized access」など)に加えて、ユーザは Cisco PCA にログオンするとき、または Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、Cisco Unity パーソナル着信転送ルールを使用しているときに、Cisco PCA 固有のエラー メッセージ、Java プラグインのエラー メッセージ、および Tomcat のエラー メッセージが表示される場合があります。

ユーザに表示される可能性のある 4 つのタイプのエラー メッセージを次の表に示します。

 

ブラウザのエラー メッセージ

ブラウザのエラー メッセージは、Cisco PCA のインストールが失敗したこと、ユーザが Cisco Unity Connection サーバへのネットワーク アクセスを許可されていないこと、ブラウザが正しく設定されていないこと、または必要なセキュリティ証明書をユーザがインストールしていないこと(Cisco PCA が SSL 接続を使用する場合)を示します。

Cisco PCA 固有のエラー メッセージ

Cisco PCA 固有のエラー メッセージは、ログイン ページなどの Cisco PCA ページに表示され、通常、ユーザの資格または Cisco PCA での操作に関する問題を示します。

Java プラグインのエラー メッセージ

Java プラグイン固有のエラー メッセージまたは警告メッセージは、Web ページで Media Master コントロール バーを統合するための Java プラグインをロードするページで表示されるポップアップ形式のアラートです。メッセージは、通常、Media Master コントロール バーが含まれるページに移動し、Java プラグインが初めてロードされるときに表示されます。

Tomcat エラー メッセージ

Tomcat エラーは、Cisco Unity Connection サーバでファイルの破損やメモリ不足などのシステム エラーがあるときに発生します。Tomcat エラー メッセージでは、通常、最も起こりにくい例外からルート例外の順で、アプリケーション エラーのシーケンスがリストされます。各例外の後ろには、エラー発生時に Tomcat サービスが試行していた処理の説明が示されます。また、例外の種類によっては、エラーを説明するメッセージも示されます。エラー メッセージの[Exception]セクションおよび[Root Cause]セクションには、問題についての追加情報が示される場合があります。

特定のエラー メッセージに関する情報については、次の項を参照してください。

「エラー メッセージ:「ログオン エラー: アカウントがロックされています。」」

「エラー メッセージ:「Apache Tomcat/<Version> - HTTP Status 500 - 内部サーバー エラー」」

「エラー メッセージ:「サイトが使用できません」」

「エラー メッセージ:「Unity ユーザ アカウントではありません。別のアカウントでログオンしてみてください。それでもまだログオンができない場合は、Cisco Unity Connection の管理者にお問い合わせください。」」

エラー メッセージ:「ログオン エラー: アカウントがロックされています。」

「ログオン エラー: アカウントがロックされています。」というメッセージがユーザに表示された場合、許容される失敗ログオン試行の回数をユーザが超過した可能性があります(この制限は、Cisco Unity Connection Administration の[System Settings] >[Authentication Rules]ページで設定されます)。ユーザが自分の資格情報を忘れた可能性や、不正なユーザがアクセスしようとした可能性もあります。

次のタスク リストを使用して、問題の原因を特定し、解決します。

1. アカウントがロックされていることを確認するには、Cisco Unity Connection Administration で、[Users] > 各ユーザの[Edit Password Settings]ページに移動し、[Choose Password]メニューから[Web Application]を選択します。[Web Applications Password Settings]で、ユーザの資格のステータスを確認し、パスワードが管理者によってロックされたかどうか、いくつかの失敗ログオン試行があったかどうか、および失敗ログオン試行の回数を超過した後にパスワードがロックされたかどうかを判別できます。

2. ユーザ アカウントのロックを解除するには、Cisco Unity Connection Administration で、[Users] > 各ユーザの[Edit Password Settings]ページに移動し、[Choose Password]メニューから[Web Application]を選択します。[Web Applications Password Settings]の[Unlock Password]をクリックします。

エラー メッセージ:「Apache Tomcat/<Version> - HTTP Status 500 - 内部サーバー エラー」

インストール時のファイルの破損、または Tomcat メモリの破損が原因で、「Apache Tomcat/<version> - HTTP status 500 - 内部サーバー エラー」メッセージがユーザに表示されることがあります。これが問題の原因であることを確認するには、Tomcat エラー ページに示されている、例外の根本的原因を調べます。次のような例外メッセージが存在する場合、ファイルまたはメモリの破損があります。

java.lang.ClassFormatError: <classpath>/<classname> (Illegal constant pool index)

また、「Cisco PCA ロギングについて」の説明に従って、Cisco PCA のログも調べます。このログにも、メモリ リークが示される場合があります。

エラー メッセージ:「サイトが使用できません」

「サイトが使用できません」というエラー メッセージがユーザに表示される原因として可能性のあるものはいくつかあります。次のタスク リストを使用して、問題の原因を特定し、解決します。

1. Cisco Unity Connection Web Services サーバ ロールが起動され、実行されていることを確認します。「World Wide Web Publishing サービスが開始されていることの確認」を参照してください。

2. Apache Tomcat サービスがインストールされていて、Windows の[サービス]ツールから開始できることを確認します。「Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることの確認」を参照してください。

エラー メッセージ:「Unity ユーザ アカウントではありません。別のアカウントでログオンしてみてください。それでもまだログオンができない場合は、Cisco Unity Connection の管理者にお問い合わせください。」

有効な資格を持っていても、関連付けられた Cisco Unity Connection メールボックスを持っていないユーザが Cisco PCA にログオンしようとすると、次のエラーが表示されます。「Unity ユーザ アカウントではありません。別のアカウントでログオンしてみてください。それでもまだログオンができない場合は、Cisco Unity Connection の管理者にお問い合わせください。」。

この問題を解決するには、そのユーザに対し、メールボックス付きのアカウントを作成します。ベスト プラクティスとしては、Cisco Unity Connection 管理者は、管理者自身の Cisco Unity Connection アカウントを管理するために Cisco PCA にログオンするときに使用する Cisco Unity Connection Administration に、同一のユーザ アカウントを使用してログオンしないことをお勧めします。

サービスが開始されているかどうかを確認するトラブルシューティング

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることの確認」

「World Wide Web Publishing サービスが開始されていることの確認」

Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることの確認

Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることを確認するには、次の手順を実行します。

Tomcat サービスがインストールされ、開始されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity Connection サーバの Windows[スタート]メニューで、 [プログラム] >[管理ツール] >[サービス] をクリックします。

ステップ 2 右ペインで、Apache Tomcat を見つけて、そのステータスが [開始] になっていること、および[スタートアップの種類]が [自動] になっていることを確認します。

Apache Tomcat サービスがサービス マネージャにリストされない場合、Cisco Unity Connection サーバのインストールが失敗したか、Connection サーバによる Apache Tomcat サービスのインストールと登録が失敗した可能性があります。この問題を解決するには、『 Cisco Unity Connection インストレーション ガイド 』を参照してください。このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_installation_guides_list.html から入手可能です。


注意 Apache Tomcat サービスがサービス マネージャにリストされているものの、開始されていない場合は、サービス マネージャから Apache Tomcat サービスを開始しないでください。その代わりに、サービス マネージャで[スタートアップの種類]が[自動](推奨)または[手動]になっていることを確認し、Web Services サーバ ロールを Cisco Unity Connection Server Status ツールから起動します。


 

World Wide Web Publishing サービスが開始されていることの確認

World Wide Web Publishing サービスがインストールされ、開始されていることを確認するには、次の手順を実行します。

World Wide Web Publishing サービスが開始されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity Connection サーバの Windows[スタート]メニューで、 [プログラム] >[管理ツール] >[サービス] をクリックします。

ステップ 2 右ペインで、World Wide Web Publishing を見つけて、そのステータスが [開始] になっていること、および[スタートアップの種類]が [自動] になっていることを確認します。

World Wide Web Publishing サービスがサービス マネージャにリストされていない場合、IIS が正しくインストールされなかった可能性があります。この問題を解決するには、IIS のインストレーションを修正する必要があります。

World Wide Web Publishing サービスがサービス マネージャにリストされているものの、開始されていない場合は、サービスを右クリックして [開始] をクリックします。